注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

体を柔らかくする方法やストレッチのやり方を紹介します

体を柔らかくする方法にはストレッチが有効ですよね。ただ、ストレッチをするのではなく、自分の体が硬い原因やどのくらい硬いのかをまずはチェックしてみましょう!

ただ体を柔らかくするというのではなく、まずはほぐすことから始めてください。

ストレッチをするときのコツやポイントを紹介します。簡単にできるので、お風呂上がりや、寝る前などにぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

サッカー少年団のトラブルの原因と対策・メリットとデメリット

子供がサッカー少年団に入っているというママたちの中には、少年団で度々起きるトラブルに頭を悩ませている...

お風呂上がりにするストレッチ。やり方はこの3つからスタート!

お風呂上がりにストレッチをしないでいつやるの!? お風呂上がりにするストレッチ。 なぜ、...

水泳初心者必見!上達するための練習方法とコツを教えます

ダイエット効果もあると言われている水泳。子供が水泳スクールに通っているのを見ていると、自分も泳いでみ...

フラフープの回し方のコツ!初心者でも回せるようになるポイント

フラフープは小さな頃にやった経験がある方も多いと思います。 しかし、大人になってから、いざやってみ...

クロールを速く泳ぐ方法!子供のクロールのスピードを上げる練習

子供がクロールを速く泳ぐには一体どうすれば良いのか、頭を悩ませている親御さんもいますよね。水泳をはじ...

スキーVSスノボー、初心者にとっての難易度や楽しさを徹底解説

これからウィンタースポーツを始めようとする人にとって、スキーとスノボーどっちがいいのか迷うところでし...

背泳ぎのキックが沈む原因とは?コツやポイントをご紹介

背泳ぎのキックをすると沈む原因にはどんなものがあるのでしょうか?背泳ぎの初心者はまずこの練習から始め...

側転が上手にできるコツ!初心者が上手に側転するためのポイント

側転初心者の人は、どうやって側転をすれば上手にすることができるかコツが知りたいと思いますよね。かっこ...

水泳のためのストレッチは肩を中心に行うようにしよう

水泳はどの泳法であっても肩を使うため、肩の柔軟性が必要になりますよね。 でも、肩こりがある人だ...

サッカーのボールサイズは小学生に持たせるなら〇号球がおすすめ

サッカーボールのサイズは年齢によって違います。小学生の場合はどのような大きさのものを用意したらいいの...

野球のルールを初心者でもわかりやすく簡単に解説します

野球のルールは初心者にはわからないことが多いです。せっかく野球観戦に誘われたけど、全然ルールがわから...

水泳のバタ足の教え方とは?子どもにわかりやすく伝える方法

水泳のバタ足を子どもに教えるときにはどのようなコツやポイントがあるのでしょうか? 子どもにバタ足を...

スノボ初心者におすすめのあったら便利な持ち物たちを紹介!

スノボ初心者はウェアや手袋といった基本の持ち物はわかっても、何があると便利なのかがわからないものです...

バスケの試合時間について。中学バスケの場合の時間とルール

中学生のバスケの試合時間について紹介していきます。 まずはミニバスと中学バスケの違いからみてみまし...

バレエの発表会に出ないことはできる?断り方について

バレエの発表会に出ないでいることはできるのでしょうか?バレエを習っていると行われるのが発表会です。 ...

スポンサーリンク

体を柔らかくする方法とは?体が硬い原因

学生から社会人になると生活スタイルはガラリと変わります。仕事主体の生活になるため学生の頃よりは遥かに運動不足になります。
その生活スタイルと共に追い打ちをかけるのは年齢です。
社会人になり生活スタイルが変わったといえど、それでも若さでカバーできるものがあります。
ですが、30代に突入するにつれ体力や新陳代謝低下が伴ってくるのです。

普通に生活していても体力の低下が感じやすく、肩こりや腰痛など様々な部分に支障が出てきやすくなります。

体力や新陳代謝の低下は運動不足によるものです。
普段同じ筋肉しか使わないので体も自然と硬くなり体の可動域も狭くなります。
これこそが体が硬い原因です。

体を柔らかくする方法としてストレッチがあります。

ストレッチは普段使わない筋肉をやわらげ、血行の巡りを良くする効果があります。
血行が良くなると新陳代謝も上がってきますので、様々な効果に繋がるのです。

健康的に歳を重ねていきたいなら今のうちからストレッチをして体を柔らかくしていきましょう。

体を柔らかくする方法をする前に自分の硬さをチェックしてまずはこのストレッチ

体を柔らかくする方法のストレッチをする前に、まず自分の体の硬さがどれくらいか把握しましょう。

ストレッチを始める前とストレッチを継続した後の体の柔らかさを比較することで毎日のストレッチのモチベーションに繋がります。

体の硬さチェックの方法

  • 肩関節の硬さ
    真っ直ぐに立ち上半身のラインに沿って肘をあげていきます。
    親指を脇まであげられるかどうかを確かめます。
    親指が脇まで到達できないなら肩関節が硬い証拠です。
  • 股関節の硬さ
    足の裏を合わせてあぐらのように座ります。
    この時、膝をどこまで床に近づけることができますか。
    膝と床の間に拳1個半くらい入るなら、股関節は硬いと言えます。

なぜ肩関節と股関節の硬さをチェックするかというと、肩関節と股関節は連動しています。
そのため、どちらかを重視したストレッチよりも両方に効果のあるステレッチをする方が、体を柔らかくする方法としては効果が高まると言えるのです。

ストレッチ前の体の硬さをチェックして、肩関節と股関節の両方が柔らかくなるようなストレッチをしていきましょう。

もし、硬さが偏っている場合には硬い方のストレッチを中心に心がけるとバランスが良くなりますね。
2つの関節は連動しているので自然と両方柔らかくなりますよ。

体を柔らかくするためのストレッチをするときのポイント

ストレッチをする時のポイント

  • 強く押しすぎない
    今の自分の可動域を超えたストレッチの仕方はやめましょう。
    筋肉を傷めてしまう可能性があります。
    気持ち良いくらいで止めて、徐々に可動域を広げていきましょう。
  • 呼吸をしながら
    ストレッチをしている時ついつい息を止めてしまうことありませんか。
    それは強く押しすぎて関節の痛みを感じているからです。
    ゆっくり呼吸をできる範囲でストレッチをしてください。
  • 反動をつけない
    反動をつけると体が柔らかくなったように感じます。
    それはただ反動によるものであって、あなたの本当の体の柔らかさではありません。
    日々のストレッチも意味がなくなります。
    反動をつけず、ゆっくり傷みを感じないところまで筋肉を伸ばしましょう。
体を柔らかくする方法は正しいストレッチをしなければ意味がありません。
ポイントを抑えてストレッチに取り組んでください。

簡単にできるストレッチ!意識しながら動かし体をほぐしましょう

肩こりに効く簡単ストレッチ

肩関節の運動をしていくと肩こりは軽減されます。

  1. 肩を上下に動かす
  2. 胸を開く肩を広げる
  3. 背中を開く肩を縮める
  4. 腕を上下に動かす

1日3セット程度このストレッチを続けましょう。
次第に肩こりも気にならなくなりますよ。

特にデスクワークの方は肩こりの症状がある傾向にあります。
肩こりは集中力が欠けたり、頭痛に繋がってしまうこともあります。
それでは仕事が進みませんよね。その場でできるストレッチですのでこの動きを試してみてください。

体を柔らかくする方法はストレッチが近道!続けることが大切

体を柔らかくする方法として毎日ストレッチをすることが近道です。

体の硬さに限らず長年培ってきたものをすぐに改善する方法がそうそうありません。
日々努力を重ね継続することで、改善されていきます。

なので1~2週間ストレッチを続けて終わってしまうようではもなんの意味もありません。
1~2ヶ月ストレッチを続けて体が柔らかくなったとしてもすぐに元に戻ります。

最も大切なのは続けることなのです。
年単位で続けてこそ、本当の体の柔らかさを手にいれることができます。
もちろん、その後の継続も大切です。