注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

バレエの発表会に出ないことはできる?断り方について

バレエの発表会に出ないでいることはできるのでしょうか?バレエを習っていると行われるのが発表会です。

バレエの発表会を断るとどんな問題があるのでしょう?単純にお金の問題だけでなく、レッスンにも影響が出てきます。

出ない理由は色々なものがあるとは思いますが、きちんと意思表示をすることが大切です。発表会を断るときの理由や断るときのポイントを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

野球の練習着の洗濯方法!頑固な汚れもキレイに落とすコツ

野球の練習着は洗濯してもなかなかキレイに汚れが落ちないときがあります。しかし、毎日の練習に使うので、...

ランニングトレーニング【初心者向け】気をつけたいポイント

ランニングトレーニングの初心者は、どんなことに気をけて練習したらいいのでしょうか?いきなり長い距離を...

スキー初心者の子供。スキーを通してウインタースポーツにふれる

スキー初心者! 子供の好奇心を満たすウインタースポーツ。 今は、スキー道具一式揃えなくても、...

水泳初心者必見!上達するための練習方法とコツを教えます

ダイエット効果もあると言われている水泳。子供が水泳スクールに通っているのを見ていると、自分も泳いでみ...

身体を柔らかくする方法とは?じっくりほぐすのがポイント

身体が柔らかくなりたいときにはどのような方法がいいのでしょうか?硬い体を無理に伸ばして、痛めてしまう...

自転車と徒歩で痩せるのはどちらかその検証と効果的なコツとは

自転車と徒歩だと続けることで痩せるのはどちらなのでしょう? では、日常的にも痩せるために続けや...

サッカーのボールサイズは小学生に持たせるなら〇号球がおすすめ

サッカーボールのサイズは年齢によって違います。小学生の場合はどのような大きさのものを用意したらいいの...

体を柔らかくする方法やストレッチのやり方を紹介します

体を柔らかくする方法にはストレッチが有効ですよね。ただ、ストレッチをするのではなく、自分の体が硬い原...

平泳ぎが沈む原因は手や足や息継ぎなど色々な原因が。対処法は

平泳ぎが沈んでしまうというお子さんは多いものです。 まずは沈む原因をみていきましょう。 ...

卓球ボールには種類がある!ボールの種類と選び方

私のような卓球素人からすれば、卓球のボールに種類なんてあるの!?と驚いてしまいますが、詳しく調べてみ...

柔道を子供に習わせる。メリットを考える前に親としてできること

柔道を子供に習わせるメリットを考えてしまいがちですが、何かを通して何を学ぶかが重要であり、そのツール...

ダンスにも最適!Tシャツの簡単リメイクで女性らしいシルエット

普通のTシャツを使って、ダンスなどにも似合う女性らしいシルエットのシャツにリメイクしてみませんか? ...

フラフープの回し方のコツ!初心者でも回せるようになるポイント

フラフープは小さな頃にやった経験がある方も多いと思います。 しかし、大人になってから、いざやってみ...

テニスの試合中にラケット投げる行為は反則になるのか徹底解説

テニスの試合中に、イライラしてラケット投げるという行為をしてしまう選手をテレビで見たことがある人も多...

インラインスケートの子供への教え方のコツとポイントを解説

インラインスケートは親子で楽しめるスポーツとしても人気がありますよね。でも、自分が滑れたとしても、一...

スポンサーリンク

バレエの発表会に出ないという事

基本的にバレエの発表会は強制ではありません。

本来ならば、参加したくない人は出なくても構わないのです。
しかし、バレエ教室に通っていると雰囲気的に出なければならないような状況にはなってしまいます。

なぜなら、発表会前はそれに合わせたレッスンになるからです。
プログラムによって1人で出る曲に関してはなんとかなりそうですが、何人かで出る場合には人数によって構成や立ち位置などを考えるので、そこまでレッスンをしていると子供自身も「出ないわけにはいかない」「出たい」となるのです。

しかし、発表会を参加することで費用は10万ほどかかりますので金銭的な面、外せない用事、もしくは年齢的に受験時期など、なんらかの理由で出ないという人もでてきます。

決して、出ないという選択が悪いわけではありません。
しかしこの状況の中、言だしにくいのは確かです。
子供がその教室から期待されているダンサーなら尚更ですよね。

発表会に出ない人のために発表会に関するレッスンは日にちや時間を変更する教室もありますが、先生の負担も大きいので必ずしもそのような教室ばかりとも言えません。

なので、発表会のレッスン時は発表会に出ない人は端で基礎練習や自主練習をしなければいけないのです。

出ないことは悪いことではないですが、このような待遇になってしまうのは仕方がないのです。
子供の受験という大事な時期です。
子供自信の意思で出ないという決断をしたなら、そのような状況であっても子供も理解はできるでしょう。

バレエの発表会に出ない意志は早めに伝えましょう

先生は何ヶ月も前から発表会のために衣装を用意したり、構成、立ち位置を考えたりします。

先生や一緒にレッスンをする他の生徒に迷惑がかからないようにバレエの発表会に出ないという意思は、早めに伝えておくことをオススメします。

どんな理由にせよ、理由が明確であれば先生も理解を示してくれるでしょう。

ただ、先生含め周りはみんな発表会の準備のために動き始めますので、発表会に出ないならそこに入ることはできません。

そのため、切なくなってしまったりすることもあるでしょう。

発表会に出ないという選択は親が一方的に決めるのではなく、子供と相談し子供の気持ちに寄り添った上で一緒に決断していきましょう。

どんな状況であっても自分で決めた選択なので、このやりきれない思いを人のせいにすることはありませんし、素直に受け入れることができるでしょう。

角の立たないバレエの発表会の断り方

どの教室もバレエの発表会は強制ではありませんので、あなたは参加するか出ないか選択する権利があります。

しかし、教室全体が発表会に向けて動き出すので、「出たい」「出なければ」という、出るのが当たり前な雰囲気になってしまうんですよね。

そのため、「なんて思われるだろう」と先生にも断りにくく、周りの目も気になってしまうこともあるでしょう。

しかし、出ないという意思を伝えるのが遅いことのほうが先生や周りにとってよっぽどの迷惑なのです。
また角が立たないように断り方にも気をつける必要があります。

金銭面が理由ならその思い素直に伝えましょう。
出ない理由が「メイン役がもらえなかったから」という理由であれば、それをそのまま伝えるのは「自分勝手な人だ」と思われてその後の風当たりは強くなってしまいます。

その時々の状況に合わせて、素直な胸の内を伝えたり、言葉を選んで角が立たないような断り方をしていきましょう。

バレエの発表会を途中で出ないと決めるならそれなりの覚悟が必要

バレエの発表会を途中で出ないと決める。
何らかの理由があるならこれは仕方がないことです。

その行為をはっきり「迷惑」と言う先生は少ないですし、理由によっては先生も理解はしてくれるでしょう。
しかし先生には迷惑をかけることは覚えておいてくださいね。

バレエの発表会は参加費用に加え、個人衣装やメンバーで合わせる衣装、曲の構成などあなたがいる前提で決めていきます。

また発表会には場所をレンタルし、音響や照明などもプロに依頼します。
発表会に参加するだけでかなりの額になりますが、全て先生たちに入ってくるわけではなく、むしろこのような場所のレンタルやプロに依頼したり、パンフレット作り、レッスン量などを考えると先生たちに入ってくるものは微々たるものなのです。

これに1人抜けてしまうと構成に関してはもちろん費用の計算も変わってしまうのです。

途中で出ないとなると、発表会の参加費用を返金しないなど問題も起こりかねません。

出ないという選択は仕方がありますが覚悟して先生に伝えましょう。
なるべくトラブルにならないような断り方をしてくださいね。

そうすることで今後も今まで通り子供がレッスンに楽しく通えるようになります。

バレエの発表会に出たくないのなら

バレエの発表会に出ないという選択は、なんらかの理由があるなら仕方がありません。

しかし、子供の性格や金銭的なことから発表会自体毎年出たくないなら、思い切って教室を変えてみると良いかもしれません。

同じ教室にいて毎年ある発表会に出ないという選択でも、先生や周りの生徒が理解してくれるならとてもありがたいことですね。

中には発表会に出ないと言いづらかったり、そのせいで風当たりが強くなってしまうこともあります。
そんな場合には、発表会の参加不参加について考え方が柔らかい教室に変えることもできます。
また、人前に立つことが苦手なら違う習い事を検討してみるのも1つの手ですね。

いずれにせよ、バレエの発表会に出ないという選択は覚悟が必要ということを覚えておいてくださいね。
決して悪いことではないのですが、そんなように思えてしまう部分のあるのが現状です。