注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

バレエのコンクール費用とは?費用の詳細を紹介します

バレエのコンクールはどのくらいの費用は必要なのでしょうか?発表会の費用であれば、同じ教室のお母さんに聞くことができますが、コンクールともなるとなかなか聞きにくいですよね。

また、先生に聞くのも難しいと言えるでしょう。しかし、曖昧にしておけるようなことではないのできちんと聞くことも大切です。

バレエコンクールの費用の内訳や、コンクールに向けての心構えなどを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

スクワットを毎日やって効果実感したい!正しいやり方と注意点

スクワットを毎日やる前に効果実感がやっぱり気になりますよね。スクワットの効果はやっぱり毎日続けること...

柔道を子供に習わせる。メリットを考える前に親としてできること

柔道を子供に習わせるメリットを考えてしまいがちですが、何かを通して何を学ぶかが重要であり、そのツール...

ダンスにも最適!Tシャツの簡単リメイクで女性らしいシルエット

普通のTシャツを使って、ダンスなどにも似合う女性らしいシルエットのシャツにリメイクしてみませんか? ...

水泳初心者必見!上達するための練習方法とコツを教えます

ダイエット効果もあると言われている水泳。子供が水泳スクールに通っているのを見ていると、自分も泳いでみ...

水泳のバタ足の教え方とは?子どもにわかりやすく伝える方法

水泳のバタ足を子どもに教えるときにはどのようなコツやポイントがあるのでしょうか? 子どもにバタ足を...

卓球のサーブを打つ時のルールは?構えから打つまでのルール

卓球初心者の人は、サーブを打つ時にどんなルールがあるか分からないこともあるのではないでしょうか。 ...

身体を柔らかくする方法とは?じっくりほぐすのがポイント

身体が柔らかくなりたいときにはどのような方法がいいのでしょうか?硬い体を無理に伸ばして、痛めてしまう...

縄跳びの教え方!連続で跳べるようになるための練習とコツを解説

縄跳びが苦手で上手に跳ぶことができないお子さんもいますよね。連続で跳べるようになるには、どんな教え方...

水泳「クロール」の泳ぎ方のコツと上達するためのポイントを解説

水泳の4つの泳法の中でも一番基本的な「クロール」。大人になって水泳を始めたいと思っているものの、まだ...

簡単ダイエット方法【運動編】家でも気軽に取り組める簡単な運動

運動を取り入れたダイエットをしたいけど、忙しくてなかなか時間を作ることができない人もいますよね。簡単...

スキーVSスノボ、難易度が低いのはどっち?を調べてみた

スキーもスノボもどちらも挑戦したことがない方にとって、どちらの方が難易度が低いのかは最も知りたいとこ...

平泳ぎが沈む原因は手や足や息継ぎなど色々な原因が。対処法は

平泳ぎが沈んでしまうというお子さんは多いものです。 まずは沈む原因をみていきましょう。 ...

スキーVSスノボー、初心者にとっての難易度や楽しさを徹底解説

これからウィンタースポーツを始めようとする人にとって、スキーとスノボーどっちがいいのか迷うところでし...

ブリッジのやり方のコツを理解して、さっそく挑戦してみよう

ダイエットにも効果あると言われるブリッジですが、そう簡単にはできないですよね。挑戦してみたものの挫折...

バレエの柔軟は体をグイグイ押されて涙が出るほど痛い!

バレエの柔軟は涙なくては身につけることができません…。 でも、あまりグイグイやり過ぎると、腱や...

スポンサーリンク

バレエコンクールの費用の内訳

子供が可愛くて幼い頃からバレエに通わせています。バレエも上達してきて、コンクールにも出場できるレベル迄達してきました。

バレエと聞くと、華やかなイメージがあります。その分、費用もかかります。大体どのくらいかかるのか?一般的に、全部合わせて、一回のコンクールで20万、保護者の方は用意しています。

どうやったら20万円もかかるの?と疑問を抱かれますよね?衣装代と、コンクールとなると、その地域に出向き、コンクールに出場する必要があります。そうすると、ホテルに泊まる必要があります。

場所が違うだけで宿泊費がかかります。また、演技を録画するとなると、それにも費用がかかります。全て諸々足していくと、20万円。お子さんのバレエの演技が上達して、コンクール出場になると、出費は覚悟の上です。甲子園でも、地域が違うとホテル代にかなりかかります。優勝になると余計です。バレエも費用はそれなりの覚悟が必要です。

バレエのコンクール費用はこの用意にも必要です

お子さんがバレエが得意で今度はコンクールに出る事になりました。それは親としては嬉しいですよね?でも、経済面では、保護者の方には、負担はかかります。バレエのコンクールに出るのに費用に、いつも以上に音楽や振り付けにも費用がかかります。

バレエで踊る音楽は主催者側が決めている場合が多く、その中から一曲選んで踊る事になります。ただ、その曲も買わなくてはいけません。そこに数千円かかります。また、自分のオリジナルが許可されている場合は、そのオリジナルの曲を作るのにもっと費用がかかります。

音楽にそれだけお金がかかり、プラス、コンクールに向けて特別な踊り方も学ばなくてはいけません。それにもこれまで以上に費用がかかります。

お子さんのバレエのレベルが上がるのは喜ばしい事ですが、それに伴って、コンクール出場となると、音楽の事や振り付けの事、お金はすぐ飛んでいく事を保護者の方は身をもって知ると思います。コンクールに出るとなると、上記以外にも費用はかかります。衣装代など、手作りで経済的負担を軽くしましょう。

バレエのコンクール費用は安くない!だからこそ計画的に

恐らく、周りのお母さんから「これにはこのくらいの費用がかかった」など情報を得て、「バレエを習うにはお金がかかる」事をあなた自身、実感していると思います。

バレエだけではなく、何に対しても言えますが、レベルが高くなってコンクール出場となると、それだけ費用も加算されます。

単純にバレエ教室に通っているだけでしたら、そうでもありません。かかる費用もあなたが想像している費用内で終わります。経済的です。ですが、これがワンランクもツーランクも上がって、コンクールレベルになると、それに出席する費用、衣装も通っている教室で披露するレベルでは話にならないので、レベルを上げなくてはいけないし、衣装代だけでも数万円軽く飛びます。

普通に教室に通っているレベルは親にもそこまでの経済的負担にはなりません。ですが、コンクールに出場となると、下手をしたら、いつもの数十倍お金が飛ぶ可能性があります。お子さんのバレエの技術が上がってきたら、衣装を手作りするなど、経済面で工夫が必要です。

バレエコンクールの為の指導料はどのくらいなのかは聞くのが一番

バレエの先生からもお子さんの演技について褒められ、今度はバレエコンクールに出る事が決まりました。バレエのコンクールに出るとなると、今まで以上にお金がかかります。
でも、先生によっては、バレエのコンクールの為の指導料は取らない先生もいます。先生によって異なるので、お子さんがバレエのコンクールに出る話を貰った時に、指導料はかかるのかかからないのか、確認すべきです。

なるべく費用は抑えたいのが保護者の本音だと思います。お子さんに「コンクールに出てみませんか?」という話が来たら、指導料についてはどうなりますか?と先生に確認しましょう。

指導料もこの教室ではこのくらいなのに、あの教室ではこのくらいと費用に差が出ます。将来お子さんがバレエで上達する事を見込んで、教室選びも慎重になるべきです。

バレエのコンクールは費用がかかるもの!だからこそ目的をハッキリさせる事が大切

バレエのコンクールに出るには、本当に費用がかかります。保護者にかかる負担も重い物になります。

お子さんもバレエが大好きで技術が上達している最中だと思います。でも、費用がかなりかかる分だけ、そのコンクールに出て、この賞をとって、それからこれをしたいの様な、中学生、高校生でいう「進路」の様な物を決めておくべきだと思います。

それだけの明確な進路がお子さんにあるのか、もしくは、先生からもその様な助言があるのか、確認しておくべきです。また、バレエでも起こりえますが、先生が見込んでいても、お子さんはそんな意志が無い事もあります。

経済的にもかなり負担がかかりますので、よく親子でも話し合いましょう。あまり無いケースかもしれませんが、お子さんにコンクールに出る意志が無いこともあります。コンクールにどうして出たいのか、先生、親、本人でよく話し合いましょう。

お子さんがバレエ教室に通っているだけであれば、月にかかる費用はそれ程でもありません。ですが、それがコンクールとなると、プラスされてかかる費用に保護者の方は頭を抱えます。どのくらいの費用がかかるのか、上記の記事で説明しました。参考にして下さいね。指導料や衣装代など、省ける部分は省いてコンクールに出場しましょう。