注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

和室にクッションフロアを敷く場合はカビ対策も忘れずにしよう

和室を洋室にしたい場合に使えるクッションフロアですが、もし実際に敷くとなるとカビの発生が心配になりますよね。

カビの発生を防止するためには、畳は全部取り外した方が良いのでしょうか?他に簡単にできるカビ対策方法はないのでしょうか?

和室にクッションフロアを敷く場合のカビ対策方法について説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

米の保存容器は密閉性が大切!お米の鮮度を保つための条件

お米の保存はお宅ではどのようにしていますか?昔ながらのハイザーに入れているという方や、キッチンの場所...

あいうえお作文で自己紹介するコツ!文章の考え方と上手な作り方

何かのイベントやゲームなどで、あいうえお作文で自己紹介をすることがあります。実際にあいうえお作文を作...

洗濯物の正しい干し方・裏返しで干すメリットと早く乾かす方法

お洗濯のあとに洗濯物を干す時、天気の悪い時は特に、なかなか洗濯物が乾かずに困ってしまうことがあります...

グルーガンの使い方とコツを確認して自分だけのアクセサリー作り

ハンドメイドをする人が増えています。手作りの作品は世界に一つだけのオリジナルで、特別感が嬉しいですね...

生地の収納はどうしてる?収納上手さんのアイデアを紹介

生地の収納はどのようにしたら上手くいくのでしょうか?確か、あの生地がまだ残っているはず…。と探すとき...

洗濯物の虫除け対策!もう虫に困らない干し方のポイント

自宅の周りが自然豊かな場所だと、空気がキレイなのは嬉しいことですが、洗濯物に付く虫に悩む方も多いよう...

トイレのドアが開かない!原因や修理と困ったときの対処法

トイレのドアが開かないで困ったことはありませんか?でも、その後なんとか開いたのでついそのままにしてい...

油汚れの付いた服のシミ抜き方法と洗濯のコツ

服に付いた油汚れは、洗濯しても残ってしまうことがよくあります。濡れている時にはわかりませんが、乾いて...

簡単に粘土で作品作り!人形を作るのにおすすめの粘土と作り方

粘土での作品づくりはいろいろな物がありますが、人形作りも人気の粘土作品です。 そこで人形作りが...

上靴を洗うときの洗剤は何を使えばいい?おすすめの洗剤

上靴を洗うときにはどんな洗剤を使えば汚れや臭いを落とすことができるのでしょうか? 上靴専用の洗剤を...

100均時計をお部屋に合わせてリメイク!インテリアになる時計

家の中に時計がある人って大半ではないでしょうか。 でも家の中にある時計って部屋の雰囲気に合っていな...

メガネの曇り止め効果のある対策!マスクをしても曇らせない方法

メガネを愛用している方にとって、厄介なのがメガネの曇りです。特に寒い冬には、1日に何度もメガネの曇り...

部屋の片付け。おしゃれな空間を演出するコツ・条件・極意とは

部屋の片付けを楽しくするには、やっぱりおしゃれな空間を作り上げること。 掃除や片づけって、毎日...

服の片付けと収納のコツ。たたみ方やすっきり収納のアイディア

家族の人数が多いとそれだけ服の数は増えますし、子供がいる場合は着られなくなった服もどんどん増えていき...

除湿剤の効果とメリット。お部屋の置き場所に合わせた選び方

ジメジメとした季節は部屋の湿度もずっと高いままで、洗濯物もなかなか乾きません。市販の除湿剤にはいろい...

スポンサーリンク

和室の畳の上にクッションフロアを敷く場合はカビ対策もしよう

和室にクッションフロアを敷く場合、気になるのは畳とクッションフロアの間にカビが発生しないかどうかですよね。

何の対策もしていない場合は、やはり湿気が溜まってしまいクッションフロアを剥がすと一面カビとなってしまうこともあります。

畳を外してクッションフロアを敷くのが一番ですが、畳の収納場所に困ってしまったり、畳の移動も重さがあるので、女性一人で作業をするのは大変です。

そのため畳の上にクッションフロアを敷く方が多いのが実状ですが、そのような場合は畳の上に湿気を取るような対策をとっている方がほとんどです。

また畳の上にクッションフロア、そしてその上に家具を置く場合は畳のへこみも、賃貸では気になる点ですので、ベニア板を敷くなどの対策を取ると良いですよ。

和室にクッションフロアを敷く前にカビ防止のシートを敷きましょう

ではクッションフロアを和室に敷く時、具体的にはどのようなカビ対策を取るとよいのか?そこが一番気になる点ですよね。

そこで便利なのが防カビシート、ホームセンターやネットなどで購入することが出来て、品物によっては半永久的に、その効果が持続するというものも販売されています。

上に家具を置く方などは、頻繁に取り外して中のシートを変えることが難しくなりますので、半永久的というのは嬉しい点です。

防カビシートの使用方法ですが、まず畳に掃除機をかけて汚れをキレイにします。その上に防カビシートを敷いてください。

防カビシートのズレ防止は、ご自宅ならタッカーを使用しても良いと思いますが、賃貸ならマスキングテープで養生をした後に、両面テープで固定をするのがおすすめです。

次に防カビシートの上にクッションフロアを敷きますが、このときも両面テープが一番固定しやすく作業もしやすいですよ。

賃貸物件の和室にクッションフロアを敷く場合のカビ対策方法とは

賃貸物件の場合は、部屋の模様替えでクッションフロアを敷くときにも気を使わなければいけません。特に和室で畳の上に敷く場合には先述したように、カビの心配があります。

まず作業をするときは湿気の少ない日を選ぶこと。ジメジメとした雨の日などに作業をするのはやめましょう。

そしてカビ対策として、防カビシートなどを利用することです。さらに大家さんや管理会社に確認をとってから行うと、安心して作業が出来ます。

このように対策をとった場合でも、カビが生えてしまったり、両面テープのはり方や場所によっては、跡が畳に残ってしまうこともあります。

賃貸の場合は、持ち家よりもさらに注意をしてクッションフロアを敷く必要があります。

実際に和室にクッションフロアを敷いてみた感想

畳がある部屋は、昔から馴染み深いせいか何だか落ち着きますよね。新品の畳のい草の臭いも良いものです。しかし使っているうちに日焼けがひどくなってしまったり、畳がボロボロになってしまったり畳替えが必要となるのが難点です。

特に小さな子供がいると、畳の上で車を走らせたりしてアッという間に畳が傷んでしまうことも。

そこで畳替えよりも、費用を抑えられて手軽に行えるのが、クッションフロアを敷く方法。

クッションフロアは掃除もしやすく、拭き掃除も簡単です。また畳のい草が洋服に付くこともなくなります。

カビについては防カビシートを敷く、クッションフロア自体を防カビ抗菌加工のものを使用するなどの対策がありますが、このような対策をとっても半年に一度くらいは畳の様子を確認したほうが良いでしょう。

また長年使用するには不向きな方法と言えるので、持ち家で畳の部屋が必要のない場合は根本的に床の張替えなどを考えて見てくださいね。

クッションフロアを上手に敷くためのコツを経験者に聞いてみました

大きなクッションフロアを敷くのは意外と大変です。特に上に置く家具がある場合には一人で作業をするよりも、誰かに手伝ってもらったほうが圧倒的に作業効率が良くなります。

次にクッションフロアを敷くときのコツですが、まずはサイズを確認してカットをする必要があります。カット次第で出来栄えが変わってきますので、まっすぐキレイにカットをしましょう。クッションフロア専用のカッターがありますので、こちらを使うとカットが楽になりますよ。

またクッションフロアは継ぎ目が問題です。浮いてくる原因となるのでなるべく継ぎ目を少なくするように幅広のものを使用しましょう。

貼り付け時に使用する養生テープ、マスキングテープは使用する両面テープよりも、こちらも幅広なものを使用することで、作業の進みが良くなります。

両面テープと同じ幅のものを使用してしまうと、はみ出さないように注意が必要となるので大変です。

畳にクッションフロアを敷いた場合は、定期的にカビチェックをお忘れなく

和室の畳の上にクッションフロアを敷くだけで、見た目を洋室にチェンジさせることが出来るだけでなく、お掃除も楽になります。

特に小さなお子さんがいる場合は、飲み物や食べ物をこぼしてしまうことが多いので、簡単に拭き掃除が出来るクッションフロアはおすすめです。

しかし畳に敷く場合は、カビ対策をすることは必須!これを怠るとクッションフロアを剥がしたときに、びっくりするほど畳にカビが生えてしまうこともあります。

賃貸なら畳全てを弁償しなければいけなくなってしまうと、いたい出費となりますよね。
このようなことがないように畳とクッションフロアの間にはカビ対策をすること、また対策を施した場合でも定期的に確認をする、防カビシートを交換するなどその後のケアも必要となります。

賃貸なら、最初に大家さんや不動産会社に確認をしてから行うことも忘れずに行いましょう!