注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

鍋が黒い!重曹を使って洗えない鍋って?黒ずみをとるのは〇〇!

鍋がくすんでる!いや、黒い!

料理をしたあとに、お鍋を洗ってもキレイにならない時があります。

何を料理しましたか?そのお鍋、アルミ製じゃありませんか?アルミ製のお鍋は、調理する食材を選びます。

キッチン掃除の強い味方『重曹』も、アルミの鍋はキレイにすることができません。
逆にお鍋の黒ずみを作ってしまいます。

アルミ製のお鍋が黒ずむのはナゼ?アルミ製のお鍋の黒ずみのお手入れ方法や優れた熱伝導率などについてご紹介いたします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

手芸の自由研究におすすめ!簡単に100均アイテムで作る作品

お子様の自由研究で、女子は手芸で作品を作るというのも人気です。そこで、小学生でも簡単にできる簡単な手...

手が小さい方向けピアノの練習方法!弾きやすくなる練習のコツ

ピアノをやっている方の中には、お子様や女性の方など手が小さいことで、いつも同じ場所でミスをしてしまう...

洗濯物の生乾き臭対策!嫌な臭いを防ぐ洗い方と干し方のコツ

洗剤も柔軟剤も使って洗濯したのに洗濯物の生乾き臭が気になることがありませんか? そんな嫌な臭いの生...

Tシャツの黄ばみを落とす重曹を使った洗濯方法で白さ復活

きちんと洗濯しているはずなのに、なぜか黄ばみが出てくるTシャツ。特に白など淡い色の脇の下の黄ばみは気...

洗濯槽のカビの効果的な取り方について知りたい

日頃洗濯をしていると、目には見えなくてもいつの間にか洗濯槽にカビが生えていることがあります。 洗濯...

チューリップの球根を3月植えるのはNG!植える時期とポイント

チューリップの球根を、暖かくなってきた3月植えるのは良くないことなのでしょうか。 球根の存在を忘れ...

髪の染め方!セルフでも綺麗に染めるポイントと注意点

セルフで行う髪の染め方にはポイントがあります。 美容室で髪を染めるのが一番ですが、費用を抑えるなら...

洗濯槽と洗剤投入口も忘れずに掃除しよう!やり方と頻度について

毎日洗濯機を使っているものの、洗濯槽や洗剤投入口の掃除をしていない人が多いと言われています。 ...

出窓のインテリアはシンプルがいい。おしゃれで素敵な出窓の演出

出窓には何か置いていますか?せっかく出窓があるなら素敵なインテリアにしてみましょう。 ゴチャゴチャ...

ポリエステルの毛玉を予防する方法。着方と正しい洗濯と取り方

ポリエステルの洋服はシワになりにくく、洗濯をしても乾くのが早く価格も手頃なので着やすい洋服の素材の一...

部屋がカビ臭い!その原因と解決方法を知ろう

いつもそれなりに掃除をしているつもりでも、長年同じ部屋で生活をしていると、カビ臭いニオイが出てしまう...

スポーツサングラスをかけるなら?子供用野球サングラスの選び方

子供が野球をするときにはスポーツサングラスは必要なのでしょうか?子供のことを考えると、サングラスはか...

キッチンの床を綺麗にDIYするならこんな方法があります

最初は綺麗だったキッチンも数年使い続けていると、床に傷が増えたり、洗剤で拭いても落ちないシミなどが出...

排水口の掃除は重曹とクエン酸でキレイに!排水口掃除の方法

排水口の掃除をする時、洗剤よりも安心な物を使ってキレイにすることはできないかな?と考えることもありま...

ハーブやアロマの資格について。資格を取得するまでの流れ

ハーブやアロマに興味のある方も多く、資格として何か取得したいと考えている方も多いと思います。 そこ...

スポンサーリンク

鍋のお手入れに重曹使ったら黒ずみが!アルミのお鍋には重曹禁止!

日頃から料理をしていると、ついつい焦がしてしまったり、使っているうちに鍋底の黒ずみが気になってくるといった経験をしたことがある人も少なくないでしょう。

特に、軽くて使いやすいアルミ製の鍋は、熱伝導率が高く値段も手頃なので、各家庭に1つはあるといっても過言ではないほど、人気の鍋です。

アルミ製の鍋についてしまった黒ずみの正体

「水酸化アルミニウム」という物質です。

水酸化アルミニウムは、料理に含まれるアルカリ性の食品に含まれるアルミが水と反応することによって生成されます。

アルミ鍋の底の黒ずみは、この水酸化アルミニウムが水に含まれる鉄や銅イオンといったミネラル分と反応することによって起こる現象です。

この水酸化アルミニウムは、私たちの体には無害なので、黒ずんだ鍋を使っても影響はありませんが、気になるのは見た目です。

アルミ鍋についた黒ずみは、酸性のものを使うことによって落とすことが可能です。

台所用洗剤や、傷がつきにくいスチールウールなどを使い、黒ずみを落としてみてはいかがでしょうか。

アルミ製の鍋を重曹で真っ黒にしてしまいました。この黒ずみをキレイにする方法

重曹とは

別名「炭酸水素ナトリウム」と言い、汚れを取るためのナチュラルクリーニング剤としてもよく使われています。

フライパンの汚れ落としや油汚れに効果を発揮する重曹ですが、この重曹は弱アルカリ性という性質を持っているため、アルカリ性に弱いアルミ製鍋に重曹を入れて使うと、汚れが落ちるどころかあっという間に黒ずんでしまいます。

この原因としては、熱が加わることにより重曹のアルカリと鍋のアルミが化学反応することにあります。

性質としては、弱いアルカリ性なので、すぐに反応して黒ずむということはありませんが、長時間、重曹とアルミが反応し合うと、かなり強い結びつきになるため、そう簡単に黒ずみを落とすことが出来なくなってしまいます。

この先も大事に使いたい煮込み用の大鍋や無水鍋などには、重曹は使わないようにしましょう。

黒ずみを落とす方法としては、鍋にお湯を張り、汚れをふやかしてからクレンザーを使ってスポンジでこするように落とします。

使用するクレンザーも、液体タイプより粉末タイプの方が汚れに直接作用しやすいので、黒ずみが落ちにくい場合、粉末タイプを試してみると良いかもしれません。

鍋を重曹で洗ったら黒ずみが!そのお鍋アルミ製じゃない?

重曹と相性の悪いテフロン加工

様々な汚れ落としの洗剤の中では万能と言われる重曹ですが、苦手なものもあります。

先ほどご紹介したアルミ鍋は代表的なものですが、その他にも、テフロン加工が施されたフライパンや鍋も重曹を使ってはいけないものです。

テフロン加工されたフライパンや鍋は、食材がくっつかないため、調理がしやすくとても便利ですよね。

テフロン加工とは、一般的には「フッ素樹脂加工」と言われるものです。

フッ素樹脂には、耐熱性があり、くっつかない、滑りやすいなどの特徴があります。

このフッ素樹脂がフライパンや鍋の表面に薄く加工されていることから、焦げ付かせずに調理することができます。

これらのフライパンなどを洗う時、重曹を使ってこすると、フッ素樹脂加工がダメージを受けて落ちてしまうことがあります。

重曹を使ってはいけないものは、他にもあります。

木で出来た家具や、畳に使うと、木やい草に含まれるタンパク質と重曹が反応してしまい、シミになることがありますので、重曹を使う際には、注意が必要です。

アルミ製の鍋。黒ずみには『クエン酸』でお手入れします!

アルミ製鍋についた黒ずみは、そのままにしていると、黒ずみがどんどん濃くなって見た目も良くありませんよね。

買ったばかりの状態にするためには、正しい方法で、黒ずみをすっきり落として気持ち良く使いましょう。

アルミ製鍋についた黒ずみの解消法

アルカリ性と反対の性質を持つ「酸性」のものが効果的です。

酸性のものとして、身近なものに「レモン」があります。

レモンを水と一緒に黒ずみのある鍋に入れ、沸騰したら、中火~弱火で様子を見ます。

すると、アルカリ性の黒ずみが酸性の成分と反応しあい、こすらずとも簡単に黒ずみが取れることがあります。

りんごや梅干しなど、酸性の食べ物であれば、この方法は使えます。

アルミ製鍋の黒ずみが気になっている方は、ぜひお試しください。

アルミ製の鍋は熱伝導率が高い!料理を美味しく仕上げます

アルミ製鍋のデメリットでもある黒ずみですが、正しい汚れの落とし方が分かり、正しく使用していれば、とても便利なアイテムです。

特に、アルミは熱伝導率が非常に高いという特徴があるため、他の鍋と比べて食材全体に火が回る時間が短く済みますから、時短で料理を作ることが出来ます。

また、大変軽い素材なので、持ち運びがしやすいというメリットもあります。

よくキャンプなどでも、アルミ鍋が好んで使われています。

このアルミ製鍋には、アルミニウムが原料として使われていますが、このアルミニウムは酸化しやすいという特徴があり、アルミニウムが空気にふれることで、酸化して酸化皮膜を作ります。この酸化皮膜がアルミの表面を腐食から守っているのです。

これがよく分かるのが「1円玉」です。1円玉は、ご存知のとおりアルミニウムを原料として作られています。

1円玉によっては、製造から何十年も経つものもたくさんありますが、長時間空気や人の手にさらされても形状を変えないというのは、アルミニウムの持つ耐食性なのです。

重曹が焦げ付き落とし効果を発揮する鍋の種類

鍋についてしまった焦げ付きは、アルミ製やテフロン加工の鍋以外であれば効果的に落とすことが出来ます。

ステンレス製、土鍋、ホーロー鍋、鉄などの素材であれば、重曹で黒ずみが落ちます。

鍋の内側に付いた黒ずみは、鍋の中に水と重曹を入れて煮ることで汚れを浮かせ、ゴム手袋などでこすると、キレイに落ちることが多いです。

また、鍋の外側の黒ずみは、鍋が入る大きめのボウルなどに重曹を溶かしたお湯を張り、30分~1時間ほどつけ置きし、スポンジや歯ブラシでこすり洗いすることで黒ずみが取れます。

また、重曹は臭い消しや曇り取りの効果もあるので、銀の食器やカトラリーが曇ってきたら重曹水に漬け込んで磨くと輝きが戻ったり、手についた食材の匂いも重曹をつけて手を洗うことによって匂いが消えます。