注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

フェルトボールの作り方!石鹸水で作る基本の手順とアレンジ方法

かわいくコロコロとしたフェルトボールは石鹸水や洗剤を使って、自分で作ることができます。
ハンドメイドの材料としても人気のフェルトボールは、どのようにして作るのでしょうか?
作り方はいろいろな方法がありますが、簡単な作り方なら小さなお子様でも簡単に作ることができますよ。

フェルトボールの基本的な作り方から、作ったフェルトボールを使ったアクセサリーの作り方をご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯物を雨から守ってくれるカバーとは?カバーの種類と注意点

朝は良い天気だったのに、急に雨が降ってくると、外干ししていた洗濯物が濡れてしまい洗濯物をやり直すこと...

新車の匂いを消したい!芳香剤を使わずに消す方法と匂いの原因

新車の独特な匂いが苦手だという人もいますよね。芳香剤を使って匂いをごまかすという方法もありますが、芳...

テフロンのフライパンは復活出来る。復活方法と長持ちさせる為に

料理に欠かせないフライパン。どのようなタイプのフライパンをお使いですか? 焼いたり炒めたりして...

可愛いオリジナル紐の作り方!布紐をキレイに作るアドバイス

布で紐を作ることありますよね。市販されている紐を使っても良いのですが、巾着などの紐を布で作るとオリジ...

湿気取りのための重曹の賢い使い方!効果的な置き場所

ジメジメとした季節には、部屋の中の湿度が気になります。お部屋の湿気取りには重曹が効果的、という話を聞...

ホウセンカの観察日記の書き方とは?こうしてまとめればOK

ホウセンカの観察日記はどのように書けばいいのでしょうか?観察日記の書き方のコツやポイントとは? ...

ボルトやナットの締め方のコツ!締めすぎないことも必要です

ボルトやナットの正しい締め方を知っていますか? 締め方が悪いと、ボルトが切れてしまったりなめてしま...

危険運転で通報した時のドラレコの効果とは?もし被害にあったら

最近よく目にする危険運転によるニュース。 被害者が警察に通報する際、ドラレコの映像が決めてとなるケ...

男性で身長が150台でもコンプレックスにしない方法

身長が150台ということをコンプレックスに感じている男性はいませんか?もちろん背が高いことは有利にな...

油性ボールペンの落とし方。用意する物と手順と出先での対処法

ワイシャツの胸ポケットにボールペン入れていたらインクがついてしまった事や、書類を書いていたらうっかり...

オリーブの天敵【オリーブアナアキゾウムシ】の対策法を徹底解説

オリーブの木は病気や害虫にも強いとは言われていますが、天敵となる害虫もいます。それが【オリーブアナア...

自転車のタイヤに空気入れすぎNG!適切な空気圧で入れすぎ防止

自転車のタイヤに空気を入れている時、ついつい空気入れすぎ状態になってしまうこともありますよね。タイヤ...

布を染色する方法!色々な物を使ってキレイに布を染色してみよう

染料を使えば、自分で布を簡単に染色することができます。身近にあるものを使って染色する方法や、天然素材...

洗濯物は雨よけカバーをしておけば安心?特徴を紹介します

洗濯物を干すときに雨よけカバーをつけたいのだけれど、家に合うのはどんなもの?雨除けカバーはいくつか種...

モルタルの玄関は後悔しやすい?モルタルのメリット・デメリット

モルタルの玄関にはどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか? 後悔しない玄関作りには、...

スポンサーリンク

石鹸水や洗剤を使って作る基本的なフェルトボールの作り方

フェルトボールとは羊毛を使って作るふわふわした丸いもの、なのですがこれをもとに可愛い動物のミニチュアを作ったり、モチーフをキーホルダーやアクセサリーにアレンジすることで簡単にハンドメイドの作品を作ることが出来ると話題の素材です。

フェルトボールは羊毛と石鹸水があれば簡単に作ることが出来、作り方もとても簡単なためちょっと手芸をやってみたいけれど細かすぎる作業はハードルが高いと感じる方でも気軽にはじめていただけると思います。

作るときに必要なものは

  • フェルト用の羊毛
  • お湯(40度程度、お風呂の温度くらい)
  • 洗剤(専用のものまたは食器洗い洗剤・シャンプー・石鹸水など)
  • お湯を入れる容器

この4つだけ!

作り方もごくごく単純で、羊毛を丸める→表面を軽く整える→石鹸水をかける→手のひらで転がす→石鹸水を洗い流す→乾燥させる→完成!

とても簡単ですね。

それだけの作業でアレンジ自由なフェルトボールを作ることが出来ます。
早速試してみましょう。

ガシャポンのケースを使ったフェルトボールの作り方!石鹸水でもOK

フェルトボール作りは丸める際にガシャポンのケースを使うと更にきれいに丸めることが出来ます。

羊毛を手で丸めて石鹸水をつけたら、それをガシャポンのケースに入れてひたすら振って振って…と繰り返すと中の羊毛はどんどん丸まっていってくれると思います。

手で丸めるよりも簡単にきれいな球体を同じ大きさで作ることが出来るので、たくさんのフェルトボールを使う作品を作りたいときにはおすすめです。

球体はたくさん作ると鍋敷きなどのパーツになるので、均等に揃うようフェルトボールを作れるこの方法が最適です。

球体のフェルトボールはニードルでも加工できるので、ちょっとした耳をつけてみたりすれば、ねこやうさぎなどに変身させてお部屋のアクセントに飾ってみたりしてもいいかもしれません。

簡単に作ることが出来るため、発想次第でいろいろなものにアレンジしていけますね。

フェルトボールの作り方で石鹸水が必要な理由

フェルトボール作りではなぜ石鹸水を使うのでしょうか?

そうすることで羊毛が絡み合ってくれるために使うのですが、石鹸水で絡み合わせるのには羊毛の構造に理由があります。

羊毛は外側は水を弾きますが、内部は水分を吸収しやすい構造をしています。

羊毛は内側が親水性の皮質細胞でできており、外側が魚の鱗に似た表皮に覆われています。
毛事態はケラチン(角質)と呼ばれる疎水性のタンパク質で構成されているため、外側は水を弾き内側は水を吸収するのですね。

そして毛の表面にある鱗のような表皮をくっつけあうことで引っかかりが生まれ、そうしてまとめた羊毛に熱や水分、圧力や摩擦などを加えて『縮絨』と呼ばれる現象を起こして形を作ることで製品ができます。

『縮絨』というのはくっつけあい引っかかりを作りまとめる際に、もともとあった羊毛がまとまったことにより小さくなることを指します。

お湯で石鹸水を作ることは羊毛をゆるくすることにつながり、さらに石鹸で滑らせることで絡み合いをより強くします。

石鹸が洗い流され温度が下がると羊毛が縮み、繊維が縮んでしっかりと形が作られるのです。

ニードルを使ったフェルトボールの作り方

ニードルと呼ばれるフェルト手芸用の針を使って羊毛をまとめることでさらにフェルト手芸の幅は広がります。

ニードルを使ってフェルトボールを作ると表面の毛羽立ちが少なくなるだけでなく、細かい作業も簡単にできるようになるため模様をつけるなどの作業も行いやすくなります。

ニードルでフェルトボールを作る際は石鹸水でフェルトボールを作るときとは少し手順が異なります。
簡単に紹介すると以下のような形になります。

  1. 羊毛をきつめにまとめて中の芯となる球体を作ります。
  2. 針でまんべんなく突き刺し小さい球体を作ったら、周囲に羊毛をしっかりと巻き付けます。
  3. 巻き付けた羊毛を芯の球体に向かって刺していきます。
  4. 好みの大きさになるまでひたすらに刺し続けます。
  5. 最後に表面を浅めに刺して表面を滑らかにしたら完成です。

ひたすら刺し続けますので無心になって作業に没頭できます。

手作りのフェルトボールをアクセサリーに

フェルトボールは色々なアクセサリーにアレンジ可能です。
ただ穴を開けるだけでもヘアゴムとして使えますし、ただ接着するだけでも可愛いヘアピンになります。

平らに形を整えて作るとコースタなども簡単にできて、発想次第でなんにでもアレンジを加えられます。

フェルトボールでたくさんアクセサリーを作ったらそれを収納する場所もほしいですね。
そうした場合はフェルトボールで作る『トピアリー』というインテリアグッズをアクセサリー収納用にアレンジしてみてはいかがでしょう。

トピアリーとはフェルトボールを木のような形にして、刈り込まれた常緑樹のようなインテリアにするものです。

もこもこしたカラフルな木のようになるので、そこに少しピンを足せばアクセサリーをクリスマスツリーのデコレーションのように飾って収納できます。

トピアリーの足元を小物入れにすると、さらに収納力は上がりますね。

活かし方次第で何にでも形を変えられるフェルトボールは、ハンドメイドでは万能に役立つパーツになるはずです。

うまく味方につけてハンドメイドを楽しみましょう。