注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

駐車場のコンクリートの隙間に適しているのは?隙間の埋め方

コンクリートの駐車場で隙間があるときには、どんなもので埋めたらいいのでしょうか?
駐車場を作るときに、全て業者に頼むのもいいですが自分でも手を加えたいと隙間をそのままにしてはいませんか?

コンクリートの隙間からどんどん雑草が生えてくるのをどうにかしたい。地味な段差がきになる…そんなときにはこの方法で隙間を埋めるといいでしょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

重曹水の作り方と効果的な掃除方法。重曹の便利な使い道

テレビなどで重曹水という言葉を聞いたことがあると思います。重曹水とは、その名の通り、重曹を使って簡単...

オリーブの天敵【オリーブアナアキゾウムシ】の対策法を徹底解説

オリーブの木は病気や害虫にも強いとは言われていますが、天敵となる害虫もいます。それが【オリーブアナア...

洗濯物を雨から守ってくれるカバーとは?カバーの種類と注意点

朝は良い天気だったのに、急に雨が降ってくると、外干ししていた洗濯物が濡れてしまい洗濯物をやり直すこと...

ブレーキのイヤなキーキー音の原因と対処法!自転車メンテナンス

自転車は学生さんにとっても、主婦にとっても大切な足です。毎日のように自転車を使うという方も多いですよ...

建前のお祝いは何が良い?近所の上棟祝いに贈る品物と金額の相場

ご近所の建前のお祝いには、一体どんなものを贈るのが良いのか頭を悩ませている人もいますよね。そもそもお...

モルタルの玄関は後悔しやすい?モルタルのメリット・デメリット

モルタルの玄関にはどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか? 後悔しない玄関作りには、...

車のプラスチック、樹脂パーツが白くなる理由と対処方法

車のプラスチック部分だけが白くなる、色あせてしまったように見えることありますよね。 白くなるの...

押し花の作り方【クローバー編】押し花を綺麗に作る作り方を解説

四つ葉のクローバーを見つけたら幸せになれるという話を聞いたことがある人もいますよね。もしも四つ葉のク...

ソ連の崩壊をわかりやすく説明。知っておくと安心のロシアについて

ソ連の崩壊をわかりやすく説明すると『いろいろうまくいかなくて、ダメになっちゃったね』という感じでしょ...

車のシャンプーの泡立て方!ポイントはバケツに入れる水の力加減

車のシャンプーの泡立て方がわからず、泡がない状態で車を洗っていませんか? 車のシャンプーは洗顔と一...

ピアノの演奏会におすすめのプレゼントや差し入れの選び方

ピアノの演奏会に招待された場合には、やはりプレゼントや差し入れを持っていくのがスマートな方法です。 ...

便箋を入れる封筒を手作り!周りと差がつく可愛い封筒の作り方

便箋を入れたり、ちょっとしたメモを渡す時に使用する封筒。可愛いものが沢山販売されていますが、簡単に手...

かぼす・すだち・シークワーサーの特徴や違い!見分け方のコツ

「かぼす」と「すだち」と 「シークワーサー」はとても似ていますよね。 全部柑橘系であるというこ...

絵を描く仕事の種類と特徴!絵を仕事にしたい人が覚えておくこと

子供の頃から絵を描くのが好きで、将来は絵を仕事したいと思っていた、という方も多いと思います。 しか...

【チェーンの直し方】自転車のチェーンは自分で直してみよう

自転車を乗ろうとした時にチェーンが外れていることに気づいてしまうと「自転車屋さんに行って直してもらわ...

スポンサーリンク

隙間を作るのはナゼ?コンクリートの駐車場で隙間を作る理由

一軒家の駐車場の舗装ですが、コンクリートの隙間をナゼ作るのか疑問ではありませんか。

舗装工事が終わるととても綺麗あ状態ですが、ある程度するとコンクリートの隙間から雑草が生え放題で見栄えも悪い上に、細かな部分なので雑草抜きも苦痛ですよね。

なのでナゼ隙間を作るか知りたい人はたくさんいるのではないでしょうか。

駐車場の隙間のコンクリートを作る理由は、コンクリートは暑さや寒さにより伸縮してヒビが入ってしまうのでその対策として隙間を作ります。

ただ隙間を作るだけだと雑草抜きの負担しかありませんが、その隙間を利用し模様としてデザイン性を出すことで楽しんだりできるのです。

デザイン性があると雑草抜きもそこまで苦ではなくなりますよね。

駐車場のコンクリートの隙間で何も手入れをしたくないなら

駐車場のコンクリートは自然の影響によりひび割れを防止するために隙間を作ります。

中には隙間がなくてもひび割れがない綺麗なコンクリートのお家もありますが、それは工夫が施されている分、お金もかけているのでしょう。

駐車場のコンクリートの隙間で何も手入れをしたくないなら工夫することで雑草抜きの手間が省けます。

駐車場のコンクリートの隙間を埋める工夫

  • 隙間に人工芝を埋める
    隙間の土の部分を少し掘って、その隙間の細さに合わせて切った人工芝を埋めます。
    コンクリートのグレーと鮮やかな緑で見栄えもとても良いですよ。
    オシャレなデザインに仕上げることができます。
  • 砂利を敷く
    隙間に砂利を埋めるのも1つの手であります。
    しかし、砂利の隙間から雑草が生えてしまいます。
    手間にはなりますが砂利の下に防草シートを敷くことをオススメします。
    抜いても生え続ける雑草の処理を考えるとその手間も苦ではありませんよね。
    砂利の種類はたくさんありますのでお好みのを使用してください。
  • その他
    固まる土やコンクリート、モルタルで埋めることも出来ます。

駐車場のコンクリート隙間ですぐにできるのはコレ

駐車場のコンクリートの隙間ですが、雑草を抜くことはそこまで苦ではない、ただ隙間をどうにかしたいとお考えの場合には、すぐにできる対応として以下を参考にしてください。

  • 砂利を敷くこと
    変哲もない隙間を模様にように魅せることができますよ。
    砂利は石の大きさ、形、色など様々ですので家の外観と合わせて一体感をだしたり、お好みの砂利を使い楽しみ方は色々です。
  • 植物を埋める
    その隙間にあえて植物を埋める方法もあります。
    植物と人工芝で迷う方もいるとおもいますが、人工芝の数年に一度の取り換えを考えると放置しておける植物の方がコストも良く、楽なのかもしれませんね。
    ただ、植物は自然なものなのでモノによってはボーボーになったり、虫がついたり、枯れたりと手間がかかるかもしれません。

駐車場のコンクリートの隙間が狭いならゴムもおすすめ

駐車場のコンクリートの隙間をどうにかしたいと悩む方がいますが、隙間の太さにもよってやれることが変わってきますよね。

ある程度の太さがあれば、レンガを埋めたり、植物を植えたりなど工夫の幅も広がりますが、隙間が細い場合だと余計にどうしたら良いか困ってしまうのではないでしょうか。

細いと、工夫やアレンジもあまりできません。
なので、手っ取り早くゴムで埋めるとよいでしょう。
デザイン性には欠けてしまいますが、ゴムでもメリットがあります。

耐久性が良く、素人でも簡単に事を済ませることが出来る上にムラができる心配もありません。
それに、一番苦となる雑草抜きですが、埋め尽くすので雑草が生えてこないのでメンテナンスフリーという部分が最も魅了ではありませんか。

シンプルかつスタイリッシュに仕上がりになります。

駐車場の隙間に人工芝は?人工芝の特徴

駐車場のコンクリートの隙間にする工夫で人気なのが人工芝です。

人工芝で懸念されるのが、車で踏まさることですね。
場所が駐車場ということもあり、タイヤで踏まさります。
何度も踏まれることにより、削れてしまったり、色あせてしまったりと劣化が早まります。

メンテナンスとしては数年に1度の取り換えが必要で、その頻度の決まりは特にありませんが、劣化が気になったらですよね。

なので、人工芝を敷き時はタイヤが踏まない部分にすると良いですね。

人工芝の鮮やかな緑は清々しい印象を与えてくれるので、特に小さな子供がいる家庭では子供が触っても安全なものとして人気ですが、駐車場という場所が場所なだけに劣化のスピードが気になるところでもあります。

ただ、数年に1度の手入れといっても人工芝を隙間に埋めることが簡単な作業ですし、安く購入できるのでオススメできる工夫の1つでもあります。

駐車場のコンクリートの隙間は仕方がないものです。
自分でアレンジや工夫ができますが、長い目で考えたり負担を考えたら業者にお願いしてみるのも良いでしょう。

雑草が生えてくることなく、自然災害にも負けないようにきっちりとしてくれます。