注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

風呂掃除の頻度【共働き家庭の場合】負担を軽減するためのコツ

お風呂掃除の頻度は基本的には毎日という家庭が多いかもしれません。しかし、忙しい共働き家庭の場合、家事は妻の担当になることが多く、仕事から帰宅して料理に洗濯にとやることの多い妻にとってお風呂掃除は意外と負担が大きいのです。

そこで、共働きの家庭のお風呂掃除の頻度について、ベストな頻度や掃除の負担を軽減するための汚さない工夫などお伝えしていきましょう。

お風呂掃除は以外と力仕事なので、できれば男性がやってくれるのがいいのかもしれませんね。
共働きの家庭のお風呂掃除の頻度を参考に、少しでも負担を軽減するためのコツを身に着けていきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

油汚れの付いた服のシミ抜き方法と洗濯のコツ

服に付いた油汚れは、洗濯しても残ってしまうことがよくあります。濡れている時にはわかりませんが、乾いて...

メガネはどうする?スポーツをしている子供におすすめなメガネ

最近は低学年からメガネをかけている子も多いような気がします。 実際私の息子も小学生1年生の時に...

酸素系漂白剤を洗濯に活用!毎日使う時は液体タイプが便利

毎日お洗濯に酸素系漂白剤を利用したいと考えている主婦の方もいますよね。時々酸素系漂白剤を活用すること...

洗濯物のおすすめな干し方【バスタオル】を紹介します

洗濯物の干し方で困ってしまうのが場所を大きくとるバスタオルですよね。畳んで干せば場所はなんとかできて...

上靴を洗うときの洗剤は何を使えばいい?おすすめの洗剤

上靴を洗うときにはどんな洗剤を使えば汚れや臭いを落とすことができるのでしょうか? 上靴専用の洗剤を...

洗濯物の外干しで虫を寄せ付けない方法!すぐにできる虫対策

洗濯物の外干しで、一番困るのが虫が付いてしまうことです。場所や季節にもよりますが、虫が多いシーズンに...

ウォシュレットの水が出ない時の修理法とチェック箇所

「ウォシュレットの水が出ない」といったトラブルに備えて、修理法を知っておくことはとても大事なことです...

風呂の椅子に付いたザラザラ水垢をスッキリ落とす方法

浴室用の洗剤を使ってお風呂掃除をしていても、椅子や蛇口などに白っぽい汚れが付いてきませんか? 濡れ...

キッチン掃除を業者に頼むメリットや業者選びの注意点をご紹介

キッチン周りの掃除は普段からしているのに、大掃除になると知らず知らずのうちに汚れが溜まっていてびっく...

プラバン使ったアクセサリーの作り方とマスキングテープ活用術

プラバンを使ったアクセサリー作りに挑戦したいと思っても、デザインを考えるのが面倒だと諦めてしまう人も...

あいうえお作文で自己紹介するコツ!文章の考え方と上手な作り方

何かのイベントやゲームなどで、あいうえお作文で自己紹介をすることがあります。実際にあいうえお作文を作...

100均時計をお部屋に合わせてリメイク!インテリアになる時計

家の中に時計がある人って大半ではないでしょうか。 でも家の中にある時計って部屋の雰囲気に合っていな...

洗濯槽と洗剤投入口も忘れずに掃除しよう!やり方と頻度について

毎日洗濯機を使っているものの、洗濯槽や洗剤投入口の掃除をしていない人が多いと言われています。 ...

卵の臭いが食器についたときの対処方法 臭いのとり方とは

卵の臭いが食器にうつってしまったときには、どのような方法で落としたらいいのでしょうか? 生卵の...

家の電話をワン切りしてくる意味とは?気をつけたい防犯対策

家の電話にワン切りしてくるのはナゼ?非通知でワン切りしてくるときと番号が表示されているのにワン切りし...

スポンサーリンク

忙しい共働きの家庭のお風呂掃除のベストな頻度とは

お風呂の掃除は、平日は最後にシャワーでしっかり泡をしっかり流して床の水気を切る程度でも大丈夫です。週に1回ブラシやスポンジでしっかり掃除できれば、1周間くらいではカビや水垢が大量に発生するということはありません。お仕事がお休みの日に根にリ掃除の時間が取れれば問題ありません。

風呂掃除で忙しくてもできるだけ毎日やったほうがいいのは、最後に水をかけて水切りすることです。

壁にも床にも水をかけることでカビの繁殖を防ぎ、スクイージーで水を切ることでさらにその効果を高くします。

できるだけ天井もスクイージーで水を切りましょう。難しければ、一日置きでも効果はあります。

また、お風呂は所要五換気扇で湿気を完全に断ち切ってカラッとさせましょう。カビが好むのは水気なので、元となる水や湿気は毎日しっかり切ることが重要です。

それができるだけでも週1回の念入り掃除は楽になります。

お風呂掃除の頻度が少ない共働き家庭は汚さない工夫をすること

掃除は汚れるからするのであって、汚れなければ必要ありません。または簡単に済ませられます。

リビングや子ども部屋はよく「出したらすぐ片付ける」や「ものを置かない」ということを徹底している家庭もありますが、それをお風呂場にも採用しましょう。

実際にこれで掃除が楽になるという方法をご紹介します。

風呂掃除の頻度を少なくするためにはアイテムは基本的に床置きしない

シャンプーやボディーソープ、風呂桶やイスなど、お風呂のアイテムは基本的に床や棚に置くのをやめましょう。

100円ショップでも売られているのですが、シャンプーや洗顔フォームなどは、ラックか吊るせるグッズがあります。

100円ショップ以外では、壁にシャンプーボトルを付けられる強力マグネットも販売されているのでフル活用するとものを置くということがなくなります。

そのため、接触していた棚や床にぬめりが着かなくなって掃除が楽になるのです。シャンプーボトルも汚れにくくなるので、洗剤を使って掃除しなくても、さっと流すだけで良くなります。

風呂桶やイスをかけるためのマグネットも売られているので、活用しましょう。

お風呂掃除の頻度をあげるのが難しい共働き夫婦は便利アイテムの活用もおすすめ

週1回の掃除で済ませると言っても、その掃除が大変になるとなかなかやりたくないと思ってしまっても無理はありません。

お掃除道具も便利なものに頼ってみるのもおすすめです。

かがんで床をゴシゴシ磨くのが大変なら、銭湯などにあるような柄の長いブラシを使ってみましょう。

腰を曲げなくて良くなるだけでとても楽になりますし、、両手で力を入れられるので洗い上がりがとてもきれいです。

もっと楽にしっかり掃除をしたい人には、電動のブラシがおすすめです。3,000~5,000円で販売されており、柄の長いブラシで、ブラシが振動して汚れをかき出す仕組みのものなのですが、これが結構強力なので床や壁や天井の掃除が一気に楽になります。

ものによってヘッドを付け替えられるものもあるので、必要に応じて附属ブラシがあるもとないものを選びましょう。

天井の掃除は大掃除でも手でするのが大変なので、電動ブラシはあるととても重宝します。

お風呂掃除は力仕事!共働きならルールを決めるのも良し

実は家事や育児はしっかり分担を決めると喧嘩のもとになるのであまりおすすめはしません。

お風呂掃除はどちらかと決めてしまうと、片方に余裕があっても「自分の担当じゃないから」とやらなかったり、逆に気を利かせて掃除してしまうと、担当している人が出来なかったことに対しての嫌味と受け取られてしまうこともあります。

ですが、ルールは作っておくと明確です。

例えば、「最後にお風呂に入った人がお風呂掃除」というルールを作れば、夫婦間だけでなく子供が大きくなったら子供にもお風呂掃除をしてもらうことができますよね。

お風呂掃除をしたくないばかりに誰が先に入るかで喧嘩することもあるかもしせませんが、そこは話し合いでカバーできる範囲です。

我が家では夫婦間で、夕食後に食器洗いをする人とお風呂掃除をする人に分担しています。そのため、どちらかが食器を洗い始めればもう一人は自然とお風呂掃除要員になるのです。言葉でのやり取りがなくても、一度ルールをきめればあとは自然とそルールに従って行動できるので喧嘩にもならずとてもスムーズです。

休日にゆっくりしたいならプロにお任せする手もある

毎日仕事で頑張って、お休みの日はお風呂掃除も含めて家の中を徹底的に掃除して…という過ごし方をすると、疲れが溜まってしまいます。

疲れてくると心も体もいっぱいいっぱいになっってしまうので、パンクしてしまわないために時々家事代行サービスにお掃除をお願いするという手もあります。

家の中全部でも良いですし、お風呂が特に気になっているようならお風呂だけ念入りのお掃除で依頼しても良いでしょう。

週1回の念入り掃除でも太刀打ちできなかったような場所でも、家事代行サービスはプロなのでとてもきれいに掃除してくれて、汚れがきちんとリセットされます。

一度プロの手で家の中がリセットされると家族も散らかしにくいという心理状態になるため、その後きれいな状態は保ちやすい効果もあります。

お休みの日が掃除で終わってしまうとがっかりですが、家事代行サービスにお願いしている間にか家族でお出かけができたり、一人でのんびりする時間が出来たりと、少し心のゆとりも持てるので、一度自分の地域に来てくれる家事代行サービスを調べておくと良いですよ。