注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

水道の蛇口のパッキン交換方法!自分で水漏れを直す手順

水道の水漏れが起きるとすぐに業者に連絡しなくては、と思う方も多いと思います。
しかし、水漏れで一番多い原因のパッキンの劣化によるものでしたら、自分で交換することも可能です。
そこで、自分でできる水道の蛇口のパッキン交換方法をご紹介します。

パッキンにはさまざまな種類があるので、きちんと確認してから購入しましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

風呂掃除の頻度【共働き家庭の場合】負担を軽減するためのコツ

お風呂掃除の頻度は基本的には毎日という家庭が多いかもしれません。しかし、忙しい共働き家庭の場合、家事...

ユニットバスの換気扇から聞こえる異音の原因を知って対処しよう

ユニットバスの換気扇から異音が聞こえる場合「もう寿命かな?」と考える人もいると思います。 しか...

畳がボロボロに!予防と対策、そして簡単リフォームについて

畳がボロボロに。 子供が居ると、畳でもフローリングでもお構いなしですよね。 元気がいいの...

手紙に便箋を2枚入れるのはなぜ?意外と知らない手紙のマナー

手紙を開けると何も書いていない便箋が1枚入っていることがあります。これは間違いやうっかりではありませ...

部屋の片付け。おしゃれな空間を演出するコツ・条件・極意とは

部屋の片付けを楽しくするには、やっぱりおしゃれな空間を作り上げること。 掃除や片づけって、毎日...

タッパーの匂いの取り方は?嫌な匂いもこれでさようなら!

カレーやにんにく料理をタッパーに入れた場合、綺麗に洗ったつもりでも匂いがうっすら残ってしまうもの。そ...

お湯の洗濯でしわを防ぐポイントとしわにならない干し方

お湯で洗濯するとしわになりやすくなりますが、洗浄力はアップします。 そのため、お湯で洗濯をする...

上靴を洗うときの洗剤は何を使えばいい?おすすめの洗剤

上靴を洗うときにはどんな洗剤を使えば汚れや臭いを落とすことができるのでしょうか? 上靴専用の洗剤を...

ポリエステルの毛玉を予防する方法。着方と正しい洗濯と取り方

ポリエステルの洋服はシワになりにくく、洗濯をしても乾くのが早く価格も手頃なので着やすい洋服の素材の一...

南部鉄器のお鍋について。さび問題を解決して長く使い続けるには

南部鉄器の鍋。 伝統工芸品であり、高価で最近では海外でも注目され手に入りにくい調理道具となっていま...

キッチンの床を綺麗にDIYするならこんな方法があります

最初は綺麗だったキッチンも数年使い続けていると、床に傷が増えたり、洗剤で拭いても落ちないシミなどが出...

玄関の照明の明るさの目安!照明選びに迷った時のアドバイス

玄関はその家の顔とも言われますが、玄関の照明はどのくらいの明るさが必要なのでしょうか? そこで、玄...

電子レンジの掃除にはレモンが良い?キッチンの掃除に役立つ理由

電子レンジは温めに解凍と、忙しい主婦にはとって無くてはならない家電。しかし使う頻度が高いせいか、知ら...

ステンレスの黒ずみに重曹は効果的!汚れを綺麗に掃除する方法

ステンレスの黒ずみが気になっているけど、どうすればピカピカの状態に戻すことができるのかわからない人も...

髪の染め方!セルフでも綺麗に染めるポイントと注意点

セルフで行う髪の染め方にはポイントがあります。 美容室で髪を染めるのが一番ですが、費用を抑えるなら...

スポンサーリンク

水道の蛇口のパッキンは使ううちに摩耗する部品

水道は使っているときに水漏れしてきたら、どこが悪いのかわからずすぐに専門の方を呼んで直してもらおうと考える方も多いと思います。

ですが、もしかしたら簡単に直すことができるかもしれませんよ。

水道の蛇口には水がもれないようにパッキンが使われています。このパッキンはゴム製なのでかならず劣化します。

平均的には10年ほどで使えなくなることが多いようですが、使う頻度によっても異なるでしょうし、いつ起こるかはわかりません。

水道の水漏れはこのパッキンが劣化して起こっていることが多いので、水漏れが起こった場合は、どこから水が漏れているのかを確認してみましょう。

パッキンが原因の場合、自分で取り替えることもできるので費用も安く済むかもしれませんよ。

水道の蛇口のパッキンの種類

水道の水漏れがパッキンの劣化が原因だった場合、自分でパッキンを購入する必要がありますが、ここで悩むのがパッキンの種類だと思います。

いろいろな種類のパッキンがありますが、よく水道に使われているパッキンの種類についてご紹介したいと思います。

まずは、Oリングです。ドーナツのような丸い形をしているもので角がないのが特徴です。シャワーヘッドなどいろいろなところで使われているパッキンです。

次に給水管の接続に使われていることが多い平パッキンです。平たい円の形で一番よくみる形だと思います。

次に、水道の蛇口の部分によく使われている三角パッキンです。ハンドルの下に合うように作られているので、蛇口にはこのパッキンが使われていることが多いです。三角パッキンとしてではなく、水栓ハンドル内パッキンなどとして売られていることも多いです。

最後に蛇口の水が出るところによく使われているUパッキンです。このパッキンも円の形をしているので見た目はわかりにくいかもしれませんが、上部に溝が掘られています。

このようにパッキンにも種類がたくさんあるので、水道のパッキンを取り替える場合は、きちんとハマるものを取り付ける必要がありますよ。

水道の蛇口のパッキン交換はサイズに注意

水道の蛇口のパッキンを取り替えるときにはパッキンのサイズも間違わないようにしないといけません。

水道のパッキンには、2種類のものがあります。

一般的な家庭用の水道の場合は呼び径13mmという大きさが合うことが多いです。ですが、違うサイズのこともあるので自分の家のパッキンの大きさを確かめる必要があります。

メーカーや品番で調べることができる場合もありますが、わからないという方もいると思います。

そんな方は、蛇口の大きさを測ってみましょう。パイプの外形を定規ではかってください。外形が16mmなら呼び径13mmです。19mmの場合は呼び径20mmが適正のサイズになるので、大きさを確認できない場合は図って調べてみましょう。

大きさが合っていない場合取り替えることができなかったり、水漏れしてしまうことになるので気をつけましょう。

蛇口取り付け部分からの水漏れをした場合のパッキン交換の準備

蛇口の水漏れがパッキンが原因で起こっていて自分で交換をする場合、始める前にどんな準備をすればいいのでしょうか。

まずは当たり前ですが、適したサイズ、種類のパッキンを用意しましょう。

そして、接続部分を外すためにウォーターポンププライヤーやレンチが必要になります。水栓のハンドルを回すためにドライバーも必要になります。取外すために必要な工具を準備しましょう。

必要な物が揃ったら、交換に取り掛かるのですがここで重要なのが、水道の元栓をしめることです。

元栓を閉めないまま作業することはできないので必ず締めるようにしてくださいね。

マンションの場合、自分で元栓を締めることができないこともあるので元栓の場所がわからない場合は大家さんや管理会社に連絡をして確認してみましょう。

蛇口のパッキン交換の手順

蛇口パッキンの交換に必要なものが準備できたらさっそく交換してみましょう。

蛇口の取り付け部分から水漏れしている場合についてご紹介していきます。

蛇口の取り付けている部分から水漏れしている場合は、劣化が原因のことが多いので劣化しているものを交換しましょう。

蛇口パッキンとシールテープの交換方法

  1. 水道の元栓を締めましょう。
  2. レンチを使って蛇口をとりはずします。
  3. 蛇口を取り外したら、古いパッキンを外し新しいものに変えます。
  4. シールテープも新しいものにまき直します。
  5. 蛇口をもとの位置につけ直したら終了です。

簡単にパッキンの交換をすることができたのではないでしょうか。蛇口から水漏れすると自分では直せないと思い、業者の方にお願いする人も多いと思いますが、このように簡単に交換することができれば節約にもなりますしいいですよね。

他の箇所の水漏れも簡単に取り替えることができることが多いので、水漏れした場合はまずどこから何が原因で水が漏れているのか確認してみましょう。自分で対処できる場合も多いです。

ですが、交換が困難な場合もあると思うので自分では対処できないと判断した場合はプロにお願いしてくださいね。