注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

ニジマスの刺身のさばき方とは?コツをつかんで美味しく食べよう

釣ってきたニジマスは塩焼きにして食べる人が多いと言われていますが、刺身として食べる場合はどのようにさばけばいいのか悩みますよね。

事前に用意するものや基本的なさばき方とは?女性でも簡単にできる?

ニジマスを刺身にして食べてみよう!基本的なさばき方とそのコツについて詳しく説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

カステラを牛乳に浸す。牛乳をたっぷり含んだカステラ最強!

カステラと牛乳。相性抜群ですよね。 それには、きちんとした秘密があるんですよ。 カステラを牛...

お家で簡単アイスを作ろう!混ぜるだけで作れるアイスのレシピ

暑くなると冷たいものが恋しくなりますよね。お家の冷凍庫にアイスを常備している方も、多いのではないでし...

豚ひき肉を使った美味しい丼レシピ。ボリュームのある簡単丼

豚ひき肉はスーパーの安売りで多めに購入するということもよくありますよね。使い勝手の良いひき肉は、いろ...

ナスのさっぱりレシピ。レンジで作る簡単美味しいおかず

夏野菜の代表のひとつにナスがあります。ナスは夏の食卓にはよく登場する野菜です。 また、暑い日には食...

コーンスープ(粉末)の濃厚で美味しい飲み方とアレンジレシピ

粉末のコーンスープはクリーミーで体も温まり、寒い日の朝食などにも便利な食材ですよね。 日持ちもする...

カレーにチーズをトッピングするベストなタイミングを教えます

カレーのトッピングの中でもチーズは人気がありますが、専門店のような溶け具合にするためにはどうしたらい...

ナスとトマトで簡単美味しいレシピ!今日の晩ごはん

ナスとトマトがたっぷりとある時には、このナスとトマトを使って晩ごはんに美味しい料理を作りましょう。 ...

夕飯のおかずに作りたい子供がモリモリ食べる美味しいレシピ

今日の夕飯には子供の好きなおかずを作りたい、そう考えている方も多いと思います。いつもの好きな定番のお...

ナスとズッキーニとトマト缶で作る夏野菜たっぷり簡単レシピ

夏野菜のナスやズッキーニはトマトとの相性が抜群。手軽に作りたいという時には、トマト缶を使うのが便利で...

【塩唐揚げの人気レシピ】むね肉を使ってもおいしく作れます

塩唐揚げを作る時はもも肉を使った方がおいしいことはわかっていても、値段を見るとむね肉でもおいしく作る...

夕飯のレシピにおすすめな子供が喜ぶメニューについて知りたい

夕飯のレシピを考える時に、大人中心で考えてしまうと、子供が食べない可能性があります。 ですので、見...

ナスとズッキーニと豚肉を使った料理について知りたい

ナスは単体でも美味しいですが、ズッキーニや豚肉などと合わせて調理すると、また違った味わいがあります。...

【シリコン型でお菓子作り】基本的な使い方とコツを教えます

シリコン型を使えば、焼き菓子からシャーベットなどの冷凍のお菓子までいろいろ作れると言われていますよね...

簡単にできる朝ごはんおにぎり!おすすめは握るだけの混ぜご飯

できるだけ簡単に朝ごはんを作り子供には素早く食べ終えてほしいですよね。そんなときにおすすめなメニュー...

電子レンジでクッキーが焼ける?オーブンを使わない焼き方を紹介

クッキーを手作りするとなると、オーブンがなくてはダメ。そう思ってしまいませんか?実は意外とオーブンが...

スポンサーリンク

ニジマスの刺身のさばき方とは?その前に必要なものを準備しよう

ニジマスを美味しく食べるにはきれいにさばかなければなりません。
意外と魚をさばくのは難しく準備が重要になってきます。

ニジマスをさばく際に用意しておきたいものは

  • よく切れる包丁
  • まな板
  • 切ったニジマスを盛り付ける皿
  • 生ゴミ入れ
  • キッチンペーパー
  • ウロコ取り

などです。

準備万端にしてニジマスをさばき始めましょう。
ウロコ取りはペットボトルのキャップなどでも代用可能です。

必要なものを準備したらニジマスのさばく前の準備を行います。

ニジマスは流水でよく洗い、くさみやぬめりを取りましょう。
ウロコをしっかりと取ってからさばき始めましょう。

キッチンペーパーごしにニジマスを掴むと滑りにくくなるのでお試しください。

できるだけニジマスが新鮮なうちにさばいてしまいましょう。

三枚おろしができた後に刺身で食べるためのニジマスのさばき方とは?

三枚おろしが出来たらここからは身を刺し身の状態に切っていくだけです。

ニジマスは寝かせると更に美味しくなる刺し身です。
熟成すると食感が少し変わりますが味に旨味が出て深みが増します。

ニジマスのお刺身は一日ほど冷蔵庫で寝かせると、
旨味成分であるイノシン酸が増え味が濃くなります。

まろやかな歯ごたえのしっとりして深みのある味わいになるので、
お好みの熟成状態にしたら、身を一口大に斜めに削ぐように切り分けていきます。

しっかりと下処理を行い、捌いたニジマスですからきっと美味しい刺し身になっているはずですよ。

刺し身にする場合に行う皮引きは初心者には少し難しいものです。
プロでも失敗することがあるくらいの技術ですが、
コツを覚えると簡単にできるようになるそうです。

次の項目で皮引きについて詳しく説明していきます。

ニジマスを刺身にするための皮引きのコツとは?

ニジマスを刺し身にするための皮引きにはコツがあります。

皮引きは皮を下にして、皮と身の間に包丁を寝かせて刃を当てていきます。
その際に皮をしっかりとつかみ、動かしながら引っ張っていくと身と皮が離れていくはずです。

その際、最初はなるべく包丁を動かさず、皮の方を引っ張ってはがすようにすると失敗が少ないのだそうです。

キッチンペーパーなどを使って滑らないように皮をしっかりとつかみ、皮を一定の動きとスピードで引っ張っていきましょう。

こうした作業は慣れてしまうのが一番で、出来るようになるには数をこなすのが最も近道といえます。

きれいな刺し身を目指してニジマスをさばきまくり修行をしてもいいかもしれません。

多少形が崩れてしまっても、お魚事態は美味しくいただけますしあまり気を落とさずにさばいていきましょう。

釣ったニジマスは刺身が一番おいしい?

釣り上げたニジマスは新鮮ですから刺し身にするのが一番魅力的な食べ方といえるかもしれません。

しっかりとした処理を行えば熟成魚として、釣った直後の新鮮な状態と熟成した濃い味を楽しむことも出来ます。

ですがそうした処理ができるならば、カルパッチョなどにしても合うお魚なので和食以外に使ってみるのもいいかもしれません。

釣り堀などでは釣り上げたニジマスを塩焼きなどにしてまるごと食べさせてくれます。
こうした食べ方も素材の味を楽しめるうえ、ニジマスの白くふっくらした身を存分に味わえます。

ニジマスは脂が少なくあっさりとした味わいのお魚です。

ムニエルやフライなどの調理法にも合う万能なお魚ですので、刺し身以外にもいろいろなお料理に使ってみてください。

さばき方さえ覚えればお刺身からその他いろいろな料理まで楽しく作ることが出来ると思います。