注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

ポリエステルの毛玉を予防する方法。着方と正しい洗濯と取り方

ポリエステルの洋服はシワになりにくく、洗濯をしても乾くのが早く価格も手頃なので着やすい洋服の素材の一つです。
ですが毛玉が出来やすいのが少し残念なところです。

長く着続けるためにも、ポリエステル生地の洋服の毛玉が出来るのを少しでも予防しましょう。

では毛玉予防の方法をご覧ください。
まずは着ている時に出来ること、着終わったあとの洗濯の時に出来ることを紹介します。
連日で着用しない、洗濯ネットに入れて洗濯する、洗濯物を詰め込み過ぎないなど手軽に出来そうなことばかりです。
是非お試しください。

最後に出来てしまった毛玉の正しい取り方も紹介します。

この方法でお気に入りのポリエステルの洋服を長く着続けてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯槽と洗剤投入口も忘れずに掃除しよう!やり方と頻度について

毎日洗濯機を使っているものの、洗濯槽や洗剤投入口の掃除をしていない人が多いと言われています。 ...

洗濯物の正しい干し方・裏返しで干すメリットと早く乾かす方法

お洗濯のあとに洗濯物を干す時、天気の悪い時は特に、なかなか洗濯物が乾かずに困ってしまうことがあります...

トイレのドアが開かない!原因や修理と困ったときの対処法

トイレのドアが開かないで困ったことはありませんか?でも、その後なんとか開いたのでついそのままにしてい...

ボールペンのシミを取る方法!水性ボールペンの落とし方

服を洗濯しようとした時に、ワイシャツのポケットにボールペンのシミを発見。そんな時はどのようにすればボ...

米の保存容器は密閉性が大切!お米の鮮度を保つための条件

お米の保存はお宅ではどのようにしていますか?昔ながらのハイザーに入れているという方や、キッチンの場所...

ウォシュレットの水が出ない時の修理法とチェック箇所

「ウォシュレットの水が出ない」といったトラブルに備えて、修理法を知っておくことはとても大事なことです...

再婚したい!子連れ再婚で幸せになるために必要なこととポイント

一度離婚を経験した女性の中には、新しく素敵な男性との出会いがあり、その人との再婚を考えている人もいる...

造花で作ったブーケをインテリアとして飾りたい

造花は生花と違って枯れることもありませんし、100均などで手軽に買えるので、アレンジもしやすく人気の...

ニット生地を家庭用ミシンで生地を伸ばさずに縫うコツ

ニット生地は生地自体に伸びる性質があるので、普通の家庭用ミシンで縫うには少しコツが必要です。 いつ...

え?うちの排水口が下水臭い?そんな時に出来る対策は

いつも部屋を綺麗に掃除しているつもりでも、排水口から下水臭いニオイが漂ってくることがあります。 「...

油汚れ落とす洗剤とその使い方で衣類がスッキリ。頑固汚れにも

食べ物の油汚れが付いた子供服や、調理中についてしまった油汚れなど、お気に入りの衣類に付いた油汚れは落...

木の製品に貼ったシールの剥がし方!色々な剥がし方を紹介します

木の製品にお子さんがシールを貼ってしまい、なかなかシールが剥がれずに苦労し経験がある人もいますよね。...

ワッペンをアイロンで接着しても剥がれる問題について

ワッペンをアイロンの熱で接着しても剥がれるんですよね。 アイロンの熱を利用して、ワッペンの裏に...

姑が嫌いで会いたくないならこの理由!夫に任せるのもアリ

姑が嫌いすぎて会いたくないと思うときにはどうしたらいいのでしょうか?なんとなく、いつも姑の意見に流さ...

窓に目隠シートを貼るなら100均へ!おしゃれな窓へと変身

窓からの目線が気になるなら、100均の目隠しシートを活用してみてはいかがでしょうか。 何よりも10...

スポンサーリンク

ポリエステルの洋服の毛玉を予防する方法

ポリエステルの素材は、肌触りもいいです。お子さんもポリエステルの素材のものを着たら、喜んだりしていませんか?

どんな素材のものを着ても、毛玉はできてしまいます。

あなたが大切にしている服も、気をつけてはいるのに、気づいたら、やっぱり毛玉ができている。何かうまい予防方法、知りたいですよね?

服と服の摩擦があると毛玉はできやすくなる

そのため、毛玉を作らなくさせるには、一着の服を連続して着ない、服と服が摩擦しやすい場所(例えば混んでいる地下鉄の中)には、お気入りの服は着ない、など、摩擦をする回数を減らすことが考えられます。

洗濯の時にも、残念ながらこの摩擦、起きてしまいます。

予防法

  • 服と服の摩擦を避けれる
  • 手洗いに変える
  • 洗濯機を使用するのなら洗濯ネットに入れる

「摩擦」が原因なので、洗濯機で服についた汚れを取る時は、柔軟剤を入れる。それでも、毛玉は作られにくくなります。

ポリエステルに毛玉が出来る原因を知って予防しよう

どうしてお洋服に毛玉ができるのか、その原因をよく理解できたら、あなたなりの予防法ももっと思いつくかもしれません。

ポリエステルについて考えると、その素材、強さが毛玉を作り出す原因になるようです。

ポリエステルは素材が強く他の素材とすぐ巻き付く性質を持っている

この性質のため、他の素材のものと触れる(摩擦する)時、毛玉ができる、これが原因なようです。

お洋服でも、カバンと摩擦がしやすいお腹の部分、腰の部分なんかはよく毛玉ができやすいです。毛玉ができているイコール、その部分は、他の素材とよく触れる、ポリエステルが他の素材と触れて、絡んでいる部分です。

予防法は、その部分に他の素材があまり触れないようにすることだと思います。ポリエステルの素材の洋服を着る際は、あまり他の素材に密着させないようにしましょう。

ポリエステルは毛玉が出来やすい素材。出来にくい素材は

ポリエステルを素材としてお洋服に毛玉ができることを悩んでいる方。ポリエステルの素材をよく理解して下さい。

ポリエステルは毛玉ができやすい

なので、毛玉ができることを悩んでいるのなら、毛玉ができにくい素材の服や布を選ぶことも大切かもしれません。

ポリエステルは毛玉はできやすい素材として有名です。

シルクや麻は毛玉ができにくい

素材の本質で、「この洋服には毛玉ができやすい」「この洋服は毛玉ができにくい」見分ける判断力も必要だと思います。

難しいのは、だからといって、麻やシルクを素材として洋服を買っても、冬場はあまり体が温かくならない点です。確かに、毛玉はできにくいです。でも、あまり保湿効果はないので、冬場はシルク素材のものを着ていても、そんなに体が温まらないのは、困ると思います。

冬場なんかは、毛玉ができることを承知の上で、ポリエステル製のセーターなど着た方が体にはいいかもしれませんね。

毛玉は洗濯の仕方で予防する。洗濯のポイント

毛玉はできやすいとわかっていても、ポリエステルの素材のお洋服、買います。体も温かくなるし、冬場なんかはやっぱりポリエステルの素材の服で体を暖かくして欲しい。

とりあえず、洗濯の仕方を少し工夫して、毛玉を予防しませんか?

既にご存知かもしれませんが、洗濯をする際、ポリエステル製のものは洗濯ネットに入れて洗えば、少しは摩擦を防ぐことができます。なので、ポリエステル製のお洋服を洗う時は、洗濯ネットを使用し、摩擦をより妨げるために柔軟剤も入れることです。これで、普通に洗うよりは、だいぶ毛玉ができにくくなります。

また、服と服が触れ合う度合いが多いと毛玉はできやすくなります。一回に洗濯をする量は、あまり多くないようにして下さい。多ければ多いほど、摩擦の度合いも高くなり、その分、毛玉もできやすくなります。洗濯物の量もあまり多くないように心がけて下さい。

ポリエステルなどの毛玉の正しい取り方

毛玉もできてしまったら、取るしかありません。この単純に見える作業、間違った方法でやると、洋服やタイツ、あなたのお気に入りのオシャレ着、切ってしまい、着れない状態になります。正しい毛玉のとり方を知って、綺麗な状態でまたお洋服を着て下さい。

毛玉カットはハサミとカミソリがお薦め

コツコツした作業になるとは思いますが、定番なのは、ハサミで切ることです。毛玉ができている部分をハサミで切る。そうやって、上手に毛玉を取って下さい。

カミソリでも同様のことができるみたいです。あなたが使いやすい道具で毛玉取りをして下さい。

ポリエステルは素材の質により、毛玉はできやすいです。それを予防するとなると、服と服を摩擦させないようにする、洗濯をする際は、柔軟剤を入れて、洗濯ネットに入れるなど、ちょっとした工夫が必要になります。できちゃった毛玉はハサミであっさり取ってしまいましょう。その際は、ハサミで余計な部分を切らないようにして下さいね。ポリエステルは毛玉ができやすい素材ですが、シルクはできにくいです。毛玉がどうしても悩みなら、別の素材を選ぶべきです。