注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

一人暮らしで寂しい泣く気持ちを乗り越える方法!寂しさの対処法

一人暮らしを始めると、自由な時間が増えて、親の干渉もなく、楽しいことが多い半面、やはり寂しい気持ちを感じるものです。
ふとした瞬間に、家の中にいるのが自分一人だと思うと、静まり返った空間が寂しく感じてしまいます。

そこで、一人暮らしで寂しく感じる瞬間や、寂しさへの対処法をご紹介します。
時には泣くのもOK。寂しさは徐々に上手に付き合えるようになります。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

卵の臭いが食器についたときの対処方法 臭いのとり方とは

卵の臭いが食器にうつってしまったときには、どのような方法で落としたらいいのでしょうか? 生卵の...

布へのオリジナルプリントは熱転写シートが簡単でおすすめです

布にプリントが自分で手軽に転写出来たら、オリジナリティ溢れる作品を作ることが出来ますよね。 し...

髪の染め方!セルフでも綺麗に染めるポイントと注意点

セルフで行う髪の染め方にはポイントがあります。 美容室で髪を染めるのが一番ですが、費用を抑えるなら...

親の介護で兄弟間のトラブルに発展しやすい事例と解決策について

親の介護で兄弟間のトラブルに発展しやすい事例は、いくつかあります。 助け合うはずの兄弟が、親の...

おもちゃを収納する時に棚を上手に使うコツ

おもちゃを収納しようと思った時に、棚を使うとどんなおもちゃがあるか把握もしやすくて便利ですよね。 ...

ワッペンをアイロンで接着しても剥がれる問題について

ワッペンをアイロンの熱で接着しても剥がれるんですよね。 アイロンの熱を利用して、ワッペンの裏に...

やかんの水垢や茶渋の落とし方。頑固な汚れを落とす方法

毎日のように使うやかん。一見きれいそうに見えても、内側を見てみると、薄っすらと水垢が気になる、という...

油汚れ落とす洗剤とその使い方で衣類がスッキリ。頑固汚れにも

食べ物の油汚れが付いた子供服や、調理中についてしまった油汚れなど、お気に入りの衣類に付いた油汚れは落...

革の手袋は洗濯出来る。家庭にある物で優しく洗濯する場合の方法

寒い季節の外出は手袋が欠かせないですね。 また手袋はおしゃれも出来ますし、革の手袋を愛用している方...

時短できる家事とは?共働きの強い味方家事の時短方法を紹介

共働きはできるだけ家事を時短したいですよね。完璧にこなそうとすると時間はかかるものです。 必ず...

マルベリーの育て方【鉢植え】上手に育てる方法と収穫方法を解説

マルベリーの鉢植えを育てようと考えている人の中には、どうやって育てれば上手に実を付けることができるの...

水道の蛇口のパッキン交換方法!自分で水漏れを直す手順

水道の水漏れが起きるとすぐに業者に連絡しなくては、と思う方も多いと思います。 しかし、水漏れで一番...

洗濯物の虫除け対策!もう虫に困らない干し方のポイント

自宅の周りが自然豊かな場所だと、空気がキレイなのは嬉しいことですが、洗濯物に付く虫に悩む方も多いよう...

墨汁落としにはどんな洗剤が良い?墨汁を落とすポイントについて

墨汁がついてしまうと、落としにくく普段の洗濯方法では、くっきりと墨汁が残ったままになってしまいます。...

レーヨンやポリエステルはしわになりやすい?洗濯方法について

お気に入りのシャツだけれど、とにかくしわになりやすい。アイロンをかけないと着れない服の代表となるレー...

スポンサーリンク

一人暮らしで泣くくらいに寂しい、寂しいと感じやすい人の特徴

晴れて大学生になって親元を離れて一人暮らしを始めると、とたんに寂しいという感情に潰されそうになってしまうというのは当然です。

私も、大学生活が始まり、まだ一人暮らしに慣れない頃はよく寂しさを感じていました。
そこで、まずここでは寂しいと感じやすい人の特徴をご紹介します。

誰しも一人暮らしを始めると大なり小なり寂しさは感じるものですが、特にそう感じやすい人の特徴や環境とはどんなものがあるのでしょう。

兄弟が多く賑やかな家庭で育ってきた人は、家族から離れたところでの生活を人一倍寂しく感じるものです。

私自身もそうですが、特に末っ子はお兄さんやお姉さんに甘えられる環境で育ってきたので、一人暮らしで誰にも甘えられないことはとても寂しいことです。

また大学に入学したての頃はまだ仲の良い友だちに出会えていないことが多いため、友達がいないという点でもとても寂しく感じてしまいますよね。

しかし友達に関しては、大学生活に慣れていくに従い、どんどん増やしていくことができるので、寂しさを埋めてくれる大きな存在になってくれるはずです。

そもそも寂しがり屋だと自覚がある人は、勇気を出して積極的に友達を作ることを心がけましょう。

一人暮らしで特に寂しい泣くような気持ちになる瞬間

一人暮らしの生活の中で特に寂しいと感じる瞬間をご紹介します。

一人暮らしが寂しいと感じる瞬間はどんなときでしょう?
調べてみました。

  • 誰もいない真っ暗な家に帰ってきた時
  • 友人との楽しく遊んだあと
  • 家族との電話を切った後
  • 大学が楽しくなかった日
  • 一人でご飯を食べている時
  • せっかくの休みなのに一人で何もすることがない時

充実した大学生活を送り、友達にも恵まれていても、上記したようなふとした瞬間に寂しさが襲ってくることは誰にでもあります。

一人の時間が好きだという人でも、寂しいと感じる瞬間は結構あるものです。

寂しくて泣きたくなるのはあなただけではありません。寂しいと感じる理由や自分だけでは決してないことを理解することで気持ちが少し楽になれませんか。

一人暮らしで寂しいと時には泣くのも良し

一人暮らしの寂しさを我慢するだけではなく、時には泣いてしまうのもありです。

泣くことは、悪いことではありません。

一人暮らしなのですから、周囲の目を気にせず思いきり泣くことで逆にスッキリすることも多いものです。

そして、気が済むまで泣いたら不思議と気持ちがスッキリしているはずです。

なぜなら涙には、マイナスの感情を流してくれる効果があるからです。

泣くことで自分を癒すこともできるのです。泣きたい時は我慢せず素直に泣いて自分を癒やすことで心の緊張がとけるのでリラックスしてぐっすり眠ることができます。もちろん泣き疲れて眠ってしまってもいいのです。

はっきりとした理由がわからないけど、なんとなく泣いてすっきりしたいという日もありますよね。

そんなときには、泣ける本や映画を見て泣いてしまいましょう。

繰り返しますが、泣くことは悪いことではありません。疲れた心を癒してくれるものなのです。

一人暮らしの自由な時間を趣味に使う

趣味に時間を使うと一人暮らしの寂しさが紛れる

自由な時間が多いせっかくの大学生活を充実させるには、趣味に没頭するのもおすすめです。もともと自分の好きだった趣味に時間を使うも良し、これまで興味のあったものを習い事として始めるのも良しです。

好きなことを存分に楽しめるのが大学生活のメリットです。

趣味に没頭できると、寂しい感情が湧いてくることが確実に減ります。

趣味に打ち込みつつ、ストレスも発散できる趣味に出会えたら最高ですね。

私は大学時代、テニスサークルの仲間ととにかく楽しく過ごしました。

大学の講義が終わったあとや休日もテニスの練習をして、そのまま仲間たちと盛り上がっていました。

仲間にとても恵まれたので毎日賑やかで寂しく感じる時間が減りました。

またアルバイトなどにも打ち込んでいたので、バイト先から人間関係が広がり、また日々が充実しました。

今でもアルバイトの帰りに友達とファミレスに寄っておしゃべりしたことを懐かしく思い出したりします。あの時は、気力、体力ともに最高でした。

また、学年が上がるに連れ、海外旅行などにも出かけるようになり、旅行は今でも私の大切な趣味になっています。

旅行に行こうと行き先を調べたり、安いツアーを探したり、旅行に行く前からとても楽しめるのが魅力です。

趣味が増えると、自分の世界が広がり友達も増えて、より充実した生活になります。

一人の時間が寂しいと泣いていたことさえ、今思えばいい思い出ですよ。

離れていてもコミュニケーションは取れる

距離は離れてもSNSを上手に使って寂しさを紛らわせる

今は親や地元の友人ともSNSで気軽にコミュニケーションが取れる時代です。

一人の時間が長いと感じていても、ふと寂しさに襲われたとしても、スマホを使って遠くに離れている親や友人とも瞬時に交流ができます。

一人暮らしが寂しいと感じる大学生にはもはやSNSは欠かせないものかもしれません。

趣味を通じて知り合った人など、リアルな友達ではなくても、いろいろな人と繋がっている感覚が、寂しさの感情から救ってくれる時もありますよね。

自分が発信した寂しいというキーワードに反応して、共感してくれたり慰めてもらえると、それだけで心が温かくなることもあるかもしれません。