注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

サッカーのボールサイズは小学生に持たせるなら〇号球がおすすめ

サッカーボールのサイズは年齢によって違います。小学生の場合はどのような大きさのものを用意したらいいのでしょうか?

サッカーボールの値段の違いにはどんな理由があるの?サッカーボールの選び方とは?

サッカーとフットサルでは、ボールの作りが違ってくる?中学生になる前にはこのサッカーボールを準備をしておくといいでしょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

体を柔らかくする方法やストレッチのやり方を紹介します

体を柔らかくする方法にはストレッチが有効ですよね。ただ、ストレッチをするのではなく、自分の体が硬い原...

柔道を子供に習わせる。メリットを考える前に親としてできること

柔道を子供に習わせるメリットを考えてしまいがちですが、何かを通して何を学ぶかが重要であり、そのツール...

ブリッジのやり方のコツを理解して、さっそく挑戦してみよう

ダイエットにも効果あると言われるブリッジですが、そう簡単にはできないですよね。挑戦してみたものの挫折...

お風呂上がりにするストレッチ。やり方はこの3つからスタート!

お風呂上がりにストレッチをしないでいつやるの!? お風呂上がりにするストレッチ。 なぜ、...

野球のルールを初心者でもわかりやすく簡単に解説します

野球のルールは初心者にはわからないことが多いです。せっかく野球観戦に誘われたけど、全然ルールがわから...

フラフープの回し方のコツ!初心者でも回せるようになるポイント

フラフープは小さな頃にやった経験がある方も多いと思います。 しかし、大人になってから、いざやってみ...

バレエの柔軟は体をグイグイ押されて涙が出るほど痛い!

バレエの柔軟は涙なくては身につけることができません…。 でも、あまりグイグイやり過ぎると、腱や...

テニスの練習メニュー【ジュニア編】上達への意識のポイント

テニスの練習メニューでジュニアがテニスの技術を身につけるためには、どんな練習が必要なのでしょうか?特...

簡単ダイエット方法【運動編】家でも気軽に取り組める簡単な運動

運動を取り入れたダイエットをしたいけど、忙しくてなかなか時間を作ることができない人もいますよね。簡単...

縄跳びの教え方!連続で跳べるようになるための練習とコツを解説

縄跳びが苦手で上手に跳ぶことができないお子さんもいますよね。連続で跳べるようになるには、どんな教え方...

水泳のバタ足の教え方とは?子どもにわかりやすく伝える方法

水泳のバタ足を子どもに教えるときにはどのようなコツやポイントがあるのでしょうか? 子どもにバタ足を...

身体を柔らかくする方法とは?じっくりほぐすのがポイント

身体が柔らかくなりたいときにはどのような方法がいいのでしょうか?硬い体を無理に伸ばして、痛めてしまう...

背泳ぎのキックが沈む原因とは?コツやポイントをご紹介

背泳ぎのキックをすると沈む原因にはどんなものがあるのでしょうか?背泳ぎの初心者はまずこの練習から始め...

ランニングトレーニング【初心者向け】気をつけたいポイント

ランニングトレーニングの初心者は、どんなことに気をけて練習したらいいのでしょうか?いきなり長い距離を...

スキーVSスノボー、初心者にとっての難易度や楽しさを徹底解説

これからウィンタースポーツを始めようとする人にとって、スキーとスノボーどっちがいいのか迷うところでし...

スポンサーリンク

サッカーのボールサイズの違いとは?

サッカーボールには大きさの種類がたくさんあって、どれを使ったらいいのか分かりにくいですが、ちゃんと身体に合ったボールを使用しないと、いくら練習しても上達しなかったり、思うように蹴ったり出来なくて、サッカーを楽しむ事ができなくなってしまいます。
また、身体の大きさはもちろん大切ですが、初心者向きの大きさもあったり、また、試合などでは普段使用しているものと違うもので、慣れなくて上手くできなくなるという事もあります。

小学生におすすめのボールサイズ

  •  4号サイズ(4年生から6年生)
    小学生以下で試合をやる時に使用するサッカーボールのサイズが、一般的に4号サイズと言われています。
    また、公式の試合などでも小学生では4号サイズを使用しています。

園児や低学年初心者におすすめのボールサイズ

  • 3号サイズ(小学3年生まで位)
    園児だけでなく、小学生でも低学年で初心者だったりするなら練習として3号サイズを使用してもいいと思います。
    子供の今の大きさに合わせることが大切ですので、そのうち大きくなるからと大きめを買ってしまう事は避けましょう。

小学生に合ったサッカーボールのサイズは学年によって違う!

小学生でも、1年生から3年生までの間と、4年生から6年生までの間で分ける方が、より扱いやすく上達しやすくなります。

公式の試合では4号サイズを使用します。

しかし、低学年のうちは身体の大きさに合わないと、扱いが難しくサッカーがなかなか上手く出来なく、サッカーが嫌いになってしまう可能性がありますので、身体に合わせてキッズサイズである3号サイズがおすすめです。

園児や小学低学年用のキッズサイズ

3号サイズ

  • 周囲58センチから60センチ
  • 重さ300グラムから320グラム
  • 直径19センチ

小学4年生から6年生位までの、公式ジュニアサイズ

4号サイズ

  • 周囲63.5センチから66センチ
  • 重さ350グラムから390グラム
  • 直径20.5センチ

小さな差の大きさや重さでも、サッカーをやるにあたって、扱いやすさや飛距離などが全然違ってきます。

また、合わないものを無理に使用していれば負担になってしまったり変な癖がついてしまう事があるかもしれません。

サッカーのボールのサイズは中学生になったら何号球?良いボールとは?

プロも使用する国際規格であるのは5号サイズになってきます。

サッカー協議規則に、国際規格として定められているサイズである5号サイズは、世界中でプロのサッカーリーグなどを含め、様々な公式試合で使用されている大人用となります。

大人用で、プロも使用する公式試合の基準である5号サイズのサッカーボールですが、大学生はもちろん、高校生も、中学生でも公式試合で使用されています。

なので、中学生になってばかりだったり、まだ身体が小さい頃だったらとても5号サイズは大きくて重たく感じ、慣れるまでは難しいかもしれません。

中には小学生の頃はサッカーが得意で扱いも上手だったのに、中学校に入ってからは上手くいかなくなってしまう子もいるかと思います。

また、ボールによって大きさだけではなく値段も全然違ってきます。

基本的には値段が高いバールであればあるほど、跳ねやすくなるといいます。

サッカーボールの金額に違いがあるのがどうして?

サッカーボールには、例え同じ大きさでも全然値段が違っています。

それは、そのボールに使用されている素材に違いがあるからなのです。

とても安くお手ごろに買えるものから、倍以上のものまであります。

サッカーを本格的にやるわけではなく、近所のお友達と遊ぶ位を想定しているのなら、お値段がお手ごろのもので検討してもいいかもしれませんが、用途の違いもあります。

どこで、どのような使用方法をするのかも考えて見ましょう。

  • 芝用
    芝用であるボールの方がお値段が高くなる傾向があるようです。
    ラテックスという素材でできています。
  • 土用
    土用だとお値段が安くなる傾向があるようです。
    ブチルという素材でできています。
    もちろん、初心者のうちは特に、使用する本人が気に入るデザインのものの購入や、その使用する時の年齢に合った大きさなどの基準も大切です。

サッカーのボールサイズは外と室内でも違う!

室内でやるフットサルをやろうと思っている場合は、サッカーボールとはまた違ってきます。

  • 中学生から大人用のサッカーボール
    5号サイズ
  • 小学4年から6年生のサッカーボール
    4号サイズ
  • 園児から小学3年生のサッカーボール
    3号サイズ
  • 大人用フットサルのサッカーボール
    4号サイズ
  • 子供用フットサルのサッカーボール
    軽量の4号か3号サイズ
    フットボールはサッカーボールと比較して、重さがあり弾まないです。
  • サッカーボールの重さ
    試合の買い指示に410グラム以上450グラム以下
  • フットサルボールの重さ
    試合の開始時に400グラム以上で440グラム以下
    フットサルで使用するボールの大きさは、サッカーボールでいうと4号サイズと大体同じような大きさですが、重さなどのつくりが違うので専用のものをしっかりと使用しましょう。

フットサルにサッカーボールを使用してしまえば弾んでしまい、狭いコート内では試合にも練習にもなりません。