注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

ベッドとベット、どちらが正しいのかその答えを教えます

ベッドのことをベットという人もいますが、英語表記は「BED」なのでベットは間違いではないかと考えている人も多いでしょう。

しかし、実は「ベット」は間違いではないのです。ドイツ語では「ベット」と発音するのです。

今回はベッドとベット、どちらが正しいのか、またその背景にある歴史について説明します。日本に先に入ってきたのは「ベット」と言われています。

また、「ベット」と発音してしまうのは、日本語が関係しているとも言われています。そのことについても説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

【色に関する漢字を使った名前】男の子におすすめの名前をご紹介

生まれてくる赤ちゃんが男の子だとわかったら、色に関する漢字を使った名前を付けたいと考える人も多いでし...

お盆にお坊さんへ出すお菓子は何が良い?出し方のマナーと種類

お盆になるとお坊さんが参られて法要をしてもらうことがありますよね。この時、お坊さんにはどんなお菓子を...

【エプロンをハンドメイド】子供用・大人用の作り方を教えます

子供用エプロンを買いにいっても、なかなか気に入ったものが見つからないというママも多いでしょう。 ...

ラジエーター液の補充方法と古い液かどうかを見分ける方法を解説

ラジエーター液を補充しようと思っても、エンジンルームを開けてとなるとなんとなく難しいと感じてしまいま...

観葉植物のベンジャミンを剪定する理由とそのコツを教えます

観葉植物の中でも人気のベンジャミン。初心者の人でも育てやすいと言われていますが、剪定が必要となってい...

押し花のしおりの作り方!ラミネートや牛乳パックを使う方法

押し花を綺麗な状態で保存したいと思ったら、押し花でしおりを作って保存する方法がおすすめです。押し花で...

スノードームに入れる液体にグリセリンを使う方法!基本の作り方

ガラスの中のゆったりとした水の流れに心が癒やされるスノードームですが、実は自分で作ることができます。...

ボルトやナットの締め方のコツ!締めすぎないことも必要です

ボルトやナットの正しい締め方を知っていますか? 締め方が悪いと、ボルトが切れてしまったりなめてしま...

窓掃除に便利な道具!高所でも安全に掃除ができるお役立ちグッズ

大掃除など定期的に窓掃除を行っている方が多いと思いますが、戸建てに住んでいらっしゃる方は、2階の窓掃...

色鮮やかな押し花の作り方!桜の花で可愛い押し花を作ろう

押し花の作り方覚えていますか?小さな頃に押し花を作った記憶はあるものの、どうやって作ったのか?キレイ...

建前のお祝いは何が良い?近所の上棟祝いに贈る品物と金額の相場

ご近所の建前のお祝いには、一体どんなものを贈るのが良いのか頭を悩ませている人もいますよね。そもそもお...

男性で身長が150台でもコンプレックスにしない方法

身長が150台ということをコンプレックスに感じている男性はいませんか?もちろん背が高いことは有利にな...

朝顔の育て方、プランター1つにつき摘心は3回行うのが基本

朝顔をプランターで育てる場合、朝顔の育て方のポイントとなるのが「摘心(てきしん)」です。 新し...

クリスマスはハンドメイドで子供と一緒に楽しく手作り

クリスマスが近くなるとお部屋の中もクリスマツリーを飾ったり、クリスマス仕様の飾り付けをしたりと、大人...

学習机を解体するやり方・手順・必要な道具を紹介

学習机を解体するやり方を知りたい! 子供が巣立って、不要になってしまった学習机。 高校生にな...

スポンサーリンク

ベッドが正しくてベットは間違い?実はどちらも正解です

なんとなく濁して使ってきたベットとベッド言われてみるときちんと答えられない問題ではあります。子供を持つ親としてきちんと答えられないままにしておくのもどうかと考えさせられました。ではどっちが正しいのでしょうか?

話を始めるにあたり結論から言いますとベットもベッドも間違いではないです。なぜ二つの言い方があるのでしょうか?それはドイツ語のベット、と英語のベッドから来ています。

どちらも意味は同じ寝床、寝台を表す言葉

ベッド、ここでは英語の言い方で使っていきます。
ベッドを購入するにあたり下調べで情報を得ようと、インターネットでベッドと入れてもベットと入れても同じ用途の商品が出てきます。

何気なく使っている外来語をカタカナ表記にしたり、立ち止まって考えたり、改めてきかかれてきちんとした答えを求められたりすると出てこない言葉って結構ありますよね。

ベッドとベット、どちらが多く使われているのか調べてみました

ベッドもベットも間違えではないですが、調べていくにあたりベッドのほうが多く感じます。日本の寝具メーカーや旅行会社は多くがベッドを使用しているようです。

日本ではドイツ語のベットのほうが先に外来語として入ってきた

ちなみにドイツ語で書くと「BETT」と書きます。
ドイツ医学由来の医学名が使用されている医療の現場では今でもベットと使われていて、医療現場では必須なベットが多く納品されていたため、そのときの名残ではないかといわれています。

第二次世界大戦後からは国民の生活の中にも欧米化の文化が多く入ってきており、英語教育が浸透した時代からは「ベッド」と呼ぶ人も増えたようです。

ベッドフレーム、ベッドパッド、ベッドシーツなどベッドという言葉をつけて使われる言葉もベッドが多いです。ベットは間違えではないですが今はベッドと発音、又は表記することが多くなっています。

「ベット」だと意味が変わってしまう可能性もあります

ベットと使っていると色々な意味が出てきたり、受け方で違う意味に受け取ってしまう場合があります。どのようなことがあるのでしょうか?

ベットの別の意味

日本語

別途、今あるものとは異なる方法、別の使い方という意味の別途使い方には、インターネットだ買い物の際、別途送料がかかりますなどで使われます。

物理学

物理学では触媒などの表面積を測定する方法の式をベット法と言われています。通常暮らす時にはあまり使われない言葉ではありますが、知識のひとつとして覚えておくのも良いでしょう。

他に普段使うことがあまりないですが、ベットというと使い方や言葉がいくつかあります。話の流れや前後の文章も関係してくると思いますが、聞き手も違う意味でとってしまう事もあると思うので、どちらも正しい発音ではありますが一般的に使われている言い方で使っていくと良いでしょう。

なぜベッドをベットと言ってしまうのか、その理由について

日本では敷布団のイメージが強いですが、最近はベッドで睡眠をとるという方も多くなりました。ベッドは布団を片付けなくていい事や、起き上がるのが楽、布団をあげてしまうということがないので床や布団のほこりを巻き上げなくて済む、インテリアを楽しむことができるなどの理由でベッドが多くなってきています。

ここではベッドをなぜベットといってしまうのか調べてみましょう。ベッドもベットも間違えではありませんが、今の英語教育ではベッドと言うのが主流となっています。

私たちが普段使う日本語には「っ」と詰まる言葉の跡に濁点がつく言葉がつかないという性質があります。

ベッドとベットが気になってくると同じような言葉

バッグとバック、アメリカンドッグとアメリカンドッグ、ウィッグとウィック、バッドとバットなどどちらもなんとなく通ってしまっていますが発音としては濁点のほうが正しいです。日本人にとっては詰まる音のあとの濁点は発音が難しく、今回のベッドをベットと発音してしまうのです。
発音が苦手な部分も大いにあると思いますが、濁して発音することによってより英語の発音に近くなり奥ゆかしい日本人は恥ずかしいと思ってしまうのもあるかと思います。

これからは正しいことを知って恥らわず堂々と発音しグローバルな社会になっていったらと思っています。
このように考えていくと色々とあいまいに発音してきた言葉がいっぱいありそうで楽しくなってきますね。

ベッドとベット、どちらも間違いではありませんが「ベッド」を使うのが一般的です

ベッド、ベットどちらもインターネットで検索の際出てきますし、元々ドイツ語であるベットが外来語として先に日本に入ってきて意味は同じなので間違えではありません。日本の医療の現場では今もカルテや医療関係の言葉が使われているため間違えではありませんが、海外へ行った際の英語で会話の際や日本での会話の際にはベッドと発音、又は表記が必要です。

英語圏での発音が違うだけで違った意味になってしまうため普段から「っ」の後の濁音を意識して使っていくと良いでしょう。相手に伝わるのであれば問題はありませんが今ほぼ主流になりつつあるベッドを使っていくと良いでしょう。