注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

100均で購入ができるライト!自転車用ライトをご紹介

自転車のライトが知らないうちに外れてしまっていたり、購入時にライトがついていない場合もあります。

そんな時便利なのが100均のライト!自転車のライトも100均では販売されていますよ。

また100均では前照灯だけではなく、尾灯も購入が可能となっています。自転車にライトがついていない方は、手軽な価格で取付も簡単な100均のライトを検討してみてはいかがでしょうか。

購入をする際には、注意点なども良く確認をしてくださいね。特に防水仕様になっているかは確認をしておきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

押し花の作り方とは?しおりにするときのコツとポイント

押し花でしおりをきれいにおさめたいときにはどのような作り方が適しているのでしょうか? 押し花の...

足の臭いを消す対策について知りたい!子供の足臭いを無くすには

子供は大人よりも体臭が少なくて、臭いものだなんて思っていない人も多いと思いますが、子供は意外にも小さ...

傘の生地の再利用方法!生地の外し方とおすすめリメイク

傘の骨が折れてしまった場合には、ゴミとして処分する方がほとんどだと思います。 特に小学生のお子様な...

ブレーキのイヤなキーキー音の原因と対処法!自転車メンテナンス

自転車は学生さんにとっても、主婦にとっても大切な足です。毎日のように自転車を使うという方も多いですよ...

油性ボールペンの落とし方。用意する物と手順と出先での対処法

ワイシャツの胸ポケットにボールペン入れていたらインクがついてしまった事や、書類を書いていたらうっかり...

洗濯物を短時間で乾燥させるサーキュレーターの使い方について

雨が降っていたり、湿気が多い日には、お家の中に洗濯物を干しますよね。また防犯上の理由から洗濯物は部屋...

洗車機は水洗いとシャンプーどっちを選ぶ?最後の拭き上げがコツ

セルフの洗車機はとても便利なものですが、水洗い洗車やシャンプー洗車などコースがいくつかあります。 ...

【和紙の作り方】牛乳パックを使って手作りの和紙を作ろう

牛乳パックを使えば、自分で和紙を手作りすることができます。お子さんと一緒に、自由研究に、牛乳パックを...

No Image

クリスマスをハンドメイドで可愛く!簡単手作りオーナメント

クリスマスが近くなるとクリスマスツリーを飾るご家庭も多いと思います。特にお子様が小さいうちなどは、ツ...

紙粘土を乾燥する時に注意して、ひび割れができないようにしよう

紙粘土を使って何かものを作ろうと思っても、初心者だとどうしてもひび割れができてしまいますよね。 ...

【チェーンの直し方】自転車のチェーンは自分で直してみよう

自転車を乗ろうとした時にチェーンが外れていることに気づいてしまうと「自転車屋さんに行って直してもらわ...

浄水器のフィルターの寿命や交換しないと起こる事とは

浄水器を付けているご家庭もあるでしょう。 浄水器を付けていて面倒だと感じるのが、定期的なフィルター...

男性シャツのボタンが女性と逆の位置なのはなぜ?の謎に迫る

男性用と女性用のシャツでは、ボタンの位置が違うのはご存知でしょうか。 男性のシャツは前ボタンが右、...

足の裏がだるい時、ちょっとした不調を解消する方法

足の裏がだるい… この不快感を解消したい! だるいのはやっぱり血行不良ですよね。 マッ...

スライムの作り方!シェービングフォームでふわふわスライム

スライムは昔からあるおもちゃで、ビローンと伸びる独特の感触がクセになりますよね。 最近ではスライム...

スポンサーリンク

100均では自転車の尾灯、リアライトも販売されています

100均には自転車のライトが色々あります

ライトは、付ける場所によって名前が違います。前側を照らすライトは前照灯といい、後ろを照らすライトを尾灯といいます。リアライトとは、テールライトともいい、自動車でいうテールランプと同じ意味です。ということは、後ろの、自分の存在を示すためのライトということになりますね。
これらもすべて100円ショップで購入可能です。

リアライトは、サドルに巻きつて使うタイプの物がありますので、こちらは外して別用途にも使うことができますね。夜間の外出時に自分の場所を知らせるために、腕につけたり、バックにつけたりしても良いですね。また、つえを使う方はつえに巻き付けても良い目印になります。

尾灯も、サドルに巻き付けるタイプがあり、点滅して光ります。こちらは、知らせる役割が主ですので明るく光るものではなく、点滅式になっています。ライトにはきちんとオンとオフのボタンが付いているので夜間だけ点灯するなど、電池の節約になりますね。

自転車のバルブに取付けるライトも100均で購入可能

自転車のバルブにもライトが取り付けられるのですが、こちらも100円ショップにあります。こちらも電池式でタイヤのバルブを一度外してこのバブルライトを取り付ける形になります。
こちらは常に光る形になりますので、夜間使用時キチンと点灯しているか確認が必要になりますね。また、バルブは空気を入れるところの栓なわけですから、替えるときはあまりもたもたできませんね。もたもたしていたら自転車の空気が抜けていってしまいますので。サッと作業しましょう。
点灯カラーも二種類ありますのでお好みの色を選ぶことができますよ。
自転車をお洒落にアレンジすることができますね。

自転車の100均ライトの注意点について

100円ショップのライトは安くて便利で重宝しますね。ですが、注意点もありますので、その点を確認して使用しましょう。

まず、明るさはなるべく明るいものを使用しましょう。明るすぎるということはまずありませんので選ぶ時はより明るいものを選びましょう。

その他に、電池式ですので電池のもち時間や、電池切れに注意しましょう。いざ夜間に使えないと付けた意味がありません。また、点灯したままにしておくとすぐに電池が切れてしまいます、できるだけライトは小まめに電源をきるようにしましょう。

ライトを購入する前に必ず防水かどうか確認しましょう。防水でないときは防水カバーも売っていますのでそちらも一緒に設置した方がよいでしょう。
ライトの明るさが不十分かなと思ったら、二つ付ける事もお勧めです。もし一つが電池切れになってももう一つあればいざというときに安心できますよ。
また、ライトの場所もきちんと確認してから取り付けましょう。ハンドルを握るときにライトが邪魔になると運転操作の時に危険です。付けて少し走ってみたり、走りながらスイッチを押して付けても危険ではないかきちんと確認しましょう。

夜間無灯火での自転車乗用は道路交通法に違反します

夜間のライト無灯火の場合は交通違反になってしまいます!恰好悪いから、なんて言っていられませんね。自分の身を守るためにもライトは点灯するようにしましょう。

また、前照灯をきちんとつけて走行しなければなりません。点滅だけでは不十分ですので、前照灯の他に点滅灯をサドルに付けるなどでしたらよいでしょう。

もし無点灯のまま自転車に乗り事故を起こしてしまうと、普通に事故を起こしたときよりも更に重い罪になってしまいます。ですので、前照灯ライトは必ず点灯してくださいね。面倒でも、自分のために点けてとお子様にも話してみてくださいね。
それでも聞いてくれなければ、夜間自動で点灯するライトを付けるのがよいですね。100円のライトよりも値段は張りますが、事故を防ぐためにと考えてみた方がよいですものね。
自動車を運転する側からみてもライトを点けているときと点けていないときに見える見え方も全然違いますので、自分の身を守るためにライト点灯を心掛けてくださいね。