注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

ゴミ箱の袋を簡単に固定する方法とスッキリ見せるアイデア

ゴミ箱というのは、お部屋の中で一番生活感が出る場所です。どんなにおしゃれなインテリアでも、生活感丸出しのゴミ箱ではちょっとガッカリですよね。
特にゴミ箱から出ているレジ袋のピラピラした部分が気になっているという方も多いと思います。
そこで、ゴミ箱の袋を簡単に固定する方法や、すっきりと見えるゴミ箱のアイデアをご紹介します。これでゴミ箱のイライラも解消です。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

電子レンジの掃除にはレモンが良い?キッチンの掃除に役立つ理由

電子レンジは温めに解凍と、忙しい主婦にはとって無くてはならない家電。しかし使う頻度が高いせいか、知ら...

ウォシュレットの水が出ない時の修理法とチェック箇所

「ウォシュレットの水が出ない」といったトラブルに備えて、修理法を知っておくことはとても大事なことです...

食洗機の専用洗剤の代用として使える物と使う時の注意点

食洗機を使おうと思った時に、食洗機専用の洗剤がないと困った経験はありませんか?食洗機は忙しい主婦にと...

布へのオリジナルプリントは熱転写シートが簡単でおすすめです

布にプリントが自分で手軽に転写出来たら、オリジナリティ溢れる作品を作ることが出来ますよね。 し...

セスキ炭酸ソーダを使った洗濯物のイヤな臭いを取る方法

普通に洗濯しただけでは取れないイヤな臭いにお困りの方はいませんか?洗った直後は洗剤のいい香りなのに、...

No Image

鍋の残りの保存方法と美味しいリメイクアイデアで手抜き料理

ついつい残ってしまう鍋料理。鍋にたっぷりと残った具材は捨ててしまうのはもったいないですよね。しかも、...

シールの剥がし方!ハンドクリームを使ってシールを剥がす方法

小さなお子さんがいるご家庭では、子供が色々な場所にシールを貼ってしまうことに頭を悩ませることもありま...

除湿剤の効果とメリット。お部屋の置き場所に合わせた選び方

ジメジメとした季節は部屋の湿度もずっと高いままで、洗濯物もなかなか乾きません。市販の除湿剤にはいろい...

シンプルライフを目指すための服の整理と収納のコツ

シンプルライフを目指したいけど、家の中はたくさんのモノで溢れて、どこから手をつけて良いかわかりません...

窓掃除を簡単に新聞紙を使ってする方法!ポイントと注意点を紹介

家の窓は気がつくとすぐに汚れてしまうので、掃除をしようと思っても憂鬱になってしまうことがありますよね...

タッパーの匂いの取り方は?嫌な匂いもこれでさようなら!

カレーやにんにく料理をタッパーに入れた場合、綺麗に洗ったつもりでも匂いがうっすら残ってしまうもの。そ...

風呂の椅子に付いたザラザラ水垢をスッキリ落とす方法

浴室用の洗剤を使ってお風呂掃除をしていても、椅子や蛇口などに白っぽい汚れが付いてきませんか? 濡れ...

布に絵の具で着色!にじまない絵の具やポイントについて

布に絵を書きたい、着色したいという場合はどのような画材があるでしょうか。絵といえば一番に思いつく絵の...

【重曹の使い方】料理が美味しくなる重曹の活用法

重曹と言えば、お掃除に活躍するアイテムという印象をお持ちの方が多いと思いますが、重曹は料理にも、いろ...

メガネをかけている子がスポーツする時のゴーグルメガネについて

普段からメガネをかけている子供はスポーツをするときにはゴーグルタイプのメガネをしたほうがいいのでしょ...

スポンサーリンク

ゴミ箱の袋を固定する専用のアイテムを使ってみる

溜まったゴミを捨てやすくするための役割と、ゴミ箱の中を綺麗に保つために中に袋を入れる事があります。たまにゴミ袋が底に着かない大きさの袋だと重さのあるゴミを入れたときに下に沈んでしまったり、渕にかかっていない状態のときに捨ててしまうと袋とゴミ箱の間にゴミを捨ててしまい袋を入れている意味がなくなってしまうことがあります。

ゴミ箱の中の袋を固定する事ができるアイテムがあります。

  • ゴミ箱の形を選ばない。
    ゴミ箱が円のように曲線になっていても固定する事ができます。
  • ずり落ちない作り。
    クリップの内側には返しが付いているため、ビニール製の袋もすべり落ちないようになっています。またゴミ箱に渕がある物だとさらに強く固定できます。
  • 便利な機能付き。
    袋を挟んだクリップの内側にも返しがあるため袋を引っ掛けて使う事ができます。その機能を使うと1つのゴミ箱で2つの袋を設置できるためゴミの分別に役立ちます。
  • 色が豊富
    色が数種類あり、お持ちのゴミ箱や、部屋の雰囲気に合わせる事ができます。色を変える事でゴミの分別にも役立つでしょう。

ゴミ箱から見える袋が気になる時には中で袋を固定

何気なく使っているゴミ箱ですが、中に入れている袋がゴミ箱のふちから出ているのが見えないとすっきり見えるのではないかと思う時があります。パッと見たときゴミがはみ出ているんじゃないかと思うときがあります。
100均の商品を使ってすっきり解決してみましょう。

家具を固定する時に使う粘着性のあるマットをゴミ箱に使ってみる。

  • マットの種類には色々な大きさと色があります。ゴミ箱の中に使うので色はあまり気にならないと思いますが、確認して購入しましょう。貼るにはサイズが大きい場合は粘着部分に張ってある透明のシートが付いている状態でハサミでカットして使いましょう。
  • ゴミ箱の内側の3点に張ります。ゴミ袋を設置するときはつける部分に強度を持たせるために二重にするとゴミ袋にたわみがなく綺麗に収まるでしょう。その時底の部分が浮いていると接着したところに負担がかかってしまうので底に袋が着いている状態にしましょう。
  • 外側の見える部分にはゴミ袋を出さずに、しっかりとゴミ袋を設置する事ができます。ほこりや油分が付いて接着が弱くなったら軽く水洗いしてみましょう。それでも接着しなくなった時には変え時です。

ゴミ箱の袋をワイヤーで固定する方法

ゴミ箱の内側にゴミ袋を固定する枠を作る。

用意する物

  • ゴミ箱の内側に使うワイヤー ゴミ箱の内側の長さプラス5センチ
  • ストロー 5センチ
  • ペンチ
  • 軍手
  • セロテープ
  1. ゴミ箱の内側にゴミ袋を設置するためゴミ箱の内側の周囲を測りましょう。ワイヤーをつなげる時に重ねてつなげるため5センチくらい長く測りましょう。長い紐があったら紐を使って測っても良いでしょう。
  2. ワイヤーの切り口で手が負傷しないように軍手を履いて作業を始めます。ワイヤーを測った長さにペンチを使ってカットします。
  3. 切ったワイヤーの端を2.5センチずつ重ねセロテープで固定します。重ねた部分をカバーするため用意したストローを開きワイヤーにかぶせます。かぶせた部分を短く切ったワイヤーでコイル状に巻きしっかりと留めます。
  4. 出来上がった輪をゴミ箱の内側の形に整えると出来上がり。
  5. ゴミ袋を入れてゴミ袋の内側にワイヤーを設置してみましょう。外側に出さずにゴミ袋を設置できます。

ゴミ箱を2つ使い入れ子方式ですっきり見せるアイデア

一回り大きなゴミ箱を使ってゴミ袋を隠してみましょう。

内側のゴミ箱に袋をかけて袋を外側に出します。このままではゴミ袋が見えている状態なので一回り大きなゴミ箱を上からかぶせると袋の部分をしまうことができてすっきり見せる事ができます。しっかりと袋が固定できるだけではなく、内側のゴミ箱を取り外して汚れたら洗う事ができ、外側のゴミ箱を代用する事もできます。内側と外側のゴミ箱の色を変える事で気分によって入れ替える事ができるのもメリットです。

鉢カバーを使ってみましょう。

観葉植物の鉢の部分にかけて使う鉢カバー、園芸コーナーに行くと目にする事があります。麻素材でできているものは大きさをあわせる事ができ便利です。籐でできているものは硬いため伸縮はあまりしません。鉢カバーにゴミ場をを入れるときは入れるゴミ箱のサイズを測ってから購入すると良いでしょう。

生活感を出したくないなら二重構造のゴミ箱がおすすめ

あらかじめゴミ箱の中にさらにゴミ箱が入っているタイプのものが販売されています。内側のゴミ箱に袋を入れてから外側のゴミ箱に入れる事でしっかりと固定する事ができます。ゴミ袋が大きく厚みが出てしまう場合はしっかりと折りこみ取れないように留める事ができる機能が付いているものもあります。

又、内側のゴミ箱の中にはとってのようなものが付いていてその部分に袋を固定する事ができます。取っ手が一周に渡るように買い物カゴのもち手のようになっているため持ち上げられる仕組みになっています。

ゴミ袋がゴミ箱から見えないだけでかなりすっきり見えます。購入の際は是非おすすめします。