注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

足の裏がだるい時、ちょっとした不調を解消する方法

足の裏がだるい…
この不快感を解消したい!

だるいのはやっぱり血行不良ですよね。

マッサーーじや入浴などを見直して、普段よりも丁寧に自分の体と向き合いましょう。

また、季節の変わり目が原因で体がちょっとだるいと感じることもあります。

天候や気圧の関係も自分の健康と関係あることを認識して、体のケアを心がけましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

スエードのパンプスは夏でもOK!おすすめの色やコーデをご紹介

スエードのパンプスはなんとなく秋や冬に履くという印象が強いかもしれませんが、実は夏に履いておしゃれを...

レースの代表的な種類と名前。レースの特徴について

一言でレースと言っても、レースにはさまざまな名前のものがあり、とても種類が多いのが特徴です。 そこ...

フレーム修理して車に乗ってもいいが破損が激しい場合は考えよう

フレームのちょっとした歪みくらいなら、わざわざ車を修理しなくても問題ないのでは?と思っていませんか?...

【チェーンの直し方】自転車のチェーンは自分で直してみよう

自転車を乗ろうとした時にチェーンが外れていることに気づいてしまうと「自転車屋さんに行って直してもらわ...

布に付いたボンドの落とし方!身近なものを使って剥がす方法

布にボンドがついてしまうと、普通の洗濯では落とせなく、もうこれは落ちないものとして諦めてしまう方も多...

ラジエーター液の補充方法と古い液かどうかを見分ける方法を解説

ラジエーター液を補充しようと思っても、エンジンルームを開けてとなるとなんとなく難しいと感じてしまいま...

ピアノの演奏会におすすめのプレゼントや差し入れの選び方

ピアノの演奏会に招待された場合には、やはりプレゼントや差し入れを持っていくのがスマートな方法です。 ...

正月に神社にお供えする酒や、振る舞い酒について詳しく調査

お正月に神社へ初詣でに行ったら、振る舞い酒を頂ける所もありますね。 お神酒ともいいますが、お神...

ソ連の崩壊をわかりやすく説明。知っておくと安心のロシアについて

ソ連の崩壊をわかりやすく説明すると『いろいろうまくいかなくて、ダメになっちゃったね』という感じでしょ...

口角を上げる意識を!でも、意識だけじゃ上がらない口角について

口角を上げる意識はしていても、それをキープするのって難しいんですよね。 また、単純に口角を上げ...

流れ星に願い事をすると叶うと言われる由来は?強く願う心が大事

「流れ星が流れている間に3回願い事を唱えることができるとその願い事が叶う」という言い伝えを耳にした事...

お風呂掃除道具の置き場に困った時のアイディアと収納術

お風呂掃除の道具の置き場はどこにしていますか? 大きく分けると浴室の中に置く場合と、浴室の外に置く...

ウォシュレットの水漏れが水抜き栓から!対処法とトラブル予防法

ウォシュレットの水漏れは水抜き栓から発生することが多いのです。水抜き栓とは、ウォシュレットの側面につ...

【将棋の厳しい世界】女性が弱いと言われる理由と女流棋士の現実

将棋を始める子供が増えてきていますが、実は将棋の世界では男性よりも女性の方が弱いと言われているようで...

漏電ブレーカーが上がらない原因と対処法!漏電放置は危険です

漏電が原因でブレーカーが落ち、ブレーカーが上がらない状態にしていると生活が不便になってしまいます。 ...

スポンサーリンク

足の裏がだるいのはふくらはぎが硬いから!?だるさを解消するにはまずふくらはぎチェック!

足の裏が全体的に、何となくだるい時に考えられる事がいくつかあります。ご自身に当てはまる原因を知って解消させていきましょう。

ふくらはぎの筋肉が硬くなっている場合

ふくらはぎの筋肉が硬くなってしまっている場合も、足の裏がだるく感じてしまう原因の一つです。
普段、ふくらはぎが疲れてしまう実感がないでしょうか?

ふくらはぎが硬くなっている人

  • 両足を左右平行に立つ
  • 踵をそのまま付けたまま、反動をつけずにゆっくりと腰をおろす

深く腰を下ろして5秒ほど静止できれば大丈夫ですが、もしも静止できなければ硬くなってしまっているかもしれません。
もちろん痛みがある場合などは、すぐに止めて、無理は止めましょう。

ふくらはぎを伸ばしたりしてストレッチをする事で、ある程度柔らかくする事が可能になります。

足の裏がだるいなら、足の甲をマッサージしてだるさを解消しよう

足の裏がだるいと感じるのは、むくみが原因だという事も考えられます。

むくみ防止としてふくらはぎや太腿のマッサージをしている人でも、足の甲のマッサージまではしていなくて、足の甲がむくんでしまっているかもしれません。

足のむくみは見た目だけではなく、冷え性の原因となったりだるさが出たりしますので、しっかりと対処して解消させましょう。

基本的には、マッサージは心臓から遠いところから始めて心臓の方へ向かって行います。

足の裏がだるい時に試したい方法

お風呂上りなど、体が温まってリラックスしている状態の時に、足の裏にマッサージオイルや滑りの良いクリームなどを使用して、優しく血流の手助けをするイメージで、軽く流していきましょう。余分に力が入ってしまえば傷がついてしまったり痣になったり悪影響を与える可能性がありますので気をつけましょう。

普段からむくみにくいような生活を送ったり、むくみが酷くなる前に足の指を動かしたりして解消できるようにしていきましょう。

足の裏がだるいのは疲れている証拠。だるさ解消でスッキリしよう!

疲れからも足の裏がだるいと感じてしまう事があります。

体や心が疲れてしまう事によって、疲労感や倦怠感が出る事によって、「だるい」と感じたりします。

仕事や運動などによる、筋肉の疲れだけではなく、精神的からくる疲れも疲労感に繋がります。

足の裏がだるくなる時

  • 筋肉や精神的な疲れ
  • 運動不足で血行が悪くなっている
  • 不規則な生活になっている
  • ストレス
  • ダイエットなどによる栄養の偏り
  • 自律神経の乱れ

「だるい」というのは、体が休みたがっている証拠です。
無理をしてしまえば悪化してしまう可能性もありますので、その原因を考え解消させていきましょう。

生活習慣を見直す事はもちろんですが、ちょっとした時間でもできるツボ押しやマッサージ、ストレッチなども取り入れたり、気分転換とストレス解消、運動不足解消を兼ねて、いつもと違うところを歩いてみたりなどしてみましょう。

足の裏がだるいと感じたら、リンパの流れを良くするよに心がける

仕事などで同じような姿勢でいる事が多いなら、リンパ節が圧迫されてしまいます。

リンパ節は、1ミリから25ミリくらいの卵の形をしています。

わきの下や脚の付け根などに大きなリンパ節があり有名ですが、ヒザの裏など様々なところにもあり、全身では600個以上あると言われています。

そのリンパ節が圧迫されていれば、リンパが正常に流れる事ができずに滞ってしまいます。

流れずに滞ってしまう事により、更にむくんでしまったり冷えてしまったりしてしまいます。

特に足先は心臓から遠いですし、重力に逆らって心臓へ向かわなくてはいけないために、更に流れが悪くなりやすく滞りやすいです。

そのために、足先が冷えてしまう人、足がむくみやすい人は多いのです。

また、特に右足は最も遠いので、ホルモンバランスが変化してむくんでしまっている妊婦さんの中には、右足だけがむくんでしまうという人もいます。

長時間同じ姿勢でいないように心がけたり、ちょっとした時間で体を動かしたり、帰宅後はストレッチしたりして解消させましょう。

足の裏のだるさは気圧も関係している

同じ姿勢でいる事による、リンパの滞りや筋肉や精神的の疲れ、ストレス、運動不足など様々な原因がありますが、「気圧」が関係している可能性もあります。

気圧、温度、湿度などの気象の変化によって、足のだるさも変わってくるのです。主に、気圧が低くて、温度と湿度が上がっていると足がだるいと感じる事が多いようです。
地域にもよりますが、日本では、春から夏にかけて、温度も湿度も上がり。気圧は下がります。

そうすると体にも変化が訪れます。

温度や湿度が上がり気圧が下がった時の変化でだるく感じる

  • 気圧が下がるので、脚への圧力も下がります。
  • 筋肉が弛緩して、血流を促すポンプの働きが弱まります。
  • 湿度が上がるので、汗などの水分が蒸発されにくくなり、細胞の中に余分な水分が溜まってしまいやすくなります。
  • 自律神経が乱れ、新陳代謝や排泄機能が弱くなり、体内に水分が滞りやすくなりむくみとなります。

むくんでいると重たくだるいと感じます。