注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

なす料理の中で人気のものについて知りたい

なすは夏から秋にかけて美味しく食べられる人気の食材です。
それを料理しようと思って迷った時に参考になるのは、人気のメニューです。
人気のメニューであれば、間違いなくなすを美味しく調理出来ますし、家族たちも喜んでくれます。
そんななす料理の人気の種類についてご紹介しますので、是非参考にしてみてください。
また、美味しいなすの種類や選び方についてもご紹介しますので、そちらもご一読ください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

アイシングクッキーの作り方!キャラも簡単に描く方法

アイシングクッキーはクッキー生地の上に、ぷっくりと可愛らしくアイシングが施されていて、プレゼントなど...

ホットケーキミックスとりんごを使った簡単おやつレシピ

子供のおやつを簡単に作りたいという時におすすめなのが、ホットケーキミックス。少ない材料で、美味しく簡...

ナスとトマト缶で作るトマトソースが美味しい簡単レシピ

ナスとトマト缶は愛称の良い食材です。ナスがたくさんあるときには、常備してあるトマト缶と合わせて、今日...

野菜スティックで大根が辛い時の対処法!お店の味に近づける方法

お店で食べる野菜スティックやコンビニで売っている野菜スティックは美味しいですよね。 しかし、家で作...

とろけるチーズソース!簡単に作れるレシピや人気のチーズソース

とろけるチーズソースが料理にたっぷり!見るだけで美味しさが伝わってきますよね。お店で食べるチーズソー...

いろいろな味が楽しめるシュウマイのたれのアレンジ方法

シュウマイのたれはシンプルにしょうゆ?それとも酢しょうゆ?好みが分かれるところですよね。しかしアレン...

アイスクリームの作り方 !簡単だけ料理上級者に見えるレシピ

子供の頃に手作りのアイスクリームを食べたという方も多いと思います。 市販のアイスクリームとは違う、...

魚のアラを使った味噌汁を作って豪華な夕食にしてみませんか

魚のアラを味噌汁に使うと、ダシが出てとても美味しく食べることができると言われていますよね。 で...

スーパーで買った刺身が生臭いと感じるときにやるべきこと

夕方スーパーに行くと、刺身が割引されてて思わず買ってしまうという人も多いのではないでしょうか。 ...

冷凍ポテトは揚げないでも食べられる!?ポテトの作り方

冷凍のポテトを揚げないでポテトを作るにはどうしたらいいのでしょうか?油を買い忘れたとき、足りないとき...

夕ご飯に作りたい子供が喜ぶレシピ。おいしい・簡単・面白レシピ

朝は忙しいので、夕ご飯はしっかりと子供に食べさせてあげたいと思うママさんも多いのではないでしょうか。...

余っているたこ焼き粉を使って子供が大好きなおやつにアレンジ

使いきれなかったたこ焼き粉が、余ってしまっていることありませんか?封を切ってしまうと粉ものでも、なる...

なすの簡単美味しいさっぱりレシピ!夕ご飯に食べたいおかず

暑い日にはさっぱりとしたおかずが食べたくなります。夏野菜の代表のなすを使って、さっぱりと美味しい1品...

西京漬けの味噌は捨てない。使い回し出来る回数とアレンジレシピ

ご飯のおかずやお弁当に入れても美味しい西京漬け。 西京漬けの残った味噌はどうしていますか。味噌は捨...

【豚ひき肉のレシピ】晩ごはんのメインになる絶品つくねレシピ

豚ひき肉を使ったレシピはいろいろとありますが、つくねにするのも美味しいですね。でも、いつものつくねに...

スポンサーリンク

なすってこんな野菜、美味しいなすの選び方は

なすは和洋中さまざまな料理に登場する万能食材です。なすは大好きだけれど、なす料理のレパートリーをもっと増やしたいと考えているみなさまへ、なすの料理法についてあれこれ勝手にご提案してみたいと思います。

人気のなす料理をご紹介する前に、まずは新鮮ななすの特徴や上手な保存の仕方を見ていきましょう。

なすの鮮度の見極め方

多くの野菜と同様に、なすは水分を多く含む野菜です。新鮮なものほどずっしりと重たくてハリがあり、色も濃くなります。

また、ヘタの部分にあるトゲが大きくて鋭く尖っているもののほうが、鮮度が良いとされています。

なすは冷所保存が最適

スーパーなどでは常温コーナーで売られていることからもわかるように、なすは必ずしも冷蔵庫に入れて保存しなければならないわけではありません。

しかし、夏場の暑い時期に常温保存をしてしまうと早く傷んでしまうため、ラップなどで1つずつ包んでから冷蔵庫の野菜室で保存し、一週間をめどに食べてしまいましょう。

なすには色んな種類が、人気の種類とおすすめ料理は

なすと言えば3本や5本入で袋売りされているものを連想される方も多いと思いますが、実はなすにはさまざまな種類があります。

見た目の違いだけでなく、その品種ごとにそれぞれ特徴があり、料理によって使い分けることで、よりなすを美味しく味わうことができます。

代表的ななすの種類

人気のおすすめ料理も簡単にご紹介してみたいと思います。

長卵形

スーパーでよく見かけるなすは、艷やかな紫色をしていて卵を縦に引っ張ったような形をしています。

なすの中でも最もメジャーな「長卵形」と呼ばれる品種です。

比較的皮も身も柔らかいため、さまざまな調理法に向いてます。

長なす

長卵形のなすよりもさらに細長いのが「長なす」です。

こちらはスーパーなどでもバラ売りされていることが多く、焼きなすや漬物などにも適しています。

水なす

水分と甘みをたっぷりと含んだ「水なす」は、短時間で浸かる浅漬にぴったりです。

米なす・丸なす

コロンとした丸っこい形が特徴の「米なす」や「丸なす」。
スーパーなどではなかなか見かけることがありませんが、ギュッと身が詰まっていて美味しいため、お料理好きからも人気の食材です。

この他にも、薄い黄緑色の「青なす」や、真っ白な「白なす」、細長くて豆のような見た目の「青長なす」などがあります。

なす料理の中で人気のレシピをご紹介

だしをたっぷりと含んだ「なすの揚げ浸し」は、季節問わず人気のあるなす料理のうちの一つです。

温かいのももちろん美味しいですが、夏場には冷蔵庫でしっかりと冷やして食べるのがおすすめです。

なすのアク抜き

なすを料理に使う際は、あらかじめ水でアクを抜いておく必要があります。

サラダ油などを用いて料理する場合は、水に浸けてアク抜きをしてしまうと、残った水分で油がハネてしまうため、別の方法で行います。

切ったなすをバットなどに重ならないように並べ、表面に軽く塩を振ることで、中からアクとともに水分が染み出してきます。
あとはよく水分を拭き取ってから料理に使いましょう。

切り口からの変色を防ぐためにも、この作業は切ったらすぐに行うのが基本です。

なす料理の中で子供に人気のあるものは

子どもたちに人気のメニューと言えば、グラタンも忘れてはならない存在です。

チーズをたっぷりとかけて焼き目をつけていただくグラタンは、子どもだけでなく大人にも大人気な一品。

市販のマカロニグラタンも良いですが、なすを使ったこんな具だくさんグラタンはいかがですか?

市販のミートソースで「簡単なすグラタン」

なすと相性の良いウインナーに、茹でたジャガイモやゆで卵を合わせれば、ボリュームと栄養満点なグラタンの出来上がりです。

市販のミートソースを使えば、味付けいらずで簡単に作ることができます。

材料を切って炒めてトースターで焼くだけなので、難しい工程もなく、子供と一緒に料理してみても楽しいですよ。

具材はおうちにあるものでアレンジ可能なので、その日の気分で色々変えてみても良いかと思います。

なす料理で鶏肉を使った人気レシピをご紹介

我が家では、なすをさまざまな料理に取り入れて楽しんでいるのですが、その中でもおすすめしたいのが、なすと鶏肉を使ったカレーです。

ノーマルなカレーライスの具として加えるだけで、柔らかいなすと鶏肉の旨さが味わえる、極上カレーに変身します。

通常カレーを作る際は、まずはお肉を炒めてから、その後で野菜を加えて一緒に炒めるわけですが、なすと鶏肉はあえて別で炒めておき、カレーが出来上がってから最後に合わせることで、カレーに負けることなく2つの食材の美味しさを引き立たせることができます。

この他にも、豚挽肉を使ったキーマカレーの具として、細かく刻んだパプリカやきのこ類と一緒に入れることで、なす嫌いなお子さんにも人気の一品となります。

実は、我が家の子供はなすが苦手だったのですが、このカレーをきっかけにして、なすを食べられるようになりました。
なすは焼いてもヨシ、煮てもヨシな便利食材です。

旬を迎えて価格が下がったこの時期に、たくさん料理に活用していきたいですね。