注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

車にコンセントを取り付けるには?災害時にも大変便利です

停電で何が一番困ったか。それは、携帯の充電です。
車にコンセントを取付けていれば緊急時にも困ることはないので、コンセントを取り付けるのは大変おすすめです。
実際私も停電時に、車に取付けてあったコンセントでかなり救われました。
では、車にコンセントを取り付けるにはどうすればいいのでしょうか。
どんな部品が必要なのでしょうか。
ただし注意点もあります。それが、消費電力。
何を目的に使うかどうかによりますが、バッテリーが上がってしまう可能性もあるので注意しましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

え?うちの排水口が下水臭い?そんな時に出来る対策は

いつも部屋を綺麗に掃除しているつもりでも、排水口から下水臭いニオイが漂ってくることがあります。 「...

毛玉取りにスポンジを使うやり方について知りたい

毛玉取りをする時、多くの人は専用の毛玉取り機を使うと思いますが、実はスポンジを使って取ることも出来る...

魚焼きグリルを掃除する時の臭い取りの方法について知りたい

魚焼きグリルを掃除する時に、見た目は綺麗になったように見えても、なんだかまだ臭いが残っているような時...

煮洗いで重曹を入れると赤ちゃんの服の黄ばみもスッキリ

赤ちゃんの洋服やスタイは洗濯していても、どうしても汚れが落ちきらずに黄ばみとして残ってしまいますよね...

髪の染め方!セルフでも綺麗に染めるポイントと注意点

セルフで行う髪の染め方にはポイントがあります。 美容室で髪を染めるのが一番ですが、費用を抑えるなら...

手紙に便箋を2枚入れるのはなぜ?意外と知らない手紙のマナー

手紙を開けると何も書いていない便箋が1枚入っていることがあります。これは間違いやうっかりではありませ...

子連れでの再婚に後悔しないために!再婚前に考えたい子供のこと

シングルマザーとして子育てをしている女性でも、素敵な男性にめぐりあうことで再婚について考えることもあ...

時短できる家事とは?共働きの強い味方家事の時短方法を紹介

共働きはできるだけ家事を時短したいですよね。完璧にこなそうとすると時間はかかるものです。 必ず...

簡単に粘土で作品作り!人形を作るのにおすすめの粘土と作り方

粘土での作品づくりはいろいろな物がありますが、人形作りも人気の粘土作品です。 そこで人形作りが...

レーヨンやポリエステルはしわになりやすい?洗濯方法について

お気に入りのシャツだけれど、とにかくしわになりやすい。アイロンをかけないと着れない服の代表となるレー...

食洗機の専用洗剤の代用として使える物と使う時の注意点

食洗機を使おうと思った時に、食洗機専用の洗剤がないと困った経験はありませんか?食洗機は忙しい主婦にと...

メガネの曇り止め効果のある対策!マスクをしても曇らせない方法

メガネを愛用している方にとって、厄介なのがメガネの曇りです。特に寒い冬には、1日に何度もメガネの曇り...

天井のクロスが剥がれたときの直し方や貼る手順について

天井のクロスが少し剥がれかけているような?天井のクロスが浮いてしまったり、剥がれてしまうときにはどん...

米の保存容器は密閉性が大切!お米の鮮度を保つための条件

お米の保存はお宅ではどのようにしていますか?昔ながらのハイザーに入れているという方や、キッチンの場所...

出窓にブラインドの取り付け!いろいろな取り付け方法をご紹介

出窓にはフリルのついたカーテン?可愛いカーテンも良いけど、自分の趣味ではないと言う方もいらっしゃいま...

スポンサーリンク

車にコンセントを取り付けるには?一番簡単な方法

最近の車には、はじめからコンセントが設置されている車種も増えてきましたが、たとえ標準装備ではなくても、新たにコンセントを取り付けることはできます。

車にコンセントを取り付けるにはシガーソケットを利用

車に新たにコンセントを取り付ける際には、一番簡単なのがシガーソケットを使う方法でしょう。

シガーソケットとは、そもそも車の中でタバコを吸う時にライター代わりのシガーライターを差し込む場所ですが、現在では携帯電話やスマートフォンなどの充電用として使う人が増えてきました。

シガーソケットをコンセントとして使用する場合は、シガーソケットに専用プラグを差し込むだけで済みますので、手間もかからずすぐにコンセント代わりに使用することが可能です。

しかし、近年ではタバコを吸わない人が増えていることから、シガーソケット自体が装着されていない車も多くなっていますが、コンセント代わりとしてシガーソケットをあえてつけているという人も少なくないようです。

車にインバーターを取り付けることでもっと便利なコンセントに

小学校の理科の時間に、豆電球と乾電池を使った実験をしたことを覚えてらっしゃる方も多いと思いますが、そこで習った「直流電流」と「交流電流」という言葉は記憶に残っているでしょうか?

車に使われているのは電圧の低い直流電流であるのに対して、家庭用電化製品を使用するためにはそれより数倍は高い交流電源が必要になります。そのため、車の中で家庭用の電化製品を使用する場合には、それに対応した電圧にあげる必要があります。

シガーソケットにインバーターを取り付けることによって、スムーズに直流電流から交流電流に変換されるため、家庭用電化製品のコンセント代わりに使用することが可能になるというわけなのです。

車にインバーターを取り付けてコンセントにする場合の注意点

車のシガーソケットにインバーターを取り付けてコンセントとして使用するためには、実際に車で使いたい電化製品の消費電力についても知っておく必要があるでしょう。

一般的な車載用インバーターは、消費電力が150ワットから300ワット程度の電化製品に使用することができます。これに対して、携帯電話やスマートフォンを充電する場合には、約15ワットから30ワットほどと大した電力は消費しませんので問題ありませんが、頻繁に車中泊などをする際には注意が必要です。

車中泊をするにあたって、車の中で電気ポットなどを使用する場合には、1000ワット近くの非常に多くの電力を消費するため、通常の車載用インバーターでは対応することができません。そのため、大きな電力を必要とする電化製品を使う目的でコンセントを設置する場合には、それに合わせて定格出力の大きいインバーターを選ぶ必要があります。

よく表示を見ずにインバーターを購入してみたはいいが、結局用途に合わなかったということがないように、使いたい電化製品に合わせてインバーターを選ぶことをオススメします。

車載用インバーターは定格出力の大きいものを選ぶことが大切

定格出力が低めに設定されているインバーターを、消費電力の大きい電化製品につないでしまうと、車のバッテリーが上がってしまう原因にもなりますので注意が必要です。

キャンプングカーなどの、あらかじめたくさんの電化製品を使うことが想定されている車には、はじめからそれに対応した専用のコンセントが設置されている場合もありますが、自家用車として販売されている車で消費電力が大きい電化製品を使う場合には、車のバッテリーに過度な負担をかけないようにしなければなりません。

そのためにも、できればなるべく定格出力が大きめのインバーターを選ぶことをオススメします。もちろん、定格出力が大きければそれだけ値段も高くなるわけですが、一度購入したらそうそう買い換えるものではありませんし、インバーターの便利さを考慮すると、通常使用で想定されるよりも、少し定格出力が大きめのものを用意しておいても、けっして損はないかと思います。

車にコンセントを取り付けることで災害時にも役立つ

車にコンセントを取り付けたいという人の多くが、電化製品の充電用としての使用を想定されていることと思います。実際に、地震のあとの大規模停電を経験した身としては、やはり携帯電話やスマートフォンの充電切れによって、連絡手段を絶たれるということは、なるべく避けたいという思いがあります。

このように、大きな災害時に備えて電源を確保するという意味合いから、車にコンセントを取り付ける人が増えているようです。幸いにも我が家の車には、購入当初からコンセントが設置されていましたので、ひとまず充電切れの心配はしなくて済みましたが、肝心なのは充電中にはエンジンをかけておく必要があるということなのです。

短時間の使用であれば、エンジンをかけずにインバーターを使用して充電することは可能ですが、そうなると今度はバッテリーが上がってしまう恐れが出て来ます。それを防ぐためにはエンジンをかけながら使用することになりますが、それは当然ガソリンを消費することにつながります。

以前の大規模停電時のように、ガソリンスタンドすら開いていない状態が何日も続いてしまうと、ガソリンを確保することすら困難になってしまいます。そのような状態で充電のためにエンジンをかけておくことは、非常に不安なことでもありますので、ガソリンの残量にも十分注意しながら使用することをオススメします。

インバーターはお近くのカー用品店やホームセンターなどで購入することが可能ですので、手軽にコンセントを取り付けられるアイテムとして、常備されてみてはいかがでしょうか?