注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

洗濯槽のカビがなくならないときの対処方法を紹介します

洗濯槽のカビがなくならない…すすぎをしたのにずっと洗濯物に黒いカビのようなものがついてしまうときにはどのようにして洗濯槽を掃除したらいいのでしょうか?

洗濯槽を掃除するときには、塩素系や酸素系の漂白剤を使うといいようです。しかし、洗濯機によっては使ってはいけない場合もあるので確認をしましょう!

洗濯槽の掃除の方法やカビを予防する方法を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

風呂の椅子に付いたザラザラ水垢をスッキリ落とす方法

浴室用の洗剤を使ってお風呂掃除をしていても、椅子や蛇口などに白っぽい汚れが付いてきませんか? 濡れ...

グルーガンの使い方の基本とコツ!上手に使いこなせる方法

グルーガンは工作やハンドメイド作品に使ったりと、接着に便利なアイテムです。使い方としては難しいもので...

部屋がカビ臭い!その原因と解決方法を知ろう

いつもそれなりに掃除をしているつもりでも、長年同じ部屋で生活をしていると、カビ臭いニオイが出てしまう...

油汚れの付いた服のシミ抜き方法と洗濯のコツ

服に付いた油汚れは、洗濯しても残ってしまうことがよくあります。濡れている時にはわかりませんが、乾いて...

お玉や菜箸を使いやすく収納!便利な100均グッズもご紹介

毎日使用するキッチングッズは、どのように収納をしていますか?特に頻繁に使用する菜箸やお玉は、使いやす...

日々のゆとりのは時短家事から生まれる!家事のコツをご紹介

主婦の方も仕事をしている方は沢山いらっしゃいます。家事だけでも、やることはたくさんあるのに仕事もとな...

浴室のカウンターの黄ばみ落としに効くのはコレ。使い方を紹介

浴室のカウンターの部分、毎日お掃除していても気がついたら黄ばみが目立つということはありませんか。 ...

セスキ炭酸ソーダを使った洗濯物のイヤな臭いを取る方法

普通に洗濯しただけでは取れないイヤな臭いにお困りの方はいませんか?洗った直後は洗剤のいい香りなのに、...

冷蔵庫が水漏れ?床に水が溜まってしまう原因と対処法

ふと冷蔵庫をみると、水漏れなのか床か黒ずんでカビが生えていた!まだまだ使える冷蔵庫なのに、なぜ水漏れ...

洗濯物の生乾き臭対策!嫌な臭いを防ぐ洗い方と干し方のコツ

洗剤も柔軟剤も使って洗濯したのに洗濯物の生乾き臭が気になることがありませんか? そんな嫌な臭いの生...

シールの剥がし方!ハンドクリームを使ってシールを剥がす方法

小さなお子さんがいるご家庭では、子供が色々な場所にシールを貼ってしまうことに頭を悩ませることもありま...

出窓をインテリアと収納に有効活用するコツとアイデアを紹介

キッチンの出窓をうまく活用したいけど、ただ物を置くだけでは全くおしゃれではありません。できればインテ...

家の電話をワン切りしてくる意味とは?気をつけたい防犯対策

家の電話にワン切りしてくるのはナゼ?非通知でワン切りしてくるときと番号が表示されているのにワン切りし...

レーヨンやポリエステルはしわになりやすい?洗濯方法について

お気に入りのシャツだけれど、とにかくしわになりやすい。アイロンをかけないと着れない服の代表となるレー...

包丁の基本的な研ぎ方!片刃包丁を研ぐ手順とコツ

いつも使っている片刃の包丁の切れ味が悪くなってきた時には、そろそろ研ぐタイミングかもしれません。 ...

スポンサーリンク

洗濯槽のカビがなくならないときは洗濯槽の掃除が必要

  • 洗濯物にカビ
  • 濯物がかび臭い
  • 洗濯槽が臭う
洗濯槽や洗濯物から臭いがしたら、それは洗濯槽を掃除しなければいけないというサインです。

洗濯槽を定期的に掃除をしていない人はもちろん、定期的に掃除をしていても洗濯槽はカビる時はカビてしまうのです。

洗濯槽を掃除してもカビがなくならない!

そんな方もいるでしょう。

それは、きっと掃除の時に一度に落ちきれなかったカビが、洗濯機を回すたびにその影響で少しづつカビが落ちて洗濯物についてしまう状態ですね。

洗濯槽の掃除の仕方に問題はありませんでしたか?そこに、洗濯槽の掃除がきちんとできていなかった原因があるかもしれません。

掃除の仕方に問題がなければ、あなたの使った洗剤があまり効果がなかった、もしくはカビがとてもひどい状態なのでしょう。

なくならないカビに期待ができるのは塩素系洗剤

塩素系洗剤の力はすごいです。
使用方法、使用量を確認し、塩素系洗剤を使用してもう1度洗濯槽の掃除をしましょう。

ここまで洗濯槽の掃除を怠ってしまうと、あなたにも責任がありますね。
責任持って綺麗にしてあげましょう。

徹底的にカビをやっつけてスッキリした気持ちで洗濯物をしていきましょう。

洗濯槽のカビ掃除に使う漂白剤の量とは

洗濯槽のカビがなくならないとお困りの方には漂白剤をしようした掃除方法をオススメします。

洗濯槽専用の洗剤ですと、容器に使用量の目安が記載されて使いやすいですが、その他の漂白剤ですと洗濯槽のカビ掃除に適切な漂白剤の量がわからないでしょう。
こちらを目安にしてください。

  • 液体塩素系漂白剤 200ml~500ml
  • 液体酸素系漂白剤 500ml~1000ml
  • 粉末酸素系漂白剤 500kg~1kg

洗剤は適量を守ることがカビの予防につながる

洗剤の量が多ければ多いだけ良いと思っている方がいます。それは大きな勘違いです。
多すぎることですすぎをしても洗剤の成分が落ちきれないのです。それは菌の繁殖の場を自ら作ってしまっているようなものです。

また洗剤が少なすぎるのも本来の洗剤の効果が期待できません。

どんな掃除をする場合には必ず洗剤の使用量の目安を基準に使用してください。

酸素系漂白剤よりも塩素系漂白剤の方がカビに対する効果が期待できます。
汚れの状態によって使い分けると良いでしょう。

洗濯槽の掃除をしたのにカビがなくならないときはお湯で洗いましょう

洗濯槽の掃除をしたのにカビがなくならないのは、水で洗っているのが原因ではないでしょうか。
掃除は水よりもお湯の方が効果がある場合が多いです。

洗濯槽の掃除も50度程度のお湯を使う

洗濯機の蛇口が水しかでないなら、ホースを使う、もしくはバケツでお湯を運ぶ、どちらかの方法があります。

バケツで運ぶと何度も繰り返さなければいけないので、かなりの負担になります。
ですが、なかなかなくならない洗濯槽のカビが落ちるなら、その負担の価値はありますよ。
気合をいれてみましょう。

洗濯にお風呂の残り湯を使っている方がいます。

これには1つ注意が必要です。これは節約をうするためにはとても良い方法です。しかし、お風呂のお湯ははっきり言うと雑菌だらけです。
洗濯機の環境を多少なりとも悪くしてしまうのは否めません。

お風呂の残る湯を使って洗濯している方は、なるべく小まめに洗濯槽の掃除をした方が良いと言えます。

洗濯槽の掃除にはお風呂の残り湯を使わずに新しいお湯を使いましょう。

洗濯槽のカビがなくならないときは洗濯機の機能をチェック

洗濯機の機能をチェックしてみてください。

あなたのお家の洗濯機には「洗濯浄コース」という機能がありますか。
これは洗濯槽を掃除するための機能です。この機能がついているということは基本的に 塩素系漂白剤を使用して掃除を行う という暗黙の指示が出されているそうです。

この機能を知らずに、洗濯機にお湯を溜めて漂白剤を入れて回してもあまり意味がないでしょう。
洗濯浄コースは浸け置きも含めて掃除をしっかりと行ってくれるコースなので、信頼できます。

私は1ヶ月に1回ペースでこの機能で掃除を行っています。洗濯槽の専用塩素系漂白剤を使用して効果は抜群。
しかしコスパがあまり良くない気がしています。

コスパの良い重曹で洗濯槽を掃除する

やはり漂白剤に比べ効果がそこまで期待はできませんので、だったら重曹を用いて月に2~3回と洗濯槽の掃除を増やそうかと考えています。
子供が肌が弱いのでなるべく優しい成分の洗剤を使いたいというのが正直な所です。

洗濯槽の掃除をすることで、カビがなくならないという悩みも解消できます。

塩素系漂白剤か重曹か、洗濯槽掃除に用いる洗剤によって掃除の頻度を変えると洗濯槽を綺麗に保つことができるでしょう。

洗濯槽のカビを予防するコツと方法

洗濯槽のなくならないカビの予防対策

洗濯する頻度に注意

洗濯をする頻度は週に何回でしょうか。家族がいると毎日洗濯ものは溜まります。

着た洗濯物はその日のうちか、できれば翌日には洗濯をすることをオススメします。

人が着て脱いだ服、拭いたタオルには皮脂や水分が含まれています。
衛生的に良くない状況で何日も放置してしまうと菌が繊維と繊維の間に潜り込み、臭いがとれないことがあります。
その汚い洗濯物を洗濯する洗濯槽内の環境もまた悪化してしまうのです。

洗濯カゴを使用する

洗濯物は洗濯槽内に溜めていませんか。
洗濯機の中は高温多湿で、菌が溜まる恰好の場です。
その中に洗濯物を溜めてしまうことで、余計に洗濯槽内に湿気がたまり洗濯物までにカビ菌を繁殖させてしまいます。

洗濯機の蓋

高温多湿の洗濯機の蓋は必ず開けっ放しに!
使用しない時は通気性を心がけできるだけ乾燥できる状態にしましょう。

洗剤の量

洗剤の量が多すぎるとすすぎをしても洗剤の成分を落としきれないことがあります。
それはカビの餌、栄養分となるのです。
洗剤の量は適量がベストです。

日頃からカビ予防を意識して洗濯物をしましょう。