注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

ニットをリメイクしてカーディガンにする方法と暖か小物の作り方

あまり着なくなったニットや、外出先で脱ぎ着が出来ないニットなどを思い切ってカーディガンにリメイクしてみませんか?

裁縫が苦手な方でも簡単にリメイクが出来てしまいます。
そのやり方を紹介します。

ニットの前の部分をカットして、縫うだけです。
タンスで眠っているニットがありましたら是非試してみたいですね。
これで洋服が一着増えてしまいました。

また疲れ気味のニットやカーディガンもまだ捨てないでください。
色々な小物に変身してみましょう。

かわいい手袋やレッグウォーマーや帽子など冬の暖かアイテムが作れます。

他におしゃれな収納グッズも完成です。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

沖縄でタクシーを貸切るメリットとタクシー会社を選ぶポイント

沖縄旅行をする際に重要になるのが、移動手段です。 そこでおすすめしたいのが、タクシーを貸切っての移...

コウノトリが子供を運んでくるのはなぜ?言い伝えの由来を解説

「コウノトリが子供を運んでくる」という話を聞いた事がある人もいますよね。実際に「赤ちゃんはどこからく...

鎌倉時代の食事【武士の食生活】歴史・和食の誕生について解説

鎌倉時代の武士たちが一体どんな食事をしていたのか、興味がある人もいるでしょう。当時の武士たちがどんな...

左利きの文字をきれいに書く方法やポイントをご紹介

左利きの人が苦労する文字の書き方、きれいに書くにはどのようなことを意識したらいいのでしょうか?また、...

リボンの簡単かわいい手作りヘアゴムの作り方!不器用さんもOK

手作りのヘアゴムでリボンをモチーフにしたものは女の子らしくて可愛いですよね。 リボン一つで顔の印象...

ひまわりの育て方とは?種とりのタイミングや準備するもの

ひまわりの育て方の最終段階となる種とりですが、この種とりはいつ行えばいいのでしょうか? また、...

紙粘土を乾燥する時に注意して、ひび割れができないようにしよう

紙粘土を使って何かものを作ろうと思っても、初心者だとどうしてもひび割れができてしまいますよね。 ...

【和紙の作り方】牛乳パックを使って手作りの和紙を作ろう

牛乳パックを使えば、自分で和紙を手作りすることができます。お子さんと一緒に、自由研究に、牛乳パックを...

多肉の寄せ植えを仕立て直しするときの手順やポイントをご紹介

寄せ植えしている多肉植物の背丈がバラバラになってきたら、仕立て直しのタイミングと言えるでしょう。 ...

洗濯物を守るベランダ用雨よけカバーのメリットや選び方をご紹介

洗濯物を雨から守る、ベランダ用雨よけカバーをご存知ですか? 晴れた日に洗濯物をベランダに干すこ...

フリマの準備のおつりはどのくらい必要?用意しておきたいもの

フリマの準備で必要なものといえばおつりです。おつりはどのくらい用意したらいいのでしょうか? お...

布団を干すなら下にカバーを敷こう!布団を干すポイントです

布団をベランダに干す時は、下にカバーを敷いてから布団を干しましょう。 下にカバーを敷くだけで、布団...

カルキの落とし方とは?クエン酸を使った掃除方法を紹介

いつのまにかついてしまうカルキ汚れ、いったいどのようにして落としたらいいのでしょうか? ゴシゴ...

主婦のランチは贅沢なのか?たまのプチ贅沢は明日への活力

主婦が優雅にランチなんて贅沢な!なんて声を聞いたことあります。 本当にそうでしょうか? 週に何回...

油絵用パレットのお手入れ方法!カチカチになった時の対処法

油絵を描いた後には、毎回忘れずに掃除とお手入れをするというのが基本ですが、うっかり忘れて固まってしま...

スポンサーリンク

ニットをリメイクしてカーディガンにする方法

昔着ていたけどもう着なくなってしまったニットを捨てるのは少しもったいないですよね。
そこで、カーディガンにリメイクして再活用してみてはどうでしょうか

洋服のリメイクは少し難しいと思われてしまいますが実は結構簡単に作ることができます。

作る手順としては、まずは出来上がりのイメージ図を考えましょう。

袖や裾の丈感はどのくらいにするのか、襟の形はどうするのか、どういった用途でしようするのかしっかりイメージしてから製作に取り掛かりましょう。

  1. まずは、素材となるニットを丁寧にしわ伸ばしをします。
  2. しわしわでゆがみのある状態で裁断してしまうと仕上がりがあまり綺麗になりませんので怠らないようにしましょう。
  3. 次に襟の形を決めましょう。
    丸襟をV襟にしたい場合やタートルネックを丸襟にしたい場合などはこのタイミングで裁断します。
  4. 裁断する前にはしっかりシャコペンなどで裁断する部分に印をつけるようにしましょう。
    少しの手間を怠らないことでより綺麗な仕上がりにすることができます。
  5. そして、ニットの中心部分を真っすぐ裁断し、前開きの形を作ります。
  6. 出来たらミシンで綺麗に端を塗って処理していきます。

そうすれば簡単にニットからカーディガンへリメイクすることができます。

他にも袖や裾の長さを変えたい場合は同じように裁断して端をミシンで処理していきましょう。

ニットをリメイクしてカーディガンにすると脱ぎ着がしやすい

今までお気に入りで着ていたニットも、生地が傷んできたり流行の関係で着なくなったりでなかなか着なくなってしまうこともあるでしょう。

着なくなったニットをカーディガンにリメイクすることで一気に活躍の幅が広がるでしょう。

カーディガンであれば寒い時にさっと羽織るのに重宝しますし、部屋で寒い時に羽織る部屋着としても活躍します。外で着ることがなくなっても家でなら防寒着として着る機会ができますので捨てるよりはリメイクした方がよいでしょう。

ニットを着るのは真冬などには暖かくてよいです。
しかし、秋や春先には気温の変化が大きいのでニットだと脱ぎ着して温度調整するのには向きません。

その為、着れる季節の期間も短いですが、カーディガンにすれば切れる時期も長くなります。

寒い時にはさっと羽織れて、暑い時には一枚脱ぐことができるのでカーディガンがあれば重宝するでしょう。

着なくなったニットやカーディガンは暖かい小物にリメイク

他にも着なくなったニットやカーディガンは暖かい冬物小物にリメイクすることができます。

買ったセーターはほどくと実は結構な量の毛糸になります。

毛糸から冬物小物を作ろうとすると思ったよりも多くの毛糸が必要になって材料費も多くかかります。

そこで、要らなくなったセーターやカーディガンをほどいた毛糸を使えば再利用になって経済的にも優しいのでお勧めです。

セーターはわざわざほどかなくてもリメイクすることができます。

手袋などであれば型紙があれば、セーターをその型紙に合わせて切り取り、縫い合わせます。

端をしっかり処理すればほつれなども出てこないので安心です。

リブの部分を端に利用すれば、自分でリブ編みなどをしなくてもよいので簡単です。

思い出の詰まったセーターやカーディガンを捨てないで新しいものに再活用できるのは嬉しいですよね。

素敵な柄を生かすことができるのでオリジナリティのある小物を作ることができます。

ニットやカーディガンのリメイクアイディアは色々

手袋以外にも、ネックウォーマーやアームウォーマー、ニット帽なども応用して作ることができます。

型紙に沿って切り取るだけなので、一から毛糸で作るよりもとても簡単に作ることができるのでお勧めです。

型紙がない場合でも、手袋であれば自分の手を置いてシャコペンなどで印をつけて縫い合わせるのでもよいでしょう。

簡単なものであればすぐに作ることができます。

ニットバッグも買えば高いですが、リメイクすれば簡単に作ることができます。

ニットやカーディガンが可愛いアイテムに変身

ニットやカーディガンは暖かいのでリメイクして冬物小物を作るのには最適です。

しかし、ファッション小物の他にもいろいろなものにアレンジすることもできます。

インテリア小物を作ることもでき、クッションカバーなどにリメイクするのもおすすめです。

また、要らない空き箱にニットを切ったもので包めば、ニット生地の小物入れなども作ることができるのです。

お店ではなかなか売っていないオリジナリティのある小物を作ることができるのでお勧めですよ。

また、ニットやカーディガンは子供服やペットの服にリメイクするのもよいでしょう。思い出の詰まったお洋服を自分の愛する子供やペットにまた来てもらうのも素敵ですよね。着なくなったニットやカーディガンは捨てるのではなくぜひ一度リメイクしてみてはいかがでしょうか。