注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

ウォシュレットの水が出ない時の修理法とチェック箇所

「ウォシュレットの水が出ない」といったトラブルに備えて、修理法を知っておくことはとても大事なことです。
ウォシュレットは電化製品なので、水が出ない以外にも様々なトラブルが起こる可能性があるということを忘れてはいけません。
では、水が出ない時はどうすればいいのでしょうか。
自分で修理することはできるのでしょうか。
ウォシュレットの水が出ない時の修理法とチェック箇所についてご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

部屋がカビ臭い!その原因と解決方法を知ろう

いつもそれなりに掃除をしているつもりでも、長年同じ部屋で生活をしていると、カビ臭いニオイが出てしまう...

窓に目隠シートを貼るなら100均へ!おしゃれな窓へと変身

窓からの目線が気になるなら、100均の目隠しシートを活用してみてはいかがでしょうか。 何よりも10...

洗濯物の外干しで虫を寄せ付けない方法!すぐにできる虫対策

洗濯物の外干しで、一番困るのが虫が付いてしまうことです。場所や季節にもよりますが、虫が多いシーズンに...

ボールペンのシミを取る方法!水性ボールペンの落とし方

服を洗濯しようとした時に、ワイシャツのポケットにボールペンのシミを発見。そんな時はどのようにすればボ...

チューリップの球根を3月植えるのはNG!植える時期とポイント

チューリップの球根を、暖かくなってきた3月植えるのは良くないことなのでしょうか。 球根の存在を忘れ...

スポーツサングラスをかけるなら?子供用野球サングラスの選び方

子供が野球をするときにはスポーツサングラスは必要なのでしょうか?子供のことを考えると、サングラスはか...

風呂の洗剤は酸性?それともアルカリ性?洗剤の使い分けについて

お風呂の洗剤には何が適しているのでしょうか?パッケージをよく見てみると酸性、中性、アルカリ性と、同じ...

Tシャツの黄ばみを落とす重曹を使った洗濯方法で白さ復活

きちんと洗濯しているはずなのに、なぜか黄ばみが出てくるTシャツ。特に白など淡い色の脇の下の黄ばみは気...

セスキ炭酸ソーダを使った洗濯物のイヤな臭いを取る方法

普通に洗濯しただけでは取れないイヤな臭いにお困りの方はいませんか?洗った直後は洗剤のいい香りなのに、...

シンプルライフを目指すための服の整理と収納のコツ

シンプルライフを目指したいけど、家の中はたくさんのモノで溢れて、どこから手をつけて良いかわかりません...

メガネの曇り止め効果のある対策!マスクをしても曇らせない方法

メガネを愛用している方にとって、厄介なのがメガネの曇りです。特に寒い冬には、1日に何度もメガネの曇り...

おもちゃを収納する時に棚を上手に使うコツ

おもちゃを収納しようと思った時に、棚を使うとどんなおもちゃがあるか把握もしやすくて便利ですよね。 ...

目に疲労を感じたら自分でできるマッサージを試してみよう

パソコンやスマホを利用していると、ふと目の疲労を感じることありますよね。そこで簡単にできるマッサージ...

揚げ物用鍋にはホーローがおすすめ!その理由と選び方について

揚げ物用の鍋を新しく買う場合、どんな材質がいいのか迷う人も多いでしょう。 そこでおすすめなのが...

布に絵の具で着色!にじまない絵の具やポイントについて

布に絵を書きたい、着色したいという場合はどのような画材があるでしょうか。絵といえば一番に思いつく絵の...

スポンサーリンク

ウォシュレットの水が出ない時にまずチェックしたい箇所

現代ではトイレにウォシュレットが付いていることが当たり前になってきて、日常的に使用している方も多くなっています。
そんなウォシュレットの水が出ないとなると、焦ってしまいます。

すぐに故障したのでは、という考えが浮かぶと思いますが、ウォシュレットの水が出ないときは必ずしも故障とは限りません。
故障ではない場合、家庭で簡単に対処出来ることもあるので、まずは落ち着いてチェックして下さい。

  • コンセントはきちんと差さっていますか
  • ウォシュレットの電源は入っていますか
  • ウォシュレットが正しく設置されていますか

ここまでは簡単にチェック出来ることなので、問題がないことを確認して下さい。

ウォシュレットの汚れで水が出ない時の修理法

ウォシュレットの水は、溜まった汚れが原因となって出なくなることがあります。
水道水の不純物やカビ、尿石が蓄積されて水の出口を塞いでいるのかもしれません。

汚れが原因となっている場合は、掃除で水が出ないトラブルを解消することが出来ます。

ウォシュレットが搭載されているトイレの場合

ノズルの掃除機能が付いているタイプが多いので、まずは自動洗浄機能を使用してみて下さい。
掃除機能がないトイレ、自動洗浄をしても水が出ない場合は、自分で掃除を行います。

ウォシュレットのノズルに水が出てくる穴があるので、汚れで詰まっていないか確認して下さい。

ノズルの掃除は細かい範囲なので、使い古した歯ブラシなどを使用すると溜まっている汚れを綺麗にかき出すことが出来ます。

掃除をするときにはゴム手袋を着用して、衛生面への配慮も忘れないで下さい。

ウォシュレットの水が出ない原因が汚れじゃない場合の修理法

ウォシュレットのノズルに汚れが溜まっていない、掃除をしても水が出ない場合は他の原因が考えられます。

水が出ないのは水道管から十分に水が供給されていない可能性がある

水が十分に供給されていない場合

止水栓を一度閉めてから、ゆっくりと開いていくと水が出るようになります。

それでも水が出ない場合は、フィルターの汚れや錆びによって水が止められていることがあります。
止水栓を調整してもダメなときは、フィルターの状態を確認しましょう。

水は出るけど少量で勢いがないという場合

汚れや異常ではなくウォシュレット水圧の設定を変更してみましょう。
水圧が弱になっていれば、当然少量の水しか出てきません。

温度が下がっているときは設定を強にしていても、少量の水しか出ないこともありますが、これは温度を確保しているために生じる現象です。
故障や異常ではないので、温度が低く水圧が弱い場合は心配しないで下さい。

ウォシュレットの水が出ないなど修理法がわからない時はどこに連絡すべきか

ウォシュレットに水が出ないなどの異常があった場合、みなさんはどこに連絡しようと思いますか。

水回りの修理業者やメーカーへ連絡を

迅速な対応と確かな知識があるという認識から、安心して連絡出来るでしょう。

確かに迅速ですぐに修理をしてもらえますが、中には思っていたよりも高額で大変だったという方もいます。
土日祝日や夜間に依頼をすると、その分の別途料金が加算されるなど、料金設定は業者によっても違います。

検討する猶予はないかもしれませんが、実際の修理を依頼する前にいくつか見積もりをお願いしておくと安心出来るでしょう。

また、ウォシュレットを設置してからどのくらいの期間で故障したのかによっても、連絡する先が変わってきます。

ウォシュレットを設置してから一年以内の故障であれば、メーカーの保証対象期間

無料で対応してもらえることがほとんどです。

しかし、一年以内に異常が発生するケースはあまりありません。
ほとんどの場合、メーカーの無料保証期間が過ぎているので、メーカーに連絡して有料で修理してもらったり、販売店に連絡をして修理の依頼をすることもあります。

設置してから長く年数が経過していると、修理するための部品の取り扱いがないことも少なくありません。
この場合は修理することが出来ないので、ウォシュレット自体を交換ということになるでしょう。

ウォシュレットの水が出ない時、修理法を考えるよりも便器ごと新しく交換するのも一つの方法

長期間丈夫に使うことが出来そうなウォシュレットですが、ウォシュレットも家電製品の一つです。
年数の経過とともに劣化や故障も起こります。

ウォシュレットが問題なく使用出来る期間は、約10年程度だと言われています

もちろん10年経たずに異常が発生することもありますし、10年を超えても問題なく使用出来ることもあるので、あくまでも平均的な目安として基準にして下さい。

ただ、この年数を過ぎたウォシュレットは、異常やトラブルが発生しやすくなるということを理解して下さい。

また、修理をしようにも年式が古くなると、修理に必要な部品の取り扱いもなくなっていきます。

修理出来るケースであっても、古いウォシュレットは修理費用も高額になることが多いので、交換した方が安く済むことも珍しくありません。

新しく交換したらまたメーカーの保証が受けられるようにもなるので、耐用年数を過ぎている場合は新しくするということも一つの方法として検討してみましょう。