注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

黒ずみ【ひじ・ひざ】手軽に解消できる!簡単ケアと予防法を紹介

ひじやひざには古い角質が溜まりやすく、気がつくと年齢とともに黒ずみになってしまうことがあります。そんな黒ずみを解消するためには、できれば肌に優しく手軽にできるケアを取り入れたいですよね。

そこで、自宅で簡単にできるひじやひざの重曹を使った黒ずみのケア方法についてお伝えしていきましょう。

ひじやひざの重曹を使った黒ずみのケアは、黒ずみが気になるかかとにも使えます。
また、黒ずみを作らないためにも原因を知って予防もしっかり行いましょう。
ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

生地を裁断する時にまっすぐ切れない…。何か良い方法は

ハンドメイドでバッグや小物などを作るのは楽しいですよね。 しかし、最初にぶち当たる壁としてあるある...

押し花の作り方とは?しおりにするときのコツとポイント

押し花でしおりをきれいにおさめたいときにはどのような作り方が適しているのでしょうか? 押し花の...

窓掃除に便利な道具!高所でも安全に掃除ができるお役立ちグッズ

大掃除など定期的に窓掃除を行っている方が多いと思いますが、戸建てに住んでいらっしゃる方は、2階の窓掃...

鎌倉時代の食事【武士の食生活】歴史・和食の誕生について解説

鎌倉時代の武士たちが一体どんな食事をしていたのか、興味がある人もいるでしょう。当時の武士たちがどんな...

レザークラフト初心者必見!最初に作りたい小物と作り方のコツ

レザークラフト初心者で作り方がよくわからない! 皮を使ったおしゃれな小物を作りたいけど、どんな素材...

本の修理を糸綴じで!色々な本を糸綴じで修理してみよう

長年愛用していた本がボロボロのなってしまった経験ありますよね。子供の頃から大好きだった絵本。背表紙の...

洗車機は水洗いとシャンプーどっちを選ぶ?最後の拭き上げがコツ

セルフの洗車機はとても便利なものですが、水洗い洗車やシャンプー洗車などコースがいくつかあります。 ...

ミニトマトの葉っぱについた白い線に注意!その正体とは

大切に育てているミニトマトの葉っぱになにやら白い線がある場合、何かの病気にかかってしまったのではない...

自転車の前ブレーキの調整方法とは?自分で行う場合は注意しよう

ママチャリなどの自転車の前ブレーキの効きが悪くなってくると、調整が必要になりますよね。 前ブレ...

マイホームが完成してからの後悔。日当たりが悪い家について

マイホームが完成して、いざ住み始めて気づくことっていろいろとあります。 マイホームを建てた人が...

洗濯物のハンガーが飛ばないようにする方法やアイテムを紹介

洗濯物のハンガーが飛ばないようにするにはどうしたらいいのでしょうか? そこまで風強くない日でも...

お盆にお坊さんへ出すお菓子は何が良い?出し方のマナーと種類

お盆になるとお坊さんが参られて法要をしてもらうことがありますよね。この時、お坊さんにはどんなお菓子を...

1000円の花束はどれくらいのボリュームがあるのかの目安

花束を贈る場合には、どのくらいの予算で作りたいのかということによって、花束のボリュームが変わってきま...

スライム作りでシェービングフォームがない場合の代用になるもの

シェービングフォームを使ったスライム作りが人気ですが、シェービングフォームが家にない場合もあると思い...

刺繍初心者必見!刺繍に向いてる生地の選び方とポイント

子供の絵本バッグに刺繍でワンポイント、ポーチに可愛い刺繍で世界に1つのオリジナル作品に!と、刺繍をす...

スポンサーリンク

気になるひじやひざの黒ずみ、重曹を使った簡単お手入れ

年齢と共にうっすらと黒ずみだしてくるひじやひざ。

ひじやひざの黒ずみが気になりだすと、純粋にオシャレを楽しめなくなってしまいます。

「重曹」がつくるモコモコ泡でひじやひざを優しく洗う

重曹とボディーソープを合わせると、より洗い心地の良い泡を作り出すことができます。

使い方は簡単です。

体を洗う際に、いつものボディソープに重曹を少し含ませるだけでOKです。

ボディソープを手で泡立てて、そこに重曹を小さじ1杯ほど混ぜ合わせます。

ボディソープと重曹が混ざるとモコモコも濃密泡が出来上がります。濃密泡で黒ずみが気になるひじやひざを洗うと、古い角質が流れていってくれます。

全身を洗うのに使っても大丈夫ですが、肌を強くこすりすぎると刺激が強いので、クルクルと泡を転がすイメージで洗ってください。

お風呂上りにはボディクリームなどを使って、保湿ケアをしっかりと行いましょう。

黒ずみケアには、重曹パックもおすすめ

水と重曹をペースト状になるまで混ぜて、黒ずみが気になる部分に塗りつけてパックします。

5分ほどパックしたら、水で優しく洗い流しましょう。

終わったら必ずボディクリームなどで保湿ケアをしてください。

ひじやひざの黒ずみがキレイになったら保湿を忘れないこと

乾燥は、古い角質が溜まる原因になってしまいます。

重曹を使って黒ずみのケアをすると、重曹の汚れ落ち効果で乾燥しやすくなります。
そのため、せっかく黒ずみが落ちても、保湿ケアをしないと、乾燥によって黒ずみが逆戻りしてしまう事があります。

重曹に限らず、黒ずみのケアを行った後は、必ず保湿ケアをする事を忘れてはいけません。

保湿ケアは毎日行う事が大切

日々の保湿ケアによって、肌に栄養が行きわたりやすくなり、新陳代謝が上がる事で細胞の入れ替わりも活発になります。

普段から乾燥に悩んでいる方には、オイルマッサージがおすすめです。

ひじやひざだけでなく、足全体がカサカサしている場合は、オイルマッサージで肌に潤いを与えてあげると良いでしょう。

市販されているボディオイルの多くは、油分1:水9の割合で作られています。

保湿力、浸透力が優れていて、肌への摩擦も少なくて済みます。

敏感肌の人には、オーガニック100%のボディオイルがおすすめです。

むくみもスッキリして、綺麗な美脚が手に入りますよ。

ひじやひざに黒ずみができる原因を知って予防をしましょう

ひじやひざの黒ずみは肌が摩擦による刺激を受ける事です。

摩擦に注意

体の関節に当たるひじ、ひざは良く動かす部分であり、骨に近いので皮膚が薄く、圧迫や摩擦の影響を強く受けてしまいます。

刺激を受けると、皮膚の内部で炎症が起こり、メラノサイトが活性化され、メラミンと言う黒い色の色素が増えてしまいます。

さらに、炎症が起こると体が肌を守ろうとして、角質を厚くしてしまうのです。

デスクワークのときに、ひじをテーブルに押し付けたり、頬杖をついてしまうのもひじの摩擦になります。

ジーンズやピッタリとしたスキニーパンツなどは、ひざへの摩擦が強いです。

なるべく硬いところに直接ひじやひざをつくのを避けて、体を動かすときは肌辺りの優しい素材の服を着ると良いでしょう。

乾燥に注意

肌の乾燥も黒ずみの原因です。

ひじやひざは皮膚腺が少ない部位のため、潤いが不足がちになってしまいます。

そうすると、バリア機能が低下して、黒ずみになってしまうのです。

先ほども紹介しましたが、ボディクリームを塗ったり、オイルマッサージをするなどして、乾燥肌の対策をしましょう。

黒ずみはひじやひざだけではない!かかとにもおすすめな簡単ケア

かかとがカサカサして、ストッキングが破れてしまうという経験はありませんか?

乾燥する季節は、特にかかとが気になるもの。

何もケアをしていないと、黒ずみになってしまう事もあります。

かかとの黒ずみケア

お風呂でできる重曹とオリーブオイルを使ったマッサージがおすすめです。

まずはゆっくりとお風呂に浸かって、かかとの角質を柔らかくしましょう。

  1. オリーブオイルに重曹を混ぜて、ペーストを作ります。
  2. ペーストをかかとに塗って、クルクルとマッサージをします。
  3. 20秒ほどマッサージをしたらお湯でよくすすぎ、ペーストを洗い流します。
  4. お風呂から上がったら、かかとをしっかりと保湿しましょう。

かかとのマッサージは週に1回程度を目安に行うようにしましょう。

やりすぎると肌を傷つけてしまうので注意が必要です。

マッサージをしなくても、かかとの保湿は毎日行うようにしましょう。

毎日のお手入れで黒ずみ知らずに肌を手に入れましょう

黒ずみを作らないようにするには、日常生活に気を配る事が必要です。

毎日必ずお風呂に浸かること

忙しい日や暑い日は、シャワーだけで済ませてしまう事もあるとおもいますが、お風呂に浸かる事で体が温まり、新陳代謝を上げる事ができます。

黒ずみの原因の一つに、身体の冷えがあります。黒ずみを予防するためには、冷え対策も必要です。
「自分は冷え性ではないから大丈夫」

と思っている人でも、実は冷えが隠れている事があります。

冬場はもちろん、夏場も身体を冷やさないように気をつけましょう。

適度な運動をすること

普段運動する習慣がない人は、ストレッチなどで簡単に身体を動かすと良いでしょう。
無理のない程度に身体を動かす事で冷えの対策になります。

ストレスをためないこと

血流は、ストレスの影響を受けやすいと言われています。
血流が悪くなると冷えの原因になります。
普段からストレスを溜め込まないことも、冷え対策に効果的です。

ストレスを溜めないためにには「よく食べる」「よく動く」「よく眠る」この三つが重要です。

黒ずみを予防して、綺麗な肌を保てるように普段の生活から改善していきましょう。