注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

ペーパードライバーの練習方法とは?一人でするときのポイント

ペーパードライバーが練習を一人でするときにはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?

何から始めたらいいのかわからないときには、まず動画で予習をしましょう。実際に乗る前に確認しておくことで運転の感覚をイメージすることができます。

周りに迷惑をかけてしまうのが心配なら初心者マークをつけるのもおすすめです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

花束のラッピングは簡単です!おすすめのラッピング方法とコツ

花束のラッピングは一見難しそうに見えますが、コツさえわかれば実は簡単にできます。そこで、誰でも簡単に...

ボルトやナットの締め方のコツ!締めすぎないことも必要です

ボルトやナットの正しい締め方を知っていますか? 締め方が悪いと、ボルトが切れてしまったりなめてしま...

オリーブの天敵【オリーブアナアキゾウムシ】の対策法を徹底解説

オリーブの木は病気や害虫にも強いとは言われていますが、天敵となる害虫もいます。それが【オリーブアナア...

100均のペンキを使用したアンティークペイントについてご紹介

インテリアを小物を使ってアンティークに変身させたい!そんな時に便利なのが100均のペンキです。 ...

本棚の収納ルールと収納アイデア!すっきりとおしゃれに整理

本や雑誌はどんどんと増えて、本棚に収納しきれないという方も多いと思います。本棚の容量を超えた本は、本...

傘の生地の再利用方法!生地の外し方とおすすめリメイク

傘の骨が折れてしまった場合には、ゴミとして処分する方がほとんどだと思います。 特に小学生のお子様な...

ジッパーの修理方法!スライダーの問題を解決

ジッパーが上手く噛み合わなくてイライラすることありませんか?もうジッパーが壊れてしまったのかも!と、...

油絵用パレットのお手入れ方法!カチカチになった時の対処法

油絵を描いた後には、毎回忘れずに掃除とお手入れをするというのが基本ですが、うっかり忘れて固まってしま...

アナベルの挿し木を地植えする方法。増やし方や時期や育て方とは

アナベルというお花をご存知でしょうか。紫陽花の一種のお花なのですが、凛とした素晴らしい花なのです。 ...

朝顔の支柱が足りないほどつるが伸びた場合の対処法を紹介

元気な朝顔。朝顔のつるがどんどん伸びていき、最初に立てた支柱が足りなくなる位大きくなることもあります...

カルキの落とし方とは?クエン酸を使った掃除方法を紹介

いつのまにかついてしまうカルキ汚れ、いったいどのようにして落としたらいいのでしょうか? ゴシゴ...

主婦のランチは贅沢なのか?たまのプチ贅沢は明日への活力

主婦が優雅にランチなんて贅沢な!なんて声を聞いたことあります。 本当にそうでしょうか? 週に何回...

学習机を解体するやり方・手順・必要な道具を紹介

学習机を解体するやり方を知りたい! 子供が巣立って、不要になってしまった学習机。 高校生にな...

コウノトリが子供を運んでくるのはなぜ?言い伝えの由来を解説

「コウノトリが子供を運んでくる」という話を聞いた事がある人もいますよね。実際に「赤ちゃんはどこからく...

自転車の後輪ブレーキの音の原因を知って正しく対処しよう

自転車、特にママチャリに乗っていると、後輪ブレーキをかけた時にキーッと音が鳴ることがありますよね。そ...

スポンサーリンク

ペーパードライバーの一人練習まずはココを確認

長年運転していないと、運転の感覚が戻ってきづらく、いきなり運転すると危険です。そこで、運転する前に、練習が必要になってきます。運転をする前にまず車の座席に座り、自分で運転に対するイメージを深めてみましょう。その上で、ミラーの調整や、ブレーキペダルと座席の距離の調整なども確認するのが良いです。

まず、座席に座り、ルームミラーを調節しましょう。後ろがきちんと見えるようにルームミラーを傾けて自分の見やすい角度にしましょう。次に、サイドミラーを調整します。サイドミラーは、斜め後ろを確認しやすいように角度を調節します。なるべく斜め横の死角がないように調節するのが良いです。
次に、座席とハンドルの間隔を調整しましょう。座席は、女性の場合だとブレーキやアクセルを踏み込むので前に出しがちですが、前に座席を出すとハンドルが回しにくくなることがあります。座席に座ったら、ハンドルもきちんと回せるくらい間隔があいているか確認しましょう。
次に、ブレーキを深く踏むことができるかも確認しましょう。座席が遠すぎるとブレーキを踏み込めなくなります。
また、ウインカーや、ワイパーなどのレバーを余裕をもって動かせる座席位置かも確認が必要です。

ペーパードライバーが一人で練習するときは走りやすい時間帯を選びましょう

ペーパードライバーならゆっくり走っても良い場所で練習しましょう。

一人で練習する場合は、パニックになってしまっても一人で対処しなくてはなりません。車通りが多い時間や場所では自分のペースで運転ができません。どこか開けた道路や、少し走れそうな先に駐車場があればまずは目標を駐車場に定め、ゆっくり練習してみると良いです。

また、夜は人目に付かなくて運転しやすいと思いがちですが、夜は視界が悪く練習には向きません。できるだけ天気の良い、早朝などに練習しましょう。早朝は車通りが少なく練習に向いています。

車のスピードが慣れていないと出しにくいですが、できるだけ周りのスピードに合わせるように走りましょう。

スピードに慣れない場合は、早朝の駐車場に車が停まっていない状態で、運転に慣れている方になどに隣に乗ってもらい、駐車場まで連れて行ってもらってからスピードを出す練習をすると良いです。

ペーパードライバーにおすすめな一人練習は動画で予習

運転には自分の予測も必要になってきます。前の車が途中から遅いスピードで走り始めたな、と思ったら急にウインカーを出してくる。など、急に遅くなり始めたからそろそろ曲がるのかな。と予測を立てたりしながら衝突のリスクをなるべくなくそうとしながらの運転が必要となってきます。
衝突を避けるためには、車間も非常に大切ですので、できるだけ前の車との車間も空けて運転することが大事です。

また、ペーパードライバーなら標識の確認や信号の表記などは事前に確認しておくことをお勧めします。動画などでも確認できますので自分の自信のない運転の場面などがありましたら動画をみて想像しておくことが大事です。

最初は自信がなくて、周りの状況も見えずに運転していることが多いです。この場合、自分のペースで運転しているので周りが合わせてくれている状態なことを忘れずに運転しましょう。怖くても必要以上にブレーキを踏むと後続車は混乱してしまいます。ブレーキを踏むよりはスピードを落として運転する方が混乱を招かずにすみます。

ペーパードライバーはとにかく安全運転を心がけましょう

安全運転に必要な注意点は、追い越し車線を知る事です。追い越し車線がない場合は法定速度で走行することを心がけ、追い越し車線がある場合はなるべく必要がない時は追い越し車線を走らないようにしましょう。追い越し車線とは、2車線あった場合では右側の車線です。
また、車線変更などはギリギリにウインカーを出さずに早めにウインカーを出して曲がることを相手に知らせましょう。また、車線変更するときは中々行きたい車線に移れず焦ってしまいますが、ウインカーを上げていれば相手も車線変更したいんだな、とわかってくれますので焦らずに状況を見て車線を移すようにしましょう。

ペーパードライバーの場合は、初心者マークも大事です。

初心者マークを付ける事で、相手も運転にある程度理解を示してくれます。急な車線変更や、速度が遅かったり、ブレーキが多かったりなどしても、初心者マークがある事で周りの運転手は驚かず運転することができます。運転に自信が付くまで初心者マークをつけて運転することをお勧めします。

一人で練習するのが怖いと思うならペーパードライバー講習

一人で運転を練習するのが不安、怖い、自信がないと思ったらペーパードライバー講習を受けてみるのも方法の一つです。

金額は掛かりますが、一緒に乗ってくれる人がいなかったり、乗り方に不安がある場合は、きちんとした練習場も、指導者もいる方が不安なく練習できます。
練習して事故を起こすリスクを考えれば、教習所で練習をして、自信を持って公道を走った方が良いです。
ペーパードライバーの講習は場所にもよりますが5000円くらいから受けることができます。講習時間によって金額が上がっていきますので調べてみると良いです。
講習はお金が掛かって気兼ねしますが、運転に不安があるなら思い切って受けてみると安心して以後の運転をすることができます。

ペーパードライバー講習は不定期開催の場合が多いですので、申し込む場合はきちんとホームページなどで開催日を確認してから申し込んでください。