注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

酸素系漂白剤を洗濯に活用!毎日使う時は液体タイプが便利

毎日お洗濯に酸素系漂白剤を利用したいと考えている主婦の方もいますよね。時々酸素系漂白剤を活用することは良くても、毎日使う事にためらいを感じている人もいるのではないでしょうか。

ここでは、お洗濯をするときに毎日酸素系漂白剤を使用しても良いのかについてお伝えします。

酸素系漂白剤には2種類の物がありますので、それぞれの特徴や効果を知って、日々のお洗濯に活用しましょう。

せっかくお洗濯をするのですから、ニオイも汚れも綺麗におとしたいものです。酸素系漂白剤をうまく活用して、綺麗にお洗濯をしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

浴室のカウンターの黄ばみ落としに効くのはコレ。使い方を紹介

浴室のカウンターの部分、毎日お掃除していても気がついたら黄ばみが目立つということはありませんか。 ...

マルベリーの育て方【鉢植え】上手に育てる方法と収穫方法を解説

マルベリーの鉢植えを育てようと考えている人の中には、どうやって育てれば上手に実を付けることができるの...

電子レンジの掃除にはレモンが良い?キッチンの掃除に役立つ理由

電子レンジは温めに解凍と、忙しい主婦にはとって無くてはならない家電。しかし使う頻度が高いせいか、知ら...

米の保存容器は密閉性が大切!お米の鮮度を保つための条件

お米の保存はお宅ではどのようにしていますか?昔ながらのハイザーに入れているという方や、キッチンの場所...

洗濯物の正しい干し方・裏返しで干すメリットと早く乾かす方法

お洗濯のあとに洗濯物を干す時、天気の悪い時は特に、なかなか洗濯物が乾かずに困ってしまうことがあります...

【ハンドメイド】小さなはぎれを使って作る子供用の小物

家に捨てられない小さなはぎれがたくさんあって、どうしようか使い道に困っている方はいませんか?ハンドメ...

手芸の自由研究におすすめ!簡単に100均アイテムで作る作品

お子様の自由研究で、女子は手芸で作品を作るというのも人気です。そこで、小学生でも簡単にできる簡単な手...

洗濯槽のカビがなくならないときの対処方法を紹介します

洗濯槽のカビがなくならない…すすぎをしたのにずっと洗濯物に黒いカビのようなものがついてしまうときには...

洗濯物を早く乾かす干し方のコツ!部屋干しでも臭わない

雨の日やジメジメとして季節には、洗濯物は部屋干しで乾かす方が多いと思います。そこで困るのが、洗濯物が...

ハーブやアロマの資格について。資格を取得するまでの流れ

ハーブやアロマに興味のある方も多く、資格として何か取得したいと考えている方も多いと思います。 そこ...

窓に目隠シートを貼るなら100均へ!おしゃれな窓へと変身

窓からの目線が気になるなら、100均の目隠しシートを活用してみてはいかがでしょうか。 何よりも10...

南部鉄器のお鍋について。さび問題を解決して長く使い続けるには

南部鉄器の鍋。 伝統工芸品であり、高価で最近では海外でも注目され手に入りにくい調理道具となっていま...

家の電話をワン切りしてくる意味とは?気をつけたい防犯対策

家の電話にワン切りしてくるのはナゼ?非通知でワン切りしてくるときと番号が表示されているのにワン切りし...

アイロンのやり方やコツを知ってシャツをビシッと仕上げよう

シャツにアイロンをかけたけれど、シワだらけになったり上手くかけられないという事もありますね。 ...

フラダンスの発表会に差し入れをする場合のポイントと注意点

仲のいいママ友から「今度フラダンスの発表会があるからぜひ来て欲しい」と言われたら、「何か差し入れを…...

スポンサーリンク

毎日のお洗濯を快適に!酸素系漂白剤をお洗濯に使う効果

きれい好きさんは、毎日洗濯をします。結婚前は、洗濯をそれほどしなくても、結婚して奥さんが毎日洗濯をされて、水道代が一気に上がり、ビックリしたなんて旦那さんがコメントしたりしています。そのお洗濯、酸素系漂白剤を使用したら、洗濯が楽になるなんて周りの方から聞きましたか?

確かに、酸素系漂白剤を使用すると、お洋服が綺麗になる、雑菌効果があるので、洗濯物から悪臭がしにくなるなど、メリットは沢山あります。

色んな洗剤を試したけれど、あまり洗濯物が白くならない、汚れがそんなに落ちないと感じている方、また、洗濯物を乾かした後に臭いがして、その臭いが気になる。そんな悩みを持っている方は、一度酸素系漂白剤を試した方が良いかもしれません。あなたの評価水準に完全には達していないかもしれませんが、結構評判は良いみたいです。迷っているのなら、一度試して、効果をあなた自身で実感するべきです。

毎日のお洗濯に使える液体タイプの酸素系漂白剤と粉末タイプの酸素系漂白剤の違いと特徴

洗濯の洗剤も色々改良されていて、そのため、酸素系漂白剤も粉タイプのものと液体タイプのものがあるんです。

既にお店で見かけたこともありますよね?テレビや雑誌で読んだことがあるかもしれませんが、粉と液体タイプ、比べると、粉タイプはより強力に洗濯物の汚れを落とす力があります。また、洗濯物に菌が発生すると、臭いを放ちますが、その菌を発生させにくくする力を持っているのも、粉タイプの洗剤です。液体タイプは粉タイプと比べるとそれほど汚れが落ちる訳ではありません。ただ、汚れを落とす力がそれほど強いわけではないので、逆に、オシャレ着など、優しく洗わなくてはいけない洗濯物に使えるのが、メリットになります。
しつこい汚れには、粉タイプがお薦めです。そうではなく、手洗いをした方が良さそうなオシャレ着、あなたが大切にしている服には、液体タイプの洗剤がお薦めです。洗濯物の質によって、粉にするのか、液体にするのか、使い分けて使用したら、より洗濯物に負担をかけないと思います。

酸素系漂白剤を毎日洗濯に使っても大丈夫?使うなら液体タイプを選ぼう

酸素系漂白剤は名前からも想像できると思いますが、洗濯物をとにかく白くさせます。汚れを取る力が素晴らしい。でも、そんな強力な力を持った洗剤を毎日使用して、洗濯物に負担はかけないかな?

普段の汚れは液体タイプで十分なようです。特に汚れている訳ではないけれど、洗濯をする必要はある。夏なんて汗をかいているから、シミなどついてなくても、洗濯はする。そのくらいのレベルの汚れであれば、液体で十分なようです。

ただ、ちょっとこのお洋服は汚れているな、いつもの洗剤じゃもしかしたら汚れが落ちないかもしれない。そんな汚れもありますよね?そんな時は、粉タイプで勝負をかけます。汚れをガッチリ取り除いてもらいましょう。

酸素系漂白剤は毎日の洗濯で使用しても大丈夫です。ただ、基本的には、液体タイプのものにして下さい。粉タイプのものは汚れがきつい時に使用をとどめた方が良さそうです。

酸素系漂白剤を洗濯に活用!酸素系漂白剤の使い方

洗濯物は、その汚れによって、洗濯の仕方、変えなくてはいけません。汚れは汚れでも、「これ漂白になるな」と思うものもあります。プラス、女性だったら、血がつく汚れも洗い落とさなくてはいけません。

漂白をする際は、洗面器などに40度くらいのお湯を入れる

漂白をする時は、洗面器など、お湯をためれる容器を用意します。漂白剤によって、お湯の温度は違うかもしれませんが、大体の場合は、40度くらいの温度のお湯を入れて、漂白剤を入れます。そして、汚れのひどいお洋服を入れます。

ここで注意したいのは、洋服も素材によっては、高い温度のものにつけると縮んだりします。特にオシャレ着は注意が必要です。どんな温度でも対応可能なのか、タグをよくみて下さい。

血の場合

はじめは水で血の汚れを落とします。そして、お湯と漂白剤を入れたものを用意し、漂白をします。その後は、普通に洗濯機で洗います。

酸素系漂白剤を使用できる素材・使用できない素材

酸素系漂白剤は、洗濯物の汚れをよく取ってくれます。でも、どの素材にも使用できるわけではありません。

簡単にいうと、オシャレ着にはあまり向きません。毛や絹系統の素材と酸素系漂白剤は残念ながら合いません。また、酸素系漂白剤とお洋服でオシャレのためについているボタンも相性があいません。

その点にも注意しつつ、酸素系漂白剤で洗濯物を洗って下さい。麻などは大丈夫なようです。

酸素系漂白剤を洗濯に使用するときの注意点

酸素系漂白剤は洗濯物から嫌な悪臭の臭いも放ちませんし、汚れも取れます。

酸素系漂白剤は汚れを取るには、強い洗剤でです。

でも、だからこそ、肌には少し強すぎる刺激が残ります。その汚れを取る強さは、肌の弱い方には、少し強すぎるの刺激になります。ですので、そんな刺激の強い酸素系漂白剤を使用される時は、ゴム手袋をして、その強い刺激からあなたの肌を守って下さい。肌が弱い方は念の為ゴム手袋をして下さい。また、適量を守って下さい。

きちんと、適量を守って、酸素系漂白剤を使用して下さい。多く入れすぎて、逆に洗濯物に負担をかけることになります。酸素系漂白剤を使用する時は、書かれている分量を守って下さいね。