注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

ペーパードライバーの練習方法とは?一人でするときのポイント

ペーパードライバーが練習を一人でするときにはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?

何から始めたらいいのかわからないときには、まず動画で予習をしましょう。実際に乗る前に確認しておくことで運転の感覚をイメージすることができます。

周りに迷惑をかけてしまうのが心配なら初心者マークをつけるのもおすすめです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ピアノの演奏会におすすめのプレゼントや差し入れの選び方

ピアノの演奏会に招待された場合には、やはりプレゼントや差し入れを持っていくのがスマートな方法です。 ...

フリマの準備のおつりはどのくらい必要?用意しておきたいもの

フリマの準備で必要なものといえばおつりです。おつりはどのくらい用意したらいいのでしょうか? お...

北側玄関だって花壇は楽しめる!北側玄関で花壇を作るポイント

花壇は光が降り注ぐ場所で楽しむイメージがあるので、家の玄関が北側だと、花壇は作れないのかと思ってしま...

湿気取りのための重曹の賢い使い方!効果的な置き場所

ジメジメとした季節には、部屋の中の湿度が気になります。お部屋の湿気取りには重曹が効果的、という話を聞...

モルタルの玄関は後悔しやすい?モルタルのメリット・デメリット

モルタルの玄関にはどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか? 後悔しない玄関作りには、...

車のシャンプーの泡立て方!ポイントはバケツに入れる水の力加減

車のシャンプーの泡立て方がわからず、泡がない状態で車を洗っていませんか? 車のシャンプーは洗顔と一...

スチール缶とアルミ缶の違いとは?スチール缶が小さい理由

スチール缶とアルミ缶にはどのような違いがあるのでしょうか?同じ飲み物なのにコーヒーはスチール缶、ジュ...

生地を裁断する時にまっすぐ切れない…。何か良い方法は

ハンドメイドでバッグや小物などを作るのは楽しいですよね。 しかし、最初にぶち当たる壁としてあるある...

浄水器のフィルターの寿命や交換しないと起こる事とは

浄水器を付けているご家庭もあるでしょう。 浄水器を付けていて面倒だと感じるのが、定期的なフィルター...

プラ板キーホルダーの作り方のコツやポイントを紹介します

プラ板のキーホルダーの作り方とは?キーホルダーにするときには穴をあけなくてはいけません。 穴が...

ブレーキのイヤなキーキー音の原因と対処法!自転車メンテナンス

自転車は学生さんにとっても、主婦にとっても大切な足です。毎日のように自転車を使うという方も多いですよ...

傘の生地の再利用方法!生地の外し方とおすすめリメイク

傘の骨が折れてしまった場合には、ゴミとして処分する方がほとんどだと思います。 特に小学生のお子様な...

ボルトやナットの締め方のコツ!締めすぎないことも必要です

ボルトやナットの正しい締め方を知っていますか? 締め方が悪いと、ボルトが切れてしまったりなめてしま...

部屋干ししたら嫌な臭いが…。臭いを消す方法について知りたい

外が雨だったり、花粉が多く飛んでいる時などは、洗濯物を部屋干しする必要があります。 しかし、部屋干...

家族の結婚にまつわる夢占い!夢の暗示とこれから起きる出来事

家族が結婚をする夢や、自分が家族と結婚する夢など、家族の結婚に関する夢を見た時、その夢が一体どんなこ...

スポンサーリンク

ペーパードライバーの一人練習まずはココを確認

長年運転していないと、運転の感覚が戻ってきづらく、いきなり運転すると危険です。そこで、運転する前に、練習が必要になってきます。運転をする前にまず車の座席に座り、自分で運転に対するイメージを深めてみましょう。その上で、ミラーの調整や、ブレーキペダルと座席の距離の調整なども確認するのが良いです。

まず、座席に座り、ルームミラーを調節しましょう。後ろがきちんと見えるようにルームミラーを傾けて自分の見やすい角度にしましょう。次に、サイドミラーを調整します。サイドミラーは、斜め後ろを確認しやすいように角度を調節します。なるべく斜め横の死角がないように調節するのが良いです。
次に、座席とハンドルの間隔を調整しましょう。座席は、女性の場合だとブレーキやアクセルを踏み込むので前に出しがちですが、前に座席を出すとハンドルが回しにくくなることがあります。座席に座ったら、ハンドルもきちんと回せるくらい間隔があいているか確認しましょう。
次に、ブレーキを深く踏むことができるかも確認しましょう。座席が遠すぎるとブレーキを踏み込めなくなります。
また、ウインカーや、ワイパーなどのレバーを余裕をもって動かせる座席位置かも確認が必要です。

ペーパードライバーが一人で練習するときは走りやすい時間帯を選びましょう

ペーパードライバーならゆっくり走っても良い場所で練習しましょう。

一人で練習する場合は、パニックになってしまっても一人で対処しなくてはなりません。車通りが多い時間や場所では自分のペースで運転ができません。どこか開けた道路や、少し走れそうな先に駐車場があればまずは目標を駐車場に定め、ゆっくり練習してみると良いです。

また、夜は人目に付かなくて運転しやすいと思いがちですが、夜は視界が悪く練習には向きません。できるだけ天気の良い、早朝などに練習しましょう。早朝は車通りが少なく練習に向いています。

車のスピードが慣れていないと出しにくいですが、できるだけ周りのスピードに合わせるように走りましょう。

スピードに慣れない場合は、早朝の駐車場に車が停まっていない状態で、運転に慣れている方になどに隣に乗ってもらい、駐車場まで連れて行ってもらってからスピードを出す練習をすると良いです。

ペーパードライバーにおすすめな一人練習は動画で予習

運転には自分の予測も必要になってきます。前の車が途中から遅いスピードで走り始めたな、と思ったら急にウインカーを出してくる。など、急に遅くなり始めたからそろそろ曲がるのかな。と予測を立てたりしながら衝突のリスクをなるべくなくそうとしながらの運転が必要となってきます。
衝突を避けるためには、車間も非常に大切ですので、できるだけ前の車との車間も空けて運転することが大事です。

また、ペーパードライバーなら標識の確認や信号の表記などは事前に確認しておくことをお勧めします。動画などでも確認できますので自分の自信のない運転の場面などがありましたら動画をみて想像しておくことが大事です。

最初は自信がなくて、周りの状況も見えずに運転していることが多いです。この場合、自分のペースで運転しているので周りが合わせてくれている状態なことを忘れずに運転しましょう。怖くても必要以上にブレーキを踏むと後続車は混乱してしまいます。ブレーキを踏むよりはスピードを落として運転する方が混乱を招かずにすみます。

ペーパードライバーはとにかく安全運転を心がけましょう

安全運転に必要な注意点は、追い越し車線を知る事です。追い越し車線がない場合は法定速度で走行することを心がけ、追い越し車線がある場合はなるべく必要がない時は追い越し車線を走らないようにしましょう。追い越し車線とは、2車線あった場合では右側の車線です。
また、車線変更などはギリギリにウインカーを出さずに早めにウインカーを出して曲がることを相手に知らせましょう。また、車線変更するときは中々行きたい車線に移れず焦ってしまいますが、ウインカーを上げていれば相手も車線変更したいんだな、とわかってくれますので焦らずに状況を見て車線を移すようにしましょう。

ペーパードライバーの場合は、初心者マークも大事です。

初心者マークを付ける事で、相手も運転にある程度理解を示してくれます。急な車線変更や、速度が遅かったり、ブレーキが多かったりなどしても、初心者マークがある事で周りの運転手は驚かず運転することができます。運転に自信が付くまで初心者マークをつけて運転することをお勧めします。

一人で練習するのが怖いと思うならペーパードライバー講習

一人で運転を練習するのが不安、怖い、自信がないと思ったらペーパードライバー講習を受けてみるのも方法の一つです。

金額は掛かりますが、一緒に乗ってくれる人がいなかったり、乗り方に不安がある場合は、きちんとした練習場も、指導者もいる方が不安なく練習できます。
練習して事故を起こすリスクを考えれば、教習所で練習をして、自信を持って公道を走った方が良いです。
ペーパードライバーの講習は場所にもよりますが5000円くらいから受けることができます。講習時間によって金額が上がっていきますので調べてみると良いです。
講習はお金が掛かって気兼ねしますが、運転に不安があるなら思い切って受けてみると安心して以後の運転をすることができます。

ペーパードライバー講習は不定期開催の場合が多いですので、申し込む場合はきちんとホームページなどで開催日を確認してから申し込んでください。