注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

水垢の効率的な落とし方を知りたい。プラスチック製品の場合は

水垢はお風呂場や台所、洗面所など水を使う場所で発生します。
そのままにしていると、見た目も良くないですし、そこがカビの住処にもなってしまいますので、しっかりとした落とし方を実践したいものです。
その水垢がつくのがプラスチックだった場合は、どうなるのでしょうか。
ここでは水垢の落とし方や予防策についていくつかご紹介しますので、ご自身に合ったさまざまな方法を試してみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

押し花の作り方とは?しおりにするときのコツとポイント

押し花でしおりをきれいにおさめたいときにはどのような作り方が適しているのでしょうか? 押し花の...

布を染色する方法!色々な物を使ってキレイに布を染色してみよう

染料を使えば、自分で布を簡単に染色することができます。身近にあるものを使って染色する方法や、天然素材...

スライム作りでシェービングフォームがない場合の代用になるもの

シェービングフォームを使ったスライム作りが人気ですが、シェービングフォームが家にない場合もあると思い...

韓国で大人気!話題のお土産。喜ばれるおすすめのアイテム

旅行に行くと、お土産を選ぶのも楽しみの一つです。どんなものを買っていけば喜ばれるのか、想像しながら選...

洗濯物は雨よけカバーをしておけば安心?特徴を紹介します

洗濯物を干すときに雨よけカバーをつけたいのだけれど、家に合うのはどんなもの?雨除けカバーはいくつか種...

クリスマスはハンドメイドで子供と一緒に楽しく手作り

クリスマスが近くなるとお部屋の中もクリスマツリーを飾ったり、クリスマス仕様の飾り付けをしたりと、大人...

バラの消毒をするときの方法とは?ポイントや注意点を紹介します

バラの消毒をするときにはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか? バラの消毒をするタイミング...

色を混ぜると黒になるのはナゼ?黒く見える理由について

色をどんどん混ぜると黒になるのはどうしてでしょうか?子どもに聞かれてたときには、このように説明してあ...

自転車の後輪ブレーキの音の原因を知って正しく対処しよう

自転車、特にママチャリに乗っていると、後輪ブレーキをかけた時にキーッと音が鳴ることがありますよね。そ...

車のシャンプーの泡立て方!ポイントはバケツに入れる水の力加減

車のシャンプーの泡立て方がわからず、泡がない状態で車を洗っていませんか? 車のシャンプーは洗顔と一...

ペーパードライバーの練習方法とは?一人でするときのポイント

ペーパードライバーが練習を一人でするときにはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか? 何から...

観葉植物のベンジャミンを剪定する理由とそのコツを教えます

観葉植物の中でも人気のベンジャミン。初心者の人でも育てやすいと言われていますが、剪定が必要となってい...

油汚れには重曹?セスキ炭酸ソーダ?油汚れはこれで掃除

油汚れを落としたいときには重曹を使うべき?それともセスキ炭酸ソーダ? できるだけ簡単に落とした...

花束のラッピングは簡単です!おすすめのラッピング方法とコツ

花束のラッピングは一見難しそうに見えますが、コツさえわかれば実は簡単にできます。そこで、誰でも簡単に...

自転車の前ブレーキの調整方法とは?自分で行う場合は注意しよう

ママチャリなどの自転車の前ブレーキの効きが悪くなってくると、調整が必要になりますよね。 前ブレ...

スポンサーリンク

プラスチックの水切りカゴなどについた水垢の手軽な落とし方

水を多く使う場所では、どうしても水垢が発生しやすくなります。
掃除をしていても完全に防ぐことは至難の業です。

ただの水垢だと気を抜いていると、そこがカビ汚れに変化してしまうこともあるので注意が必要なのです。

よく目にする場所で水垢が気になる部分だと、台所に置いている水切りカゴなんかが挙げられます。
プラスチックの部分を見てみると、水道水に含まれている成分が固まり白っぽい水垢汚れがはっきりと見えるはずです。

水拭きしたくらいでは落とせません。

水垢にはクエン酸

この白い水垢汚れはアルカリ性なので、酸性であるクエン酸が効果的なのです。

  1. クエン酸の粉末と水を合わせて、クエン酸水を作ります。
  2. 水1カップに対して、クエン酸小さじ1の割合で混ぜましょう。
  3. 水切りカゴの水垢が気になる部分に、クエン酸水を吹きかけます。
  4. クエン酸水を吹きかけた部分にキッチンペーパーを敷き、上から再びクエン酸水を吹きかけます。
  5. クエン酸の成分が水垢に行き届くように、しばらく時間をおきます。
  6. キッチンペーパーを外して汚れの様子を見てみましょう。
    ※キッチンペーパーで拭き取るようにすると、スルッと汚れが落とせるはずです。
    それでも取れない頑固な水垢は、軽くこするようにして落としましょう。
  7. 最後に水垢汚れとクエン酸の成分を十分に洗い流して、水気を拭き取って下さい。

せっかく掃除をしても、掃除後の水気をそのままにしておくと再び水垢を作ることになるので、拭き取りを忘れずにして下さい。

プラスチックについた水垢の落とし方にはこんなものも

台所の水切りカゴの汚れならクエン酸で十分に落とせると思います。
ですが、風呂場の鏡などびっしり水垢がついている場所だと、クエン酸だけでは落としきれないこともあります。

クエン酸で落ちない水垢には、水垢汚れに特化した洗剤がおすすめ

水垢汚れに特化しているのでスルッと落とすことが出来ますが、家庭で使用することも考えられているのでそれほど刺激は強くない場合が多いです。
刺激が強いと簡単に使用出来ませんし、お子さんのいる家庭では心配ですよね。

それでも落ちない頑固な水垢には、掃除のプロが使う業務用の洗剤を使用することになるでしょう。

非常に強力な洗浄力を持っているので、長年悩んでいた水垢汚れも解消してくれますが、その分刺激や臭いが強くなることも認識しておきましょう。

洗剤の使い方に注意

頑固な汚れを落とすために、それぞれ成分の違う洗剤を混ぜる方がいるようですが、これは場合によっては非常に危険な行為です。

洗剤のボトルに「まぜるな危険」と記載されているものがあります。
塩素系の漂白剤に記載されていることがほとんどです。

もし塩素系の漂白剤と酸性の洗剤を混ぜてしまった場合、取り返しのつかない事態が想定されます。

この二つが混ざると、まずガスが発生します。
目に見えないので気付きにくいですが、発生すると瞬時に吸い込んでしまうことになります。

吸い込んだガスは人体の組織を破壊し、最悪の場合は命を落とすことにもなります。
その証拠として、実際に間違った使用法が原因で命を落としている方もいます。

プラスチックについた水垢を強力に落とす落とし方

他にもプラスチックについた水垢の落とし方として、クレンザーで汚れをこすり落とす方法があります。

クレンザーと聞くと汚れは落ちるけど、研磨剤の作用で傷もついてしまうというイメージがあると思いますが、家庭用のクレンザーに含まれている研磨剤は柔らかいので、傷をつける可能性がかなり軽減されています。

初めて使用する場合は、狭い部分で傷がつかないことを事前に確認してから掃除を行って下さい。

クレンザーを使って掃除をするとき、布巾やスポンジを使用するとクレンザーを吸収してしまい、掃除をするときに研磨剤の効果が十分に発揮出来ないことがあります。

クレンザーはラップを使って掃除する

ラップならクレンザーを吸収しないので、水垢部分だけに集中して効果を発揮することが出来ます。

ラップを軽く丸めてクレンザーを乗せてもいいですし、スポンジをラップで包んで掃除をしてもいいでしょう。

プラスチックには使えないけど、強力に水垢を落とすなら

プラスチックについた水垢は、プラスチックの素材を傷つけないように落とすことが求められます。
水垢汚れも比較的落ちやすい場所です。

しかし、プラスチックと同じ要領で他の部分を掃除しても、強力な水垢は落とすことが大変です。
鏡や蛇口などは特に水垢汚れが頑固ですからね。

水垢を削ぎ落とす研磨効果の高いグッズを使用する

研磨効果の高い面がついているスポンジや、ペーパータイプのものが市販されているので簡単に試すことが出来ます。

いずれのタイプも表面が乾いた状態ではうまく落とすことが出来ないので、しっかり濡らしてから掃除を始めて下さい。

力を入れすぎると固い場所でも細かな傷をつけることになります。
表面に傷がついてしまうと、水垢汚れだけではなく雑菌も侵入しやすくなるので注意して下さい。

水垢がついてしまう原因を知って、予防策をしっかり取ろう

水垢汚れがついてしまっても、落とすための方法はいろいろありそうです。
ですが、やはり水垢汚れのない環境が理想ではありますよね。

掃除をして水垢汚れをスッキリさせたなら、再び汚れがつかないように予防策を取りましょう。

水垢汚れは水道水に含まれている成分が固まったことが原因

いくら汚れている部分を水道水で洗い流そうとしても、同じ成分を上からかけているだけなので汚れを落とすことは出来ません。

固まりを水で落とすことはほとんど不可能なことだと思って下さい。

さらに場所によっては水道水だけが汚れの原因ではなく、洗剤や石鹸カスが混ざっていることも考えられます。

成分が入り交じるほど汚れは落ちにくくなるので、予防するためには汚れを固めず定着させないことがポイントです。

家庭の水回りではどこにでも水垢が発生する可能性があります。
なので、使用するたびにクエン酸を使ってこまめに落とすことが大切です。

定着しなければ、頑固な水垢汚れに悩むこともなくなります。