注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー
NO IMAGE

鍋の残りの保存方法と美味しいリメイクアイデアで手抜き料理

ついつい残ってしまう鍋料理。鍋にたっぷりと残った具材は捨ててしまうのはもったいないですよね。しかも、汁には具材から出た美味しい旨味がたっぷりと含まれています。
この鍋の残りを使って、何か別の料理を作れないかなと考える方も多いと思います。
そこで、鍋の残りの保存方法や、残った野菜の冷凍方法、美味しいリメイクアイデアなどをご紹介します。
残った鍋は、翌日にそのまま鍋としても食べることができますが、ちょっと手を加えると飽きずに食べることができます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

マグカップの収納。棚に飾る場合のポイントや見せる収納術

ティータイムに彩りを添えてくれるマグカップ。お気に入りのマグカップや、いただき物や思い出のあるマグカ...

墨汁落としにはどんな洗剤が良い?墨汁を落とすポイントについて

墨汁がついてしまうと、落としにくく普段の洗濯方法では、くっきりと墨汁が残ったままになってしまいます。...

風呂釜の洗浄は重曹でOK?重曹で取れる汚れと使用の注意点

毎日使用する浴室、体をキレイにする場所なので、その分汚れが溜まる場所です。浴槽や洗い場は毎日掃除をし...

造花で作ったブーケをインテリアとして飾りたい

造花は生花と違って枯れることもありませんし、100均などで手軽に買えるので、アレンジもしやすく人気の...

プラバン使ったアクセサリーの作り方とマスキングテープ活用術

プラバンを使ったアクセサリー作りに挑戦したいと思っても、デザインを考えるのが面倒だと諦めてしまう人も...

やかんの水垢や茶渋の落とし方。頑固な汚れを落とす方法

毎日のように使うやかん。一見きれいそうに見えても、内側を見てみると、薄っすらと水垢が気になる、という...

日々のゆとりのは時短家事から生まれる!家事のコツをご紹介

主婦の方も仕事をしている方は沢山いらっしゃいます。家事だけでも、やることはたくさんあるのに仕事もとな...

布へのオリジナルプリントは熱転写シートが簡単でおすすめです

布にプリントが自分で手軽に転写出来たら、オリジナリティ溢れる作品を作ることが出来ますよね。 し...

風呂の椅子の水垢取りにオススメな道具や掃除方法と予防策とは

風呂の椅子の水垢取りには、家にある身近なアイテムがおすすめです。 例えば、重曹水のつけおき洗い...

キッチンの床を綺麗にDIYするならこんな方法があります

最初は綺麗だったキッチンも数年使い続けていると、床に傷が増えたり、洗剤で拭いても落ちないシミなどが出...

出窓をインテリアと収納に有効活用するコツとアイデアを紹介

キッチンの出窓をうまく活用したいけど、ただ物を置くだけでは全くおしゃれではありません。できればインテ...

米の保存容器は密閉性が大切!お米の鮮度を保つための条件

お米の保存はお宅ではどのようにしていますか?昔ながらのハイザーに入れているという方や、キッチンの場所...

ハーブやアロマの資格について。資格を取得するまでの流れ

ハーブやアロマに興味のある方も多く、資格として何か取得したいと考えている方も多いと思います。 そこ...

ジャガード生地の特徴について。他の織り方との違いを比較

ジャガード生地と言うと、高級感のある生地で、カーテンや洋服にも使われます。 このジャガード生地には...

油汚れの付いた服のシミ抜き方法と洗濯のコツ

服に付いた油汚れは、洗濯しても残ってしまうことがよくあります。濡れている時にはわかりませんが、乾いて...

スポンサーリンク

冷蔵庫での鍋の残りの保存方法、傷ませないために

食べ終わった鍋の残りを保存するときには、常温で保存をするのはやめましょう。
常温で鍋の残りを保存をしてしまうと、せっかく鍋の残りを捨てずに保存しておいたにも関わらず、痛んでしまって結局食べることが出来ずに捨てなければいけなくなるかもしれません。
なぜ鍋の残りを常温で保存してしまうと傷んでしまうことがあるのかというと、一度食べた鍋は直箸で具材をとっているということも多く、残り物の鍋の中には私たちの口の中にあった雑菌が移っています。
常温で鍋の残りを置いておくことによって、その雑菌が繁殖してしまうので傷んでしまって食べれなくなってしまうのです。
そのため、残り物の鍋を食べようと思うのであれば、雑菌が繁殖してしまわないように気をつける必要があるのです。

残り物の鍋に雑菌を繁殖させないためには、一度しっかりと火を通してから冷まし、冷蔵で保存しておくという方法がおすすめです。

一度しっかりと火を通すことによって雑菌を減らし、冷蔵することによって雑菌の繁殖を抑えることが出来るのです。
また、冷蔵庫で鍋の残りを保存しておくときには、鍋のフタやおたまの扱いにも注意が必要です。
鍋のふたは使ったものをそのまま冷蔵庫に入れるのではなく、一度洗ってから冷蔵庫に入れるようにすることによって雑菌の繁殖を抑えることが出来ます。
またおたまは鍋から取り出して洗って、また使うときに鍋に入れるようにしたほうが雑菌の繁殖を抑えることが出来るようになります。

鍋の残りは冷凍できるのか?冷凍での保存方法

鍋の残りを次の日などに食べるのではなく、日を置いて食べたいというときに、鍋の残りを冷凍保存しておくことが出来るのかどうか?気になっている人もいるのではないでしょうか。

実は、鍋の残りというのは冷凍保存しておくことが出来ます。

ですが、冷凍をしてから解凍をして食べると、食材の食感はかなり変わってしまいます。
そのため、鍋の汁を鍋の具材は分けて保存しておくのがおすすめです。
鍋の汁はまた今度鍋をするときの汁として使うのもいいですし、別の料理のダシとして使用するのもいいでしょう。

鍋の汁を保存するときには、鍋のまま保存をするのではなく、汁を入れてもこぼれることがない密閉性のある冷凍保存が出来る袋に移して保存をすると、美味しい状態を保ったまま保存しておくことが出来ます。
しかし、長い間いつまでも冷凍保存しておけるわけではないので、早いうちに食べきるようにすることがおすすめです。

多く切りすぎた鍋用野菜の残りの保存方法

鍋をするために食材を買ったにも関わらず、食材を買い過ぎてしまったり切りすぎてしまうということがあります。
そんなときには鍋に無理やりにでも入れてしまおうか、他の料理で何とか使ってしまおうかと悩む人が多いのではないでしょうか。

買いすぎてしまった食材や切りすぎてしまった鍋用の食材は、冷凍保存しておくことが出来ます。

鍋に入れることが出来たり、他の料理で使うことが出来る場合には冷凍させることなく使ってしまってもいいですが、どうしても使い切ることができないという食材があるときには冷凍保存をしてしまいましょう。
例えば、鍋に入れる食材として欠かせない白菜ですが、白菜はざく切りにした状態で冷凍保存のすることが出来る袋などに入れて冷凍保存しておくことが出来ます。
白菜他にもネギやキャベツなども同様に、切った状態で冷凍保存しておくことが出来ます。
また、きのこ類などは石づきを取って、まとまっている状態からばらばらな状態にしてから保存をしておくと、解凍したときに使いやすいです。

鍋の残り汁は旨味が凝縮された美味しいスープ

鍋の残り汁は、鍋に入れた具材などからダシが出ていて、旨味が凝縮された美味しいスープとなっています。
この旨味が凝縮されたスープを堪能することなく捨ててしまっては大変勿体ないです。

鍋の残りの汁は、実はいろいろな料理にリメイク料理として活用することが出来る

例えば、鍋の残り汁とご飯、卵があるだけで簡単にダシの旨味たっぷりのおじやを作ることが出来ます。
また、鍋の残り汁をダシとして活用して、和風鍋だった場合には和風パスタ、洋風鍋だった場合には洋風のパスタを作ったりすることも出来ます。

このようにいろいろな料理にリメイクすることが出来るスープなので、これまで鍋の残り汁を捨ててしまっていたという人は、ぜひ鍋の残り汁のリメイク料理を試してみてください。

鍋の残りに片栗粉を入れるとあんかけレシピに

鍋の残りをそのまま別料理にリメイクしたい場合には、鍋の中に水で溶いた片栗粉をいれるだけで簡単にあんかけを作ることが出来ます。
鍋の残り汁にはしっかりと味がついているので、片栗粉を溶かすだけで美味しいあんかけを作ることが出来るのです。
また、鍋に汁だけではなく具材もあれば、あんかけ料理としてご飯や麺にかけて楽しむことが出来ます。

この方法は簡単に鍋の残りをリメイク料理することが出来て、鍋とは別料理に変身することが出来るので飽きることなく楽しむことが出来るところがおすすめです。