注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

メガネの曇り止め効果のある対策!マスクをしても曇らせない方法

メガネを愛用している方にとって、厄介なのがメガネの曇りです。特に寒い冬には、1日に何度もメガネの曇りを拭いているという方も多いと思います。
マスクを付けた時には、さらに曇りやすく、視界が真っ白になってしまい、とても不便です。
そこで、マスクを付けた時に、メガネを曇りにくくする方法をご紹介します。
曇り止めに効果のある方法はいくつかあります。まずは簡単にできることから試してみて下さい。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

キッチンの床を綺麗にDIYするならこんな方法があります

最初は綺麗だったキッチンも数年使い続けていると、床に傷が増えたり、洗剤で拭いても落ちないシミなどが出...

アイロンのやり方やコツを知ってシャツをビシッと仕上げよう

シャツにアイロンをかけたけれど、シワだらけになったり上手くかけられないという事もありますね。 ...

包丁の基本的な研ぎ方!片刃包丁を研ぐ手順とコツ

いつも使っている片刃の包丁の切れ味が悪くなってきた時には、そろそろ研ぐタイミングかもしれません。 ...

ハーブやアロマの資格について。資格を取得するまでの流れ

ハーブやアロマに興味のある方も多く、資格として何か取得したいと考えている方も多いと思います。 そこ...

茶渋を落とすには?重曹やクエン酸を使った茶渋を落とす方法

茶渋を落とすときには重曹?それともクエン酸?どっちも茶渋を落とすのに有効なので、家にあるならぜひ試し...

やかんの水垢や茶渋の落とし方。頑固な汚れを落とす方法

毎日のように使うやかん。一見きれいそうに見えても、内側を見てみると、薄っすらと水垢が気になる、という...

マグカップの収納。棚に飾る場合のポイントや見せる収納術

ティータイムに彩りを添えてくれるマグカップ。お気に入りのマグカップや、いただき物や思い出のあるマグカ...

風呂の椅子の水垢取りにオススメな道具や掃除方法と予防策とは

風呂の椅子の水垢取りには、家にある身近なアイテムがおすすめです。 例えば、重曹水のつけおき洗い...

ボールペンのシミを取る方法!水性ボールペンの落とし方

服を洗濯しようとした時に、ワイシャツのポケットにボールペンのシミを発見。そんな時はどのようにすればボ...

ウォシュレットの水が出ない時の修理法とチェック箇所

「ウォシュレットの水が出ない」といったトラブルに備えて、修理法を知っておくことはとても大事なことです...

布のアイロンシールの剥がし方・布以外のシールの剥がし方を解説

お子さんの持ち物に記名するために、衣類などにアイロンシールやワッペンを貼ることがありますよね。布に貼...

浴室の換気扇フィルターの掃除方法!掃除で換気効率をアップ

浴室は水分が多い場所なので、換気扇のフィルターはあまり汚れていないのではと感じている方もいるかもしれ...

え?うちの排水口が下水臭い?そんな時に出来る対策は

いつも部屋を綺麗に掃除しているつもりでも、排水口から下水臭いニオイが漂ってくることがあります。 「...

ニット生地を家庭用ミシンで生地を伸ばさずに縫うコツ

ニット生地は生地自体に伸びる性質があるので、普通の家庭用ミシンで縫うには少しコツが必要です。 いつ...

スポーツサングラスをかけるなら?子供用野球サングラスの選び方

子供が野球をするときにはスポーツサングラスは必要なのでしょうか?子供のことを考えると、サングラスはか...

スポンサーリンク

メガネの曇り止めにマスクを折り曲げティッシュを入れる方法

メガネをしている人の中には、メガネが曇るのが嫌で冬場にもあまりマスクを付けないという人もいますが、人混みなどで風邪やインフルエンザを予防するという観点からも、マスクを付けたほうが良い場面はたくさんありますよね。

私も普段はメガネをかけて生活しているため、毎年のようにこのメガネとマスクの相性の悪さには頭を悩ませてきたうちの一人です。マスクを付けた際にメガネが曇るのは、マスクと鼻の隙間が空いてしまうことが原因なのですが、この隙間を塞ぐことで、メガネの曇り止めになるという方法があります。

ティッシュペーパーでマスクを曇りにくくする

こちらは災害時などにも役立つ情報として、実際に警視庁のTwitterにて紹介されたメガネの曇り止めの方法なのですが、市販の紙マスクの上の方、鼻に被る部分を内側に折り曲げたり、さらにそこにたたんだティッシュペーパーを挟み、マスクと鼻の隙間を埋めることで、ある程度メガネが曇りにくくなるようです。

マスク使用時のメガネの曇り止めに市販の専用アイテム

効果的にメガネの曇りを防ぐには、専用の曇り止めを使う方法もあります。

こちらは、特殊な加工をされた布でメガネのレンズを拭くことで曇りを抑えるクロスタイプの他に、直接曇り止めをスプレーするタイプや、ジェルを塗り込むタイプなどがありますが、とくに効果が高いのはジェルタイプのようです。

もっとも手軽に使えるのはクロスタイプですが、曇り止めとしての効果が持続する時間が短いため、途中で何度も拭く必要がでてしまうところが欠点でもあります。

実際に私も、このジェルタイプの曇り止めを使ってみたのですが、短時間の外出であればマスクをしていても、ほぼメガネの曇りを気にせずに使用することができました。ただし、使用環境によっては途中で曇りやすくなってしまうこともあります。
なるべく曇り止めの効果を持続させるためには、きちんとメガネを水洗いしてから、隅々までしっかりとジェルをレンズに塗り込むことです。この作業が不十分だと、曇りを抑えきれなかったり、見えにくくなってしまう原因にもなりますので、丁寧に行うようにしましょう。

メガネの曇り止めに特化したメガネ専用マスク

メガネ愛用者に人気の高いマスクの中には、息がマスクの隙間を通ることでメガネが曇るのを防ぐために、スポンジ状のクッションが、鼻とマスクの隙間を塞ぐ形で付けられているタイプがあります。
実際に私も冬場にはこちらのタイプを数年前から愛用しており、シーズン前には大容量の箱入りを常備するほど気に入っています。

ただし、その特殊な形状ゆえ、かさばって持ち歩きがしにくいこととともに、他の使い捨てマスクと比べても価格が高いことで、買うのを控えるという人も少なくないようです。

また、同じくメガネ愛用者の私の夫のように、鼻にスポンジ部分があたって痛いため、寝る時には使いたくないという人もいるのだとか。

ノーズパットをマスクに付ける方法

はじめから鼻の隙間にクッションが付いているタイプのマスクは、コスト面から考えると使い続けるのは厳しいという声が多い中で、最近では市販のマスクに後付けするタイプの、ノーズパッドと呼ばれる商品も人気が高いようです。

こちらの商品には、マジックテープのようなものが付いており、鼻とマスクの隙間に当てて密着させることによって、メガネの曇り止めとしての効果が期待できます。実際に使ってみた人の感想を聞いてみても、曇り止め効果が高いだけでなく、使い捨てマスクと違って汚れたら手洗いが可能であるという点も、コスパ的に優れているという感じる人が多いようです。

さすがに半永久的にとはいかないまでも、ある程度効果は持続するため、2セット購入して汚れたら洗いながら交互に使用するというのがおすすめのようです。

メガネが曇りやすい環境におすすめのレンズ

「防曇レンズ」というものをご存知でしょうか?

こちらはとくに、職業柄メガネが曇りやすい環境で働いている方の間で話題となっているものなのですが、表面に特殊な曇り止め加工が施されたレンズを使うことにより、メガネをかけたままマスクをしていても、曇りを気にすることなく快適にすごすことができるという、画期的なアイテムなのです。

こちらのレンズを使用したメガネは、一般的な標準レンズを使用したメガネと比べると、少々お値段が高くなってしまうのですが、とくに他の曇り止め対策をしなくても、その効果が数年続くことを考えると、一概にどちらが得であるかとは言いきれないところでもあります。
もしも、使っているうちに少し曇りやすくなってきたと感じたら、防曇レンズ専用クロスで拭くことで、再び曇りにくくなります。気になる方は、まずはメガネ店にて相談されてみてはいかがでしょうか?

メガネをかけている方にとっては、いかにマスクをした状態でもメガネが曇らなくなるようにするかは、永遠のテーマと言っても過言ではないでしょう。冬場に車の運転をする際や、建物に出入りするたびにレンズをいちいち拭かなければならない煩わしさは、実際に体験した人にしかわかりませんよね。

少しでも冬場のマスク生活が快適にすごせるように、お役立ていただけたら幸いです。