注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

自転車の後輪ブレーキの音の原因を知って正しく対処しよう

自転車、特にママチャリに乗っていると、後輪ブレーキをかけた時にキーッと音が鳴ることがありますよね。そして何とかしたいとは思いつつ、そのまま放置してしまうこともあるのでは?

音が鳴るとそろそろ寿命かとも思ってしまいますが、本当の原因はなんなのでしょうか?油を使うと解消されるのでしょうか?

自転車の後輪ブレーキの音が気になる場合の正しい対処法を説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

アナベルの挿し木を地植えする方法。増やし方や時期や育て方とは

アナベルというお花をご存知でしょうか。紫陽花の一種のお花なのですが、凛とした素晴らしい花なのです。 ...

韓国で大人気!話題のお土産。喜ばれるおすすめのアイテム

旅行に行くと、お土産を選ぶのも楽しみの一つです。どんなものを買っていけば喜ばれるのか、想像しながら選...

指のサイズは毎日変わる。サイズ選びのタイミングと指輪選び

指輪をしていて緩いと感じたり逆にきつい感じたりすることはありませんか? 指のサイズが変わるのでしょ...

海外の海へ行く時の貴重品はどうする?安心出来る管理の方法

家族で初めての海外旅行。家族旅行といえばハワイやグアムなど人気ですが、海で遊ぶ時に心配なのが貴重品の...

部屋干ししたら嫌な臭いが…。臭いを消す方法について知りたい

外が雨だったり、花粉が多く飛んでいる時などは、洗濯物を部屋干しする必要があります。 しかし、部屋干...

歯ブラシの後に歯磨き粉が残る方へ。歯磨き粉の適量について

歯ブラシをし終わった後に、口の中に歯磨き粉が残ると感じる方はいませんか? もしかして、歯磨き粉の量...

スチール缶とアルミ缶の違いとは?スチール缶が小さい理由

スチール缶とアルミ缶にはどのような違いがあるのでしょうか?同じ飲み物なのにコーヒーはスチール缶、ジュ...

足の臭いを消す対策について知りたい!子供の足臭いを無くすには

子供は大人よりも体臭が少なくて、臭いものだなんて思っていない人も多いと思いますが、子供は意外にも小さ...

ピアノの演奏会におすすめのプレゼントや差し入れの選び方

ピアノの演奏会に招待された場合には、やはりプレゼントや差し入れを持っていくのがスマートな方法です。 ...

オリーブが枯れたけれど復活はできます。その期間と方法を紹介

オリーブは乾燥には強いですが、水は欲しがります。水が少ないと葉っぱが黄色くなったり落ちてしまいます。...

花束の基本のラッピングのやり方とアレンジラッピング

花束のラッピングはいつもお店におまかせという方も多いと思います。もちろんプロが作る花束は豪華で、贈る...

モルタルの玄関は後悔しやすい?モルタルのメリット・デメリット

モルタルの玄関にはどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか? 後悔しない玄関作りには、...

風呂掃除のブラシやスポンジの置き場は?様々な置き場やアイデア

風呂掃除をしていると、ふと掃除グッズの置き場が気になることありませんか?なんだかスッキリとしない、掃...

【チェーンの直し方】自転車のチェーンは自分で直してみよう

自転車を乗ろうとした時にチェーンが外れていることに気づいてしまうと「自転車屋さんに行って直してもらわ...

ニットをリメイクしてカーディガンにする方法と暖か小物の作り方

あまり着なくなったニットや、外出先で脱ぎ着が出来ないニットなどを思い切ってカーディガンにリメイクして...

スポンサーリンク

自転車の後輪ブレーキから音が聞こえる場合の一番の原因とは?

自転車の後輪ブレーキから音が聞こえる場合の原因とは一体何でしょうか?

後輪ブレーキの音がなる原因はひとつではありませんが、値段が安いママチャリの中にはバンドブレーキの質が悪いものがあり、音が鳴ってしまうというのは有名な話なのです。

品質の悪いものはブレーキ自体を交換するしか対策はありません。
しかし、安く購入した自転車に高い修理代を出すのはもったいないと考える人が多く、音が鳴ることを気にしないようにするか新しい自転車に買い替えるという人もいます。

また、音が鳴る原因のひとつに、ローラーブレーキが使われている自転車だとグリスが切れやすく、切れると音が鳴ることも考えられます。

グリスが切れたことが原因で音が鳴っている場合はグリスを入れることで解消することも多いので試してみてください。

他にもブレーキシューが劣化していたり砂などが付着していたりする場合も音が鳴ってしまう原因となるので、音が鳴る場合はそこも確認してください。

それでも原因がわからない場合は自転車専門店で確認してもらうと早いですね。
自転車のプロに任せればすぐに原因を見つけてくれますよ!

自転車の後輪ブレーキのうるさい音を消すための方法とは?

自転車を乗り続けていると突然自転車から音が鳴るようになってしまい、原因がわからず音のなる自転車に乗る恥ずかしさを我慢しながら乗っているという方もいるかと思います。

音が鳴る原因を調べて解決することも大事ですが、応急処置がしたい!と考える方も多くいますよね。
ほんの少しだけブレーキをかけただけで大袈裟に音が鳴る自転車をどうにかしたいと思いますよね。

確かにブレーキを取り替えると改善されることがほとんどです。
しかしお金をかけない応急処置もあるので、すぐに修理に出すことができないという方はぜひ試してください。

まず、液体クレンザーをスポイトで吸って、後輪ブレーキの接触面の隙間に流し込みます。
そして軽くブレーキをかけながら車輪をまわすと、音がなくなるのです。

強くブレーキをかけた場合に少しだけ音が鳴りますが、気になるほどではありません。

簡単に応急処置ができるので、ぜひ試してみてください!

自転車の後輪ブレーキの音が気になるなら、交換するのが一番?

自転車の後輪ブレーキの音が鳴ってしまうのを防ぐ方法とは一体何でしょうか?

どうしたら防ぐことができるのか?と期待している方もいるかと思いますが、実はこれといった解決方法はありません。

自転車に詳しい人は研磨剤を使って音が鳴ってしまうのを直そうとする方もいますが、この方法をしてしまうと自転車のブレーキの製動力が落ちてしまうのでやめましょう。

オススメの方法はブレーキの音が鳴り始めたバンドブレーキをサーボブレーキに交換することです。
値段の高いローラーブレーキに交換したいと思う方もいるかと思いますが、ローラーブレーキはバンドブレーキやサーボブレーキとは互換性が無いので取り付けられません。

ローラーブレーキがついている自転車はもともとパーツが組み込まれているので、互換性が無いのです。
なので、どうしてもローラーブレーキがついているのでなくては嫌だ!という方は最初から付いているものを購入すると良いですね。

自転車の後輪ブレーキの音を消すために油を使ってもいいの?

自転車の金属音がうるさい場合や錆びてしまって自転車の調子が良くない場合は油を使えば直るのでは?と考える人も多いですよね。
その考えの通り場所によっては注油することで動きが良くなったり音が鳴ってしまうのを解消することができます。

しかし、自転車には油が付着してはだめな場所があるので、なんの知識もなく注油をしてしまうのは大変危険です。
自転車のどこに油が付着してはいけないかわかっていますか?ゴム製品が使われている部分が付着してはいけない場所です。

なぜ付着してはいけないのでしょうか?
その理由は、ゴム部分に油が付着してしまうと大変滑りやすくなってしまい、自転車の本来の機能を果たせなくなってしまうからです。
同時に乗車する方の身の安全が守れなくなってしまうのです。

注油をする時は自転車の構造をしっかりと調べ、付着しないように対策を取って気をつけながらやりましょう。
不安な方は専門店でもやってもらえるので、無理をせずにお願いしましょう。
自分でやるよりもお店でやってもらう方が早いですよ!

自転車のローラーブレーキの音はグリスで解消できます

自転車のローラーブレーキの音はグリスで解消できます。

グリスの入れ方ですが、まずはゴムキャップを外し、なるべく細めのマイナスドライバーを差し込んで持ち上げます。
細いマイナスドライバーじゃないとゴムキャップが外しにくいです。この時ゴム片が飛んでいかないように気をつけましょう。
ゴムキャップは非常に小さく無くしやすいのでトレーなどに入れておきましょう。

次にチューブを奥まで差し込んでグリスを10グラム程入れます。10グラムといっても量にすると結構なものですね。
グリスがブレーキの隙間から溢れてきたら布などで拭き取りましょう。

最後にグリスを入れながらタイヤを回してグリスをブレーキに馴染ませ、ゴムキャップを取り付けて終了です。

ゴムキャップがなくなってしまったり潰れてしまった場合はビニールテープなどを貼り付けてホコリが入らないようにしましょう。

グリスを入れた場所からホコリが入らなければ良いので、他にも対処法はたくさんありますよ!

こうしてグリスを入れると気になる音は解消されていることでしょう!