注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

プラバン使ったアクセサリーの作り方とマスキングテープ活用術

プラバンを使ったアクセサリー作りに挑戦したいと思っても、デザインを考えるのが面倒だと諦めてしまう人もいるのではないでしょうか。

しかし、マスキングテープを使えばデザインを考える必要がないので、初心者でもプラバン使ったアクセサリーを作ることができるのです。

今回はプラバンを使ったアクセサリーの作り方とマスキングテープ活用術について説明します。子供用のヘアゴムやネームタグも、マスキングテープの使い方次第で作ることができるのです。

作り方は簡単です!さっそく作ってみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

揚げ物用鍋にはホーローがおすすめ!その理由と選び方について

揚げ物用の鍋を新しく買う場合、どんな材質がいいのか迷う人も多いでしょう。 そこでおすすめなのが...

洗濯物の干し忘れは雑菌が繁殖!臭いが発生したときの洗い方

お洗濯をしたのに、うっかりして洗濯物を干し忘れてしまうこともあります。洗濯物を急いで干そうと思っても...

Tシャツにできた毛玉の取り方と毛玉になりにくい手入れ方法

毛玉になりやすい服というとセーターやニットを思い浮かべる方が多いと思いますが、Tシャツにも毛玉ができ...

【重曹の使い方】料理が美味しくなる重曹の活用法

重曹と言えば、お掃除に活躍するアイテムという印象をお持ちの方が多いと思いますが、重曹は料理にも、いろ...

親の介護で兄弟間のトラブルに発展しやすい事例と解決策について

親の介護で兄弟間のトラブルに発展しやすい事例は、いくつかあります。 助け合うはずの兄弟が、親の...

チューリップの球根は掘り上げ必要?その理由と方法

チューリップは球根は掘り上げが必要?そのまま球根を植えっぱなしにしていても、花を咲かせる場合もありま...

再婚したい!子連れ再婚で幸せになるために必要なこととポイント

一度離婚を経験した女性の中には、新しく素敵な男性との出会いがあり、その人との再婚を考えている人もいる...

お風呂掃除に最適なスポンジは?掃除しにくい床を磨く方法

お風呂掃除を毎日しているのに、なぜか汚れが溜まってしまうことありますよね。お風呂の床も、そんな場所の...

窓に目隠シートを貼るなら100均へ!おしゃれな窓へと変身

窓からの目線が気になるなら、100均の目隠しシートを活用してみてはいかがでしょうか。 何よりも10...

油汚れの付いた服のシミ抜き方法と洗濯のコツ

服に付いた油汚れは、洗濯しても残ってしまうことがよくあります。濡れている時にはわかりませんが、乾いて...

出窓にブラインドの取り付け!いろいろな取り付け方法をご紹介

出窓にはフリルのついたカーテン?可愛いカーテンも良いけど、自分の趣味ではないと言う方もいらっしゃいま...

髪の染め方!セルフでも綺麗に染めるポイントと注意点

セルフで行う髪の染め方にはポイントがあります。 美容室で髪を染めるのが一番ですが、費用を抑えるなら...

部屋がカビ臭い!その原因と解決方法を知ろう

いつもそれなりに掃除をしているつもりでも、長年同じ部屋で生活をしていると、カビ臭いニオイが出てしまう...

洗面台の髪の毛詰まりを直す方法と詰まりにくくするための工夫

洗面台は使っているうちに流れが悪くなり、最悪の場合には詰まりを起こしてしまいます。 掃除を怠ってい...

風呂の洗剤は酸性?それともアルカリ性?洗剤の使い分けについて

お風呂の洗剤には何が適しているのでしょうか?パッケージをよく見てみると酸性、中性、アルカリ性と、同じ...

スポンサーリンク

プラバンとマスキングテープを使ったピアスの作り方をご紹介します

文房具やプラモデルなどと並んで売られていることも多く、子供の頃に工作や手芸として楽しんだという人も多いプラバン。

油性マジックで好きな絵を描いたり、キャラクターを写し絵してオリジナルのキーホルダーを作ったことがある人もいるでしょう。

以前は子供の工作グッズだったプラバンですが、手作り雑貨やアクセサリーを作るアイテムとして人気が高まっています。

オリジナルのアクセサリーを作るのは楽しそうだけど絵心がないからと諦める人も多いはず。

そこで活用したいのが、やはりDIYの流行でバリエーションが豊富になったマスキングテープです。

必要な道具は全て100円ショップで揃える事ができるので気軽にチャレンジできますよ。

プラバンピアスの作り方(例として1辺が1cmの三角形で作ります)

  1. プラバンを作りたい形に切る
    プラバンはオーブンやオーブントースターで焼き縮めるため、出来上がりの約4倍の大きさで作ります。1辺が1cmの三角形のピアスを作るには、1辺4cmに切りましょう。
    (焼いた後の大きさは、作るもののサイズや焼く温度でも多少違いがあります。
  2. オーブンで焼き縮める
    アルミホイルやクッキングペーパーに乗せてプラバンを焼き縮めます。縮んですぐは波打つなどして形が歪んでいるので、厚めの本などで挟んで平らにします。この時プラバンが熱くなっているのでやけどには注意しましょう。キーホルダやネックレスなどを作る場合は、焼く前にパンチなどを使って穴を空けておきましょ。
  3. 縮んだプラバンにマスキングテープを貼る
    マスキングテープには様々な色や柄のものがあります。好みのマスキングテープを焼いて冷ましたプラバンに貼りましょう。片面だけでも大丈夫ですが、両面に作ると仕上がりがきれいです。パンチ穴を空けている場合は、マスキングテープにも穴を空けてください。
  4. 仕上げはレジンを使う
    マスキングテープの上からUVレジンを垂らし、表面に均一に伸ばしていきます。気泡が入らないようにして、むらなく伸ばしましょう。UVライトがある場合はライトで、なければ日光に当てると硬化します。
  5. アクセサリーパーツを接着する
    ピアスのパースを裏面に接着剤でつけて完成です。

マスキングテープの使い方次第で、いろいろなプラバンアクセサリーが作れます

マスキングテープは、もともと塗装や絵画などで色を付けたくない部分に貼ってカバーするためのものでした。

それがラッピングやスクラップブック用の材料として注目され、今では様々な色だけでなくデザインや柄のバリエーションはとても豊富になっています。

女性らしい花柄やアニマル柄、幾何学的でモダンなものなど、きっと自分好みのものが見つかるでしょう。

好きな形に切ったプラバンと組み合わせるとその多種多様なデザインで、楽しいオリジナルアクセサリーが作れます。

前項では、例としてピアスをご紹介しましたが、他にもパーツが入手できるアクセサリーならほとんどのものが自作できます。

  • ブローチ
  • ヘアゴム
  • バレッタ(髪留め)
  • ストラップ
  • キーホルダー

などなど。

生活の中で活用するなら、マグネットにしたり木製ピンチに接着してキッチンやリビングでの実用品も楽しく演出できますね。

プラバンアクセサリーの作り方で失敗しないためのコツ

プラバンのアイテム作りで失敗が多いのは、焼き縮める工程です。

プラバンをオーブンで焼く時に失敗しないために作り方のコツを確認していきましょう。

準備するもの

  • アルミホイル
  • クッキングシート
  • 厚めの本
  • 布手袋(ヤケド防止)

 

失敗しやすい例

アルミホイルにプラバンがくっついてしまった

アルミホイルを使う場合は取り出したままの平らな状態ではなく、軽く手で揉んでシワシワにしてから使いましょう。プラバンに接する面が少なくなり、くっつき防止になります。

一緒に作ったプラバンがくっついてしまった

縮む時の動きで並べたプラバンがくっついてしまうことがあるので、1枚ずつ焼く方が確実です。

形が歪んでしまった

焼いて小さくなりきったプラバンは熱いうちに取り出してクッキングシードで鋏み、分厚い本など平らな物でゆっくり押さえつけて平らにします。

焼く前に油性ペンなどで色付けしている場合は、オーブンから取り出してすぐだとインクが剥がれる恐れがあるので、数秒待ってから押さえましょう。

マスキングテープを使う場合は、歪んでいるときれいに貼ることが難しくなります。取り出して押さえる作業は結構重要ですよ。

その他のポイント

温度設定が出来る場合は基本は160度に設定します。一度目は試し焼きのつもりで二度めから調整するといいでしょう。

一番注意したいのは、取り出す時のヤケドです。先に準備を整えてから作るようにしましょう。

プラバンとマスキングテープを使った子供用のネームタグの作り方

可愛らしいアクセサリーに活躍するプラバンとマスキングテープ

その活用法の一つとして子供の持ち物に付けるネームダグもお勧めです。

世界に一つだけのネームタグは、他の子の持ち物と区別しやすくなりますし、しっかりと名前も入れることができるスグレモノ。

マスキングテープをお子さんに選ばせてあげると、きっと愛着を持って使ってくれるでしょう。

お子さんと一緒にプラバン工作をするのも楽しいですね。

プラバンとマスキングテープのネームタグの作り方

  1. ネームタグのデザインを決める
    出来上がりのイメージの4倍の大きさでプラバンを切ります。あまり複雑な形は切りにくいし失敗の元なので、シンプルを心がけるといいでしょう。角は丸くしておくと出来上がってからケガの防止になります。ヒモやチェーンを通す穴を空けておく。
  2. オーブで焼き縮める
  3. プラバンに好みのマスキングを貼り、ペンやスタンプを使って名前を入れる
  4. 表面にレジン液を垂らし均一に広げて硬化させる

もちろん、シンプルなネームダグやキーホルダーは大人も活用できますね。

慣れてきたら、自分で色付けしてみましょう

マスキングテープを使ってプラバンで小物を作るのは仕上がりも比較的きれいにできますし、色付けに使う道具も少なくて済みます。

でも、もっと自分のオリジナルなものが作ってみたいという場合は、プラバンに自分で色をつけたり絵を描いたりして作ることも可能です。

焼き縮めたあとのプラバンの着色に使えるもの

  • 油性ペン、マジック
  • アクリル絵の具
  • スタンプ
  • ネイルカラー

擦れて色が落ちてしまうのを防ぐために着色が終わったら表面をレジンでコーティングしましょう。

焼く前のプラバンに着色しておく

  • 色鉛筆
  • パステル

つるつるしたプラバンに色鉛筆やパステルで直接描いても色が乗りません。一度、プラバンの表面をサンドペーパーを使って擦り、擦りガラス状にしてから色付けをして焼成しましょう。

仕上げにレジンを使うと、よりつややかに仕上がります。

パソコンで印刷

プラバンの中にはパソコンのプリンターで印刷可能なものがあります。好きな写真やイラストを美しくプラバン雑貨にすることができます。

以前は子供の工作のように思われていプラバンも、ここで紹介したようにハンドメイドのアクセサリーや雑貨として大人気。

「どうせプラバンでしょう?」と思う人もいるかもしれませんが、丁寧に仕上げると手作りだとは思えない仕上がりにもできます。

材料も安価に揃うものばかりですから、興味があったらチャレンジしてみてください。