注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー
NO IMAGE

鍋の残りの保存方法と美味しいリメイクアイデアで手抜き料理

ついつい残ってしまう鍋料理。鍋にたっぷりと残った具材は捨ててしまうのはもったいないですよね。しかも、汁には具材から出た美味しい旨味がたっぷりと含まれています。
この鍋の残りを使って、何か別の料理を作れないかなと考える方も多いと思います。
そこで、鍋の残りの保存方法や、残った野菜の冷凍方法、美味しいリメイクアイデアなどをご紹介します。
残った鍋は、翌日にそのまま鍋としても食べることができますが、ちょっと手を加えると飽きずに食べることができます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

キッチン掃除を業者に頼むメリットや業者選びの注意点をご紹介

キッチン周りの掃除は普段からしているのに、大掃除になると知らず知らずのうちに汚れが溜まっていてびっく...

木の製品に貼ったシールの剥がし方!色々な剥がし方を紹介します

木の製品にお子さんがシールを貼ってしまい、なかなかシールが剥がれずに苦労し経験がある人もいますよね。...

洗濯物の外干しで虫を寄せ付けない方法!すぐにできる虫対策

洗濯物の外干しで、一番困るのが虫が付いてしまうことです。場所や季節にもよりますが、虫が多いシーズンに...

浴室の換気扇フィルターの掃除方法!掃除で換気効率をアップ

浴室は水分が多い場所なので、換気扇のフィルターはあまり汚れていないのではと感じている方もいるかもしれ...

布に絵の具で着色!にじまない絵の具やポイントについて

布に絵を書きたい、着色したいという場合はどのような画材があるでしょうか。絵といえば一番に思いつく絵の...

【ハンドメイド】小さなはぎれを使って作る子供用の小物

家に捨てられない小さなはぎれがたくさんあって、どうしようか使い道に困っている方はいませんか?ハンドメ...

天井のクロスが剥がれたときの直し方や貼る手順について

天井のクロスが少し剥がれかけているような?天井のクロスが浮いてしまったり、剥がれてしまうときにはどん...

風呂釜の洗浄は重曹でOK?重曹で取れる汚れと使用の注意点

毎日使用する浴室、体をキレイにする場所なので、その分汚れが溜まる場所です。浴槽や洗い場は毎日掃除をし...

窓掃除を簡単に新聞紙を使ってする方法!ポイントと注意点を紹介

家の窓は気がつくとすぐに汚れてしまうので、掃除をしようと思っても憂鬱になってしまうことがありますよね...

海外のインテリアから学ぶおしゃれな寝室の作り方

海外のドラマや映画を見た時に、素敵なインテリアの寝室を見て、そのおしゃれさに憧れを抱いたという人は少...

手紙に便箋を2枚入れるのはなぜ?意外と知らない手紙のマナー

手紙を開けると何も書いていない便箋が1枚入っていることがあります。これは間違いやうっかりではありませ...

洗面台の髪の毛詰まりを直す方法と詰まりにくくするための工夫

洗面台は使っているうちに流れが悪くなり、最悪の場合には詰まりを起こしてしまいます。 掃除を怠ってい...

メガネをかけている子がスポーツする時のゴーグルメガネについて

普段からメガネをかけている子供はスポーツをするときにはゴーグルタイプのメガネをしたほうがいいのでしょ...

酸素系漂白剤を洗濯に活用!毎日使う時は液体タイプが便利

毎日お洗濯に酸素系漂白剤を利用したいと考えている主婦の方もいますよね。時々酸素系漂白剤を活用すること...

冷蔵庫が水漏れ?床に水が溜まってしまう原因と対処法

ふと冷蔵庫をみると、水漏れなのか床か黒ずんでカビが生えていた!まだまだ使える冷蔵庫なのに、なぜ水漏れ...

スポンサーリンク

冷蔵庫での鍋の残りの保存方法、傷ませないために

食べ終わった鍋の残りを保存するときには、常温で保存をするのはやめましょう。
常温で鍋の残りを保存をしてしまうと、せっかく鍋の残りを捨てずに保存しておいたにも関わらず、痛んでしまって結局食べることが出来ずに捨てなければいけなくなるかもしれません。
なぜ鍋の残りを常温で保存してしまうと傷んでしまうことがあるのかというと、一度食べた鍋は直箸で具材をとっているということも多く、残り物の鍋の中には私たちの口の中にあった雑菌が移っています。
常温で鍋の残りを置いておくことによって、その雑菌が繁殖してしまうので傷んでしまって食べれなくなってしまうのです。
そのため、残り物の鍋を食べようと思うのであれば、雑菌が繁殖してしまわないように気をつける必要があるのです。

残り物の鍋に雑菌を繁殖させないためには、一度しっかりと火を通してから冷まし、冷蔵で保存しておくという方法がおすすめです。

一度しっかりと火を通すことによって雑菌を減らし、冷蔵することによって雑菌の繁殖を抑えることが出来るのです。
また、冷蔵庫で鍋の残りを保存しておくときには、鍋のフタやおたまの扱いにも注意が必要です。
鍋のふたは使ったものをそのまま冷蔵庫に入れるのではなく、一度洗ってから冷蔵庫に入れるようにすることによって雑菌の繁殖を抑えることが出来ます。
またおたまは鍋から取り出して洗って、また使うときに鍋に入れるようにしたほうが雑菌の繁殖を抑えることが出来るようになります。

鍋の残りは冷凍できるのか?冷凍での保存方法

鍋の残りを次の日などに食べるのではなく、日を置いて食べたいというときに、鍋の残りを冷凍保存しておくことが出来るのかどうか?気になっている人もいるのではないでしょうか。

実は、鍋の残りというのは冷凍保存しておくことが出来ます。

ですが、冷凍をしてから解凍をして食べると、食材の食感はかなり変わってしまいます。
そのため、鍋の汁を鍋の具材は分けて保存しておくのがおすすめです。
鍋の汁はまた今度鍋をするときの汁として使うのもいいですし、別の料理のダシとして使用するのもいいでしょう。

鍋の汁を保存するときには、鍋のまま保存をするのではなく、汁を入れてもこぼれることがない密閉性のある冷凍保存が出来る袋に移して保存をすると、美味しい状態を保ったまま保存しておくことが出来ます。
しかし、長い間いつまでも冷凍保存しておけるわけではないので、早いうちに食べきるようにすることがおすすめです。

多く切りすぎた鍋用野菜の残りの保存方法

鍋をするために食材を買ったにも関わらず、食材を買い過ぎてしまったり切りすぎてしまうということがあります。
そんなときには鍋に無理やりにでも入れてしまおうか、他の料理で何とか使ってしまおうかと悩む人が多いのではないでしょうか。

買いすぎてしまった食材や切りすぎてしまった鍋用の食材は、冷凍保存しておくことが出来ます。

鍋に入れることが出来たり、他の料理で使うことが出来る場合には冷凍させることなく使ってしまってもいいですが、どうしても使い切ることができないという食材があるときには冷凍保存をしてしまいましょう。
例えば、鍋に入れる食材として欠かせない白菜ですが、白菜はざく切りにした状態で冷凍保存のすることが出来る袋などに入れて冷凍保存しておくことが出来ます。
白菜他にもネギやキャベツなども同様に、切った状態で冷凍保存しておくことが出来ます。
また、きのこ類などは石づきを取って、まとまっている状態からばらばらな状態にしてから保存をしておくと、解凍したときに使いやすいです。

鍋の残り汁は旨味が凝縮された美味しいスープ

鍋の残り汁は、鍋に入れた具材などからダシが出ていて、旨味が凝縮された美味しいスープとなっています。
この旨味が凝縮されたスープを堪能することなく捨ててしまっては大変勿体ないです。

鍋の残りの汁は、実はいろいろな料理にリメイク料理として活用することが出来る

例えば、鍋の残り汁とご飯、卵があるだけで簡単にダシの旨味たっぷりのおじやを作ることが出来ます。
また、鍋の残り汁をダシとして活用して、和風鍋だった場合には和風パスタ、洋風鍋だった場合には洋風のパスタを作ったりすることも出来ます。

このようにいろいろな料理にリメイクすることが出来るスープなので、これまで鍋の残り汁を捨ててしまっていたという人は、ぜひ鍋の残り汁のリメイク料理を試してみてください。

鍋の残りに片栗粉を入れるとあんかけレシピに

鍋の残りをそのまま別料理にリメイクしたい場合には、鍋の中に水で溶いた片栗粉をいれるだけで簡単にあんかけを作ることが出来ます。
鍋の残り汁にはしっかりと味がついているので、片栗粉を溶かすだけで美味しいあんかけを作ることが出来るのです。
また、鍋に汁だけではなく具材もあれば、あんかけ料理としてご飯や麺にかけて楽しむことが出来ます。

この方法は簡単に鍋の残りをリメイク料理することが出来て、鍋とは別料理に変身することが出来るので飽きることなく楽しむことが出来るところがおすすめです。