注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

卵の臭いが食器についたときの対処方法 臭いのとり方とは

卵の臭いが食器にうつってしまったときには、どのような方法で落としたらいいのでしょうか?

生卵の臭いを落とす方法、ゆで卵の臭いを落とす方法を紹介します。また、生卵を洗うときにお湯で洗うのを水で洗ってからいつも通りに洗うといいようです。

食器についた臭いを落とす方法は卵だけでなくカレーやキムチにも使えそうですね。ぜひ、試してみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ステンレスの黒ずみに重曹は効果的!汚れを綺麗に掃除する方法

ステンレスの黒ずみが気になっているけど、どうすればピカピカの状態に戻すことができるのかわからない人も...

油汚れの付いた服のシミ抜き方法と洗濯のコツ

服に付いた油汚れは、洗濯しても残ってしまうことがよくあります。濡れている時にはわかりませんが、乾いて...

出窓をインテリアと収納に有効活用するコツとアイデアを紹介

キッチンの出窓をうまく活用したいけど、ただ物を置くだけでは全くおしゃれではありません。できればインテ...

クーラー掃除は重要!カビの取り方や防止方法もご紹介

クーラーを安全に快適に使うためには、カビが生える前に掃除を行うのが鉄則。 そうは分かっていても、定...

時短アイデアと美味しいレシピを紹介!忙しいママの夕食作り

お仕事をしているママたちは、毎日の夕食作りになるべく時間をかけたくないと考えることもあります。時短で...

お玉や菜箸を使いやすく収納!便利な100均グッズもご紹介

毎日使用するキッチングッズは、どのように収納をしていますか?特に頻繁に使用する菜箸やお玉は、使いやす...

揚げ物用鍋にはホーローがおすすめ!その理由と選び方について

揚げ物用の鍋を新しく買う場合、どんな材質がいいのか迷う人も多いでしょう。 そこでおすすめなのが...

風呂掃除の頻度【共働き家庭の場合】負担を軽減するためのコツ

お風呂掃除の頻度は基本的には毎日という家庭が多いかもしれません。しかし、忙しい共働き家庭の場合、家事...

メガネはどうする?スポーツをしている子供におすすめなメガネ

最近は低学年からメガネをかけている子も多いような気がします。 実際私の息子も小学生1年生の時に...

マグカップの収納。棚に飾る場合のポイントや見せる収納術

ティータイムに彩りを添えてくれるマグカップ。お気に入りのマグカップや、いただき物や思い出のあるマグカ...

【サングラスの選び方】紫外線対策のための正しい選び方

サングラスはおしゃれを楽しむだけでなく、紫外線対策のためにも必要なアイテムです。しかし、初めてサング...

洗濯槽のカビがなくならないときの対処方法を紹介します

洗濯槽のカビがなくならない…すすぎをしたのにずっと洗濯物に黒いカビのようなものがついてしまうときには...

No Image

鍋の残りの保存方法と美味しいリメイクアイデアで手抜き料理

ついつい残ってしまう鍋料理。鍋にたっぷりと残った具材は捨ててしまうのはもったいないですよね。しかも、...

時短できる家事とは?共働きの強い味方家事の時短方法を紹介

共働きはできるだけ家事を時短したいですよね。完璧にこなそうとすると時間はかかるものです。 必ず...

ジャガード生地の特徴について。他の織り方との違いを比較

ジャガード生地と言うと、高級感のある生地で、カーテンや洋服にも使われます。 このジャガード生地には...

スポンサーリンク

生卵の臭いが食器についてしまったらどう落とせばいい?

生卵の汚れや臭いが食器についてしまったら、まずは水を使って洗い流します。普段から家事をしている方は知っての通り、卵は熱で固まりますよね。

お湯を使用して洗い流すと、卵のタンパク質が固まってしまい余計に流しにくくなってしまうので、生卵の汚れは水で洗い流すのが良いのです。

最初に水で予洗いをしてから洗剤を使って洗い流しましょう。

ちなみに生卵はアルカリ性なので、酸性の洗剤を使って中和させ汚れや臭いを落とすことが出来ます。

食器用洗剤は中性洗剤なので、臭いがどうしても気になる場合はクエン酸を使用して浸け置き洗いをする方法がおすすめです。

ちなみにクエン酸と同じ効果を発揮してくれる、お酢ですが知っての通り、こちらの臭いも強いので卵の臭いが消えても、お酢の臭いがついてしまう可能性は高いので注意をしましょう。

ゆで卵の臭いが食器についてしまったときは?

生卵よりもゆで卵の食器につく臭い移りが気になるという方も少なくありません。特にプレスチックの容器に入れて保存をしていたときなどは、蓋を開ける度にその臭いが気になりますよね。

そこで通常通りに洗っても臭いが取れない場合の対処方法をご紹介いたします。

まずは、なぜゆで卵にすると温泉のような臭いが発生するのか?それは卵を加熱すると硫化水素が発生されるからです。

温泉のような臭いが漂うのも納得ですよね。次に気になる臭いの対処方法についてですが、こちらも生卵同様クエン酸の漬け置き洗いが効果的です。

さらに洗った後の保存容器の臭いも気になるのなら、乾燥剤を利用して臭いを取り除く方法もあります。

お菓子に入っているような乾燥剤を保存容器に入れておく、また消臭効果がある備長炭や重曹、なども少々効果が期待できます。

小さなお子さんやペットがいる場合は、間違って口に運んでしまわないように保管には十分に注意をしましょう。

食器に卵の臭いがついてしまったら家にあるコレで落とそう

食器や保存容器についた卵の臭いの落とし方についてご紹介してきましたが、プラスチックの食器や保存容器だと細かな傷に臭いや汚れが染み付いてしまうこともあります。

この場合は、汚れも臭いも落ちにくくなってしまうので、今までの方法を試してみても、効果が発揮されずに臭いが気になったままになるでしょう。

そこで細かな目に見えない傷についた臭いを取り除くためには、漂白剤を使って臭いを落とす方法を試してみてください。

この方法なら臭いだけでなく、汚れや菌も落とすことが出来ますよ。しかしここでも小さなお子様がいると、口に運ぶことがある食器だけに、頻繁には使いたくないと思う方も少なくないですよね。

そこで体に入っても安全でしかも、臭い落としが出来るものを探してみました。

昔から食器の洗剤代わりにもなっていた米の研ぎ汁、そして酸が作用して汚れを落としてくれる柑橘類の皮、その他には消臭だけを目的とするならコーヒーかす、除菌も出来ると話題になったお茶の出がらしなどもあります。

また粗塩の研磨作用も消臭に役立ちます。蓋付きの密閉容器なら粗塩と水を入れて、密閉容器を数分間振り続けます。粗塩が小さな傷に入り込んだ汚れも削り落として、臭い残りをなくしてくれますよ。

卵を使った食器の洗い方。生卵は水、ゆで卵はお湯

卵を使った食器を洗う時、手荒れや経済的なことを考えると水を使うのが、良いと考えられますが、汚れ落ちはどうなのでしょうか?

一番始めにお話したように、生卵ならお湯を使うとタンパク質が固まってしまい、汚れが付着してしまうので水を使うのが良い方法です。

しかしすでに固まってしまっている、熱を加えた卵料理の汚れならお湯を使っても問題ありません。特に油を使用したり、他のお肉や魚などの加熱した油汚れが一緒に付着してしまった場合は、逆に水だと脂肪分が固まり汚れが落ちにくくなってしまうので、お湯を使ったほうが良いのです。

汚れによって水を使うか、お湯を使うか使い分けをすることで、汚れ落ちが良くなり節約にもつながる。さらに家事の時間を短縮できるので、良いことづくめですよね。

食器に臭いがつくのは卵だけじゃない!

食器につくのは、もちろん卵だけが原因ではありません。

濡れたままにしているスポンジや布巾などは、そのまま放置しておくと雑菌がどんどん繁殖していきます。

雑菌が繁殖するのは、湿度、温度、そして雑菌の栄養分があることです。布巾やスポンジには湿度があり、そして家の中の温度は菌が繁殖するにも丁度よい温度と言えます。最後に雑菌の栄養分ですが、石鹸カスであったり脂肪分であったりと、栄養もたっぷりとあるのです。

食器についた臭いはスポンジや布巾の可能性も十分にありますよ。

また、暑い夏場などは特に洗い物をそのままにして放置しておくと、残った汚れが腐食して菌が繁殖します。汚れ物は残しておかないように、その日のうちに洗って臭い予防をしてください。

最後に水そのものが臭う。そう感じるのなら、貯水タンクや配管など水道に問題があることも頭に入れておきましょう。

このような場合はマンションやアパートなら、管理会社に連絡をするなどの他に、自分でできる対策としては浄水器や煮沸消毒をして水を使う方法があります。

食器につく臭いが、どこからきているのかによって対処方法が違いますから、まずは原因を見つけることから始めてくださいね。