注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

漏電ブレーカーが上がらない原因と対処法!漏電放置は危険です

漏電が原因でブレーカーが落ち、ブレーカーが上がらない状態にしていると生活が不便になってしまいます。

電気がつかないと、暗闇の中で過ごすことになったり、電化製品を使用することができなくなってしまいますよね。

漏電が原因でブレーカーが落ちたのは、一体どんなことが原因になるのでしょうか。漏電の原因や対処法を知って、停電を解消できるようにしましょう。

また、漏電している状態を放置すると、危険が及んでしまうこともあります。原因と対策をしることで、適切に対処できるようにしてください。

快適に生活ができるようにしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

着物のオークションで失敗しないためのポイントについて徹底解説

着物を楽しみたい女性にとって、一般の着物専門店よりも安く購入できるオークションはとても魅力的に映るで...

ポリエステル100%コートの特徴や欠点、コートを選ぶポイント

コートを選ぶ時、素材もチェックしていますか? ポリエステル100%のコートもありますが、あなたが4...

部屋干ししたら嫌な臭いが…。臭いを消す方法について知りたい

外が雨だったり、花粉が多く飛んでいる時などは、洗濯物を部屋干しする必要があります。 しかし、部屋干...

押し花の作り方とは?しおりにするときのコツとポイント

押し花でしおりをきれいにおさめたいときにはどのような作り方が適しているのでしょうか? 押し花の...

自転車の後輪ブレーキの音の原因を知って正しく対処しよう

自転車、特にママチャリに乗っていると、後輪ブレーキをかけた時にキーッと音が鳴ることがありますよね。そ...

100均で購入ができるライト!自転車用ライトをご紹介

自転車のライトが知らないうちに外れてしまっていたり、購入時にライトがついていない場合もあります。 ...

お風呂掃除道具の置き場に困った時のアイディアと収納術

お風呂掃除の道具の置き場はどこにしていますか? 大きく分けると浴室の中に置く場合と、浴室の外に置く...

韓国で絶対に食べたい話題のグルメ!日本人に人気の韓国グルメ

海外旅行の楽しみは観光だけでなく、美味しいものを食べるというのも重要ですよね。話題になっているグルメ...

100均のペンキを使用したアンティークペイントについてご紹介

インテリアを小物を使ってアンティークに変身させたい!そんな時に便利なのが100均のペンキです。 ...

重曹で消臭剤を作ろう!トイレの消臭方法と重曹を使った掃除方法

なかなか消えないトイレの嫌な臭いは、重曹を使って作る消臭剤で臭いを解消することができます。 重...

ラジエーター液の補充方法と古い液かどうかを見分ける方法を解説

ラジエーター液を補充しようと思っても、エンジンルームを開けてとなるとなんとなく難しいと感じてしまいま...

風呂掃除のブラシやスポンジの置き場は?様々な置き場やアイデア

風呂掃除をしていると、ふと掃除グッズの置き場が気になることありませんか?なんだかスッキリとしない、掃...

レースの代表的な種類と名前。レースの特徴について

一言でレースと言っても、レースにはさまざまな名前のものがあり、とても種類が多いのが特徴です。 そこ...

スイカの受粉に失敗する原因と人工授粉の方法・つるボケについて

スイカを育てている人の中には、なかなかスイカの実が実らずに頭を悩ませている人もいますよね。スイカの実...

傘の生地の再利用方法!生地の外し方とおすすめリメイク

傘の骨が折れてしまった場合には、ゴミとして処分する方がほとんどだと思います。 特に小学生のお子様な...

スポンサーリンク

漏電ブレーカーが上がらない!漏電について

漏電は、電気が漏れている状態のことです

私たちの身近にある電気は、付いて当たり前と思って過ごしている人がほとんどではないでしょうか。

停電になって電気が使えなくなったことではじめて電気のありがたさに気が付くこともあります。

便利な生活家電も昔と比べると格段に増えたことで、生活の中で電気を使う頻度も比例して増えています。

地域全体の停電なら、時間が経てば電気が復旧するのでまだ安心ですが、家の中の漏電が原因でブレーカーが落ちてしまうと、どうしたら良いのか分からなくなってしまう人も多いでしょう。

漏電とは、文字通り”電気が電子回路から漏れている”という状態のことです。

家の中にある電気配線や電気機器の絶縁状態が何らかの原因により悪化し、電気が回路から漏れ出てしまう現象です。

おもな原因としては、電線の劣化や破損、または防水性のない電化製品が水没することが考えられます。

漏電ブレーカーが上がらないのはなぜ?漏電の原因

緩んでいるコンセントプラグや細い配線に注意

漏電と聞くと、大きな電力を使う電気製品で起こると思いがちですが、それだけが原因とは限りません。

例えば、細い電線に負荷をかけ過ぎたために電線がショートしてしまい、絶縁状態が剥がれることもあります。

スマホを充電するのに、常にコンセントに差しっぱなしにしているコード。

このコードには電気が流れているので、このコンセント周辺に埃が溜まっていると、埃が電気を通す助けになり、ショートを引き起こしてしまうことがあります。

また、差込口にしっかりとささっていないコンセントプラグも漏電の原因になり得ます。
プラグが緩んだ状態が長く続くことで、電気の抵抗も大きくなり、発熱して場合によっては発火してしまうという怖い危険性を含んでいるのです。

漏電ブレーカーが上がらないときは雨漏りが原因の可能性も

雨漏りを見つけたら早急に対処することが大切

スコールのような激しい雨や突風、雷など、日本各地で異常気象が頻繁に起こっていますよね。

そんな異常気象に家が耐えきれず、窓や建具が損傷を受けたという人もいるでしょう。

特に家の屋根や天井に損傷があると、”雨漏り”が起こってしまうことがあります。

少しの雨漏りだからと、雨漏りをそのまま放置してしまうと損傷箇所が広がり、家の中に大量の水が流れ込んでしまうこともあります。

そして、それらの水がブレーカーや電気配線を濡らし、漏電してしまうケースがあるのです。

水は電気をよく通すため、雨漏りと漏電を放置しているとそれが原因で火災につながってしまうことも。

雨漏りと漏電は、どちらも放置せず、早急に対処することが大切です。

漏電をそのままにしておくのは危険

漏電を放置して起こり得ること

家にあるブレーカーは、家の電気配線を管理する言わば司令塔の役割があります。

ブレーカーの中の”漏電ブレーカー”が落ちるということは、家のどこかで電気が漏れているという危険な状態を指しています。

漏電ブレーカーは、家の配線の中で漏電している箇所を見つけると遮断してくれる言わば漏電遮断器です。

漏電した状態をそのままにしてしまうと、室内に電気が流れているという状態なので、電気代が跳ね上がるという経済的な問題の他に、ふとした瞬間に感電してしまったり、漏電している部分から火災が起こってしまうということもあります。

漏れている電気の量によって、軽いしびれのような感電もありますが、大きな電気に感電すると命の危険性もあります。

また、漏電していない家電製品に過剰な電気が流れて、正常な家電製品を壊してしまうこともあります。

漏電を放置して良いことは1つもありません。

時には命も奪ってしまう恐ろしい現象なので、早急に対処するようにしましょう。

漏電ブレーカーが上がらない時のブレーカーの上げ方

漏電ブレーカーが落ちたらまず行うこと

漏電ブレーカーが落ちたら、まず漏電している箇所を特定することが大切です。

漏電の原因は、電化製品か電気配線のどちらかです。

部屋ごとの安全ブレーカーをすべて落としたら、漏電箇所を特定するために1つずつスイッチを上げます。

漏電した箇所のスイッチは上げてもまた落ちてくるはずです。

こうして場所を特定したら、今度はその場所で使っている電化製品が漏電していないかをチェックします。

もし、電化製品に問題がなければ、壁の中にある電気配線が漏電の原因と考えられるので、専門の業者に依頼して漏電を早急に直してもらいましょう。

電気配線工事は、電気を扱うため「電気工事士」などの専門の資格がないと行えない作業です。

自分でやれそうと感じても、場合によってはさらに大きな事故に繋がることもあるので、電気配線工事は必ず専門の業者に依頼するようにしましょう。