注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

牛肉をお弁当のおかずに。柔らかい口当たりのおかずにするコツ

冷めても美味しいがお弁当のテーマだと思います。

牛肉は、繊維がしっかりしているので調理法を間違えると硬い食感が主張しせっかくのお弁当が台無しに。

お弁当のおかずに入れる牛肉。
冷めても固くなく美味しい味わいを保つには、どのような下ごしらえが必要なのでしょうか?

また、どの部位を利用するとお弁当に入れても柔らかい食感を保つおかずになるのでしょうか?

せっかく作るお弁当。
冷めても柔らかい、そして美味しい牛肉のおかずになるコツをご紹介いたします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

【シュウマイレシピ】レンジで簡単美味しいシュウマイの作り方

シュウマイを自宅で手作りする時には、タネを包んで、蒸し器で蒸す、という方法が一般的ですが、蒸し器が自...

簡単で美味しいパスタのレシピ!作り方のポイントをご紹介

お昼に麺類を食べる方多くありませんか?お蕎麦やそうめんも良いですが、パスタも美味しいですよね。 ...

チャーハンと餃子の中華献立に合うもう1品!簡単にできるおかず

今日の夕食はチャーハンと餃子という中華の献立の場合、もう1品加えるならどのようなおかずが良いのでしょ...

【時短レシピ】夕飯に食べたい美味しいボリュームおかず

仕事で帰りが遅くなった時には、夕飯の準備にも時間がかけられません。時間がないときにも夕飯にはボリュー...

【塩唐揚げの人気レシピ】むね肉を使ってもおいしく作れます

塩唐揚げを作る時はもも肉を使った方がおいしいことはわかっていても、値段を見るとむね肉でもおいしく作る...

レタスを冷蔵庫で長期保存するための芯の処理方法について解説

買ったばかりのレタスはみずみずしくて美味しいけど、冷蔵庫に入れている間にしなしなになってしまいますよ...

ナスとズッキーニと豚肉を使った料理について知りたい

ナスは単体でも美味しいですが、ズッキーニや豚肉などと合わせて調理すると、また違った味わいがあります。...

重曹がない時にベーキングパウダー代用は可能?黒豆の作り方

ご家庭で黒豆を煮る時は、重曹を使って作るのが一般的な方法です。自宅に食用の重曹がない場合、ベーキング...

【豚ひき肉のレシピ】晩ごはんのメインになる絶品つくねレシピ

豚ひき肉を使ったレシピはいろいろとありますが、つくねにするのも美味しいですね。でも、いつものつくねに...

豆腐で作るチーズケーキ!ヨーグルトであっさりなめらか

チーズケーキを自宅で作る時には、たっぷりのクリームチーズにたっぷりの生クリームを使います。 コクが...

なすの簡単常備菜レシピ!電子レンジで作る美味しい常備菜

なすがたくさんある時には、なすをたっぷりと使った常備菜を作ってみませんか?常備菜は、働く主婦の強い味...

ホットプレートで餃子を焼く、蓋なしでもおいしく焼ける

ホットプレートで餃子を焼くと、油も必要ないので簡単に美味しく焼けますよね。 でも気がつくと「蓋...

米の炊き方を教えて!炊飯器なしでも美味しいお米を炊く方法

お米を炊く時、皆さんは何を使ってお米を炊きますか?きっとほとんどの人が炊飯器を使ってお米を炊きますよ...

おもてなし料理(和食)を夏に振る舞うときは?おすすめ献立

夏の食材を使って和食のおもてなし料理を作るときにはどのような献立だと喜ばれるのでしょうか。 子...

いろいろな味が楽しめるシュウマイのたれのアレンジ方法

シュウマイのたれはシンプルにしょうゆ?それとも酢しょうゆ?好みが分かれるところですよね。しかしアレン...

スポンサーリンク

牛肉のおかずをお弁当に。柔らかい牛肉のおかずといえば『しぐれ煮』

牛肉は、切り落とし肉であれば手頃な値段で手に入りますので、お弁当のおかずとして牛肉の切り落とし肉を使う機会は多いですよね。

しかし、お弁当は朝作ったものをその日の昼に食べることが多いため、時間が経つとお肉が固くなってしまう心配もあります。

牛肉を使ったおかずとして、代表的なものに「牛肉のしぐれ煮」がありますが、このしぐれ煮の肉をやわらかく仕上げる方法をご紹介します。

しぐれ煮とは、生姜を効かせて醤油ベースの煮汁で甘辛く煮た料理のことです。

しぐれ煮に使う牛肉は、脂身が多すぎても少なすぎてもダメで、適度に脂がのった切り落とし肉やコマ切れ肉がベストです。

味がしっかりしているので、お弁当のおかずの他、晩ごはんのおかずやおつまみとしても最適ですね。

しぐれ煮の牛肉をやわらかく仕上げるためには、玉ねぎを一緒に煮ることがポイントです。

玉ねぎから出る水分が、お肉をやわらかくしてくれて、旨味も引き出してくれます。

牛肉は、火が通りやすいため、玉ねぎを先に煮詰め、牛肉は煮汁でサッと火を通したら取り出しておきましょう。

煮汁が煮詰まってきて、仕上げに肉を戻すと、肉がやわらかい状態のまま料理が完成します。

牛肉を使ったお弁当。冷めても柔らかい食感にするには部位と調理方法が決め手

お弁当箱の種類も様々で、機能性が重視されたものなどがありますので、温かい状態でお弁当を食べることが出来る弁当箱もありますが、一般的には、おかずやご飯が冷めた状態でお弁当を食べることが多いですよね。

特に、お弁当に入れるお肉は、「脂身」があるかないかがお弁当の美味しさを左右します。

普段、家で食べる料理には、脂身があるお肉の方がやわらかくて美味しく食べることができますが、お弁当には、脂身の多いお肉はおすすめしません。

お弁当が冷めると、脂が固まって、白く浮き出して見た目も中身の美味しさも損なわれてしまいます。

特に豚バラ肉を使ったおかずには、この現象が現れやすいため、レンジで再加熱が出来る場合を除き、お弁当には脂身が多い肉は避けた方が良いでしょう。

作り方によっても、脂身の付き方が変わります。

フライパンで焼くよりは、熱湯で茹でると肉の脂は多少落ちますので、冷めてもそんなに味を損なわず食べることが出来ます。

この時に注意することは、長い時間茹ですぎないことです。

茹ですぎてしまうと、お肉が固くなってしまいます。

豚しゃぶのように、薄い肉であればさっと湯がいて、肉の色が変わるくらいで取り出すと冷めてもやわらかいお肉になります。

牛肉をお弁当のおかずに。柔らかい食感を保つのに共通するのは〇〇

牛肉は、調理方法により、和風料理にも洋風料理にも幅広く使える食材ですが、牛肉を調理するにあたり、欠かせない調味料が「お酒」です。

和風料理では日本酒を、洋風料理ではワインなどを使うことが多いですが、何故牛肉にお酒がセットで使われているのかご存知ですか?

お酒は、牛肉が持つ旨味を引き出したり、コクを出すという大きな役割もあり、他にも牛肉の臭みを消すという味の面における効果もありますが、それだけではありません。

お酒に含まれるアルコール成分が、肉の網目状の組織に細かく入り、水分を保持してくれる効果があるのです。

つまり、牛肉に酒を加えることにより、肉の状態をやわらかくキープしてくれるということです。

そして、アルコールは沸点が80度弱と低いため、低い温度で材料に火を通しやすくなります。

加熱時間が短いということは、それだけ肉の柔らかさも保つことが出来るということです。

肉に酒を調味料として使うということは、このような大きなメリットがあるからなのです。

牛肉をお弁当のおかずに!どの下ごしらえが一番お肉を柔らかくするのか

肉を柔らかくさせるために、効果的とされる食材は、いくつかあります。

ポイントは「タンパク質分解酵素」がある食材です。

このタンパク質分解酵素を持つ食材を肉に漬け込むことで、肉の繊維がほどけて柔らかくなるという仕組みです。

タンパク質分解酵素を持つ食材には、マイタケや玉ねぎ、ヨーグルトなどがあります。

中でも、マイタケにはタンパク質分解酵素が多く含まれているので、マイタケをミキサーで細かくし、ペースト状したものを肉に塗るという方法は、肉をやわらかくするための裏ワザとして有名です。

また、牛乳にも肉の繊維を分解してくれる働きがあるため、肉を牛乳に30分ほど漬けてから焼くという方法も効果的です。

肉の臭みも同時に取ってくれるという大きなメリットもあります。

色々な食材で試してみて、どの方法が自分の好みか調べてみても面白そうですね。

牛肉を柔らかく食べる工夫とは

今日は、お肉をガッツリ食べたいという日もたまにありますよね。

和牛は高くて手が出ないけど、外国産なら手頃な値段で大きなステーキ肉が手に入ります。

せっかく買ったお肉、ひと手間加えて和牛と引けをとらない味に出来たら最高です。

肉が固い理由の1つに、肉の筋が多いことがあります。

お肉を焼く前に、肉の筋を包丁で切っておきましょう。

肉の筋切り専用の道具も売っていますので、ステーキを頻繁に食べるなら1つ持っておいて損はありません。

そして、先ほどご紹介した、タンパク質分解酵素を持つ食材を使って肉をやわらかくする方法です。

タンパク質分解酵素が入っていればどんな食材でも肉はやわらかくなりますが、食材を肉に漬け込むことで食材の味が肉に移ってしまうことがあります。

シンプルにお肉の味を楽しみたい人には、肉をしっかりと揉んでやわらかくする方法がおすすめです。

手で揉んでいると、肉の筋やコリのようなものがとれた感覚になります。

10分程度揉んで焼いてみると、肉が膨らみ、ジューシーに焼き上がります。

牛肉おかずは作り置きが出来るもので晩ごはんのおかずにも

牛肉は味が染み込みやすいので、しっかりとした味付けのおかずにして、お弁当のおかずだけではなく、晩ごはんのおかずとしても使えるので、便利な食材です。

常備菜としても人気の高いきんぴらごぼうに牛肉をプラスすることで、牛肉の旨味やコクが出ます。

野菜がたっぷり含まれているので、健康にも良いですね。

牛肉を甘辛い味付けにするなら、牛肉にあらかじめ砂糖を揉み込む下処理をすると、肉がやわらかく、優しい味わいになります。

また、たっぷりのカラーピーマンと牛肉の細切り肉を甘辛く炒めて韓国風の味付けにつる炒めものもおすすめです。

赤ピーマンや黄ピーマンを使うと、彩りよく仕上がります。

味付けは、コチュジャンが決め手です。

にんにくのすりおろしやにんにくの芽も入れると、一層香り豊かな料理になります。