注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

冷凍ご飯を焼きおにぎりにアレンジ!フライパンで焼くコツ

冷凍ご飯が消費しきれずに、困ってしまう事ありませんか?冷凍してすぐに食べられれば、味も気になりませんが、冷凍期限のギリギリとなると、そのままではちょっと。というときもありますよね。

そこで冷凍ご飯を美味しく食べるためのレシピ、焼きおにぎりにする方法をご紹介いたします。フライパンで上手に仕上げる方法、また冷凍ご飯のその他の美味しい食べ方についても、ご紹介をいたしますので試してみてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

シフォンケーキの失敗で多い「生焼け」の原因と対策

ふっくらとフワフワしたシフォンケーキを自宅でも焼いてみたいですよね。 しかし、シフォンケーキは焼き...

チーズソース好きにはたまらない絶品美味しいパスタレシピ

コクのあるチーズソースはチーズ好きにはたまらないソースです。チーズソースをたっぷり味わうならパスタが...

冷凍ポテトは揚げないでも食べられる!?ポテトの作り方

冷凍のポテトを揚げないでポテトを作るにはどうしたらいいのでしょうか?油を買い忘れたとき、足りないとき...

ミニトマトは冷凍保存がおすすめ!お弁当やおかずに便利な使い方

お弁当に欠かせないミニトマトですが、スーパーで1パック買ってきてお弁当に1個ずつ入れていってもなかな...

じゃがいもは皮付きが美味しい。基本の洗い方や便利な方法とは

じゃがいもは皮付きが美味しいと思いませんか。 じゃがいもや野菜の皮には沢山の栄養分が含まれてい...

アジを美味しく食べるための冷凍方法と保存期間

アジはよく食卓に上がる魚の一つですよね。 青魚は体にも嬉しい効果がたくさんあり、昔から食べられてい...

ホットケーキミックスとりんごを使った簡単おやつレシピ

子供のおやつを簡単に作りたいという時におすすめなのが、ホットケーキミックス。少ない材料で、美味しく簡...

豆腐を使った手作りおやつ。離乳食期の赤ちゃんに簡単おやつ

離乳食が始まると、豆腐はおかゆに混ぜたり、野菜のペーストと混ぜ合わせたりとよく使う食材の一つですよね...

夕飯のレシピにおすすめな子供が喜ぶメニューについて知りたい

夕飯のレシピを考える時に、大人中心で考えてしまうと、子供が食べない可能性があります。 ですので、見...

卵丼・親子丼はレンジで簡単時短!ふんわり卵が美味しいレシピ

卵丼や親子丼は、普通はフライパンを使って調理します。 しかし、ちょっと火を通しすぎると、卵のふ...

夕飯作りを簡単に!美味しいレシピと時短・節約術を解説

仕事をしているママたちは、毎日の夕飯作りをできるだけ簡単に、しかも美味しい料理を作りたいと考えるもの...

ドーナツは簡単揚げない焼きドーナツがおすすめ!お家で手作り

ドーナツは子供も大人も大好きなおやつです。 ただ、一般的なドーナツは油で揚げて作るので、揚げる...

食パン1斤を丸ごとグラタンに!器も食べられる絶品パングラタン

一般的なパングラタンは、切った食パンをグラタン皿に入れて具材の一つとしてパンを使いますよね。 最近...

【カレー鍋の具材】おすすめからマイナーなものまで大特集

子どもも大好きなカレー鍋。でも、普通の鍋と違ってどんな具材を入れればいいのか悩んでしまう人も多いとい...

バーベキューでご飯を炊くとき失敗しない美味しく炊けるコツ

バーベキューでご飯を炊くなら失敗せずに美味しく炊きたいものです。 アウトドアでご飯を飯ごうや鍋...

スポンサーリンク

冷凍ご飯を使った焼きおにぎり!フライパンで焼くコツ

余ったご飯は冷凍するのは主婦の知恵ですね。
冷凍したはいいが、なかなか消費しきれないという自体になる方も多いでしょう。やはり炊きたてご飯に適うものはありませんよね。

それに冷凍してすぐ食べるには抵抗がないですが、冷凍期間ギリギリになってしまったご飯はどうも食べにくいですよね。
冷凍焼けや味の劣化がどうしても気になってしまうものです。

冷凍ご飯を”焼きおにぎりに”無駄なく消費できる方法

冷凍ご飯の消費方法として、雑炊やチャーハンなどはありますが、焼きおにぎりにする人は少ないのではないでしょうか。
ご飯に味をしっかりつけるので冷凍ご飯を感じさせない美味しさですよ、試してみてください。

  1. 冷凍ご飯を温めて、ご飯に調味料を混ぜます。
  2. 十分に温めたフライパンにうっすら油をひきます。
  3. そこに丸めた焼きおにぎりを焼くだけ。

焼くときのポイント

ご飯がしっかり固まるまで、ひっくり返さないこと!
何度もひっくり返してしまうことでご飯が崩れボロボロになってしまいます。

揚げ物も衣が固まる前に触ってしまうと衣がボロボロになってしまいますよね。
それと同じ現象がおきます。

弱火で焦げ目がつくまでしっかりと焼きましょう。

ご飯にしっかりと味がついていることで、冷凍特有の味が気になることはありませんよ。子供も大人も大好きな焼きおにぎりで冷凍ご飯を無駄なく消費していきましょう。

フライパンで焼きおにぎりが上手く作れない場合の裏ワザ

フライパンで焼きおにぎりが上手く作れない…そんな場合もあります。

フライパンにご飯がくっついてしまうんですよね。原因として考えられることがいくつかあります。

  • フライパンが十分に温まっていない
  • 何度もひっくり返してしまう
  • フライパンのテフロンの劣化
  • 調味料の水分が多く水分がなかなか飛ばない

原因と考えられることに注意しながら作ってみてくださいね。

どうしても上手く作れない場合は裏ワザとしてクッキングシートを使ってみましょう。

クッキングシートがあればフライパンにご飯がくっついてしまうことはありません。

フライパンで焼きおにぎりを焼くコツとして、何度もひっくり返さないと述べたように、クッキングシートを使ってもそのコツは同じです。
焼きおにぎりのご飯しっかり固まるまで弱火でじっくり焼いていきましょう。

フライパンで焼きおにぎり!上手に作るポイント

フライパンで焼きおにぎりを上手に作るポイント

しっかり握る

本来おにぎりはあまり握りすぎないこと。これこそがが美味しいおにぎりのポイントです。
ですが、焼きおにぎりの場合は握りが甘いと型崩れがしやすくなりますので、しっかりと握るよう心がけてください。

フライパンをしっかり温める

フライパンをしっかり温めましょう。
油をうっすらひく場合も油が温まってから焼き始めましょう。
こうすることで焼きおにぎりがフライパンにくっついてしまうことはありません。

解凍はレンジの温め機能を使う

冷凍ご飯は自然解凍ではなく必ずレンジで温めて解凍してください。
自然解凍ですと、お米がパラパラで上手く握れません。

調味料は最後にも塗る

焼きおにぎりはご飯に調味料を混ぜますが、最後に表面に醤油やお好みの調味料を塗ると、香ばしく美味しい焼きおにぎりに仕上がります。

焼きおにぎりを作った後に冷凍ご飯にするのもおすすめ

冷凍ご飯をフライパンで焼きおにぎりにすることは、冷凍ご飯の消費方法としてオススメです。
しかし、このように何らかの方法ではないと、冷凍ご飯は一度冷凍するとなかなか使いみちがないというのは正直なところでしょう。
冷凍ご飯を解凍していちいち調理するのも面倒ですね。

余ったご飯は冷凍する前に、焼きおにぎりにしてから冷凍する

朝食に、小腹がすいた時の間食に、気が向いたら温めてすぐ食べられるのはとても魅力的ではないでしょうか。

1つ1つ小分けにラップして更に密閉できるジップロックに入れて冷凍しておくと、冷凍焼けも気にならず気軽に、そして美味しく食べることができます。

フライパンで焼きおにぎりを作る方法を紹介してきましたが、オーブンでもトースターでも魚焼き器でも焼きおにぎりをつくることができます。

場合によって網やアルミを使うこともあると思います。
網はしっかり温めること、アルミはアルミに油をうっすら塗ることに注意してください。

こうすることで焼きおにぎりが網やアルミにくっつくことを避けられるでしょう。

冷凍ご飯を焼きおにぎり以外で消費する方法

冷凍ご飯を焼きおにぎり以外で消費する方法

  • チャーハン
  • おかゆ
  • 雑炊
  • ドリア
  • 丼もののご飯

味がしっかりつけたご飯にするか、丼もののように濃い味の具を乗せて食べると冷凍ご飯でも気にならず美味しく食べることができます。

ご飯のメニューによってはなかなか消費できない冷凍ご飯ですが、あえて冷凍ご飯を活用できる献立を考えてみてください。

私は冷凍ご飯を消費したい時は鍋物にすることが多いです。鍋の最後に冷凍ご飯を使ってシメの雑炊が楽しめるからです。
冷凍ご飯消費メニューを考えながら上手く冷凍ご飯を活用していくと冷凍庫にご飯が溜まることもないでしょう。