注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

洗濯物の正しい干し方・裏返しで干すメリットと早く乾かす方法

お洗濯のあとに洗濯物を干す時、天気の悪い時は特に、なかなか洗濯物が乾かずに困ってしまうことがあります。

そんな時は、洗濯物を裏返しにして干してみましょう。裏返しに干すことには色々なメリットがあるため、是非試してもらいたい干し方です。

洗濯物が生乾きのままだと、嫌な臭いがして不快な思いをするともあります。正しい干し方をして、なかなか乾かないストレスを解消してください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ドレッシング。賞味期限切れの処分方法やその捨て方について

ドレッシングって、どうして使い切れないのでしょうか? 冷蔵庫にモノが増え始めたと思ったら、ドレッシ...

ジャガード生地の特徴について。他の織り方との違いを比較

ジャガード生地と言うと、高級感のある生地で、カーテンや洋服にも使われます。 このジャガード生地には...

部屋がカビ臭い!その原因と解決方法を知ろう

いつもそれなりに掃除をしているつもりでも、長年同じ部屋で生活をしていると、カビ臭いニオイが出てしまう...

出窓をインテリアと収納に有効活用するコツとアイデアを紹介

キッチンの出窓をうまく活用したいけど、ただ物を置くだけでは全くおしゃれではありません。できればインテ...

スポーツサングラスをかけるなら?子供用野球サングラスの選び方

子供が野球をするときにはスポーツサングラスは必要なのでしょうか?子供のことを考えると、サングラスはか...

食洗機の専用洗剤の代用として使える物と使う時の注意点

食洗機を使おうと思った時に、食洗機専用の洗剤がないと困った経験はありませんか?食洗機は忙しい主婦にと...

マグカップの収納。棚に飾る場合のポイントや見せる収納術

ティータイムに彩りを添えてくれるマグカップ。お気に入りのマグカップや、いただき物や思い出のあるマグカ...

畳がボロボロに!予防と対策、そして簡単リフォームについて

畳がボロボロに。 子供が居ると、畳でもフローリングでもお構いなしですよね。 元気がいいの...

チューリップの球根の掘り上げ時期と寿命を延ばす保存方法

春の花の代表といえば、スーッとのびた茎と可愛らしい花や色が特徴的なチューリップ。育て方も比較的簡単な...

和室にクッションフロアを敷く場合はカビ対策も忘れずにしよう

和室を洋室にしたい場合に使えるクッションフロアですが、もし実際に敷くとなるとカビの発生が心配になりま...

油汚れが服についてしまった時の落とし方についてご紹介

油汚れの種類には、食べ物の汚れや、化粧品や機械油が原因のものなどあります。 そういったものが服につ...

油汚れ落とす洗剤とその使い方で衣類がスッキリ。頑固汚れにも

食べ物の油汚れが付いた子供服や、調理中についてしまった油汚れなど、お気に入りの衣類に付いた油汚れは落...

シンプルライフを過ごすための服の枚数、残す服の選び方をご紹介

シンプルライフをおくっているかたや、ミニマリストの服の枚数はどのくらいなのか、気になりませんか? ...

夕飯のおかずにぴったりな野菜のレシピについて知りたい

夕飯のおかずと言えば、お肉やお魚などの主役を思う浮かべますが、本当に美味しく食べるなら、野菜の存在は...

シンプルライフを目指すための服の整理と収納のコツ

シンプルライフを目指したいけど、家の中はたくさんのモノで溢れて、どこから手をつけて良いかわかりません...

スポンサーリンク

洗濯物の正しい干し方は?裏返しに干すメリット

以前友人から「洗濯物を裏返して干している」という話を聞きました。
当時は知識もなかったので驚きましたが、直接肌に触れる部分を表にして乾かすことでメリットを感じるとの感想でした。
裏返す干し方は正しいのでしょうか。
本当にメリットはあるのでしょうか。
裏返しにして干すメリットはあります。

乾かないお悩みも解決してくれそうですよ。

メリットは洗濯物を傷ませないということ

衣類は着るときも洗濯するときも、そして干すときも常に表になっている部分は一定です。
考えてみると、いろいろなダメージも表になっている部分だけに加わっているのです。

洗濯をするときと干すときに裏返しておけば、その分衣類の表にかかるダメージを軽減することが出来ます。

色あせやプリントの割れも防ぐことが出来ます。

メリットは乾きやすさもメリット

普段は風に当てることのない裏面を風に当て干すことで、乾きにくい縫い目や重なっている生地を早く乾かすことが出来ます。

そしてやはり直接肌に触れるため、裏面は汚れが付きやすいです。
洗濯をしても多少の汚れは残ったりするので、これが洗濯物の臭いの原因になります。

汚れやすい部分を積極的に乾かすので、臭いも防ぐことが出来ます。

種類別・洗濯物の干し方を解説!ズボンは裏返しで干すと乾燥が早い

洗濯物の中でも、特にズボンは乾きにくいと感じませんか。
生地も厚く縫い目も多いので、天候によっては生乾きを改善出来ないほどです。

ただ裏返しにするという一工夫で、乾きにくさが改善される

縫い目や生地の重なりは裏側に集中しているので、そこを直接乾かすことでズボン全体の乾きも早まるということです。

洗濯をして濡れたズボンを裏返しにするのは至難の技なので、洗濯する前に裏返しておくことがおすすめです。

また、せっかく裏返しても干し方が正しくなければ意味がありません。

ズボンは立体的に(筒状になるように)干すことが原則

平面に干すと、結局生地同士がくっついて乾きにくさが解消されません。

洗濯物の干し方・プリント物のTシャツは裏返しで干そう

着る頻度の多いTシャツ類も、裏返して干すことがおすすめです。
特に柄やプリントがあるTシャツは、裏返して干すと色あせを防ぐことが出来ます。

Tシャツも裏返しが良い理由

Tシャツで気になることは色あせもありますが、型崩れしやすいという点もあります。

Tシャツは着やすさに優れた伸縮性がありますが、伸縮するからこそ型崩れもしやすいのです。
強い水流で洗濯を繰り返したTシャツは、襟元が伸びていたり、生地がよれていたりしがちです。

さらに水分を含み重たくなったTシャツを無造作に干しては、どんどん生地が伸びてしまいます。

これではお気に入りのTシャツが、すぐに着古されてしまいます。

このような状況を防ぐためにも、Tシャツも裏返しにして干しましょう。

干し方もポイント

ハンガーを使って干すと、狭いスペースで干すことは出来ますが、肩の部分に重さが加わるので伸びたり型崩れしたりというデメリットがあります。

ハンガーを使わずに竿に半分折りにして干すと、部分的に重さが加わらないので型崩れを防ぐことが出来ます。

ハンガーを使っても半分折りにして干すことは出来ますが、ハンガーが細いと折り目の跡がくっきりついてしまうので注意しましょう。

洗濯物を早く乾かす干し方・裏返しにして干す以外にもこんな方法が

洗濯物の早く乾かすときは、裏返しにする以外にもこんなことに注意しましょう。
一つ一つ組み合わせた方法で干すと、グッと乾く時間を短縮出来ます。

洗濯物の表面積は広く

生地が重なっていると当然乾きは遅くなり、臭いも発生しやすくなります。

洗濯物を早く乾かすために生地が重ならないように、表面積を出来るだけ広く干すと効果的です。

そのためには洗濯物同士の距離も必要です。

たくさん干さない

生地が重ならないようにするためには、一度に干す洗濯物の量も考えなければなりません。

限られたスペースにたくさん干してしまうと、隣り合う洗濯物に重なる部分が出来てしまいます。
この部分は風通りも悪いので、乾きにくくシミが出来る可能性もあります。

洗濯物の間に風が通る隙間が出来るよう、干す量も多くしないことがポイントです。

風通りはとても重要

洗濯物が乾く条件として、風通りは欠かせません。
いくら暖かい場所に干していても、無風ではなかなか乾きません。

室内干しなどで風の通りが良くない場合は、扇風機やエアコンを使って風を作り洗濯物に当てましょう。

洗濯をするときに裏返しのまま選択肢たほうが良い洗濯物

裏返して洗濯するメリットを紹介してきました。
裏返してはいけない洗濯物は基本的にありませんが、中でも裏返すことをおすすめする洗濯物を紹介していきます。

ズボン

衣類の中でも生地同士の重なりが多いズボンは、裏返して洗濯することがおすすめです。

特に色落ちが気になるデニムは、裏返し洗濯が理想です。干すときもそのまま干せるので手間にならずに済みます。

色柄もの

色あせさせたくない洗濯物も、裏返して洗濯しましょう。
直接水流や洗剤が触れないので、褪せ方が格段に変わります。

靴下

靴下の表面も当然汚れますが、内側も目には見えない汚れや雑菌がびっしりです。

裏返しにせずに洗うと、靴下の内側はほとんど汚れが落ちていません。
靴下の形状を考えると仕方のないことです。

だからこそ、裏返して内側もしっかり洗濯しましょう。

裏返し洗いすると、臭いも全然違います。

どんな洗濯物でも裏返しにして洗うメリットがありますが、表面に汚れの付着した洗濯物は裏返さずに、汚れている方を表にして洗濯して下さい。