注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

洗濯物のハンガーが飛ばないようにする方法やアイテムを紹介

洗濯物のハンガーが飛ばないようにするにはどうしたらいいのでしょうか?

そこまで風強くない日でも、ハンガーにかけた洗濯物は飛ばされてしまったり寄ってしまったりしますよね。

一日、干していたのに寄ってしまうと完全に乾ききっていないなんて事も…そんなことにならないようにこんな工夫やアイテムを使ってみてはどうでしょうか?おすすめな対処方法を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

危険運転で通報した時のドラレコの効果とは?もし被害にあったら

最近よく目にする危険運転によるニュース。 被害者が警察に通報する際、ドラレコの映像が決めてとなるケ...

歯ブラシの後に歯磨き粉が残る方へ。歯磨き粉の適量について

歯ブラシをし終わった後に、口の中に歯磨き粉が残ると感じる方はいませんか? もしかして、歯磨き粉の量...

ミニトマトの葉っぱについた白い線に注意!その正体とは

大切に育てているミニトマトの葉っぱになにやら白い線がある場合、何かの病気にかかってしまったのではない...

風呂掃除のブラシやスポンジの置き場は?様々な置き場やアイデア

風呂掃除をしていると、ふと掃除グッズの置き場が気になることありませんか?なんだかスッキリとしない、掃...

駐車場のコンクリートの隙間に適しているのは?隙間の埋め方

コンクリートの駐車場で隙間があるときには、どんなもので埋めたらいいのでしょうか? 駐車場を作るとき...

黒ずみ【ひじ・ひざ】手軽に解消できる!簡単ケアと予防法を紹介

ひじやひざには古い角質が溜まりやすく、気がつくと年齢とともに黒ずみになってしまうことがあります。そん...

便箋を入れる封筒を手作り!周りと差がつく可愛い封筒の作り方

便箋を入れたり、ちょっとしたメモを渡す時に使用する封筒。可愛いものが沢山販売されていますが、簡単に手...

生地を裁断する時にまっすぐ切れない…。何か良い方法は

ハンドメイドでバッグや小物などを作るのは楽しいですよね。 しかし、最初にぶち当たる壁としてあるある...

漏電ブレーカーが上がらない原因と対処法!漏電放置は危険です

漏電が原因でブレーカーが落ち、ブレーカーが上がらない状態にしていると生活が不便になってしまいます。 ...

バレエ(子供)の髪型のコツやポイントシニヨンヘアについて

子供がバレエに通うのだけれど、髪型をどのようにしたらいいのかわからない…というときにはまずシニヨンヘ...

日本の治安の良さに対して海外の人はかなり驚いています

海外から日本にやってくる観光客のほとんどが治安の良さに驚いているとテレビでもよく放送されていますよね...

バラの消毒をするときの方法とは?ポイントや注意点を紹介します

バラの消毒をするときにはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか? バラの消毒をするタイミング...

洗濯物の生乾きから発生する嫌な臭いの原因と対処方法について

夏場になると湿気が多くなり、途端に洗濯物が乾きにくくなって困りますよね。洗濯物の乾きが悪くなると、一...

リュックのファスナーが壊れた時の修理方法を症状別に解説!

リュックのファスナーが壊れた時、自分で修理することができれば費用もかからず捨てずに済みます。 まず...

【上靴の洗い方】黒く汚れた上靴を簡単にきれいにする方法

真っ白な学校指定の上靴が、お家に持って変える頃にはしっかりと汚れが付着。黒く汚れが目立つようになりま...

スポンサーリンク

洗濯物をかけたハンガーを飛ばないようにするには輪ゴム

洗濯物の外干しは、風が強い日に洗濯物が飛ばされてしまうという心配があります。ハンガーごと風に飛ばされてしまった経験がある人もいるのではないでしょうか。

洗濯物を外干しするときは、輪ゴムを使うことでハンガーが飛ばないように対処をすることができます。

輪ゴムを使った飛ばない対策

輪ゴムを2本用意し、ハンガーの物干し竿にかけるカーブ部分に巻き付けます。

なるべくゴムに緩みやたわみが出ないように、しっかりと巻きつけるのがコツです。

物干し竿に引っ掛ける、ハンガーのカーブしている部分全てに輪ゴムを巻き付ければ、ハンガーが飛ばないようにする対策の完了です。

輪ゴムをハンガーのカーブしている部分に巻き付けることで、風で飛ばないだけでなく、ハンガーがずれてしまわないようにすることもできます。

簡単な方法ですので、是非試してみてください。

洗濯物が飛ばないハンガーにするのもおすすめ

世の中には、洗濯物が飛ばないような工夫がされたハンガーも売られています。通常のハンガーは、物干し竿にかける部分がカーブして引っ掛けられるようになっていますが、それだと風に煽られてハンガーが飛ばされてしまうことがあります。

ですが、ハンガーの中にはこのカーブして引っ掛けるようになっている部分が、物干し竿に挟めるようなデザインになっているものもあります。

屋外ではクリップ状のハンガーが便利

クリップ状になっている部分で物干し竿を挟むことで、ハンガーや洗濯物を飛ばさないように干せるという仕組みです。

普通のハンガーをY字型の洗濯バサミで挟んで固定するという方法もある

Y字型の洗濯ばさみでハンガーを挟むことでハンガーを固定することができるため、少々の風に煽られただけでは洗濯物が飛んで行きません。

ですが、強風に煽られたときは、ハンガーを挟むY字型の洗濯バサミが外れてしまうことがあるため、風が強い日にはあまりおすすめできません。

ハンガーにかけた洗濯物が飛ばないようにする工夫も大切

洗濯物をかけたハンガーを風に飛ばされないようにするには、自分でしっかりと対策をすると良いです。

飛ばない様に工夫されたアイテムを活用する

風が強い日に使えるアイテムとして、便利なものも売られていますので、そういったアイテムを活用すると良いですよ。

洗濯物をロープを使って干す方法もあります。ロープ自体にハンガーをかける穴が空いているデザインの物がありますので、これを利用すれば風に飛ばされにくくなります。

また、物干し竿にハンガーを掛けてもズレないようにする、ハンガーを止めておくグッズもあります。物干し竿にこのグッズを装着し、ハンガーがズレないようにすることで対策をしましょう。

この他にも、物干し竿自体にハンガーを引っ掛ける場所が付いているものもありますので、こうした物干し竿を活用するのもおすすめです。

洗濯物が風で飛ばされることを予防するには色々な工夫があります。ハンガーが飛んでしまわないように、自分でしっかりと工夫をしましょう。

洗濯物が飛ばないようにするコツ

洗濯物が飛んで行くのを防ぎたいときは、干し方にもコツがあります。

洗濯ネットを利用する

乾きやすい衣類に限ってですが、洗濯物を洗濯ネットに入れたまま外干しをすることで、ハンガーにかけたときのように洗濯物が飛んでいくことを予防することができます。

飛ばない工夫

また、物干し竿にビニールテープを結わえ、ハンガーの輪(三角形)になっている部分にビニールテープを通して風で飛ぶことを予防する干し方もあります。

ハンガーの物干し竿に引っ掛ける部分は通常通りに物干し竿にかけますが、その下の輪(三角形)の部分にビニールテープを通すだけで、ハンガーの引っ掛ける部分が物干し竿から外れても飛んでいくことを予防することができます。

この他にも、ゴム素材の縄跳びを物干し竿に巻き付け、ハンガーがズレて飛ばされることを予防するという方法もあります。

洗濯物が飛ばされないように干すには、いろんなアイデアを駆使して干すことがうまく干すコツになるのです。

洗濯物が飛ぶくらい風が強い日は室内で干しましょう

洗濯物がハンガーごと風に飛ばされてしまうことが心配なときは、そもそも外に干さずに部屋干しにするという選択肢もあります。

お日様が出て洗濯物がよく乾きそうなときは、できれば洗濯物を外に干して気持ちよくお洗濯がしたいと考えるものです。

でも、風で洗濯物が飛ばされてしまうと、外に干したことを後悔することになります。

「外に干したら洗濯物が飛んでいくかもしれない」と思うくらいに風が強い日は、いくら天気が良くても、洗濯物を外に干すことを諦めて部屋の中で干すようにしましょう。風が強いときに外干しすると、外のホコリやゴミが風に飛ばされて洗濯物が汚れてしまう可能性もあります。