注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

食パン1斤を丸ごとグラタンに!器も食べられる絶品パングラタン

一般的なパングラタンは、切った食パンをグラタン皿に入れて具材の一つとしてパンを使いますよね。
最近はそのような作り方とはちょっと違う、食パン1斤を丸ごと使って食パンの耳をお皿にしてうパングラタンが人気です。
ボリュームもあり、見た目もおしゃれですよね。
作り方はちょっと難しく感じるかもしれませんが、実は見た目以上に作りやすいレシピです。
休日のブランチなどにいかがですか?

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

茶碗蒸しの具は何が好き?子供が大好きな具で作る茶碗蒸し

大人にも子供にも人気の茶碗蒸しですが、大人が好む具を子供は好まない場合も少なくありません。 晩...

【簡単オカズ】夕飯に食べたいお肉のボリュームたっぷりレシピ

仕事で帰宅が遅くなると、夕飯の準備も大変です。なるべく時短で調理できて、美味しくて、ボリュームのある...

おもてなし料理(和食)を夏に振る舞うときは?おすすめ献立

夏の食材を使って和食のおもてなし料理を作るときにはどのような献立だと喜ばれるのでしょうか。 子...

【シリコン型でお菓子作り】基本的な使い方とコツを教えます

シリコン型を使えば、焼き菓子からシャーベットなどの冷凍のお菓子までいろいろ作れると言われていますよね...

簡単なおつまみをヘルシーに作りたい。そのレシピは

ちょっと小腹が空いた夜中に食べたくなるのがおつまみです。 時間があれば、ちょっとしたご馳走にしても...

カレーが翌日に水っぽい原因とシャバシャバカレーの救済方法

前日に作ったカレーを次の日に食べようとすると、カレーが水っぽくなっているということはありませんか? ...

自宅焼肉でホットプレートの臭い対策とお店の味に近付ける方法

家族と自宅で焼肉をするという時には、ホットプレートを使って焼肉をする方が多いと思います。自宅焼肉をす...

料理を盛り付けるコツとは?すぐにでも真似できる盛り付けのコツ

「料理の盛り付けのコツが知りたい!」その気持よくわかります。 味に自信があっても盛り付け方が下手だ...

じゃがいもは皮付きが美味しい。基本の洗い方や便利な方法とは

じゃがいもは皮付きが美味しいと思いませんか。 じゃがいもや野菜の皮には沢山の栄養分が含まれてい...

冷凍ご飯を焼きおにぎりにアレンジ!フライパンで焼くコツ

冷凍ご飯が消費しきれずに、困ってしまう事ありませんか?冷凍してすぐに食べられれば、味も気になりません...

豚ひき肉と白菜で作る美味しいレシピ【夕飯に食べたいおかず】

冷蔵庫の中の食材が少なくなってきて、今ある食材で何とか夕食を作りたいというときもありますよね。豚ひき...

ナスの簡単美味しい常備菜レシピ!冷蔵庫に入れておきたいおかず

ナスがたくさんある時には、ナスを使って美味しい常備菜を作り置きしておきましょう。そこで、ナスを使った...

夕飯の献立を和食にするなら、こんなメニューがおすすめ

夕飯の献立を毎日考えるのは大変ですよね。 和食が食べたいと思ってもどんな食材を使って、どんな味付け...

魚焼きグリルで作るおすすめレシピ!鶏肉をカリッとジューシーに

魚焼きグリルは魚を焼くだけのものと思っていませんか?魚焼きグリルはお肉を焼いてもパンをトーストしても...

ごぼうと大根、豚肉を使って今夜は絶品おかずを作ってみませんか

ごぼうと大根と豚肉の組み合わせは、和食のいろいろなおかずを作ることが最強の組み合わせとも言えるのでは...

スポンサーリンク

食パン1斤丸ごと使う簡単パングラタン

食パンを1斤まるごと使った料理の中でも、代表的なものが「パングラタン」です。

食パンの耳は比較的固いので、容器代わりになり、中に料理を入れてもこぼれ出る心配がありません。

食パン1斤を用意したら、半分に切り、さらにパンの耳の縁にそって中身のやわらかい部分のパンをくり抜きます。

くり抜いたパンは、あとでグラタンに使うので、角切りにしておきましょう。

次に、中身のグラタンを作ります。

具材はベーコンや玉ねぎなど、冷蔵庫にあるような簡単なものでOKです。

小麦粉と牛乳でホワイトソースを作り、具材をバターで炒めたら、ホワイトソースと混ぜ合わせます。

塩コショウ等、お好みで味付けをしたら、グラタンの完成です。

くり抜いたパンの容器の中に、角切りにしたパンを入れ、グラタン、さらにパンを上から乗せて、グラタンをパンでサンドするように入れます。

上に、ピザ用チーズを乗せ、オーブンで5~6分加熱し、飾りにパセリを散らすとさらに豪華になります。

パンが主役のパングラタン。

ホームパーティーなどで出しても喜ばれそうなメニューですね。

パンに少しこだわって、美味しいものを使うと、さらに美味しいパングラタンが出来ますよ。

食パン1斤を使うチーズグラタン!市販のグラタンセットを使って

ホワイトソースは、牛乳と小麦粉など自宅にある簡単な材料で作ることができますが、市販のグラタンセットを使うと、さらに時短で本格的なグラタンが作れるので、時間のない時などにはおすすめです。

パンがグラタンの容器になっているので、パンまで美味しく食べられるパングラタンは、パンにこだわり、リッチなパンを使うことで、味わいも本格的になります。

容器代わりになるとはいえ、普通のお皿よりは耐久性が弱いため、パンをくり抜く時には、底の部分は厚めにしておく必要があります。

パングラタンの具材

シンプルに鶏むね肉がおすすめです。

タンパク質が豊富でヘルシーな食材を使って、パングラタンをたくさん食べましょう!

玉ねぎと小さくカットした鶏むね肉をバターでしんなりするまで炒めたら、彩りにブロッコリーを加え、市販のグラタンソースを加えて、とろみがつくまでかき混ぜます。

このグラタンソースを、くり抜いたパンの中に入れたら、上にピザ用チーズもしくは、とろけるスライスチーズを乗せて、粉チーズを振りかけます。

お好みで、チェダーチーズなどを加えるのもおすすめです。

チーズ好きの人にはたまらない、チーズをたっぷり使ったパンチーズグラタン。

簡単なので、ぜひ作ってみてはいかがでしょうか。

残ったシチューは食パン1斤を使ったパングラタンにアレンジ

家族みんなが大好きな料理として挙げられる「シチュー」は、寒くなる季節に無性に食べたくなる料理ですよね。

ご家庭でシチューを作る時には、家族の人数よりも多めに作るという方も多いのではないでしょうか。

カレーやシチューといった料理は、当日に食べきれず、翌日も余った状態のこともよくあります。

前日のシチューを温め直して食べるのも良いですが、ちょっとしたアレンジを加えることによって、別の料理に変身します。

それが、「パングラタン」です。

くり抜いたパンの身を角切りにして、シチューに入れて再度煮込むことにより、パンから出るグルテンがとろみになり、グラタンと同じくらいの固さになります。

ただし、くり抜いたパンを全部入れてしまうと、多すぎてとろみが付きすぎたり、パンの味になってしまうので、様子を見ながら半分ほど加えるようにしましょう。

出来上がったグラタンをパンの容器の中に入れて、上にチーズやパセリを乗せ、180度のオーブンで10分程度焼いて、チーズが溶けたら出来上がりです。

カレーも意外に合う!カレー味のパングラタン

家庭料理の中では、シチューと並んで人気の「カレー」ですが、このカレーも意外とパングラタンと相性がばっちりです。

カレーをそのまま使うのではなく、カレーに牛乳を加えて煮込むことによりカレー味のグラタンを作ります。

残ったカレーお玉3杯に対し、牛乳が100mlが目安です。

クリーミーで、やさしい味のカレー味になります。

普通のクリームグラタンよりも、味に強さがありますので、先程のシチューを使ったパングラタンのように、パンをシチューに入れて煮込むよりは、パンは一口大に切り、トースターでカリッとしておくことがおすすめです。

くり抜いた食パンの容器の中に、カレーグラタンを入れたら、上からチーズを乗せ、オーブンで加熱して完成です。

トーストしたパンをグラタンに付けて食べると、とても美味しいですよ。

食パンをお皿に敷いて作るきのこのパングラタン

グラタンと言えば、使う具材は、鶏肉やベーコンなどが多いと思いますが、きのこ類もグラタンと相性抜群です。

しかも、「きのこ」には、免疫力をアップする働きがあるほか、低カロリーで美肌効果や便秘改善も期待できるという、特に女性にとっては嬉しい効能もあると言われています。
でも、きのこをたくさん食べる料理はありそうでいてなかなか思い付かないもの。

そこで、きのこたっぷりのパングラタンはいかがでしょうか。

パングラタンによく合うきのこ

まるごと一斤使ったパンの中にきのこたっぷりのグラタンを入れることで、味わいがより深くなります。

おすすめのきのこは、マッシュルームです。

マッシュルームは、外国から入ってきたきのこで、炒めものや揚げ物など使い方は様々ですが、シチューをはじめとする煮込み料理に使うことで旨味が出るので、よく用いられています。

その他にも、しめじや舞茸、エリンギなど、数種類のきのこを組み合わせて使うことにより、それぞれのきのこから出る旨味が、グラタンの美味しさを一層引き出します。

きのこはバターと相性が良いので、バターで炒めることによって旨味を出してから使いましょう。