注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

【サングラスの選び方】紫外線対策のための正しい選び方

サングラスはおしゃれを楽しむだけでなく、紫外線対策のためにも必要なアイテムです。しかし、初めてサングラスを選ぶという時には、どのようなことに気を付けて選べばよいのかよくわからないという方も多いと思います。
そこで、紫外線対策のための正しいサングラスの選び方をご紹介します。
サングラスの初心者は色だけで選びがちですが、その選び方は正しくありません。購入する時のチェックするべきポイントを覚えておきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

鍋が黒い!重曹を使って洗えない鍋って?黒ずみをとるのは〇〇!

鍋がくすんでる!いや、黒い! 料理をしたあとに、お鍋を洗ってもキレイにならない時があります。 ...

煮洗いで重曹を入れると赤ちゃんの服の黄ばみもスッキリ

赤ちゃんの洋服やスタイは洗濯していても、どうしても汚れが落ちきらずに黄ばみとして残ってしまいますよね...

ビルトイン食洗機の掃除方法~毎日のお手入れとカビ汚れの対処法

最近は主婦の方も仕事を持つ方が増えて、便利家電である食洗機を使っているご家庭も多いですよね。家を新築...

子連れでの再婚に後悔しないために!再婚前に考えたい子供のこと

シングルマザーとして子育てをしている女性でも、素敵な男性にめぐりあうことで再婚について考えることもあ...

革の手袋は洗濯出来る。家庭にある物で優しく洗濯する場合の方法

寒い季節の外出は手袋が欠かせないですね。 また手袋はおしゃれも出来ますし、革の手袋を愛用している方...

生地の収納はどうしてる?収納上手さんのアイデアを紹介

生地の収納はどのようにしたら上手くいくのでしょうか?確か、あの生地がまだ残っているはず…。と探すとき...

窓拭きに新聞紙を使うと傷が付く?傷をつけない新聞紙の使い方

窓拭きをする際に新聞紙を使用すると、手軽にキレイになると評判です。しかし新聞紙を使う際に窓ガラスに傷...

布のアイロンシールの剥がし方・布以外のシールの剥がし方を解説

お子さんの持ち物に記名するために、衣類などにアイロンシールやワッペンを貼ることがありますよね。布に貼...

出窓をインテリアとしておしゃれに活用!ポイントや注意点を紹介

部屋にある出窓をインテリアのようにおしゃれに見せている家を見たことはありませんか?例えば、観葉植物や...

ミシンのコツやポイントとは?まっすぐ縫いたいとき

ただまっすぐ縫いたいのに、曲がってしまうときの原因はどんなところにあるのでしょう?ミシンの基本となる...

100均時計をお部屋に合わせてリメイク!インテリアになる時計

家の中に時計がある人って大半ではないでしょうか。 でも家の中にある時計って部屋の雰囲気に合っていな...

親の介護で兄弟間のトラブルに発展しやすい事例と解決策について

親の介護で兄弟間のトラブルに発展しやすい事例は、いくつかあります。 助け合うはずの兄弟が、親の...

毛糸のマフラーの洗い方!素材に合わせた正しい洗濯方法

冬には欠かせないアイテムのマフラーですが、ファンデーションが付いたり、髪のセット剤が付いたりと、どう...

浴室のカウンターの黄ばみ落としに効くのはコレ。使い方を紹介

浴室のカウンターの部分、毎日お掃除していても気がついたら黄ばみが目立つということはありませんか。 ...

風呂釜の洗浄は重曹でOK?重曹で取れる汚れと使用の注意点

毎日使用する浴室、体をキレイにする場所なので、その分汚れが溜まる場所です。浴槽や洗い場は毎日掃除をし...

スポンサーリンク

紫外線対策のためのサングラスの正しい選び方

サングラスを選ぶ時にはデザインだけではなく性能も重要です。

サングラスの大切な性能と言えばまずは眩しさをカットすることと紫外線をカットすること

ここではレンズと紫外線の関係についてご案内します。

紫外線透過率

レンズを「通過する」紫外線の量を表しています。この数値が小さいほど紫外線は多く防ぐことができます。そのため、サングラスでは紫外線透過率が低いものほど優秀であるということになります。
最近のサングラスはかなり性能がよく、紫外線透過率1パーセント以下のものが多くあります。

紫外線カット率

レンズで「防ぐ事の出来る」紫外線の割り合いを示しており、数値が大きいほど多くの紫外線を防ぐことができます。サングラスでは紫外線カット率が大きいものを選ぶと良いでしょう。
サングラスの品質表示では「UV○○○」と表示されています。この○○○に入る数値は大きいほど紫外線カット率が高くなります。
UV380で90パーセント、UV400では99パーセントの紫外線を防ぐ事ができます。UV400の商品を選ぶと安心ですね。

紫外線は肌では染みや老化の原因となり長時間浴びるのはよくないのですが、目から入っても害がある事が分かっています。白内障などの目の病気の原因になったり、目から入った紫外線によっても肌に当たるのと同様の悪影響があります。できるだけ防ぎたいものです。

サングラスを色だけで選ぶのは間違い

私は普段メガネをしています。最近は天気のよい日の外出や自動車の運転をする時に以前以上に眩しさを感じるようになってきたのでサングラスを作りたいと考えています。そこでサングラス選びをしてみましたが、実に様々な色があることを知りました。どの色を選んだらよいのか迷ってしまいます。色を選ぶにあたり、まずは色によってサングラスの機能に何か影響があるのかを調べてみました。
そうして、サングラスのレンズの色は紫外線対策には影響が無い事を知りました。サングラスの色は眩しさを防ぐのには役立ちますが、紫外線を防ぐ効果は無いのです。サングラスをかけると視界が暗くなり、何となく落ち着きます。そのせいか私はサングラスをかけると守られているような安心感を覚えます。

しかし、それは気分だけの問題で実際に紫外線からも何からも守られてはいません。反対に瞳孔が開いてしまうため紫外線の侵入に対しては通常よりも無防備な状態になっています。

サングラスをかける事によって守られるのは、紫外線カット加工が施されている場合に限り紫外線から守られるのです。サングラスを購入する時には紫外線カットの加工がしっかりと施されているものを選びましょう。

サングラスのレンズカラーの選び方

サングラスのレンズの色は様々です。色は紫外線カットに関係しないので好きな色を選ぶと良いでしょう。
色によって見え方が異なるのでそれぞれの色の特徴を挙げてみます。

  • 黒系
    一般的な色で色選びに迷ったらグレー系を選ぶと間違いはないでしょう。視界への影響も少なく眩しさは一番しっかりと防ぐ事ができます。
  • 茶系
    黒系に次いで大いのが茶系です。黒系よりも優しい印象になり女性にお勧めです。緑の草木がはっきりと見えるのでゴルフやキャンプなどのアウトドアにも適しています。
  • 青系
    青系のレンズは自動車のライトによる眩しさを軽減してくれるので自転車に乗るときなどにお勧めです。
  • 緑系
    緑は人を落ち着かせる要素があるので、リラックスしたい時にお勧めです。
  • ピンク系
    かわいい印象になるのでハードになるのが苦手な女性にお勧めです。

紫外線をカットするサングラスのフレームの選び方

サングラスを選ぶときは紫外線カット率の高いものを選びさえすれば大丈夫と思ってはいけません。

レンズは99パーセントの紫外線を防ぐことが出来てもサングラスと顔の隙間から入ってくる紫外線があります。これを防ぐためにはできるだけ顔にフィットしたサングラスを選ぶようにしましょう。レンズの側面にも小さなレンズが付いているタイプのものもあります。

サングラスはできるだけ紫外線を防止できるものを選びたい者ですが、やはりかけた時の印象も気になります。サングラスは微妙なフレームの形で掛けた時の印象が全然違ってきます。サングラスを見て素敵と思ってもかけてみると似合わない場合が多々あります。サングラスは実際にかけて選びましょう。

また、メガネの上から掛けられるサングラスもあります。以前はメガネの上からかけるサングラスはゴーグルのように大きくてファッション的には遠慮したいものがありましたが、最近ではお洒落なデザインのものもあります。普段メガネを使用している方は検討してみて下さい。

紫外線カットサングラスのレンズの種類の特徴

サングラスのレンズには次の種類があります。

  • 偏光レンズ
    レンズの中に入っている特殊なフィルターが光の反射を防いでくれます。そのため水面の反射や地面や草木、窓などあらゆる物に反射した光をカットし見る事ができるので事物をはっきりと見る事ができます。運転をする時や釣りをする時、水辺でのレジャーに大変便利です。
  • 調光レンズ
    レンズに当たる紫外線の量で色が変わります。紫外線がたくさん当たると色が濃くなり、紫外線を防ぐ効果も発揮されます。紫外線が少ないと殆ど色がなくなり紫外線防止の効果も比例してなくなります。屋外では眩しくなく紫外線を防ぐサングラスを掛けた効果が得られ、室内では色が殆どなくなるので視界が暗くなりません。屋内と屋外の出入りが頻繁な時に便利です。しかし、レンズの色が変化するのに時間がかかるので運転には適していません。トンネルに入ったり建物の陰に入ったりして瞬時に暗くなった時に視界が暗いままで危険です。