注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

なすが美味しいグラタンのレシピ。簡単レシピやなすと合う材料

好きな野菜がなすという方も多いでしょう。なすは和洋中、色々なメニューに使われますが、グラタンに入れてもおいしいですね。

なすは色々な食材と合うので、色々なアレンジが楽しめるのも嬉しいポイントです。

では早速、なすを使ったグラタンのレシピを紹介します。

なすと相性が合う材料は、ひき肉、トマト、じゃがいも、きのこなど本当にたくさんあります。

またグラタンのソースを手作りする場合のレシピや、市販のミートソースを使うレシピもご覧ください。
グラタンのなすを美味しくいただくためのコツも紹介します。

たっぷりのチーズがのったなすのグラタンは、毎日食べたいくらいです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

味噌漬けの漬物がしょっぱい!塩抜きする?塩辛さを活かす調理法

味噌漬けの漬物がしょっぱい時には? 味噌漬けを付ける前に約20%の塩できゅうりやナスなどを漬け...

夏にカレーがいいと言われるのはなぜ?カレーが夏に最適な理由

『夏にはカレーがいい』という話は聞いたことがありますよね。 暑い夏に、なぜ暑いカレーを食べなく...

シフォンケーキの失敗で多い「生焼け」の原因と対策

ふっくらとフワフワしたシフォンケーキを自宅でも焼いてみたいですよね。 しかし、シフォンケーキは焼き...

豚挽き肉のお弁当レシピで簡単に作れるものを紹介します

豚挽き肉で簡単なお弁当レシピといえば、ハンバーグですよね。作り置きしておけば、忙しい朝に役に立ってく...

トマトソースの保存は瓶詰めが楽ちん保存方法や保存期間

トマトをたくさんいただいたときには、トマトソースを作っておくといいですよね。そんなときに家庭でもしや...

アイスクリームの作り方 !簡単だけ料理上級者に見えるレシピ

子供の頃に手作りのアイスクリームを食べたという方も多いと思います。 市販のアイスクリームとは違う、...

豆腐で作るチーズケーキ!ヨーグルトであっさりなめらか

チーズケーキを自宅で作る時には、たっぷりのクリームチーズにたっぷりの生クリームを使います。 コクが...

秋刀魚を美味しく食べるための冷蔵・冷凍保存の方法

秋刀魚は足が早い魚と言われます。そんな秋刀魚を保存するにはどのように保存すると良いのでしょうか? ...

ナスの美味しい作り置きレシピ!電子レンジで簡単時短調理

働く女性にとって、仕事で帰りが遅くなった時などに、作り置きできるおかずがあると助かります。ナスがたく...

【シュウマイレシピ】レンジで簡単美味しいシュウマイの作り方

シュウマイを自宅で手作りする時には、タネを包んで、蒸し器で蒸す、という方法が一般的ですが、蒸し器が自...

残った天ぷらをお弁当用にアレンジ!おすすめレシピをご紹介

夕食に天ぷらをたくさん作ってしまって、余ってしまう時もありますよね。 そんな場合は天ぷらをアレ...

ホットケーキミックスでパンを作りたい!しかも簡単に

ホットケーキミックスは、ケーキやクッキーだけではなく、パンも作れるってご存知でしたか? しかも、そ...

ナスとズッキーニと豚肉を使った料理について知りたい

ナスは単体でも美味しいですが、ズッキーニや豚肉などと合わせて調理すると、また違った味わいがあります。...

オリーブオイルの作り方、自家製オリーブオイルは揉んで濾すだけ

自家製オリーブオイルを作るにはどのような作業が必要なのでしょうか?自家製オリーブオイルの作り方を紹介...

おもてなし料理(和食)を夏に振る舞うときは?おすすめ献立

夏の食材を使って和食のおもてなし料理を作るときにはどのような献立だと喜ばれるのでしょうか。 子...

スポンサーリンク

なすとひき肉の基本的なグラタンのレシピ

なすはいろいろな食べ方のできる野菜ですが、子供にも人気のメニューと言えばグラタンでしょう。
大人でも好きな方の多いメニューですよね。

ナスのグラタンと言えば、ミートグラタンが定番です。
いろいろなレシピがありますが、最もシンプルに作るなら、使う材料はニンニク、玉ねぎ、トマト缶、ひき肉、そしてナスです。

  1. ニンニク、玉ねぎ、ひき肉を炒めて、汁ごとトマト缶を加えたら煮詰まるまで待ちましょう。
  2. 水分が減ってきたら、乱切りにしたナスを加えて火を通します。
  3. コンソメ、塩、胡椒で味を整えたら、耐熱皿に盛ってたっぷりチーズをのせて焼き上げます。

このメニューで最も時間がかかるのは煮詰める作業です。

時間のあまりないときには、市販のミートソースを使うととても時短になりますよ。

フライパンでひき肉とナスを炒めて耐熱皿に盛り、市販のミートソース、ピザ用チーズをかけて焼き上げれば完成です。

なすとじゃがいもの人気のグラタンレシピ

なすをグラタンにする時には、じゃがいもを加えるのもおすすめですよ。

スライスしてレンジで火を通したじゃがいもを耐熱皿に並べて、先程のナス入りミートソースをかけてグラタンにすると、食べごたえのあるグラタンになりますよ。

じゃがいもはマッシュポテトにしても美味しいです。
ナス入りミートソースとマッシュポテトを交互にのせてサンドすると、断面が美しくなるのでおもてなし料理にもおすすめです。

また、ラザニアを真似して、ナス入りのミートソース、ホワイトソース、じゃがいもの順で重ねて作るのもおすすめですよ。
酸味のあるミートソースとまろやかなホワイトソースの組み合わせは絶品です。
仕上げにたっぷりのチーズをまぶして焼き上げてくださいね。

グラタンに合うホワイトソース

バター30gを溶かした鍋に小麦粉大さじ3を加えて炒め、粉っぽさが無くなったら牛乳を加えていきます。
好みの固さまで伸ばして、コンソメと塩、胡椒で味を調えたら完成です。
グラタンに使うときは少し固めに仕上げた方が扱いやすいです。

ホワイトソースだけでナスとじゃがいもをグラタンにする時には、野菜にしっかりと下味をつけるのがポイントです。
また、ベーコンやウィンナーなども加えて、味に変化をつけるのもおすすめです。

なすをまるごとグラタンにしたなすがおいしいレシピ

なすのグラタンレシピと言えば、ここまでご紹介したようにミートソースを使ったり、ホワイトソースを使ったグラタンを思い浮かべますよね。
そしてその殆どが、耐熱容器に入っている姿ではありませんか?

なすのボートグラタン

ぷっくりとしたナスを使えば、ボートグラタンにすることもできますよ。
皮まですべて食べられるナスだからこそ、美味しいメニューです。

  1. ナスは縦半分にカットして、中身を慎重にくり抜きます。
  2. くり抜いたナスを使ってミートソースを作りましょう。
  3. できがったミートソースをくり抜いた部分に入れて、チーズをかけて焼くだけです。

底を平らにカットするか、シワを寄せたアルミホイルを使うと、ナスが安定しますよ。

ポイントは、ナスをくり抜く時には穴を空けないように気をつけることです。
いきなりスプーなどでくり抜くと失敗してしまうので、包丁で切れ込みを入れてから行いましょう。

市販のソースを使えばグラタンも簡単に。好きな材料をプラスして

なすのグラタンレシピには、それほど難しい手順はありません。
しかし、ソースを作ってから、オーブンやトースターで焼かなくてはいけないため、すこし面倒に感じますよね。

とにかく簡単に作りたいというときには、市販のレトルトソースを使うのがおすすめです。
ミートソースもホワイトソースも売られています。

フライパンでナスを炒めからミートソースを入れて混ぜ合わせれば、レトルトだけでオリジナルなナス入りミートソースが完成しますね。
洗い物を減らしたいなら、耐熱容器にナスを入れて加熱した後、レトルトのミートソースをかけるだけでもOKです。

他にも玉ねぎやお肉を増量したり、きのこを加えたりとお好みにアレンジすることができますよ。

トロトロなすが絶品のグラタンのレシピ

最後にご紹介するナスのグラタンは、大人におすすめのグラタンです。
トロトロでスパイシーななすが絶品のチリグラタンですよ。

スパイシーな味の秘密は、豆板醤

中華料理でよく使わる食材なので、少し意外ですよね?

豆板醤とトマトケチャップ、鶏ガラスープの素、酒を使ってエビチリソースのような味に仕上げてグラタンにします。
辛味は豆板醤の量で加減できますよ。

なすの他に、玉ねぎやズッキーニ、ウィンナーやベーコン、鶏肉なども合います。
お好みの具材を炒めたら、豆板醤などの調味料と水を加えて少し煮ます。
煮るとなすがトロトロになるのでおすすめですよ。
時間がないときは省いても構いません。
水溶き片栗粉でとろみをつけたら、耐熱皿に盛ってチーズをのせて焼きましょう。

スパイシーな具材とチーズのまろやかさが相混って、箸が止まらなくなるおいしさです。
いつものグラタンに飽きた時にもおすすめですよ。