注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

オリーブの天敵【オリーブアナアキゾウムシ】の対策法を徹底解説

オリーブの木は病気や害虫にも強いとは言われていますが、天敵となる害虫もいます。それが【オリーブアナアキゾウムシ】です。

木が枯れないようにするためには、どんな対策をすればいいのでしょうか?予防方法とは?

大切なオリーブの木を守ろう!【オリーブアナアキゾウムシ】が発生した場合の対策法と予防について詳しく説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

可愛いオリジナル紐の作り方!布紐をキレイに作るアドバイス

布で紐を作ることありますよね。市販されている紐を使っても良いのですが、巾着などの紐を布で作るとオリジ...

油絵用パレットのお手入れ方法!カチカチになった時の対処法

油絵を描いた後には、毎回忘れずに掃除とお手入れをするというのが基本ですが、うっかり忘れて固まってしま...

車のシャンプーの泡立て方!ポイントはバケツに入れる水の力加減

車のシャンプーの泡立て方がわからず、泡がない状態で車を洗っていませんか? 車のシャンプーは洗顔と一...

かぼす・すだち・シークワーサーの特徴や違い!見分け方のコツ

「かぼす」と「すだち」と 「シークワーサー」はとても似ていますよね。 全部柑橘系であるというこ...

レースの代表的な種類と名前。レースの特徴について

一言でレースと言っても、レースにはさまざまな名前のものがあり、とても種類が多いのが特徴です。 そこ...

水垢の効率的な落とし方を知りたい。プラスチック製品の場合は

水垢はお風呂場や台所、洗面所など水を使う場所で発生します。 そのままにしていると、見た目も良くない...

【チェーンの直し方】自転車のチェーンは自分で直してみよう

自転車を乗ろうとした時にチェーンが外れていることに気づいてしまうと「自転車屋さんに行って直してもらわ...

押し花の作り方【クローバー編】押し花を綺麗に作る作り方を解説

四つ葉のクローバーを見つけたら幸せになれるという話を聞いたことがある人もいますよね。もしも四つ葉のク...

洗濯物は雨よけカバーをしておけば安心?特徴を紹介します

洗濯物を干すときに雨よけカバーをつけたいのだけれど、家に合うのはどんなもの?雨除けカバーはいくつか種...

コガネムシの駆除には自作ペットボトルトラップが効果的です

お庭の花の天敵であるコガネムシ。その駆除方法には薬剤を使う人も多いようですが、お花のことを考えるとな...

オリーブが枯れたけれど復活はできます。その期間と方法を紹介

オリーブは乾燥には強いですが、水は欲しがります。水が少ないと葉っぱが黄色くなったり落ちてしまいます。...

ウォシュレットの水漏れが水抜き栓から!対処法とトラブル予防法

ウォシュレットの水漏れは水抜き栓から発生することが多いのです。水抜き栓とは、ウォシュレットの側面につ...

【将棋の厳しい世界】女性が弱いと言われる理由と女流棋士の現実

将棋を始める子供が増えてきていますが、実は将棋の世界では男性よりも女性の方が弱いと言われているようで...

足の裏がだるい時、ちょっとした不調を解消する方法

足の裏がだるい… この不快感を解消したい! だるいのはやっぱり血行不良ですよね。 マッ...

コウノトリが子供を運んでくるのはなぜ?言い伝えの由来を解説

「コウノトリが子供を運んでくる」という話を聞いた事がある人もいますよね。実際に「赤ちゃんはどこからく...

スポンサーリンク

オリーブアナアキゾウムシが発生した場合にやるべき対策とは?

オリーブの天敵、オリーブアナアキゾウムシを放って置くと、オリーブの木はやがて枯れてしまいます。

まずは日頃からオリーブの木の様子を観察してください。オリーブの木の表面はなめらかですが、オリーブアナアキゾウムシが発生すると、根本に木くずが目立つようになったり、木の表面がかさぶたのようになるので、すぐに被害に気がつくことが出来ます。

ではオリーブアナアキゾウムシがいると疑われる時、どのような対策を取るべきなのか?というと、木の表面が荒れている場所に潜んでいる可能性が高いので、その部分を中心に幼虫や成虫を捜索します。

見つけたらすぐに掻き出して退治をすること。また木がボロボロと崩れるような場所は取り除いてください。

オリーブは生命力の強い木ですから、切り取った場所もやがて復活して、もとのように芽吹き始めますので、木を部分的に切り取っても心配ありません。

オリーブアナアキゾウムシの対策には薬剤を使おう!散布の時期はいつ?

オリーブに発生するオリーブアナアキゾウムシがどんな害虫なのか、わからなければその被害に気がつくのも遅くなってしまうかもしれません。

オリーブアナアキゾウムシは体長が1.5センチほどの黒褐色で、6本の足があります。

幼虫はオリーブの気の中に潜り込み、食害した木くずを出しながら2~3ヶ月もの長い間オリーブの中で過ごします。

また成虫の生存期間は長く3~4年間も生き続けるので、オリーブにこの害虫を見つけたら、すぐに駆除をすることが一番の対策です。

薬剤を使って害虫対策をする場合は4月から8月の暖かい時期にかけて、2度ほど散布をします。

薬剤を使用したくない場合は幼虫や成虫をいち早く、見つけて退治をしましょう。

オリーブアナアキゾウムシ以外のこんな害虫にも注意!対策方法とは?

オリーブにつく害虫はオリーブアナアキゾウムシだけではありません。他にもハマキムシやスズメガ、コガネムシなどもオリーブにつく害虫です。

ハマキムシがついた場合は、その名の通り葉が丸く丸まったり、果実に穴があく特徴が見られます。

次にスズメガですが、幼虫が気に発生しやすく緑色で芋虫のような外見をしています。こちらも葉が食べられていたら要注意!ハマキムシと違い葉が丸まることはありませんが、丸くて黒い糞を残します。

コガネムシは普段でも見ることがよくあるので、その特徴については皆さんご存知だと思います。コガネムシは上記した害虫とは違って葉ではなく、オリーブの根を食害します。表面上変化がないのに、なんだかオリーブの元気がないときにはコガネムシを疑って、根を注意深く観察してください。

ハマキムシについては薬剤を使用し、スズメガは幼虫を退治することで対策が出来ます。コガネムシは酸性の土を好みますので、発生時期には土を酸性にしないように苦土石灰を混ぜると良いでしょう。

実はリーブアナアキゾウムシが出やすい時期がある?

オリーブの状態を日々観察することでオリーブアナアキゾウムシの発生を知ることが出来ます。そして観察しているとわかってくるのですが、実は大量に発生しやすい時期があるのです。

害虫対策をする時期と同じく夏場の暑い時期、さらに梅雨の終わり頃には気を付けましょう。

湿度と温度が高く、南風が吹いているときには特に注意が必要です。このような日には大量発生をし、オリーブの木に付きやすくなります。逆にオリーブアナアキゾウムシを退治をするならこの時期がチャンス!逃しては行けない時期です。

ジャングルのような湿度や気温が整い、南風が吹くような日は要注意ということを覚えてください!このような日に大量発生をしたオリーブアナアキゾウムシを、しっかりと退治しておくと、その後枯れるほどの被害にあいにくくなります。

ちなみにオリーブアナアキゾウムシは水が苦手なので、雨の日に大量に発生することはないということも頭に入れておいてくださいね。

もしオリーブアナアキゾウムシの被害を受けてしまったら?

オリーブアナアキゾウムシの予防方法や対策についてご紹介してきましたが、もしオリーブの木についてしまったらどのような対策が有効なのか、もう一度おさらいをしていきましょう。

いちばん大切なのは、被害が大きくなる前にオリーブアナアキゾウムシを見つけることとお話しましたね。

沢山のオリーブアナアキゾウムシが食害をおかしてしまってからでは、オリーブの木を元通りにすることが難しくなります。早期発見が重要なポイントです。

見つけるポイントは根本に木くずが落ちていたり、孔が数箇所開いているような場合は、スカスカになっている樹皮を剥がして、成虫や幼虫がいるかどうかを確認します。見つけたら即退治を行ってください。

しかしすでに他の場所にも卵を産み付けている場合は厄介です。オリーブアナアキゾウムシは一日に一個ずつ産卵して、300個もの卵を産むと言われているので、卵の被害を考えるのならやはり薬剤の散布をして対策をすることが、一番効果的です。