注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

駐車場のコンクリートの隙間に適しているのは?隙間の埋め方

コンクリートの駐車場で隙間があるときには、どんなもので埋めたらいいのでしょうか?
駐車場を作るときに、全て業者に頼むのもいいですが自分でも手を加えたいと隙間をそのままにしてはいませんか?

コンクリートの隙間からどんどん雑草が生えてくるのをどうにかしたい。地味な段差がきになる…そんなときにはこの方法で隙間を埋めるといいでしょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

新車の匂いを消したい!芳香剤を使わずに消す方法と匂いの原因

新車の独特な匂いが苦手だという人もいますよね。芳香剤を使って匂いをごまかすという方法もありますが、芳...

日本の治安の良さに対して海外の人はかなり驚いています

海外から日本にやってくる観光客のほとんどが治安の良さに驚いているとテレビでもよく放送されていますよね...

スライムの作り方!シェービングフォームでふわふわスライム

スライムは昔からあるおもちゃで、ビローンと伸びる独特の感触がクセになりますよね。 最近ではスライム...

多肉の寄せ植えを仕立て直しするときの手順やポイントをご紹介

寄せ植えしている多肉植物の背丈がバラバラになってきたら、仕立て直しのタイミングと言えるでしょう。 ...

色鮮やかな押し花の作り方!桜の花で可愛い押し花を作ろう

押し花の作り方覚えていますか?小さな頃に押し花を作った記憶はあるものの、どうやって作ったのか?キレイ...

ピアノの演奏会におすすめのプレゼントや差し入れの選び方

ピアノの演奏会に招待された場合には、やはりプレゼントや差し入れを持っていくのがスマートな方法です。 ...

便箋を入れる封筒を手作り!周りと差がつく可愛い封筒の作り方

便箋を入れたり、ちょっとしたメモを渡す時に使用する封筒。可愛いものが沢山販売されていますが、簡単に手...

洗濯物を守るベランダ用雨よけカバーのメリットや選び方をご紹介

洗濯物を雨から守る、ベランダ用雨よけカバーをご存知ですか? 晴れた日に洗濯物をベランダに干すこ...

生地を裁断する時にまっすぐ切れない…。何か良い方法は

ハンドメイドでバッグや小物などを作るのは楽しいですよね。 しかし、最初にぶち当たる壁としてあるある...

洗濯物の生乾きから発生する嫌な臭いの原因と対処方法について

夏場になると湿気が多くなり、途端に洗濯物が乾きにくくなって困りますよね。洗濯物の乾きが悪くなると、一...

一人暮らしが不安な30歳女子は今がはじめるタイミング

一人暮らしが不安で30歳になっても今だに実家暮らしの女性もいるでしょう。 では、実家から出て一...

押し花の作り方【クローバー編】押し花を綺麗に作る作り方を解説

四つ葉のクローバーを見つけたら幸せになれるという話を聞いたことがある人もいますよね。もしも四つ葉のク...

車のプラスチック、樹脂パーツが白くなる理由と対処方法

車のプラスチック部分だけが白くなる、色あせてしまったように見えることありますよね。 白くなるの...

リボンの簡単かわいい手作りヘアゴムの作り方!不器用さんもOK

手作りのヘアゴムでリボンをモチーフにしたものは女の子らしくて可愛いですよね。 リボン一つで顔の印象...

流れ星に願い事をすると叶うと言われる由来は?強く願う心が大事

「流れ星が流れている間に3回願い事を唱えることができるとその願い事が叶う」という言い伝えを耳にした事...

スポンサーリンク

隙間を作るのはナゼ?コンクリートの駐車場で隙間を作る理由

一軒家の駐車場の舗装ですが、コンクリートの隙間をナゼ作るのか疑問ではありませんか。

舗装工事が終わるととても綺麗あ状態ですが、ある程度するとコンクリートの隙間から雑草が生え放題で見栄えも悪い上に、細かな部分なので雑草抜きも苦痛ですよね。

なのでナゼ隙間を作るか知りたい人はたくさんいるのではないでしょうか。

駐車場の隙間のコンクリートを作る理由は、コンクリートは暑さや寒さにより伸縮してヒビが入ってしまうのでその対策として隙間を作ります。

ただ隙間を作るだけだと雑草抜きの負担しかありませんが、その隙間を利用し模様としてデザイン性を出すことで楽しんだりできるのです。

デザイン性があると雑草抜きもそこまで苦ではなくなりますよね。

駐車場のコンクリートの隙間で何も手入れをしたくないなら

駐車場のコンクリートは自然の影響によりひび割れを防止するために隙間を作ります。

中には隙間がなくてもひび割れがない綺麗なコンクリートのお家もありますが、それは工夫が施されている分、お金もかけているのでしょう。

駐車場のコンクリートの隙間で何も手入れをしたくないなら工夫することで雑草抜きの手間が省けます。

駐車場のコンクリートの隙間を埋める工夫

  • 隙間に人工芝を埋める
    隙間の土の部分を少し掘って、その隙間の細さに合わせて切った人工芝を埋めます。
    コンクリートのグレーと鮮やかな緑で見栄えもとても良いですよ。
    オシャレなデザインに仕上げることができます。
  • 砂利を敷く
    隙間に砂利を埋めるのも1つの手であります。
    しかし、砂利の隙間から雑草が生えてしまいます。
    手間にはなりますが砂利の下に防草シートを敷くことをオススメします。
    抜いても生え続ける雑草の処理を考えるとその手間も苦ではありませんよね。
    砂利の種類はたくさんありますのでお好みのを使用してください。
  • その他
    固まる土やコンクリート、モルタルで埋めることも出来ます。

駐車場のコンクリート隙間ですぐにできるのはコレ

駐車場のコンクリートの隙間ですが、雑草を抜くことはそこまで苦ではない、ただ隙間をどうにかしたいとお考えの場合には、すぐにできる対応として以下を参考にしてください。

  • 砂利を敷くこと
    変哲もない隙間を模様にように魅せることができますよ。
    砂利は石の大きさ、形、色など様々ですので家の外観と合わせて一体感をだしたり、お好みの砂利を使い楽しみ方は色々です。
  • 植物を埋める
    その隙間にあえて植物を埋める方法もあります。
    植物と人工芝で迷う方もいるとおもいますが、人工芝の数年に一度の取り換えを考えると放置しておける植物の方がコストも良く、楽なのかもしれませんね。
    ただ、植物は自然なものなのでモノによってはボーボーになったり、虫がついたり、枯れたりと手間がかかるかもしれません。

駐車場のコンクリートの隙間が狭いならゴムもおすすめ

駐車場のコンクリートの隙間をどうにかしたいと悩む方がいますが、隙間の太さにもよってやれることが変わってきますよね。

ある程度の太さがあれば、レンガを埋めたり、植物を植えたりなど工夫の幅も広がりますが、隙間が細い場合だと余計にどうしたら良いか困ってしまうのではないでしょうか。

細いと、工夫やアレンジもあまりできません。
なので、手っ取り早くゴムで埋めるとよいでしょう。
デザイン性には欠けてしまいますが、ゴムでもメリットがあります。

耐久性が良く、素人でも簡単に事を済ませることが出来る上にムラができる心配もありません。
それに、一番苦となる雑草抜きですが、埋め尽くすので雑草が生えてこないのでメンテナンスフリーという部分が最も魅了ではありませんか。

シンプルかつスタイリッシュに仕上がりになります。

駐車場の隙間に人工芝は?人工芝の特徴

駐車場のコンクリートの隙間にする工夫で人気なのが人工芝です。

人工芝で懸念されるのが、車で踏まさることですね。
場所が駐車場ということもあり、タイヤで踏まさります。
何度も踏まれることにより、削れてしまったり、色あせてしまったりと劣化が早まります。

メンテナンスとしては数年に1度の取り換えが必要で、その頻度の決まりは特にありませんが、劣化が気になったらですよね。

なので、人工芝を敷き時はタイヤが踏まない部分にすると良いですね。

人工芝の鮮やかな緑は清々しい印象を与えてくれるので、特に小さな子供がいる家庭では子供が触っても安全なものとして人気ですが、駐車場という場所が場所なだけに劣化のスピードが気になるところでもあります。

ただ、数年に1度の手入れといっても人工芝を隙間に埋めることが簡単な作業ですし、安く購入できるのでオススメできる工夫の1つでもあります。

駐車場のコンクリートの隙間は仕方がないものです。
自分でアレンジや工夫ができますが、長い目で考えたり負担を考えたら業者にお願いしてみるのも良いでしょう。

雑草が生えてくることなく、自然災害にも負けないようにきっちりとしてくれます。