注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

ニジマスの刺身のさばき方とは?コツをつかんで美味しく食べよう

釣ってきたニジマスは塩焼きにして食べる人が多いと言われていますが、刺身として食べる場合はどのようにさばけばいいのか悩みますよね。

事前に用意するものや基本的なさばき方とは?女性でも簡単にできる?

ニジマスを刺身にして食べてみよう!基本的なさばき方とそのコツについて詳しく説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

カプチーノの美味しい作り方とラテアートのコツ【自宅カフェ】

美味しいカプチーノを飲む時間は、リラックスできて至福のひと時ですよね。 お店でよくカプチーノを飲む...

お菓子作りの道具の収納方法。使いやすいキッチンの作り方

普段の料理には使わないけど、お菓子作りの時にだけ使う道具というのもいろいろとありますよね。 大きな...

コーンスープ(粉末)の濃厚で美味しい飲み方とアレンジレシピ

粉末のコーンスープはクリーミーで体も温まり、寒い日の朝食などにも便利な食材ですよね。 日持ちもする...

簡単朝ごはんを作るコツ!和食の朝ごはんの基本メニュー

朝は朝ごはんの支度や、お弁当作り、仕事へ行く用意とバタバタと忙しいですよね。時間がかかる朝ごはんの支...

茄子とひき肉レシピ。茄子が苦手な子供でも食べやすい茄子レシピ

お子様の中には、茄子がちょっと苦手というお子様もいます。親としては、何でも好き嫌いなく食べて欲しいと...

休日の夜ご飯はホットプレートで決まり。人気メニューが集合

休日くらいはご飯支度は簡単に済ませたいものですね。 夜ご飯の献立に困ったら、ホットプレートを使って...

ごぼうと大根、豚肉を使って今夜は絶品おかずを作ってみませんか

ごぼうと大根と豚肉の組み合わせは、和食のいろいろなおかずを作ることが最強の組み合わせとも言えるのでは...

ケーキのクリームの絞り方のポイント。デコレーションのコツ

自宅でケーキを焼いて、生クリームでデコレーションをしても、なかなかお店のような仕上がりにはなりません...

牛肉をお弁当のおかずに。柔らかい口当たりのおかずにするコツ

冷めても美味しいがお弁当のテーマだと思います。 牛肉は、繊維がしっかりしているので調理法を間違...

【簡単オカズ】夕飯に食べたいお肉のボリュームたっぷりレシピ

仕事で帰宅が遅くなると、夕飯の準備も大変です。なるべく時短で調理できて、美味しくて、ボリュームのある...

主婦の昼ごはんの節約術を紹介。実際に食べている物はコレ

主婦の皆さん昼ごはんは何を食べていますか。 他の主婦の方はどんなお昼ごはんを食べているのか気になり...

野菜を使ったおつまみ、ワインと相性の良いおすすめレシピ

ワインのおつまみと言えば、やっぱりチーズですよね。 チーズは美味しいのですが、食べ過ぎるとカロリー...

ホットケーキミックスと水でマグカップケーキが簡単に作れる

忙しい朝やすぐにおやつを食べたいと言われたときにはホットケーキミックスさえあれば簡単に朝食やおやつを...

白菜とツナ缶で旨味たっぷり!カレー風味の美味しいレシピ

カレーはいろいろな料理にアレンジができて、大人も子供も大好きな味ですよね。 使い切れなかった白菜が...

ピーマンの天ぷらの衣が剥がれない裏ワザとカラッと揚げるコツ

せっかく天ぷらが上手に出来たと思っても、なぜかピーマンの衣が剥がれてピーマンと衣だけになってしまいま...

スポンサーリンク

ニジマスの刺身のさばき方とは?その前に必要なものを準備しよう

ニジマスを美味しく食べるにはきれいにさばかなければなりません。
意外と魚をさばくのは難しく準備が重要になってきます。

ニジマスをさばく際に用意しておきたいものは

  • よく切れる包丁
  • まな板
  • 切ったニジマスを盛り付ける皿
  • 生ゴミ入れ
  • キッチンペーパー
  • ウロコ取り

などです。

準備万端にしてニジマスをさばき始めましょう。
ウロコ取りはペットボトルのキャップなどでも代用可能です。

必要なものを準備したらニジマスのさばく前の準備を行います。

ニジマスは流水でよく洗い、くさみやぬめりを取りましょう。
ウロコをしっかりと取ってからさばき始めましょう。

キッチンペーパーごしにニジマスを掴むと滑りにくくなるのでお試しください。

できるだけニジマスが新鮮なうちにさばいてしまいましょう。

三枚おろしができた後に刺身で食べるためのニジマスのさばき方とは?

三枚おろしが出来たらここからは身を刺し身の状態に切っていくだけです。

ニジマスは寝かせると更に美味しくなる刺し身です。
熟成すると食感が少し変わりますが味に旨味が出て深みが増します。

ニジマスのお刺身は一日ほど冷蔵庫で寝かせると、
旨味成分であるイノシン酸が増え味が濃くなります。

まろやかな歯ごたえのしっとりして深みのある味わいになるので、
お好みの熟成状態にしたら、身を一口大に斜めに削ぐように切り分けていきます。

しっかりと下処理を行い、捌いたニジマスですからきっと美味しい刺し身になっているはずですよ。

刺し身にする場合に行う皮引きは初心者には少し難しいものです。
プロでも失敗することがあるくらいの技術ですが、
コツを覚えると簡単にできるようになるそうです。

次の項目で皮引きについて詳しく説明していきます。

ニジマスを刺身にするための皮引きのコツとは?

ニジマスを刺し身にするための皮引きにはコツがあります。

皮引きは皮を下にして、皮と身の間に包丁を寝かせて刃を当てていきます。
その際に皮をしっかりとつかみ、動かしながら引っ張っていくと身と皮が離れていくはずです。

その際、最初はなるべく包丁を動かさず、皮の方を引っ張ってはがすようにすると失敗が少ないのだそうです。

キッチンペーパーなどを使って滑らないように皮をしっかりとつかみ、皮を一定の動きとスピードで引っ張っていきましょう。

こうした作業は慣れてしまうのが一番で、出来るようになるには数をこなすのが最も近道といえます。

きれいな刺し身を目指してニジマスをさばきまくり修行をしてもいいかもしれません。

多少形が崩れてしまっても、お魚事態は美味しくいただけますしあまり気を落とさずにさばいていきましょう。

釣ったニジマスは刺身が一番おいしい?

釣り上げたニジマスは新鮮ですから刺し身にするのが一番魅力的な食べ方といえるかもしれません。

しっかりとした処理を行えば熟成魚として、釣った直後の新鮮な状態と熟成した濃い味を楽しむことも出来ます。

ですがそうした処理ができるならば、カルパッチョなどにしても合うお魚なので和食以外に使ってみるのもいいかもしれません。

釣り堀などでは釣り上げたニジマスを塩焼きなどにしてまるごと食べさせてくれます。
こうした食べ方も素材の味を楽しめるうえ、ニジマスの白くふっくらした身を存分に味わえます。

ニジマスは脂が少なくあっさりとした味わいのお魚です。

ムニエルやフライなどの調理法にも合う万能なお魚ですので、刺し身以外にもいろいろなお料理に使ってみてください。

さばき方さえ覚えればお刺身からその他いろいろな料理まで楽しく作ることが出来ると思います。