注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

お家で簡単アイスを作ろう!混ぜるだけで作れるアイスのレシピ

暑くなると冷たいものが恋しくなりますよね。お家の冷凍庫にアイスを常備している方も、多いのではないでしょうか。

しかし食べたいときほど、お家のアイスが在庫切れになっていいることも!そこで自分で作れる簡単アイスの作り方。レシピをご紹介いたします。

とは言っても、材料を入れて混ぜるだけ!ぜひお家にある材料でアイスを作ってみてください。ちょっと懐かしい味のアイスが出来上がりますよ。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

シフォンケーキ作りに失敗してもリメイクでおいしく食べれます

シフォンケーキを作ったものの、膨らみすぎたり型から出す時にうまくだせなかったりすることもありますよね...

休日の夜ご飯はホットプレートで決まり。人気メニューが集合

休日くらいはご飯支度は簡単に済ませたいものですね。 夜ご飯の献立に困ったら、ホットプレートを使って...

なすとじゃがいもを使った簡単美味しいレシピ【今日の晩ごはん】

なすやじゃがいもがたくさんある時には、この2つをたっぷりと使ったおかずがおすすめです。 そこで、な...

ドーナツは簡単揚げない焼きドーナツがおすすめ!お家で手作り

ドーナツは子供も大人も大好きなおやつです。 ただ、一般的なドーナツは油で揚げて作るので、揚げる...

【簡単オカズ】夕飯に食べたいお肉のボリュームたっぷりレシピ

仕事で帰宅が遅くなると、夕飯の準備も大変です。なるべく時短で調理できて、美味しくて、ボリュームのある...

料理を盛り付けるコツとは?すぐにでも真似できる盛り付けのコツ

「料理の盛り付けのコツが知りたい!」その気持よくわかります。 味に自信があっても盛り付け方が下手だ...

残った天ぷらをお弁当用にアレンジ!おすすめレシピをご紹介

夕食に天ぷらをたくさん作ってしまって、余ってしまう時もありますよね。 そんな場合は天ぷらをアレ...

簡単朝ごはんレシピ!子供が喜ぶ忙しい朝におすすめレシピ

毎日の朝ごはんはできるだけ簡単に済ませたいですよね。そこで、子供も食べやすい簡単朝ごはんのレシピをご...

焼き魚の正しい食べ方!さんまのきれいな食べ方マナー

普段焼き魚を食べる時には、スーパーで買った切り身の状態の魚を食べることが多いと思います。 しかし、...

【時短レシピ】忙しい主婦向け簡単なのに美味しいメインのおかず

仕事で帰りが遅くなる主婦は、夕食作りは時間との戦いです。急いで準備をしている横で、子供たちからは「お...

ナスの簡単美味しい常備菜レシピ!冷蔵庫に入れておきたいおかず

ナスがたくさんある時には、ナスを使って美味しい常備菜を作り置きしておきましょう。そこで、ナスを使った...

【本格的なラーメンの作り方】 鶏ガラからスープを作ってみよう

お店で食べるラーメンって本当においしいですよね。そのスープを自分で作ることができたら、家でも食べれる...

ミニトマトは冷凍保存がおすすめ!お弁当やおかずに便利な使い方

お弁当に欠かせないミニトマトですが、スーパーで1パック買ってきてお弁当に1個ずつ入れていってもなかな...

忙しい朝にピッタリ!時短で作るお弁当レシピをご紹介

朝は学校に行く子供、出勤前の夫などが、身支度や準備などに忙しい時間。さらに主婦は朝食の準備にお弁当の...

ホットケーキミックスを使ったワッフル!カリカリに作るコツ

カリカリでもちもちのワッフル美味しいですよね。お店で食べるワッフルをお家でつくるのは、発酵を必要とす...

スポンサーリンク

材料が3つで出来る!簡単アイスのレシピ

アイスが大好きで必ず冷凍庫の中に常備しているという人も多いのではないでしょうか。夏になると食べたくなるアイスですが、お風呂上がりにも欠かさないという人も多いはずです。一年中必要なアイスですが、買い忘れて切らしてしまうと非常にがっかりですよね。心配しなくても大丈夫です。アイスは家にある材料を使って簡単に作ることができます。

簡単アイスのレシピ

材料

  • 生クリーム 200cc1パック
  • 卵 3コ
  • 砂糖 80g
  • バニラエッセンス 適宜

作り方

  1. 卵は卵黄と卵白で別々に使いますので、分けておいてください。卵白は泡立て器で角が立つくらいに泡立ててください。ここへ砂糖を3回くらいに分けて加え、その都度混ぜます。
  2. 泡立てた卵白の中に、今度は卵黄を1コずつ加えてその都度混ぜます。卵黄を全て加えたら、ふんわりとするまで泡立て器でよく混ぜてください。
  3. 別のボウルに生クリームを入れて、角が立つまでホイップします。
  4. 卵を混ぜたボウルの中にバニラエッセンスとホイップした生クリームを2~3回に分けて入れたら、へらでさっくりと混ぜてください。
  5. タッパーなどに移してから冷凍庫で凍らせて出来上がりです。

生クリームは乳脂肪分が多いほど、美味しい濃いアイスが出来上がります。冷凍庫で固めている間に何度かかき混ぜると滑らかなアイスになりますよ。

生クリームなし作れるレンジを使った簡単アイスのレシピ

生クリームは常備していないということもありますよね。生クリームがなくてもアイスを作ることはできます。

生クリームなしの簡単アイス

  1. 電子レンジで加熱しますので、耐熱容器を用意してください。耐熱容器の中に卵黄3こと砂糖70~80gを入れて泡立て器でよく混ぜます。
  2. この中に牛乳300mlを3回に分けて入れ、その都度よくかき混ぜてください。バニラエッセンスも加えると良いでしょう。
  3. 耐熱用意に蓋をして、電子レンジで1分加熱します。レンジから取り出して素早くかき混ぜてください。今度は電子レンジで2分加熱し、取り出してかき混ぜます。3~4回ほど繰り返すととろみがついてきます。とろみがつかない時はとろみがつくまで繰り返してください。
  4. とろみがついたら、あとは冷凍庫に入れて完成です。生クリームがなくても牛乳と卵だけで美味しいアイスが出来上がります。

簡単!レンチンなしで作るアイスレシピ

今度はレンジを使わないで作るアイスのレシピです。レンジで何度も加熱するのは面倒なら、コンロにかけて作る方法がおすすめです。

レンチンなしのアイス

材料

  • 牛乳 300ml
  • 卵黄 3コ分
  • 砂糖 70g
  • バニラエッセンス 適宜

作り方

  1. ボウルに卵黄と砂糖を加え、泡立て器ですり混ぜます。
  2. 鍋に牛乳を入れて温めてください。牛乳がフツフツとしてきたら、卵黄と砂糖を混ぜたボウルの中に加え、泡立て器でよく混ぜます。
  3. 牛乳を温めた鍋に入れて再び火にかけます。フツフツとしたところで火からおろし、ボウルに入れてください。
  4. ボウルの底を氷水で冷やしながら、へらで混ぜます。
  5. 保存容器に移して冷凍庫で冷やします。表面が固まり出したところでかき混ぜて空気を含ませます。これを3回ほど繰り返して冷やし固めたら出来上がりです。

子供と作りたい!氷と塩で作る簡単アイス

簡単に美味しいアイスを作ることができますが、冷凍庫で固めるまでは時間もかかってしまいます。塩と氷を使うことで、すぐに食べられるアイスが出来上がります。

氷と塩で作る簡単アイス

材料

  • 牛乳 100ml
  • 生クリーム 100ml
  • 砂糖 大さじ4
  • 氷 1kg
  • 塩 330g

作り方

  1. 密封できるタイプの保存袋の中に牛乳、生クリーム、砂糖を入れます。空気を抜いて口を閉じてください。手で袋をもんで、材料を混ぜるようにします。
  2. 大きい保存袋の中に氷1kgと塩330gを入れてください。氷に塩をふりかけるようにして入れていきます。
  3. 2の氷の袋の中にアイスの袋を入れ、アイスの袋が氷で覆われるようにしてください。タオルでくるみ、タオルの上から袋を揉んだり振ったりします。
  4. 10分ほどしたら完成です。アイスの材料がほどよく固まっています。
氷に塩を加えることで、氷の温度が10度ほど下がります。これを利用して冷凍庫を使わずにアイスを冷やし固めるという方法です。簡単ですぐに出来上がるので、急いで作りたいときにも便利です。

お家で作るアイス!入れると美味しい材料をご紹介

お家で作るアイスをマスターしたら、他の材料も加えたりしてバリエーションを増やしていきましょう。これで市販のアイスがなくても、好みのアイスを手作りすることができますよ。

好みの果物を使ったフルーツアイス

作り方は簡単です。

アイスの材料と一緒にフルーツを加えてミキサーで混ぜるだけです。

例えばいちごアイスを作りたいときは、アイスの材料といちごを一緒にミキサーにかけてください。あとは冷凍庫で冷やし固めるだけ。マンゴーやバナナなど柔らかい果物なら同じように作ることができます。果肉を少し残すようにしても良いでしょう。

紅茶アイス

ロイヤルミルクティーを作って冷やし固めると、紅茶味のアイスが出来上がります。ロイヤルミルクティーは牛乳で煮出して作るので、材料はアイスを作るときとよく似ていますよね。

冷やすと甘みが感じられにくくなるので、砂糖を多めに加えるのがポイントです。

ロイヤルミルクティーではなく、カフェオレを使うとコーヒー味のアイスになります。ほんのりとした苦味もあって、大人味のアイスです。

アイスはいろいろアレンジをして楽しむことができます。手作りなら甘みを抑えたり材料を変えてカロリーダウンもできますよ。ぜひ、手作りアイスを試してみてくださいね。