注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

ニットをリメイクしてカーディガンにする方法と暖か小物の作り方

あまり着なくなったニットや、外出先で脱ぎ着が出来ないニットなどを思い切ってカーディガンにリメイクしてみませんか?

裁縫が苦手な方でも簡単にリメイクが出来てしまいます。
そのやり方を紹介します。

ニットの前の部分をカットして、縫うだけです。
タンスで眠っているニットがありましたら是非試してみたいですね。
これで洋服が一着増えてしまいました。

また疲れ気味のニットやカーディガンもまだ捨てないでください。
色々な小物に変身してみましょう。

かわいい手袋やレッグウォーマーや帽子など冬の暖かアイテムが作れます。

他におしゃれな収納グッズも完成です。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

窓掃除に便利な道具!高所でも安全に掃除ができるお役立ちグッズ

大掃除など定期的に窓掃除を行っている方が多いと思いますが、戸建てに住んでいらっしゃる方は、2階の窓掃...

ポリエステルのアイロン失敗のテカリを目立たなくする方法

ご主人のスーツや子供たちの制服などにアイロンをかけた時に、テカってしまった事やテカリが気になったこと...

男性シャツのボタンが女性と逆の位置なのはなぜ?の謎に迫る

男性用と女性用のシャツでは、ボタンの位置が違うのはご存知でしょうか。 男性のシャツは前ボタンが右、...

自転車のスタンドが上がらない原因と直し方について徹底解説

買い物に出かけようと思ったものの、乗ろうと思った自転車のスタンドが上がらないと焦りますよね。 ...

主婦のランチは贅沢なのか?たまのプチ贅沢は明日への活力

主婦が優雅にランチなんて贅沢な!なんて声を聞いたことあります。 本当にそうでしょうか? 週に何回...

洗車機は水洗いとシャンプーどっちを選ぶ?最後の拭き上げがコツ

セルフの洗車機はとても便利なものですが、水洗い洗車やシャンプー洗車などコースがいくつかあります。 ...

色を混ぜると黒になるのはナゼ?黒く見える理由について

色をどんどん混ぜると黒になるのはどうしてでしょうか?子どもに聞かれてたときには、このように説明してあ...

足の裏がだるい時、ちょっとした不調を解消する方法

足の裏がだるい… この不快感を解消したい! だるいのはやっぱり血行不良ですよね。 マッ...

傘の生地の再利用方法!生地の外し方とおすすめリメイク

傘の骨が折れてしまった場合には、ゴミとして処分する方がほとんどだと思います。 特に小学生のお子様な...

洗濯物の生乾きから発生する嫌な臭いの原因と対処方法について

夏場になると湿気が多くなり、途端に洗濯物が乾きにくくなって困りますよね。洗濯物の乾きが悪くなると、一...

【和紙の作り方】牛乳パックを使って手作りの和紙を作ろう

牛乳パックを使えば、自分で和紙を手作りすることができます。お子さんと一緒に、自由研究に、牛乳パックを...

着物のオークションで失敗しないためのポイントについて徹底解説

着物を楽しみたい女性にとって、一般の着物専門店よりも安く購入できるオークションはとても魅力的に映るで...

スノードームに入れる液体にグリセリンを使う方法!基本の作り方

ガラスの中のゆったりとした水の流れに心が癒やされるスノードームですが、実は自分で作ることができます。...

ホウセンカの観察日記の書き方とは?こうしてまとめればOK

ホウセンカの観察日記はどのように書けばいいのでしょうか?観察日記の書き方のコツやポイントとは? ...

生地を裁断する時にまっすぐ切れない…。何か良い方法は

ハンドメイドでバッグや小物などを作るのは楽しいですよね。 しかし、最初にぶち当たる壁としてあるある...

スポンサーリンク

ニットをリメイクしてカーディガンにする方法

昔着ていたけどもう着なくなってしまったニットを捨てるのは少しもったいないですよね。
そこで、カーディガンにリメイクして再活用してみてはどうでしょうか

洋服のリメイクは少し難しいと思われてしまいますが実は結構簡単に作ることができます。

作る手順としては、まずは出来上がりのイメージ図を考えましょう。

袖や裾の丈感はどのくらいにするのか、襟の形はどうするのか、どういった用途でしようするのかしっかりイメージしてから製作に取り掛かりましょう。

  1. まずは、素材となるニットを丁寧にしわ伸ばしをします。
  2. しわしわでゆがみのある状態で裁断してしまうと仕上がりがあまり綺麗になりませんので怠らないようにしましょう。
  3. 次に襟の形を決めましょう。
    丸襟をV襟にしたい場合やタートルネックを丸襟にしたい場合などはこのタイミングで裁断します。
  4. 裁断する前にはしっかりシャコペンなどで裁断する部分に印をつけるようにしましょう。
    少しの手間を怠らないことでより綺麗な仕上がりにすることができます。
  5. そして、ニットの中心部分を真っすぐ裁断し、前開きの形を作ります。
  6. 出来たらミシンで綺麗に端を塗って処理していきます。

そうすれば簡単にニットからカーディガンへリメイクすることができます。

他にも袖や裾の長さを変えたい場合は同じように裁断して端をミシンで処理していきましょう。

ニットをリメイクしてカーディガンにすると脱ぎ着がしやすい

今までお気に入りで着ていたニットも、生地が傷んできたり流行の関係で着なくなったりでなかなか着なくなってしまうこともあるでしょう。

着なくなったニットをカーディガンにリメイクすることで一気に活躍の幅が広がるでしょう。

カーディガンであれば寒い時にさっと羽織るのに重宝しますし、部屋で寒い時に羽織る部屋着としても活躍します。外で着ることがなくなっても家でなら防寒着として着る機会ができますので捨てるよりはリメイクした方がよいでしょう。

ニットを着るのは真冬などには暖かくてよいです。
しかし、秋や春先には気温の変化が大きいのでニットだと脱ぎ着して温度調整するのには向きません。

その為、着れる季節の期間も短いですが、カーディガンにすれば切れる時期も長くなります。

寒い時にはさっと羽織れて、暑い時には一枚脱ぐことができるのでカーディガンがあれば重宝するでしょう。

着なくなったニットやカーディガンは暖かい小物にリメイク

他にも着なくなったニットやカーディガンは暖かい冬物小物にリメイクすることができます。

買ったセーターはほどくと実は結構な量の毛糸になります。

毛糸から冬物小物を作ろうとすると思ったよりも多くの毛糸が必要になって材料費も多くかかります。

そこで、要らなくなったセーターやカーディガンをほどいた毛糸を使えば再利用になって経済的にも優しいのでお勧めです。

セーターはわざわざほどかなくてもリメイクすることができます。

手袋などであれば型紙があれば、セーターをその型紙に合わせて切り取り、縫い合わせます。

端をしっかり処理すればほつれなども出てこないので安心です。

リブの部分を端に利用すれば、自分でリブ編みなどをしなくてもよいので簡単です。

思い出の詰まったセーターやカーディガンを捨てないで新しいものに再活用できるのは嬉しいですよね。

素敵な柄を生かすことができるのでオリジナリティのある小物を作ることができます。

ニットやカーディガンのリメイクアイディアは色々

手袋以外にも、ネックウォーマーやアームウォーマー、ニット帽なども応用して作ることができます。

型紙に沿って切り取るだけなので、一から毛糸で作るよりもとても簡単に作ることができるのでお勧めです。

型紙がない場合でも、手袋であれば自分の手を置いてシャコペンなどで印をつけて縫い合わせるのでもよいでしょう。

簡単なものであればすぐに作ることができます。

ニットバッグも買えば高いですが、リメイクすれば簡単に作ることができます。

ニットやカーディガンが可愛いアイテムに変身

ニットやカーディガンは暖かいのでリメイクして冬物小物を作るのには最適です。

しかし、ファッション小物の他にもいろいろなものにアレンジすることもできます。

インテリア小物を作ることもでき、クッションカバーなどにリメイクするのもおすすめです。

また、要らない空き箱にニットを切ったもので包めば、ニット生地の小物入れなども作ることができるのです。

お店ではなかなか売っていないオリジナリティのある小物を作ることができるのでお勧めですよ。

また、ニットやカーディガンは子供服やペットの服にリメイクするのもよいでしょう。思い出の詰まったお洋服を自分の愛する子供やペットにまた来てもらうのも素敵ですよね。着なくなったニットやカーディガンは捨てるのではなくぜひ一度リメイクしてみてはいかがでしょうか。