注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

【塩唐揚げの人気レシピ】むね肉を使ってもおいしく作れます

塩唐揚げを作る時はもも肉を使った方がおいしいことはわかっていても、値段を見るとむね肉でもおいしく作ることはできないかと考えるのではないでしょうか。

そこで今回は、もも肉ではなくむね肉を使ってもおいしく作れる塩唐揚げレシピをご紹介します。

むね肉を使うとどうしてもパサパサした食感になってしまいますが、今回ご紹介するレシピを参考に作っていただければ問題ありません。

家計に優しいむね肉を使って、子どもたちのためにたくさん塩唐揚げを作ってあげましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

なすの簡単常備菜レシピ!電子レンジで作る美味しい常備菜

なすがたくさんある時には、なすをたっぷりと使った常備菜を作ってみませんか?常備菜は、働く主婦の強い味...

オリーブオイルの作り方、自家製オリーブオイルは揉んで濾すだけ

自家製オリーブオイルを作るにはどのような作業が必要なのでしょうか?自家製オリーブオイルの作り方を紹介...

夕飯のメニューを簡単に作れるアイデアをご紹介

夕飯のメニューを考える時に、美味しいのももちろんですが、出来るだけ作り方が簡単なものも嬉しいですよね...

【生クリームの作り方】牛乳から簡単に作る方法とおすすめレシピ

料理レシピに「生クリーム少量」と書かれている場合、そのために生クリーム1パックを買っても余ってしまい...

夏にカレーがいいと言われるのはなぜ?カレーが夏に最適な理由

『夏にはカレーがいい』という話は聞いたことがありますよね。 暑い夏に、なぜ暑いカレーを食べなく...

ナスを炒める際にはアク抜きが不必要?アク抜きの必要性について

ナスはアクがある野菜、料理に使用する前には、アク抜きが必要だと思っている方が多いと思います。 ...

魚焼きグリルで作るおすすめレシピ!鶏肉をカリッとジューシーに

魚焼きグリルは魚を焼くだけのものと思っていませんか?魚焼きグリルはお肉を焼いてもパンをトーストしても...

味噌漬けの漬物がしょっぱい!塩抜きする?塩辛さを活かす調理法

味噌漬けの漬物がしょっぱい時には? 味噌漬けを付ける前に約20%の塩できゅうりやナスなどを漬け...

【カレー鍋の具材】おすすめからマイナーなものまで大特集

子どもも大好きなカレー鍋。でも、普通の鍋と違ってどんな具材を入れればいいのか悩んでしまう人も多いとい...

なすが美味しいグラタンのレシピ。簡単レシピやなすと合う材料

好きな野菜がなすという方も多いでしょう。なすは和洋中、色々なメニューに使われますが、グラタンに入れて...

魚のアラを使った味噌汁を作って豪華な夕食にしてみませんか

魚のアラを味噌汁に使うと、ダシが出てとても美味しく食べることができると言われていますよね。 で...

残った天ぷらをお弁当用にアレンジ!おすすめレシピをご紹介

夕食に天ぷらをたくさん作ってしまって、余ってしまう時もありますよね。 そんな場合は天ぷらをアレ...

チーズソース好きにはたまらない絶品美味しいパスタレシピ

コクのあるチーズソースはチーズ好きにはたまらないソースです。チーズソースをたっぷり味わうならパスタが...

おもてなし料理(和食)を夏に振る舞うときは?おすすめ献立

夏の食材を使って和食のおもてなし料理を作るときにはどのような献立だと喜ばれるのでしょうか。 子...

夕飯の献立に使える鶏肉を使ったレシピについて知りたい

夕飯の献立を考える時に使う食材から考えるという人が多いと思います。 その中でも鶏肉は安くて美味しい...

スポンサーリンク

むね肉を使った子どもも喜ぶ塩唐揚げレシピはマヨネーズが秘訣

鶏肉の唐揚げはみんなが大好きなおかずですよね。
唐揚げと言うと醤油を使って味付けするのが一般的でしたが、塩味も人気がありますよね。

塩唐揚げは、鶏肉はむね肉がおすすめ

もも肉よりも安価に手に入り、カロリーもグッと抑えることができますから、どうしても高カロリーになってしまう揚げ物ではありがたいですよね。

鶏むね肉の人気が低いのは、加熱すると固くぱさついてしまうからですよね。
しかし、唐揚げなら揚げ物ですからぱさつきも気になりません。

裏技として、マヨネーズを加えて作りましょう。
しっかりと鶏むね肉に揉み込むとお肉が柔らかくなります。

マヨネーズは塩やおろしショウガ、おろしニンニクで下味をつける時に加えて、10分くらいしっかり揉み込みます。
時間があるなら半日くらい漬け込んでおくと良いでしょう。

味がついたら、片栗粉や小麦粉をまぶして揚げていきます。

むね肉を使った塩唐揚げをやわらかく仕上げるためのコツ

鶏むね肉をつかって塩唐揚げを作る時には、マヨネーズを使うのが柔らかくするコツです。
ですが、他にも鶏むね肉を美味しく食べる方法があります。

とても重要なのが、むね肉の切り方

鶏むね肉をよく見ると繊維のような流れが見えます。

繊維を断ち切るようにカットするのがコツ

この手間一つでグッと食べやすくなりますよ。

さらにカットしたお肉は、フォークを使ってプスプスと全体を刺しておきましょう。
これをするとマヨネーズや味がしみやすくなります。

もっとも重要なのが、粉を付ける作業

粉によってコーティングされると、肉汁が外へ出られず衣の中にとどまってくれるので柔らかく仕上がります。

全体にしっかりとまぶすことが、柔らかく仕上げるコツ

コーティングに穴の空いた状態で揚げると、そこからどんどん肉汁が外へ出てしまうのでパサパサの仕上がりになるので注意しましょう。

むね肉を使った塩唐揚げのアレンジレシピをご紹介します

塩唐揚げはとてもおいしいおかずですが、いつも同じではつまらいですよね。

下味をつける時にごま油がポイント

最も手軽なのは、ごま油を少し加える方法。
ごま油が香るシンプルな味付けの塩から揚げになります。

バジルも唐揚げに合う

全く別の味を求めるなら、ドライバジルをまぶしましょう。
バジルが香るイタリアンな味に仕上がりますよ。バジルは意外と子供も好きな味ですよね。
食べる時にレモン汁をかければ、バジルレモン味になります。
ウィンナーでも見かける組み合わせですから、美味しくないわけがありませんね。

カレー味の塩唐揚げ

子供も好きな味と言えば、カレー味もありますよね。
大人でも食欲をそそられる味です。
片栗粉や薄力粉にカレー粉を混ぜるだけで、カレー味の唐揚げになりますよ。
カレー粉は辛味も強いので、子供も一緒に食べる時には加減してくださね。

むね肉の塩唐揚げを丼で食べるレシピも人気です

塩唐揚げのアレンジは、揚げる前の味付けだけではありません。

揚げた後のアレンジで味に変化を

おすすめは、キャベツや白菜、ニラなどの野菜と一緒に炒めて丼にするアレンジです。
唐揚げになっているので炒めても固くならず、柔らかいお肉で丼を楽しめますよ。

塩味のドレッシッグなどで手軽に味付けたり、鶏ガラスープの素と片栗粉でとろみをつけるのもおすすめです。

また、からあげの味付けが塩味とシンプルなので、他の味付けでも楽しめます。
お醤油やオイスターソースなどを使うとよりご飯の進む味に仕上がりますし、親子丼のように卵とじにするのもおすすめです。

塩唐揚げにぴったりな付け合わせを作りましょう

鶏むね肉を使って塩唐揚げを作ったら、必要なのは付け合せですよね。
シンプルにレタスやトマトを添えるだけでもOKですが、さっぱりしたものを添えるのもおすすめですよ。

塩から揚げには酢を使ったサラダやマリネ、酢の物が合う

酢を使ったさっぱりドレッシング

酢3:醤油2:ごま油1を混ぜ合わせて作るのがおすすめです。

大根やきゅうりなどと相性の良いドレッシングです。これにネギを加えて唐揚げにかけても美味しいですよ。

マリネ液

酢2:砂糖1:オリーブオイル1に塩や胡椒で味を調えるだけで完成します。

冷蔵庫にある野菜をつけてしまいましょう。
スライス玉ねぎとハムやサーモン、ナスとパプリカ、ミニトマトなどどんな食材でも使いやすい最もシンプルなマリネ液です。

酢の物

三杯酢を覚えておくと便利です。酢2:砂糖1:醤油1で作りましょう。

酸味が強い方がお好みの方は3:1:1でも美味しいですよ。
きゅうりやわかめ、タコなどが定番ですが、しめじなどを加えても美味しいです。
大根やきゅうりをスライサーで線切りにして和えるのも、手軽でおすすめですよ。

揚げ物はこってりしているので、酢を使った付け合せはお口直しにぴったりです。

冷蔵庫にある食材で作れる付け合せですから、ぜひ一緒に食卓にならべてくださいね。