注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

危険運転で通報した時のドラレコの効果とは?もし被害にあったら

最近よく目にする危険運転によるニュース。
被害者が警察に通報する際、ドラレコの映像が決めてとなるケースが多いような気がします。
いつ誰が危険な目に合うかもしれないため、ドラレコの取付けを検討している方も多いのではないでしょうか。
では、もし危険運転に遭い警察に通報した場合、実際にドラレコの映像が証拠となるのでしょうか。ドラレコの効果とは?
自分の身は自分で守るしかありません。まだドラレコを搭載していないなら取付けをおすすめします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

風呂掃除のブラシやスポンジの置き場は?様々な置き場やアイデア

風呂掃除をしていると、ふと掃除グッズの置き場が気になることありませんか?なんだかスッキリとしない、掃...

花束の基本のラッピングのやり方とアレンジラッピング

花束のラッピングはいつもお店におまかせという方も多いと思います。もちろんプロが作る花束は豪華で、贈る...

オリーブが枯れたけれど復活はできます。その期間と方法を紹介

オリーブは乾燥には強いですが、水は欲しがります。水が少ないと葉っぱが黄色くなったり落ちてしまいます。...

100均ボンドの正しい使い方!布用ボンドで簡単ハンドメイド

100均には色々なタイプのボンドがありますよね。 その中の一つに布用のボンドがありますが、100均...

学習机を解体するやり方・手順・必要な道具を紹介

学習机を解体するやり方を知りたい! 子供が巣立って、不要になってしまった学習机。 高校生にな...

海外の海へ行く時の貴重品はどうする?安心出来る管理の方法

家族で初めての海外旅行。家族旅行といえばハワイやグアムなど人気ですが、海で遊ぶ時に心配なのが貴重品の...

水垢の効率的な落とし方を知りたい。プラスチック製品の場合は

水垢はお風呂場や台所、洗面所など水を使う場所で発生します。 そのままにしていると、見た目も良くない...

一人暮らしが不安な30歳女子は今がはじめるタイミング

一人暮らしが不安で30歳になっても今だに実家暮らしの女性もいるでしょう。 では、実家から出て一...

スノードームに入れる液体にグリセリンを使う方法!基本の作り方

ガラスの中のゆったりとした水の流れに心が癒やされるスノードームですが、実は自分で作ることができます。...

車のプラスチック、樹脂パーツが白くなる理由と対処方法

車のプラスチック部分だけが白くなる、色あせてしまったように見えることありますよね。 白くなるの...

スチール缶とアルミ缶の違いとは?スチール缶が小さい理由

スチール缶とアルミ缶にはどのような違いがあるのでしょうか?同じ飲み物なのにコーヒーはスチール缶、ジュ...

重曹で消臭剤を作ろう!トイレの消臭方法と重曹を使った掃除方法

なかなか消えないトイレの嫌な臭いは、重曹を使って作る消臭剤で臭いを解消することができます。 重...

韓国で大人気!話題のお土産。喜ばれるおすすめのアイテム

旅行に行くと、お土産を選ぶのも楽しみの一つです。どんなものを買っていけば喜ばれるのか、想像しながら選...

男性シャツのボタンが女性と逆の位置なのはなぜ?の謎に迫る

男性用と女性用のシャツでは、ボタンの位置が違うのはご存知でしょうか。 男性のシャツは前ボタンが右、...

湿気取りのための重曹の賢い使い方!効果的な置き場所

ジメジメとした季節には、部屋の中の湿度が気になります。お部屋の湿気取りには重曹が効果的、という話を聞...

スポンサーリンク

危険運転に遭い通報した時は、ドラレコの映像が証拠になるのか

車を運転するときに、ほとんどの方が注意しているのは交通事故ではないでしょうか。
しかし、危険運転による被害が増加している現代、自らの注意だけでは防ぐことの出来ない事態もあります。

危険運転には命に関わるような事故を引き起こすケースもあり、故意に行われている分、非常に悪質な行為です。

もし危険運転に遭遇してしまった場合、ドラレコの映像を証拠として警察に提出することは出来るのでしょうか。

結論からすると、証拠として提出することは出来ます。
ドラレコの映像がない場合は、目撃者からの証言や状況証拠で捜査を行うことになります。
ドラレコは映像として証拠が残るので、非常に有力な手がかりとはなります。

しかし、ドラレコの映像のみで逮捕まで出来るかというと、一概には言えません。
危険運転の内容によっては映像のみで逮捕されるケースもありますが、基本的には警察が直接危険運転を確認してからの逮捕という流れになることが多いです。

危険運転の通報の際にドラレコが証拠になるかどうかはケースバイケースだが、対策にはなる

危険運転がドラレコの映像として残っている場合、逮捕の決め手となる証拠になるかはケースバイケースですが、危険運転の被害に遭わないための対策にはなります。

危険運転をする加害者も、映像として証拠が残ることを快くは思いません。
ドラレコがあることに気付き、危険運転をやめるケースもあります。

中には危険運転から執拗な追跡、罵声や暴力にまで発展してしまうこともあります。
これはもはや危険運転の次元を超えてしまっています。

そんな相手もドラレコの存在に気が付いて、罵声を浴びせている途中で徐々に冷静になり、暴力行為までには至らないということもあります。

このような経験をしている間は、おそらく恐怖で状況を把握することは出来ないと思うので、やはり証拠を残すという対策は大切なことですね。

相手にドラレコがあることを知らせ警戒させる目的であれば、本物ではなくダミーのものもあります。
ダミーなので映像として残すことは出来ませんが、周囲に危険運転を抑制させる対策にはなるでしょう。

ドラレコが取付けてあることを示すステッカーも危険運転に効果的

ドラレコを取り付けていることを周囲の車に知らせるためのステッカーもあります。

ドラレコが取り付けられていても、車内に搭載しているものなので周囲からは一目で確認することは出来ません。
危険運転の被害に遭ってしまうこと自体を防ぐことは難しいでしょう。

しかし、わかりやすくステッカーが貼っていれば誰でも一目でわかるので、そもそも危険運転の被害に遭うリスクも抑えてくれるでしょう。

実際にドラレコを取り付けていない方でも、ステッカーを貼ることは出来るので、どれほどの効果があるのかを実感するためにステッカーから始めてみてもいいでしょう。
ステッカーで効果を実感出来れば、実際にドラレコを搭載しようという気持ちになるかもしれませんね。

危険運転に遭遇した時はすぐに警察へ通報し、警察が来るまでは外へ出ない、相手と話さないことが重要

ドラレコがあってもなくても、危険運転の被害に遭ったときは、それは恐怖のあまりどのような行動を取るべきか考えられなくなるでしょう。

相手から逃げなくては、相手の気持ちを鎮めるために丁寧に応対しなくては、という行動は逆効果です。
自分自身の身にさらなる危険が及ぶ可能性があります。

もしあおり運転から逃げようとして、速度を上げたらどうなるでしょう。
そんなことで相手は諦めないですし、速度を上げた運転で自分自身も周囲の車にも危険を与えたことになります。

これでは何の回避にもなりません。

あおり運転などの危険運転の被害に遭ったら、ハザードランプを点灯させ徐々に速度を落として路肩に停車します。

必ず周囲に注意を知らせるために、ハザードランプを点灯させて下さい。

路肩に停車したところに加害者がやって来たら、ドアを開けられないように車にロックをします。
そして直ちに警察へ110番通報して下さい。

車外から罵声を浴びせていたり、ドアを無理矢理開けようとしている場合も、決して相手にせずにこわいと思いますが警察の到着をとにかく待って下さい。

危険運転で警察に通報する時の注意点

先ほども言いましたが、危険運転の被害に遭った場合は当事者同士で解決しようとせずに、必ず警察に通報して下さい。

このとき周囲の車に危険のないように、路肩など安全な場所に停車した上で通報します。
非常に危険なので、運転しながら通報の電話はかけないで下さい。

恐怖で混乱していると思いますが、通報前に正確に状況を伝えられるよう、一度出来る範囲で頭の中を整理しておいて下さい。

  • 被害に遭った危険運転の内容
  • 加害者についての情報(車の車種やナンバーがわかるとよりいいです)
  • 危険運転の被害に遭った場所
    を記憶して、警察に確実に伝えられることが理想的です。

相手が自分の車に近付き、車を蹴ったり叩いたりの危害を加えていたとしても、決して相手にせずに警察が到着して対応するまで待っていて下さい。

自身で対応することは、さらなるトラブルを招きかねません。

危険運転の被害に遭わないことが一番ですが、もし被害に遭ってしまったら少しでも冷静に対応出来るよう、いざというときの知識を身につけておきましょう。