注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

身体を柔らかくする方法とは?じっくりほぐすのがポイント

身体が柔らかくなりたいときにはどのような方法がいいのでしょうか?硬い体を無理に伸ばして、痛めてしまうことのないように体を柔らかくするにはこのようなことをチェックしてから行いましょう。

身体を柔らかくする運動をするときのコツやポイントとは?どんなことを意識しながら行えばいいのでしょう。

身体を柔らかくする方法を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

寝る前ストレッチ!ベッドでできるオススメのストレッチ

寝る前に1分でもストレッチをすると、体がリラックスして睡眠の質が良くなる気がします。 ベッドに...

バレエの発表会に出ないことはできる?断り方について

バレエの発表会に出ないでいることはできるのでしょうか?バレエを習っていると行われるのが発表会です。 ...

スキーVSスノボ、難易度が低いのはどっち?を調べてみた

スキーもスノボもどちらも挑戦したことがない方にとって、どちらの方が難易度が低いのかは最も知りたいとこ...

卓球のサーブを打つ時のルールは?構えから打つまでのルール

卓球初心者の人は、サーブを打つ時にどんなルールがあるか分からないこともあるのではないでしょうか。 ...

水泳のためのストレッチは肩を中心に行うようにしよう

水泳はどの泳法であっても肩を使うため、肩の柔軟性が必要になりますよね。 でも、肩こりがある人だ...

簡単ダイエット方法【運動編】家でも気軽に取り組める簡単な運動

運動を取り入れたダイエットをしたいけど、忙しくてなかなか時間を作ることができない人もいますよね。簡単...

クロールを速く泳ぐ方法!子供のクロールのスピードを上げる練習

子供がクロールを速く泳ぐには一体どうすれば良いのか、頭を悩ませている親御さんもいますよね。水泳をはじ...

体を柔らかくする方法やストレッチのやり方を紹介します

体を柔らかくする方法にはストレッチが有効ですよね。ただ、ストレッチをするのではなく、自分の体が硬い原...

ランニングトレーニング【初心者向け】気をつけたいポイント

ランニングトレーニングの初心者は、どんなことに気をけて練習したらいいのでしょうか?いきなり長い距離を...

テニスの練習メニュー【ジュニア編】上達への意識のポイント

テニスの練習メニューでジュニアがテニスの技術を身につけるためには、どんな練習が必要なのでしょうか?特...

柔道を子供に習わせる。メリットを考える前に親としてできること

柔道を子供に習わせるメリットを考えてしまいがちですが、何かを通して何を学ぶかが重要であり、そのツール...

インラインスケートの子供への教え方のコツとポイントを解説

インラインスケートは親子で楽しめるスポーツとしても人気がありますよね。でも、自分が滑れたとしても、一...

フラフープの回し方のコツ!初心者でも回せるようになるポイント

フラフープは小さな頃にやった経験がある方も多いと思います。 しかし、大人になってから、いざやってみ...

水泳のバタ足の教え方とは?子どもにわかりやすく伝える方法

水泳のバタ足を子どもに教えるときにはどのようなコツやポイントがあるのでしょうか? 子どもにバタ足を...

側転が上手にできるコツ!初心者が上手に側転するためのポイント

側転初心者の人は、どうやって側転をすれば上手にすることができるかコツが知りたいと思いますよね。かっこ...

スポンサーリンク

身体を柔らかくする方法の前に確認しましょう

ストレッチをして身体が柔らかくなる事のメリットはいくつもあります。

身体を柔らかくするストレッチのメリット

  • 怪我をしにくくなる
  • 新陳代謝がよくなる
  • 老廃物が溜まりにくくなる
  • むくみ予防になる
  • ストレス解消

ストレッチの注意

  • 痛みが出ないように無理をしない
  • 反動をつけない
  • 息を止めない
  • 大体週に2回や3回位やる

ストレッチをやる事はいい事もありますが、間違えたやり方をしてしまえば、効果どころか筋肉を傷めてしまう可能性まで出てきます。

痛みがあるのに無理に静止させたりしてしまうような事がないように注意しましょう。

自分の身体の柔らかさを知る方法

  • 足の後ろ側や、お尻
    前屈をしてみましょう。足を真っすぐにして立った状態で上体を倒します。手の平が全体的に床に付かないようなら足の後ろ側やお尻にかけての柔軟性が足りないです。
  • 肩や肩甲骨
    両ヒジと両手の手の平を合わせて、そのまま目の高さまで上げます。もしもヒジが離れてしまったり上げるのが難しければ肩や肩甲骨周辺に柔軟性が足りないです。
  • 股関節
    座ってひざを曲げて、両足の足の裏をつけます。ひざが床にスムーズに着ける事が出来なければ、股関節に柔軟性が足りないといえます。

身体を柔らかくする方法!ポイントは股関節と肩関節

股関節を柔らかくするために、股関節だけ意識するよりも。肩関節も同時に意識して動かしましょう。

上半身にある肩関節は、下半身にある股関節と離れていますが連動しています。

大きく幅をとって歩く時は、腕も多く引くようにしたりするように連動しているので、一緒にストレッチしましょう。

肩関節と股関節を柔らかくするストレッチ方法

  • 仰向けに寝ます。
  • 両ヒザを揃えたまま立てて、両腕は真上に上げて手を組むようにします。
  • 息を吐く時に合わせて、両ヒザを左に倒して、腰も左側にひねるようにし、両手は右側に倒し、肩など上半身を右側にひねります。
  • 目線を手の方に向けて呼吸しながら8秒程静止します。
  • 元の姿勢に戻り、次は逆に両ヒザを右に倒して、腰も右側にひねるようにし、両手は左側に倒し、肩など上半身を左側にひねります。
  • 目線を手の方に向けて呼吸しながら8秒程静止します。

反動をつけないように、息を止めないように、ゆっくりとした動きで大体1分位を目安にしましょう。

身体を柔らかくする方法やストレッチをするときのコツ

痛みが出てしまうほど無理にやってしまったり、反動をつけてやってしまったり、息を止めてやってしまわないように注意しましょう。

痛くないように、程よく伸びて気持ちがいい位でゆっくりと時間をかけてやります。

基本的にゆっくりと呼吸をしながら1分以上をかけてやります。

勢いをつけて反動がつくと、筋肉に炎症がおきたり、筋肉や骨に負担がかかります。

1分以上かけてゆっくりやったら、その後逆をやる時も1分位身体を休めるといいでしょう。

たくさんやればやるほど効果が出るというものでもありません。

1分以上かけてゆっくりやって、1分位休憩してから次のストレッチをするのが良く、目安は3回ほどです。

ストレッチで身体を伸ばすときに息は吐くようにする事で身体が更に柔らかくなります。

身体を柔らかくする運動をするときの注意点

身体を柔らかくする方法にはストレッチをする事が大切ですが、片方だけにならないように、両方同じ位、均等に伸ばせるようにしましょう。

よく、前屈など前の方向にストレッチをする人は多いけど、後ろには伸ばしていない人が多いです。

左右だけではなく、前をやったら後ろもやるように意識しましょう。

肩周辺を柔らかくする方法

  • 程よく気持ちがいい位で、腕を胸の方に引くようにして横に伸ばします。
  • 反対側の腕で固定します。

背中の筋肉を柔らかくする方法

  • 真っすぐ直角に座ります。
  • 足を前方に出すようにします。
  • 上半身を程よく伸ばすように、ゆっくりとひねるように向きをかえます。
  • 呼吸を止めないように注意しながら5秒程静止します。
  • 元の姿勢に戻って、反対側にゆっくりとひねるように向きをかえます。

足を柔らかくする方法

  • 座って、足を前方に揃えて伸ばして前方に出し、床につけます。
  • ヒザに上半身をつけるように、ゆっくりと倒していきます。目線は、首が痛くなければ前を見たままでいましょう。

身体を柔らかくしたいなら毎日行うことが大切

ストレッチは、たくさんやるよりも継続してやる事の方が大切です。

毎日少しずつだったり、週に3回位だったり、ストレスや無理がかからない程度に続けてやりましょう。

ストレッチは、身体を柔らかくするだけでなく、運動の前なら身体がよりスムーズに動かしたり怪我の予防になったり、運動の後なら、炎症がおきてしまう筋肉の痛み軽減、寝る前ならストレス解消など、様々な効果があります。

運動を特にしていなく、身体を柔らかくする目的のストレッチなら、身体が温まってリラックスしているお風呂上りがおすすめです。

ストレッチはゆっくりと行いますが、少しだけやるだけでも大丈夫ですので、テレビを見ながらなどでも出来るものがたくさんあります。

ちょっとした時間の隙間だけでやるのもいいでしょう。

勢いをつけたり痛みが出るほど無理してしまう事がなければ柔らかくなる効果も出やすくなります。