注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

洗濯物のハンガーが飛ばないようにする方法やアイテムを紹介

洗濯物のハンガーが飛ばないようにするにはどうしたらいいのでしょうか?

そこまで風強くない日でも、ハンガーにかけた洗濯物は飛ばされてしまったり寄ってしまったりしますよね。

一日、干していたのに寄ってしまうと完全に乾ききっていないなんて事も…そんなことにならないようにこんな工夫やアイテムを使ってみてはどうでしょうか?おすすめな対処方法を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

朝顔の支柱が足りないほどつるが伸びた場合の対処法を紹介

元気な朝顔。朝顔のつるがどんどん伸びていき、最初に立てた支柱が足りなくなる位大きくなることもあります...

油絵用パレットのお手入れ方法!カチカチになった時の対処法

油絵を描いた後には、毎回忘れずに掃除とお手入れをするというのが基本ですが、うっかり忘れて固まってしま...

100均ボンドの正しい使い方!布用ボンドで簡単ハンドメイド

100均には色々なタイプのボンドがありますよね。 その中の一つに布用のボンドがありますが、100均...

【那須旅行】子連れも楽しめるおすすめ観光スポットとグルメ情報

子連れで那須旅行を計画している人に、家族みんなで楽しめる那須のおすすめ観光スポットをご紹介します。 ...

紙粘土を乾燥する時に注意して、ひび割れができないようにしよう

紙粘土を使って何かものを作ろうと思っても、初心者だとどうしてもひび割れができてしまいますよね。 ...

重曹を使ったお風呂のカビ退治の方法。浴室の天井まで全体掃除

お風呂のカビは大きいカビから小さいカビまでいつの間にか発生しています。 お風呂のカビ落としの強...

家族の結婚にまつわる夢占い!夢の暗示とこれから起きる出来事

家族が結婚をする夢や、自分が家族と結婚する夢など、家族の結婚に関する夢を見た時、その夢が一体どんなこ...

車のシャンプーの泡立て方!ポイントはバケツに入れる水の力加減

車のシャンプーの泡立て方がわからず、泡がない状態で車を洗っていませんか? 車のシャンプーは洗顔と一...

お風呂掃除道具の置き場に困った時のアイディアと収納術

お風呂掃除の道具の置き場はどこにしていますか? 大きく分けると浴室の中に置く場合と、浴室の外に置く...

男性シャツのボタンが女性と逆の位置なのはなぜ?の謎に迫る

男性用と女性用のシャツでは、ボタンの位置が違うのはご存知でしょうか。 男性のシャツは前ボタンが右、...

重曹で消臭剤を作ろう!トイレの消臭方法と重曹を使った掃除方法

なかなか消えないトイレの嫌な臭いは、重曹を使って作る消臭剤で臭いを解消することができます。 重...

色を混ぜると黒になるのはナゼ?黒く見える理由について

色をどんどん混ぜると黒になるのはどうしてでしょうか?子どもに聞かれてたときには、このように説明してあ...

押し花のしおりの作り方!ラミネートや牛乳パックを使う方法

押し花を綺麗な状態で保存したいと思ったら、押し花でしおりを作って保存する方法がおすすめです。押し花で...

布を染色する方法!色々な物を使ってキレイに布を染色してみよう

染料を使えば、自分で布を簡単に染色することができます。身近にあるものを使って染色する方法や、天然素材...

流れ星に願い事をすると叶うと言われる由来は?強く願う心が大事

「流れ星が流れている間に3回願い事を唱えることができるとその願い事が叶う」という言い伝えを耳にした事...

スポンサーリンク

洗濯物をかけたハンガーを飛ばないようにするには輪ゴム

洗濯物の外干しは、風が強い日に洗濯物が飛ばされてしまうという心配があります。ハンガーごと風に飛ばされてしまった経験がある人もいるのではないでしょうか。

洗濯物を外干しするときは、輪ゴムを使うことでハンガーが飛ばないように対処をすることができます。

輪ゴムを使った飛ばない対策

輪ゴムを2本用意し、ハンガーの物干し竿にかけるカーブ部分に巻き付けます。

なるべくゴムに緩みやたわみが出ないように、しっかりと巻きつけるのがコツです。

物干し竿に引っ掛ける、ハンガーのカーブしている部分全てに輪ゴムを巻き付ければ、ハンガーが飛ばないようにする対策の完了です。

輪ゴムをハンガーのカーブしている部分に巻き付けることで、風で飛ばないだけでなく、ハンガーがずれてしまわないようにすることもできます。

簡単な方法ですので、是非試してみてください。

洗濯物が飛ばないハンガーにするのもおすすめ

世の中には、洗濯物が飛ばないような工夫がされたハンガーも売られています。通常のハンガーは、物干し竿にかける部分がカーブして引っ掛けられるようになっていますが、それだと風に煽られてハンガーが飛ばされてしまうことがあります。

ですが、ハンガーの中にはこのカーブして引っ掛けるようになっている部分が、物干し竿に挟めるようなデザインになっているものもあります。

屋外ではクリップ状のハンガーが便利

クリップ状になっている部分で物干し竿を挟むことで、ハンガーや洗濯物を飛ばさないように干せるという仕組みです。

普通のハンガーをY字型の洗濯バサミで挟んで固定するという方法もある

Y字型の洗濯ばさみでハンガーを挟むことでハンガーを固定することができるため、少々の風に煽られただけでは洗濯物が飛んで行きません。

ですが、強風に煽られたときは、ハンガーを挟むY字型の洗濯バサミが外れてしまうことがあるため、風が強い日にはあまりおすすめできません。

ハンガーにかけた洗濯物が飛ばないようにする工夫も大切

洗濯物をかけたハンガーを風に飛ばされないようにするには、自分でしっかりと対策をすると良いです。

飛ばない様に工夫されたアイテムを活用する

風が強い日に使えるアイテムとして、便利なものも売られていますので、そういったアイテムを活用すると良いですよ。

洗濯物をロープを使って干す方法もあります。ロープ自体にハンガーをかける穴が空いているデザインの物がありますので、これを利用すれば風に飛ばされにくくなります。

また、物干し竿にハンガーを掛けてもズレないようにする、ハンガーを止めておくグッズもあります。物干し竿にこのグッズを装着し、ハンガーがズレないようにすることで対策をしましょう。

この他にも、物干し竿自体にハンガーを引っ掛ける場所が付いているものもありますので、こうした物干し竿を活用するのもおすすめです。

洗濯物が風で飛ばされることを予防するには色々な工夫があります。ハンガーが飛んでしまわないように、自分でしっかりと工夫をしましょう。

洗濯物が飛ばないようにするコツ

洗濯物が飛んで行くのを防ぎたいときは、干し方にもコツがあります。

洗濯ネットを利用する

乾きやすい衣類に限ってですが、洗濯物を洗濯ネットに入れたまま外干しをすることで、ハンガーにかけたときのように洗濯物が飛んでいくことを予防することができます。

飛ばない工夫

また、物干し竿にビニールテープを結わえ、ハンガーの輪(三角形)になっている部分にビニールテープを通して風で飛ぶことを予防する干し方もあります。

ハンガーの物干し竿に引っ掛ける部分は通常通りに物干し竿にかけますが、その下の輪(三角形)の部分にビニールテープを通すだけで、ハンガーの引っ掛ける部分が物干し竿から外れても飛んでいくことを予防することができます。

この他にも、ゴム素材の縄跳びを物干し竿に巻き付け、ハンガーがズレて飛ばされることを予防するという方法もあります。

洗濯物が飛ばされないように干すには、いろんなアイデアを駆使して干すことがうまく干すコツになるのです。

洗濯物が飛ぶくらい風が強い日は室内で干しましょう

洗濯物がハンガーごと風に飛ばされてしまうことが心配なときは、そもそも外に干さずに部屋干しにするという選択肢もあります。

お日様が出て洗濯物がよく乾きそうなときは、できれば洗濯物を外に干して気持ちよくお洗濯がしたいと考えるものです。

でも、風で洗濯物が飛ばされてしまうと、外に干したことを後悔することになります。

「外に干したら洗濯物が飛んでいくかもしれない」と思うくらいに風が強い日は、いくら天気が良くても、洗濯物を外に干すことを諦めて部屋の中で干すようにしましょう。風が強いときに外干しすると、外のホコリやゴミが風に飛ばされて洗濯物が汚れてしまう可能性もあります。