注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

コウノトリが子供を運んでくるのはなぜ?言い伝えの由来を解説

「コウノトリが子供を運んでくる」という話を聞いた事がある人もいますよね。実際に「赤ちゃんはどこからくるの?」とお子さんに聞かれて、このように答えたことがある人もいるでしょう。

コウノトリが子供を運んでくると言われるのは一体なぜなのでしょうか。もともとの由来は?

そこで今回は、コウノトリが子供を運んでくると言われるようになった言い伝えの由来についてお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

スノードームに入れる液体にグリセリンを使う方法!基本の作り方

ガラスの中のゆったりとした水の流れに心が癒やされるスノードームですが、実は自分で作ることができます。...

スチール缶とアルミ缶の違いとは?スチール缶が小さい理由

スチール缶とアルミ缶にはどのような違いがあるのでしょうか?同じ飲み物なのにコーヒーはスチール缶、ジュ...

便箋を入れる封筒を手作り!周りと差がつく可愛い封筒の作り方

便箋を入れたり、ちょっとしたメモを渡す時に使用する封筒。可愛いものが沢山販売されていますが、簡単に手...

テフロンのフライパンは復活出来る。復活方法と長持ちさせる為に

料理に欠かせないフライパン。どのようなタイプのフライパンをお使いですか? 焼いたり炒めたりして...

本の修理を糸綴じで!色々な本を糸綴じで修理してみよう

長年愛用していた本がボロボロのなってしまった経験ありますよね。子供の頃から大好きだった絵本。背表紙の...

バラの消毒をするときの方法とは?ポイントや注意点を紹介します

バラの消毒をするときにはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか? バラの消毒をするタイミング...

着物のオークションで失敗しないためのポイントについて徹底解説

着物を楽しみたい女性にとって、一般の着物専門店よりも安く購入できるオークションはとても魅力的に映るで...

セラミックフライパンがくっつくのはなぜ?正しい使い方とコツ

セラミックフライパンを使用した人の中には、「すぐにくっつく」「焦げ付きやすい」と不満を抱いてしまう方...

油性ボールペンの落とし方。用意する物と手順と出先での対処法

ワイシャツの胸ポケットにボールペン入れていたらインクがついてしまった事や、書類を書いていたらうっかり...

韓国で大人気!話題のお土産。喜ばれるおすすめのアイテム

旅行に行くと、お土産を選ぶのも楽しみの一つです。どんなものを買っていけば喜ばれるのか、想像しながら選...

スエードのパンプスは夏でもOK!おすすめの色やコーデをご紹介

スエードのパンプスはなんとなく秋や冬に履くという印象が強いかもしれませんが、実は夏に履いておしゃれを...

主婦のランチは贅沢なのか?たまのプチ贅沢は明日への活力

主婦が優雅にランチなんて贅沢な!なんて声を聞いたことあります。 本当にそうでしょうか? 週に何回...

足の臭いを消す対策について知りたい!子供の足臭いを無くすには

子供は大人よりも体臭が少なくて、臭いものだなんて思っていない人も多いと思いますが、子供は意外にも小さ...

マリーゴールドが枯れる前にナメクジを駆除する方法を教えます

せっかく育てたマリーゴールドが、害虫のせいで枯れてしまうと悲しくなりすよね。 中でも夜に現れる...

お盆にお坊さんへ出すお菓子は何が良い?出し方のマナーと種類

お盆になるとお坊さんが参られて法要をしてもらうことがありますよね。この時、お坊さんにはどんなお菓子を...

スポンサーリンク

コウノトリが子供を連れてくると言われるようになったのはなぜ?

コウノトリが子供を連れてくると言われるようになったのはなぜだかご存知ですか?

「多分外国から来てる…?」なんて、ぼんやりした予想しか出来ない方がほとんどだと思いますが、この事の由来は、ドイツのこんな昔話から来ているそうです。

「むかしむかし、ドイルのある村に子供に恵まれないが仲の良い夫婦がいました。
仲良く暮らすある日、「シュバシコウ」という鳥の母親が夫婦が住む家の煙突に巣を作りました。
煙突は暖炉に繋がっていますから、夫婦が暖炉を使うと、巣も卵も大変な事になってしまいます。
それを可哀想に思った優しい夫婦は、シュバシコウの赤ちゃんが産まれて巣立つまで暖炉を使わないようにしてあげました。
しばらくして、無事に大きくなったシュバシコウの雛たちは、立派な大人になって巣立つことが出来ました。
それを見届けた夫婦にも嬉しいことが起きました。
それは待望の赤ちゃんです。
きっと夫婦のシュバシコウを思う優しい気持ちに感心した神様が、赤ちゃんを授けてくれたのでしょう。」

ちなみに日本にはシュバシコウはおらず、この話が伝わった時に、日本で一番見た目が近い「コウノトリ」に置き換わったようです。

コウノトリが子供を運んでくるのはなぜ?こんな説もあります

「コウノトリが子供を運んでくるのはなぜ?」こんな説もあります。

本来はシュバシコウが赤ちゃんを運んでくれる鳥とされていますが、日本ではコウノトリが代わりに浸透していますよね。
しかも、元々の話を知っている人がごく僅かにもかかわらずです。
それには、こんな理由があるからなのではないでしょうか。

コウノトリが子供を運んでくると言われるようになったのは、見た目が綺麗だから

シュバシコウとコウノトリの見分け方ですが、シュバシコウはくちばしが赤く、コウノトリはくちばしが黒いです。
ですので、よくイラストに描かれるくちばしが赤かったりオレンジだったりする鳥は、実はシュバシコウの方なのです。
とはいえ、どちらも、くちばしや羽が美しく、赤ちゃんを運ぶ神の使いとして相応良い見た目なのではないでしょうか。

言葉の響きがピッタリ

コウノトリは漢字で「鵠の鳥」と書きます。
音が同じ別の漢字で書こうとすると、「幸の鳥」とも書けます。
本来の漢字とは違いますが、言葉の響きが「幸福を運ぶ鳥」と思われるのにピッタリだと言えます。

なぜ赤ちゃん?コウノトリが子供を運ぶのは幸せの象徴だから

「なぜ赤ちゃん?」それは、コウノトリが子供を運ぶのは幸せの象徴だからです。

コウノトリことシュバシコウは、渡り鳥で、ドイツなどのヨーロッパでは、春にやって来る鳥です。
寒い冬を過ごしたヨーロッパの人たちは、暖かい季節になるとやってくるシュバシコウは、「暖かさ=幸せ」を運んで来てくれる象徴だと考えます。
また、昔から赤ちゃんは幸せの象徴でありました。
恐らく、暖かくなってきた頃に赤ちゃんが出来る夫婦が多かったために、シュバシコウが来る季節に赤ちゃんもやって来ると考えたのではないでしょうか。

ちなみに、ヨーロッパにおける、シュバシコウの赤ちゃんの運び方ですが、良い子は背中に乗せて運び、悪い子はくちばしで運ぶそうです。
「え?コウノトリのイラストと言えば、くちばしで運んでるんだけど?」と疑問に思った人もいると思いますが、恐らくヨーロッパから伝わった、くちばしで運ぶイラストを見た日本人が「風呂敷に入れて大事そうに運んでるな」と思い、おめでたい絵として描かれるようになったのではないでしょうか。
それに、「産まれたばかりの赤ちゃんを背中に乗せたら落ちるでしょ!」というツッコミの回避にもなると思われます。

「どうして赤ちゃんはできるの?」に親はどうやって答える?

「どうして赤ちゃんはできるの?」に親はどうやって答えていますか?

子供からされる質問の中で答えにくさナンバーワンともいえるものが、この質問ですよね。
この時に、「コウノトリさんが運んで来るんだよ」と答えると、上手くごまかせるのではないでしょうか。
しかし、ある程度大きくなると、「妹生まれる時に、うちにコウノトリさん飛んで来なかったよ」とか、「なんでコウノトリさんが運んで来たのに、ママのお腹の中から赤ちゃん出てきたの?」などと鋭いツッコミをされることもあります。

そんな時に、答える方法としては、「真実を話すが、若干ごまかす」、「別の植物や動物の本などを見せて、『人間も同じだよ』と言う」のが、割と子供も納得してくれるのではないでしょうか。
あとは、ちょっとズルいですが「大人になったらわかるよ」という返事もあります。

赤ちゃんを運んでくるコウノトリってどんな鳥?

赤ちゃんを運んでくるコウノトリってどんな鳥でしょうか?

コウノトリは、日本では国の特別天然記念物に指定されている鳥で、昭和46年を最後に野生のコウノトリが姿を消し、今では動物園でしかその姿を見ることが出来ません。
といっても、あくまでそれは日本での事です。
少数ながら中国などの東アジアでは、野生の姿を見ることができ、とても稀ですが、越冬する際に沖縄に飛来したという報告もあります。

見た目はサギやツルにも似ている大型の水鳥です。
くちばしは黒っぽい色をしており、足は赤色です。
コウノトリを描く時に、ペリカンのようなくちばしで描く人がいますが、コウノトリはくちばしは上下とも細くまっすぐで、くちばしに赤ちゃんを入れるスペースはありません。
なので、風呂敷などに包まれて運んでいる方が正解(?)と言えます。