注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

洗面台の髪の毛詰まりを直す方法と詰まりにくくするための工夫

洗面台は使っているうちに流れが悪くなり、最悪の場合には詰まりを起こしてしまいます。
掃除を怠っていると、徐々に髪の毛や石鹸カスなどが固まり、パイプの流れを悪くしていきます。

そこで、洗面台の排水口が詰まりやすい原因と、詰まった時に自分でできる対処法、詰まり予防のための工夫などをご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

マルベリーの育て方【鉢植え】上手に育てる方法と収穫方法を解説

マルベリーの鉢植えを育てようと考えている人の中には、どうやって育てれば上手に実を付けることができるの...

アラフォーの主婦の楽しみとは?オススメな趣味や見つけ方

アラフォー主婦の楽しみといえば?家事や育児に奮闘してきたけれど、少し余裕のできるアラフォー世代。 ...

革の手袋は洗濯出来る。家庭にある物で優しく洗濯する場合の方法

寒い季節の外出は手袋が欠かせないですね。 また手袋はおしゃれも出来ますし、革の手袋を愛用している方...

洗濯物の正しい干し方・裏返しで干すメリットと早く乾かす方法

お洗濯のあとに洗濯物を干す時、天気の悪い時は特に、なかなか洗濯物が乾かずに困ってしまうことがあります...

キッチンの床を綺麗にDIYするならこんな方法があります

最初は綺麗だったキッチンも数年使い続けていると、床に傷が増えたり、洗剤で拭いても落ちないシミなどが出...

服の黄ばみにはやっぱり重曹!重曹を使った洗濯方法、総まとめ!

服の黄ばみで悩んだことのない人って、いないと思います。 人間の共通の悩み、それは対人関係と洋服に染...

除湿剤の効果とメリット。お部屋の置き場所に合わせた選び方

ジメジメとした季節は部屋の湿度もずっと高いままで、洗濯物もなかなか乾きません。市販の除湿剤にはいろい...

ハーブやアロマの資格について。資格を取得するまでの流れ

ハーブやアロマに興味のある方も多く、資格として何か取得したいと考えている方も多いと思います。 そこ...

Tシャツの黄ばみを落とす重曹を使った洗濯方法で白さ復活

きちんと洗濯しているはずなのに、なぜか黄ばみが出てくるTシャツ。特に白など淡い色の脇の下の黄ばみは気...

日々のゆとりのは時短家事から生まれる!家事のコツをご紹介

主婦の方も仕事をしている方は沢山いらっしゃいます。家事だけでも、やることはたくさんあるのに仕事もとな...

Tシャツにできた毛玉の取り方と毛玉になりにくい手入れ方法

毛玉になりやすい服というとセーターやニットを思い浮かべる方が多いと思いますが、Tシャツにも毛玉ができ...

セスキ炭酸ソーダを使った洗濯物のイヤな臭いを取る方法

普通に洗濯しただけでは取れないイヤな臭いにお困りの方はいませんか?洗った直後は洗剤のいい香りなのに、...

レザークラフト道具は100均で揃えることもできるのでおすすめ

レザークラフトを始めるには道具が必要になりますが、初心者でこれから始めるのであれば、まずは100均を...

玄関の照明の明るさの目安!照明選びに迷った時のアドバイス

玄関はその家の顔とも言われますが、玄関の照明はどのくらいの明るさが必要なのでしょうか? そこで、玄...

風呂の洗剤は酸性?それともアルカリ性?洗剤の使い分けについて

お風呂の洗剤には何が適しているのでしょうか?パッケージをよく見てみると酸性、中性、アルカリ性と、同じ...

スポンサーリンク

洗面台の詰まりの原因の一番は髪の毛

洗面台のつまりの原因で一番多いのは髪の毛です。その他につまりの原因になるものは石鹸かす、アクセサリー、ヘアピン、指輪などがあります。

石鹸かすは水に溶けなかった成分が配管についてしまうことがあります。アクセサリーやヘアピン、指輪などの固形物はついうっかり落としてしまうことがあります。固形物については、普通はヘアキャッチャーと呼ばれる排水口に異物が落ちないようにするための物がついているのでそこで引っかかっている場合もありますが、ピアスなどの小さな物は流れてしまう可能性があるのです。

石鹸や洗剤カスは水でしっかり洗い流し、パイプ洗浄剤を使い定期的に掃除をするようにしましょう。髪の毛はキャッチャーのすき間から排水口に流れてしまったり、パイプ洗浄剤を使っても溶け残りがあることもあります。詰まる前に洗面台で髪の毛をブラッシングし終わったら髪の毛を取り除りゴミ箱に捨てる習慣を付けると、洗面台の詰まりが少なくなります。

洗面台の髪の毛詰まりは排水溝のどの部分で起きやすいのか

洗面台の排水溝で髪の毛などの詰まりやすい部分は2つあります。

1つはS字トラップです。洗面台の下を開けてもらうとわかりますが、洗面台の下にある排水パイプです。排水パイプはステンレス製や樹脂製のタイプがあります。どちらが設置されているのかは建物によってことなるのです。最近は樹脂製の物を使用してる建物が多く、掃除口がついているのでメンテがしやすいことが特徴です。万が一アクセサリーなどを落とした場合、キャッチャーにない場合はこの掃除口を開けてみるようにしましょう。もしかすると掃除口の所にある場合もあります。

そしてもう1つは排水管です。排水パイプの下を走っている床下配管です。最終的には屋外まで繋がっています。洗面台の配管パイプより下の配管のことです。排水管には鉄管や塩ビ管があります。最近の住宅には塩ビ管を使われていることが多く、汚れにくく詰まりにくいのが特徴になっています。

洗面台の髪の毛詰まりを自分で解消する方法

洗面台に髪の毛など詰まっているのにそのまま使い続けている人いますよね。そうすると水が溢れてしまい、そのうち大変なことになってしまいます。

洗面台の髪の毛詰まりに気がついたらすぐに対処しましょう。

洗面台の詰まりを1番安い方法で解消する方法があります。それはストローを使う方法です。詰まりを解消するためにストローを使うとなると、「詰まりを吸い出す?」と考えてしまいますが、違います。ストローをハサミで加工して使います。まずストローの先端を尖らせるような形に斜めに2ヶ所切ります。横から見ると先端が三角形に尖っているような形です。先端から5mm程度の間隔をあけてハサミで切り込みをいれます。先端を切った時と同じ角度で両側から切り込みを入れます。そしてストローの尖っている先端を排水溝の中に入れます。排水溝に入れる時はスムーズですが、引く時は中に詰まっている物がひっかかる形状になります。詰まりの原因がヘアキャッチャーのすぐ下、トラップよりも手前にある時はこのストローを加工したもので取ることが出来ます。

タオルとお湯を使って詰まりを直す方法も

ラバーカップやワイヤーブラシなどの専用の道具があると簡単に対処することが出来ますが、そのような道具がない家庭も多いですよね。そのような家庭はどんな家庭にもあるもので対処することが出来ます。

それはタオルとお湯を使った方法です。洗面台にお湯を溜めた一気に流し、詰まりの原因となっているものを流してしまう方法です。

方法は排水トラップを外し、排水溝にタオルを詰めます。洗面台の7割を目安に80℃程度のお湯を溜めます。この時お湯の温度が高いほど効果がありますが、やけどには十分注意しましょう。栓になってるタオルを引き抜き、お湯を一気に流します。軽い詰まりの場合はこの方法で解消することができます。

この方法で解消したら、次は市販のパイプクリーナーなどを使い配管を綺麗に掃除しまそう。

洗面台の詰まり予防に簡単に作れる排水口フィルター

洗面台を使っていると色々なものが詰まることがあります。女性なら髪の毛の詰まりが気になりますよね。ここで紹介したいのは電線して使わなくなったストッキングを使い排水口フィルターとして再利用する方法です。

ストッキングは排水口にフィルターに一番あう素材だと思えるほどピッタリです。ストッキングは目が細かく、引っ張るとある程度広がり、適度に丈夫です。自分で作った排水口フィルターは2ヶ月は使うことが出来ます。

作り方を紹介します。電線したストッキングを用意します。洗面台の排水口に上下するポップアップがあうので、この中央にフィルターがセットしてあるので、このフィルターにストッキングを上手に巻きます。ストッキングに少し穴を開けてフィルターを包むようにしましょう。ストッキングでフィルターを手作りすると髪の毛による詰まりはほとんどしなくなります。

洗面台の詰まらせない方法は〇〇を使うと予防になる

洗面台は家族がみんな使う場所なので、使用しているうちに流れが悪くなることがあります。特に思春期の子供がいる家庭では朝シャンプーをしていく子供も多いですよね。朝シャンをすると洗面台に髪の毛がたくさん流れることもあるのです。

そしてヘアキャッチャーに溜まります。気がついたらすぐに捨てるようにしていると詰まることが少ないですが、毎日掃除するのは大変なのでどうしても水の流れが悪いときだけヘアキャッチャーの掃除をしている人もいますよね。そんなヘアキャッチャーには市販のものもありますが手作りの排水口フィルターを使うと詰まる心配がありません。しかも再利用なのでお得です。この方法にすると、アクセサリーをうっかり落としてしまっても安心です。是非試して見て下さい。