注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

オリーブオイルの作り方、自家製オリーブオイルは揉んで濾すだけ

自家製オリーブオイルを作るにはどのような作業が必要なのでしょうか?自家製オリーブオイルの作り方を紹介します。

オリーブオイルを作るには、大量のオリーブを用意する必要があるんですね。

自宅にオリーブの木があり、オリーブオイルを作ろうと思ったときにはぜひ参考にしてみてください。オリーブオイルを使った美味しいレシピもご一緒にどうぞ。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

味噌漬けの漬物がしょっぱい!塩抜きする?塩辛さを活かす調理法

味噌漬けの漬物がしょっぱい時には? 味噌漬けを付ける前に約20%の塩できゅうりやナスなどを漬け...

ナスとチーズを使った簡単美味しいレシピ【ナス克服レシピ】

お子様の中にはナスがちょっと苦手というお子様もいると思います。そんなナスが苦手なお子様におすすめなの...

なす料理の中で人気のものについて知りたい

なすは夏から秋にかけて美味しく食べられる人気の食材です。 それを料理しようと思って迷った時に参考に...

野菜スティックで大根が辛い時の対処法!お店の味に近づける方法

お店で食べる野菜スティックやコンビニで売っている野菜スティックは美味しいですよね。 しかし、家で作...

ナスのさっぱりレシピ。レンジで作る簡単美味しいおかず

夏野菜の代表のひとつにナスがあります。ナスは夏の食卓にはよく登場する野菜です。 また、暑い日には食...

ホットケーキミックスとヨーグルトでふわふわパウンドケーキ

そのまま焼いても美味しいホットケーキミックス。我が家の冷蔵庫にもストックされています。 そして...

ミニトマトは冷凍保存がおすすめ!お弁当やおかずに便利な使い方

お弁当に欠かせないミニトマトですが、スーパーで1パック買ってきてお弁当に1個ずつ入れていってもなかな...

ハンバーガーの順番とは?はさむモノの位置で味が変わる

ハンバーガーははさむ順番で味が変わるものなの?実はよく食べているハンバーガー、お店によってはさむ順番...

夕飯のおかずに作りたい子供がモリモリ食べる美味しいレシピ

今日の夕飯には子供の好きなおかずを作りたい、そう考えている方も多いと思います。いつもの好きな定番のお...

牛肉の脂身の使い道とは?安いお肉が高級お肉風に大変身

牛肉の脂身にはどんな使い道があるのでしょうか?なんだか扱いが難しそうな牛脂ですが、実は料理に使うと簡...

簡単で美味しいパスタのレシピ!作り方のポイントをご紹介

お昼に麺類を食べる方多くありませんか?お蕎麦やそうめんも良いですが、パスタも美味しいですよね。 ...

なすが美味しいグラタンのレシピ。簡単レシピやなすと合う材料

好きな野菜がなすという方も多いでしょう。なすは和洋中、色々なメニューに使われますが、グラタンに入れて...

お家で簡単アイスを作ろう!混ぜるだけで作れるアイスのレシピ

暑くなると冷たいものが恋しくなりますよね。お家の冷凍庫にアイスを常備している方も、多いのではないでし...

カプチーノの美味しい作り方とラテアートのコツ【自宅カフェ】

美味しいカプチーノを飲む時間は、リラックスできて至福のひと時ですよね。 お店でよくカプチーノを飲む...

豚ひき肉と白菜で作る美味しいレシピ【夕飯に食べたいおかず】

冷蔵庫の中の食材が少なくなってきて、今ある食材で何とか夕食を作りたいというときもありますよね。豚ひき...

スポンサーリンク

自家製オリーブオイルの作り方、まずはとにかく揉む!

オリーブオイルをご家庭でも作ることができます。オイルを作るには大量のオリーブが必要となってきます。自宅でオリーブの木を栽培していない方は、ご近所さんや知り合いでオリーブの木を栽培している方から果実を譲ってもらうと良いです。

オリーブオイルを作るのにオススメなのはルッカという品種

保油率が高いのでオリーブオイルが作りやすいです。
量の目安は、オリーブの実の熟し具合によりますが、赤紫~黒色になった実なら2kg以上で約200ml程のオイルが作れます。

作り方の大まかな工程は、水洗いして揉むんで搾取する、です。

まずはオリーブの果実をキレイに洗います。それをビニール袋に入れて、ひたすら揉んでいきます。ビニール袋はすぐにすぐに破れてしまうようなものではなく、できるだけしっかりとしたものを用意してください。

45分~1時間位かけてオリーブの果実をひたすら揉み込みむ

揉んでから10分ほどで水分が出てきます。
20分ほど揉み込むとかなりの水分が出てくると思います。ビニール袋が果実と水分でいっぱいになります。

自家製オリーブオイルの作り方、中身を漉す

1時間ほど揉むとオイルと果肉が分離してきます。そうしたら中身を漉します。
手袋をして、よく揉みほぐしたオリーブの実を漉し布に広げて油と果肉を分けてください。

自家製オリーブオイルの漉し布は目の詰まったものを使う

目の粗いものだとオイルに果肉が混ざってしまいます。
オリーブの実が多い場合は漉したカスも多くなります。袋状の漉し布を使うと便利です。
透明な容器や瓶に移して、一晩そのまま置いておきます。時間が経つと更に油と果汁が分離するので、上澄みにある油をすくい取ります。コーヒーフィルターなどで漉すとより不純物を取り除くことができます。自家製オリーブオイルの完成です。

オリーブオイルの保存はできるだけ空気に触れないようにする

オリーブオイルは、熱にも寒さにも弱いのです。30度以上の高温に長い間置いておくと品質が劣化してしまいます。ガスレンジの脇なども高温になる場所は避けてください。
逆に、温度が低過ぎてオリーブオイルが5度以下になると、オイルの中に白い結晶が出てきます。これはオリーブの成分で、温度が高くなれば元に戻ります。料理に使うには問題はありませんが、冷えて結晶化したものを温めて溶かしてを繰り返していると品質は低下してしまいます。

自家製オリーブオイルを作ろう!ミキサーを使った作り方

ミキサーを使って作る方法もあります。
まずはフードプロセッサーにかけて種と実を分けます。種を出すためなので、少しずつ様子を見ながらにしてください。手袋をしてから、一粒ずつ種を取り除きます。種は使わないので処分してください。そして取り分けた実の方はよく揉みます。

次にこの実をブレンダーの中に入れ、少量の水を加えてかき混ぜます。ドロドロになったら、クッキングペーパーで搾り出していきます。クッキングペーパーは破れないよう二重にしてください。

広口のガラスの容器に漉しながら入れます。そのまま一晩置いて分離させていきます。
上の部分に透明な液が浮いてきます。この上澄みをスプーンですくい取ります。

最後にコーヒーフォルターで漉すとより透明なオイルが出来上がります。

自家製オリーブオイルで作りたいドレッシング!

自家製オリーブオイルができたら、ドレッシングにして作りたての新鮮さを味わいましょう。

材料

  • オリーブオイル 大さじ2
  • みりん 小さじ2
  • 酒 小さじ1
  • 醤油 小さじ2
  • 乾燥バジル 小さじ1
  • 塩 小さじ半分
  • こしょう 少々

作り方

  1. オリーブオイルに酒、みりんを加えて混ぜます。
  2. 醤油を加えたらさらによく混ぜます。
  3. 最後に塩、こしょう、乾燥バジルを混ぜます。

 

シーザーサラダ用のドレッシングも簡単に作ることができますよ。材料を全部混ぜるだけです。

材料

  • オリーブオイル 大さじ1/2
  • 無糖ヨーグルト 大さじ2強
  • 塩 小さじ1/3
  • 胡椒 少々
  • きび砂糖 小さじ1
  • パルメザンチーズ 大さじ1
  • 酢 大さじ1/2

他にも、自家製オリーブオイルにケチャップを入れてトマト風ドレッシングにしたり、人参と一緒にミキサーにかけてにんじんドレッシングにしても美味しいです。

自家製オリーブオイルの味を楽しめるレシピをご紹介

自家製オリーブオイルを使って美味しく出来るレシピを紹介します。

自家製オリーブオイルできのこのアヒージョ

材料

  • お好みのきのこ(しめじ、エリンギ、マッシュルームなど)
  • にんにくのみじん切り 大さじ1
  • 赤唐辛子 1本(種は取り除いておきます)
  • 塩 小さじ1/2
  • オリーブオイル 2カップ

作り方
きのこを切ったら材料を全部フライパンに入れて煮るだけです。
フランスパンを添えてどうぞ。

オリーブオイルがポイント!トマト、アボカド、モッツァレラチーズのサラダ

材料

  • トマト 2個
  • アボカド 1/2個
  • モッツァレラチーズ 1個
  • バジル 10枚
  • レモン 1/4個分

ドレッシングの材料

  • オリーブオイル 大さじ1
  • 塩 小さじ1/4
  • 粗びき黒こしょう 少々

作り方
トマトとモッツァレラチーズは半分にしてから5ミリの半月切りにします。アボカドも皮をむいて種を取ったら5ミリの半月切りにします。レモンはくし型に切っておいてください。
皿にトマト・アボカド・モッツァレラチーズの順に交互に並べてバジルを飾ります。ドレッシングを上からかけ、更にレモンを絞ってかけてください。