注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

簡単パスタで子供も大満足!手軽にできて美味しいおすすめを紹介

簡単に作れて美味しいパスタを子供に食べさせたいというあなた。
パスタは麺を茹でるだけではなく、味付けのアレンジも豊富なのでいろいろなメニューに変身します。

そこで、簡単に作れて子供も喜ぶ美味しいおすすめパスタをご紹介していきましょう。

パスタならお子さんとの休日のランチにもピッタリです。
麺を茹でずに作れる時短にもなる簡単パスタもご紹介していますので、ぜひそちらも参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

夕飯のレシピにおすすめな子供が喜ぶメニューについて知りたい

夕飯のレシピを考える時に、大人中心で考えてしまうと、子供が食べない可能性があります。 ですので、見...

時短料理のコツ!忙しい主婦に食事の準備を楽にする方法

仕事で家に帰るのが遅くなり、そこから料理を始めると、いつも夕食の時間が遅くなってしまうという方も多い...

レタスを冷蔵庫で長期保存するための芯の処理方法について解説

買ったばかりのレタスはみずみずしくて美味しいけど、冷蔵庫に入れている間にしなしなになってしまいますよ...

豚ひき肉のつくねレシピ。簡単で美味しいご飯の進むつくね

一般的なつくねのレシピと言うと、鶏むね肉を使うレシピが多いですが、豚ひき肉を使っても美味しく作ること...

ホットプレートで餃子を焼く、蓋なしでもおいしく焼ける

ホットプレートで餃子を焼くと、油も必要ないので簡単に美味しく焼けますよね。 でも気がつくと「蓋...

なすの簡単常備菜レシピ!電子レンジで作る美味しい常備菜

なすがたくさんある時には、なすをたっぷりと使った常備菜を作ってみませんか?常備菜は、働く主婦の強い味...

豆乳は冷凍後に解凍して飲むことはNG?凍ったまま食べよう

豆乳を買ったものの、余ってしまうこともありますよね。 そこで冷凍保存を考えますが、豆乳は冷凍保...

食パン1斤を丸ごとグラタンに!器も食べられる絶品パングラタン

一般的なパングラタンは、切った食パンをグラタン皿に入れて具材の一つとしてパンを使いますよね。 最近...

夕飯のメニューを簡単に作れるアイデアをご紹介

夕飯のメニューを考える時に、美味しいのももちろんですが、出来るだけ作り方が簡単なものも嬉しいですよね...

ナス・パプリカ・ズッキーニを使った簡単、夏野菜レシピ

夏野菜の代表と言えば、ナス・パプリカ・ズッキーニなどがあります。これらを使って、夏野菜がたっぷりと食...

ナスと大根おろしを使った美味しいパスタ!さっぱり&コクレシピ

さっぱりとしたパスタが食べたいという時には、大根おろしを使ったレシピがおすすめです。暑くて食欲があま...

牛肉をお弁当のおかずに。柔らかい口当たりのおかずにするコツ

冷めても美味しいがお弁当のテーマだと思います。 牛肉は、繊維がしっかりしているので調理法を間違...

お菓子作りの道具の収納方法。使いやすいキッチンの作り方

普段の料理には使わないけど、お菓子作りの時にだけ使う道具というのもいろいろとありますよね。 大きな...

献立は簡単で子供が喜ぶものがいい!おすすめ献立を紹介

子供の夕食の献立はどんなものにしたらいいのか毎日、悩んでしまいますよね。できるだけ簡単にそれでいて栄...

ピザをお弁当としてランチに!崩れない持って行き方のコツ

お弁当や持ち寄りパーティーにピザを持っていく場合には、どのように持ち運べばよいのでしょうか? ...

スポンサーリンク

休日の昼食にピッタリ!子供も喜ぶ簡単パスタの作り方を紹介

休日ランチや手を抜きたい夕食におすすめなメニューと言えば、パスタです。
パスタが優秀なのは、合わせる具材によって全く別物になるところ。
また、子供が好むという点もメリットですよね。

子供の喜ぶパスタと言えば、ナポリタンやミートソースをすぐに思い浮かべることでしょう。
トマト味は子供にはとても人気があります。

意外がところでは、たらこスパゲティもとても人気がありますよ。
バターとたらこの塩気で、どんどん食べられてしまいますよね。

たらこスパゲッティを挙げたのは、作るのもとても簡単だからです。
茹で上がったパスタとバター、ほぐしたたらこ、醤油少々を入れて炒め合わせるだけで完成です。
生のたらこのままの方がお好きであれば、和えるだけで完成しますよ。

子供が大好きなクリームパスタも生クリームなしでも簡単に作れます

子供好むパスタにはクリーム味もありますよね。
トマト味のパスタに比べると難しそうに感じますが、作ってみると意外と簡単ですよ。
材料には生クリームを使いますが、牛乳で代用することもできます。
生クリームより少しさっぱりとした仕上がりなので、クリームパスタは途中で飽きてしまうという方にもおすすめです。

子供が好きな簡単クリームパスタの作り方

クリームソースに合わせる食材は、お好みの野菜やお肉、お魚を使ってくださいね。
玉ねぎやほうれん草、きのこ類やコーン、鮭や鶏肉、ベーコンあたりを使っているレシピが多いです。

  1. お好みの具材を用意したら、食べやすい大きさにカットしてフライパンで炒めます。
    火の通りの遅いものは、先に電子レンジで加熱しておくと時短になりますよ。
  2. バターを加えて全体に絡めたら小麦粉を振り入れて粉っぽさがなくなるようにしっかりと混ぜ合わせます。
    牛乳を注いで小麦粉を溶かすようにしっかりとかき混ぜたら、とろみがついたらコンソメ、塩、胡椒で味を調えて完成です。
  3. バターと小麦粉、牛乳の目安は、1人分でバター大さじ1、小麦粉大さじ1、牛乳300ml程度です。
    バターはオリーブオイルなどで代用しても作れます。
    小麦粉の量が少ないととろみがつかなくなってしまうので注意してくださいね。
クリーム味のパスタは洋風の味付けになりがちですが、実は少し和風にアレンジしても美味しいパスタになりますよ。
鶏肉としめじ、玉ねぎやニンニク、そして塩昆布を使います。
塩昆布から出汁や塩気がでるので、コンソメは使わずに、塩や胡椒も加減してくださいね。

子供に人気のパスタも季節の食材を使えば簡単で美味しい

パスタはいろいろな食材を使って作れる点が一番素晴らしいところだと思います。
使う食材と味付けによって、何通りものパスタができますよね。

簡単パスタを子供に食べてもらうなら、選ぶ食材は旬のものがおすすめです。

野菜も魚介類も旬の時期に食べるのが一番美味しいです。

春なら春キャベツやアサリ、夏ならトマトやナス、ズッキーニ、秋ならきのこやさつまいも、かぼちゃに鮭、冬なら白菜や小松菜、春菊、他にもパスタにつかえる旬の食材はたくさんありますよ。

パスタのソースも、トマトソース、クリームソース、ペペロンチーノ、バジルソース、和風ソース、チーズソースなどたくさんあります。

旬の食材の中から組み合わせを考えて、それに合うソースを選べばオリジナルなパスタが作れます。
お子様と一緒にどんなパスタが美味しそうか考えてみるのも楽しいですよ。

茹でないパスタなら時短にもなって洗い物も楽になる

パスタはオシャレな見た目なので作るのが難しそうと思われる方もいらっしゃいますが、意外と簡単に作ることのできるメニューです。
市販のソースも種類がたくさんありますから、これらを使うとより手軽につくることができますよ。

ソースが簡単に作れるようになると、手間に思えるのがパスタを茹でる工程です。
絶対に省けない作業ですが、パスタ用に大きな鍋が必要ですし、時間がかかる上に洗い物もありますから、面倒に感じることも多いですよね。

ですが、それを軽減できる方法もあります。
それは、パスタをソースをつくる時に一緒に煮る方法です。

特におすすめはクリームパスタです。
クリームパスタの場合、小麦粉の後に牛乳を入れてとろみをつけます。
この時に小麦粉を使わずに乾燥したパスタやペンネを投入して、パスタやペンネを煮ながら水分飛ばしてとろみをつけていくのです。

煮る時間は、パスタやペンネの袋に記載されている茹で時間を参考にしてくださいね。

フライパン一つで作ることができるので、洗い物も少ない一石二鳥レシピです。

フライパンひとつでできる簡単和風パスタもおすすめです

子供が好むパスタ味はトマト味やクリーム味だけではありません。

食べ慣れた和風の味付けも、意外と人気がありますよ。

和風の味付け方法は2つ。
塩味にするか、醤油味にするかです。

塩味にする場合には、鶏ガラスープの素や塩、ニンニクなどを使って味付けします。
白菜やキャベツなどの淡白な味の野菜と鶏肉やツナ組み合わせるのがおすすめです。

醤油味に仕上げる時には、醤油とミリンを1:1で味付けします。
まろやかな味付けの方が好みの方は、ミリンを少し増やすと良いでしょう。
ベーコンやナス、きのこ類などにピッタリの味に仕上がりますよ。

どちらの味の場合にも、仕上げにバターを少し加えると、コクが出てグッと美味しくなるので試してみてくださいね。