注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

洗濯物のハンガーが飛ばないようにする方法やアイテムを紹介

洗濯物のハンガーが飛ばないようにするにはどうしたらいいのでしょうか?

そこまで風強くない日でも、ハンガーにかけた洗濯物は飛ばされてしまったり寄ってしまったりしますよね。

一日、干していたのに寄ってしまうと完全に乾ききっていないなんて事も…そんなことにならないようにこんな工夫やアイテムを使ってみてはどうでしょうか?おすすめな対処方法を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ベッドとベット、どちらが正しいのかその答えを教えます

ベッドのことをベットという人もいますが、英語表記は「BED」なのでベットは間違いではないかと考えてい...

フレーム修理して車に乗ってもいいが破損が激しい場合は考えよう

フレームのちょっとした歪みくらいなら、わざわざ車を修理しなくても問題ないのでは?と思っていませんか?...

学習机を解体するやり方・手順・必要な道具を紹介

学習机を解体するやり方を知りたい! 子供が巣立って、不要になってしまった学習机。 高校生にな...

洗濯物は雨よけカバーをしておけば安心?特徴を紹介します

洗濯物を干すときに雨よけカバーをつけたいのだけれど、家に合うのはどんなもの?雨除けカバーはいくつか種...

モルタルの玄関は後悔しやすい?モルタルのメリット・デメリット

モルタルの玄関にはどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか? 後悔しない玄関作りには、...

ポリエステルのアイロン失敗のテカリを目立たなくする方法

ご主人のスーツや子供たちの制服などにアイロンをかけた時に、テカってしまった事やテカリが気になったこと...

クリスマスはハンドメイドで子供と一緒に楽しく手作り

クリスマスが近くなるとお部屋の中もクリスマツリーを飾ったり、クリスマス仕様の飾り付けをしたりと、大人...

正月に神社にお供えする酒や、振る舞い酒について詳しく調査

お正月に神社へ初詣でに行ったら、振る舞い酒を頂ける所もありますね。 お神酒ともいいますが、お神...

【将棋の厳しい世界】女性が弱いと言われる理由と女流棋士の現実

将棋を始める子供が増えてきていますが、実は将棋の世界では男性よりも女性の方が弱いと言われているようで...

重曹とクエン酸は洗濯槽掃除に向いてる?使用方法と注意点

重曹とクエン酸は様々な場所の掃除に使える便利な洗剤です。キッチンや浴槽の他にも洗濯槽掃除に使用してい...

重曹洗顔で毛穴もスッキリ!正しいやり方と注意点やおすすめ頻度

重曹を洗顔に使うだけで気になる毛穴の汚れが落とせるのを知っていますか? いつも掃除に使っている重曹...

布に付いたボンドの落とし方!身近なものを使って剥がす方法

布にボンドがついてしまうと、普通の洗濯では落とせなく、もうこれは落ちないものとして諦めてしまう方も多...

海外の海へ行く時の貴重品はどうする?安心出来る管理の方法

家族で初めての海外旅行。家族旅行といえばハワイやグアムなど人気ですが、海で遊ぶ時に心配なのが貴重品の...

沖縄でタクシーを貸切るメリットとタクシー会社を選ぶポイント

沖縄旅行をする際に重要になるのが、移動手段です。 そこでおすすめしたいのが、タクシーを貸切っての移...

ブレーキのイヤなキーキー音の原因と対処法!自転車メンテナンス

自転車は学生さんにとっても、主婦にとっても大切な足です。毎日のように自転車を使うという方も多いですよ...

スポンサーリンク

洗濯物をかけたハンガーを飛ばないようにするには輪ゴム

洗濯物の外干しは、風が強い日に洗濯物が飛ばされてしまうという心配があります。ハンガーごと風に飛ばされてしまった経験がある人もいるのではないでしょうか。

洗濯物を外干しするときは、輪ゴムを使うことでハンガーが飛ばないように対処をすることができます。

輪ゴムを使った飛ばない対策

輪ゴムを2本用意し、ハンガーの物干し竿にかけるカーブ部分に巻き付けます。

なるべくゴムに緩みやたわみが出ないように、しっかりと巻きつけるのがコツです。

物干し竿に引っ掛ける、ハンガーのカーブしている部分全てに輪ゴムを巻き付ければ、ハンガーが飛ばないようにする対策の完了です。

輪ゴムをハンガーのカーブしている部分に巻き付けることで、風で飛ばないだけでなく、ハンガーがずれてしまわないようにすることもできます。

簡単な方法ですので、是非試してみてください。

洗濯物が飛ばないハンガーにするのもおすすめ

世の中には、洗濯物が飛ばないような工夫がされたハンガーも売られています。通常のハンガーは、物干し竿にかける部分がカーブして引っ掛けられるようになっていますが、それだと風に煽られてハンガーが飛ばされてしまうことがあります。

ですが、ハンガーの中にはこのカーブして引っ掛けるようになっている部分が、物干し竿に挟めるようなデザインになっているものもあります。

屋外ではクリップ状のハンガーが便利

クリップ状になっている部分で物干し竿を挟むことで、ハンガーや洗濯物を飛ばさないように干せるという仕組みです。

普通のハンガーをY字型の洗濯バサミで挟んで固定するという方法もある

Y字型の洗濯ばさみでハンガーを挟むことでハンガーを固定することができるため、少々の風に煽られただけでは洗濯物が飛んで行きません。

ですが、強風に煽られたときは、ハンガーを挟むY字型の洗濯バサミが外れてしまうことがあるため、風が強い日にはあまりおすすめできません。

ハンガーにかけた洗濯物が飛ばないようにする工夫も大切

洗濯物をかけたハンガーを風に飛ばされないようにするには、自分でしっかりと対策をすると良いです。

飛ばない様に工夫されたアイテムを活用する

風が強い日に使えるアイテムとして、便利なものも売られていますので、そういったアイテムを活用すると良いですよ。

洗濯物をロープを使って干す方法もあります。ロープ自体にハンガーをかける穴が空いているデザインの物がありますので、これを利用すれば風に飛ばされにくくなります。

また、物干し竿にハンガーを掛けてもズレないようにする、ハンガーを止めておくグッズもあります。物干し竿にこのグッズを装着し、ハンガーがズレないようにすることで対策をしましょう。

この他にも、物干し竿自体にハンガーを引っ掛ける場所が付いているものもありますので、こうした物干し竿を活用するのもおすすめです。

洗濯物が風で飛ばされることを予防するには色々な工夫があります。ハンガーが飛んでしまわないように、自分でしっかりと工夫をしましょう。

洗濯物が飛ばないようにするコツ

洗濯物が飛んで行くのを防ぎたいときは、干し方にもコツがあります。

洗濯ネットを利用する

乾きやすい衣類に限ってですが、洗濯物を洗濯ネットに入れたまま外干しをすることで、ハンガーにかけたときのように洗濯物が飛んでいくことを予防することができます。

飛ばない工夫

また、物干し竿にビニールテープを結わえ、ハンガーの輪(三角形)になっている部分にビニールテープを通して風で飛ぶことを予防する干し方もあります。

ハンガーの物干し竿に引っ掛ける部分は通常通りに物干し竿にかけますが、その下の輪(三角形)の部分にビニールテープを通すだけで、ハンガーの引っ掛ける部分が物干し竿から外れても飛んでいくことを予防することができます。

この他にも、ゴム素材の縄跳びを物干し竿に巻き付け、ハンガーがズレて飛ばされることを予防するという方法もあります。

洗濯物が飛ばされないように干すには、いろんなアイデアを駆使して干すことがうまく干すコツになるのです。

洗濯物が飛ぶくらい風が強い日は室内で干しましょう

洗濯物がハンガーごと風に飛ばされてしまうことが心配なときは、そもそも外に干さずに部屋干しにするという選択肢もあります。

お日様が出て洗濯物がよく乾きそうなときは、できれば洗濯物を外に干して気持ちよくお洗濯がしたいと考えるものです。

でも、風で洗濯物が飛ばされてしまうと、外に干したことを後悔することになります。

「外に干したら洗濯物が飛んでいくかもしれない」と思うくらいに風が強い日は、いくら天気が良くても、洗濯物を外に干すことを諦めて部屋の中で干すようにしましょう。風が強いときに外干しすると、外のホコリやゴミが風に飛ばされて洗濯物が汚れてしまう可能性もあります。