注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

スノードームに入れる液体にグリセリンを使う方法!基本の作り方

ガラスの中のゆったりとした水の流れに心が癒やされるスノードームですが、実は自分で作ることができます。
中に入れるアイテムは自分のお好みで作れて、小さなお子様でもママといっしょに作れるくらいに簡単です。
このスノードームの中の液体は、いろいろな方法で作ることができます。
今回はグリセリンを使ったスノードームの作り方をご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

多肉の寄せ植えを仕立て直しするときの手順やポイントをご紹介

寄せ植えしている多肉植物の背丈がバラバラになってきたら、仕立て直しのタイミングと言えるでしょう。 ...

布に付いたボンドの落とし方!身近なものを使って剥がす方法

布にボンドがついてしまうと、普通の洗濯では落とせなく、もうこれは落ちないものとして諦めてしまう方も多...

ひまわりの育て方とは?種とりのタイミングや準備するもの

ひまわりの育て方の最終段階となる種とりですが、この種とりはいつ行えばいいのでしょうか? また、...

洗濯物を短時間で乾燥させるサーキュレーターの使い方について

雨が降っていたり、湿気が多い日には、お家の中に洗濯物を干しますよね。また防犯上の理由から洗濯物は部屋...

花束のラッピングは簡単です!おすすめのラッピング方法とコツ

花束のラッピングは一見難しそうに見えますが、コツさえわかれば実は簡単にできます。そこで、誰でも簡単に...

【色に関する漢字を使った名前】男の子におすすめの名前をご紹介

生まれてくる赤ちゃんが男の子だとわかったら、色に関する漢字を使った名前を付けたいと考える人も多いでし...

絵を描く仕事の種類と特徴!絵を仕事にしたい人が覚えておくこと

子供の頃から絵を描くのが好きで、将来は絵を仕事したいと思っていた、という方も多いと思います。 しか...

黒ずみ【ひじ・ひざ】手軽に解消できる!簡単ケアと予防法を紹介

ひじやひざには古い角質が溜まりやすく、気がつくと年齢とともに黒ずみになってしまうことがあります。そん...

新車の匂いを消したい!芳香剤を使わずに消す方法と匂いの原因

新車の独特な匂いが苦手だという人もいますよね。芳香剤を使って匂いをごまかすという方法もありますが、芳...

可愛いオリジナル紐の作り方!布紐をキレイに作るアドバイス

布で紐を作ることありますよね。市販されている紐を使っても良いのですが、巾着などの紐を布で作るとオリジ...

自転車の後輪ブレーキの音の原因を知って正しく対処しよう

自転車、特にママチャリに乗っていると、後輪ブレーキをかけた時にキーッと音が鳴ることがありますよね。そ...

冬が寒いのはどうして?理由とあったか術を紹介します

冬が寒いのはどんな理由からなのでしょうか?四季があるから…。と答えてしまいそうですが、なぜ冬は寒くな...

足の臭いを消す対策について知りたい!子供の足臭いを無くすには

子供は大人よりも体臭が少なくて、臭いものだなんて思っていない人も多いと思いますが、子供は意外にも小さ...

【服のハンドメイド】初心者向け生地の選び方のポイント

ハンドメイドブームで小物や服を手作りする方が増えていますよね。 服を作ろうと思った時には手芸屋さん...

ベッドとベット、どちらが正しいのかその答えを教えます

ベッドのことをベットという人もいますが、英語表記は「BED」なのでベットは間違いではないかと考えてい...

スポンサーリンク

液体のグリセリンを使ったスノードームの作り方

スノードームを見ていると、心が癒やされますよね。クリスマスなど、季節を感じる物を飾っても楽しめます。

そんなスノードームをあなたも作ってみませんか?
とても簡単に作る事ができますよ!

グリセリンを使用した作り方

準備するものは、瓶、中に入れるオーナメント、スノーパウダーやビーズなどの装飾、接着剤と水とグリセリンです。

作り方

蓋に接着剤でオーナメントを固定して、水の中にグリセリンを入れてとろみと付けたものと、スノーパウダーなどの装飾を瓶の中に入れ、オーナメントを固定した蓋を閉めて出来上がりです!
とっても簡単ですよね!
水とグリセリンの割合についてですが、水に対してグリセリンは5%が良いでしょう。

グリセリンはドラックストアや薬局で販売されていますよ!
早速作ってみませんか?

スノードームに入れる液体はグリセリンの他にもこんなもの

簡単に世界に一つだけのアイテムを作る事ができるスノードームですが、上記では瓶などの容器に入れる液体を水とグリセリンの場合で紹介しました。

グリセリンを家にあるもので代用する場合

食器用の中性洗剤

これならキッチンに必ずありますよね。
この中性洗剤でも代用できますが、ちょっと難点もあります。
それは、時間が経つと中に入れたオーナメントなどが色落ちしてしまう可能性があるという事です。

液体のりをグリセリンの代わりに

液体のりは、食器用の中性洗剤と比較してスノーパウダーなどがふんわりと舞いますよ。液体のりを入れる割合によっても違いがありますが、ゆっくりと舞う感じにしたいにのなら液体のりで作ってみてはいかがでしょうか?
液体のりは、工作用より洗濯用の方が透明感がありますよ。

グリセリンは水と混ぜる時に泡立ちにくいですが、食器用の中性洗剤や洗濯用のりは混ぜる時に泡立ちやすいので注意してくださいね。

スノードームに入れたグリセリンの液体…数年後にはどうなるの?

スノードームを作る時、液体にグリセリンを使用した場合、数年後はどうなっているのでしょうか?

水と洗剤で作成したスノードームが1年後にカビが生えたという体験をした人もいるようですが、液体を精製水とグリセリン5%で作ったスノードームはどうなるでしょうか?

8年ぐらい経ったものは、ちょっと白く濁るぐらいです。
カビないように、作る前に瓶とオーナメントを熱湯で殺菌すると、このような良い状態を保つ事ができるでしょう。

また、液体を精製水と防腐剤とグリセリンを約5%にして作り、7年ぐらい経ったものは、熱湯で殺菌して作ったスノードームの液体より透明度は良くなります。
しかし、だんだんと液体が黄色がかってきます。中に入れたキラキラしたパウダーも、メタリックではなく、透明になりますよ。

スノードームに使うのは水道水ではなく精製水を

スノードームは水道水よりも精製水を使う

先程紹介しましたが、水と洗剤で作成したスノードームにカビが生えたという経験をした人もいるように、水道水を使用するとカビが生えてしまうからです。
なので、精製水を使用しましょう。
グリセリン同様、薬局やドラックストアで販売されていますよ。

精製水と混ぜる時の割合ですが、液体のりを使用する場合は、液体のりが3で精製水が7、グリセリンを使用するなら、グリセリンが1で精製水が10、食器用の洗剤を使用するなら、洗剤に精製水を素敵でOKです。

また、スノードームを作る時の容器についてもお伝えしておきますが、容器は半円になっているものをお店に探しに行く人もいるのではないでしょうか?
しかし、容器は家庭で保管しているジャムの瓶でもいいのです。お祭りで電球ジュースを購入してその容器を何かに使おうと取ってありませんか?
その容器を利用してもいいですよ。
液体を入れるので、ちゃんと蓋を締めれる物を選ぶといいでしょう。

スノードームの中に入れたいキラキラアイテム

スノードームの中にはどんなキラキラアイテムを入れると良いのでしょうか?

本物の雪が降るように見える、オーロラ色に光る六角形のラメパウダーはいかがでしょう。キラキラとしてとてもキレイですよ。ホワイトベースのラメなら、まるで本当の雪のようです。ホワイトのラメは、ベースのラメにしてもいいですよ。

また、星形のホログラムもステキです。
2ミリぐらいの大きさでとても軽いので、スノードームの中でもキレイに舞いますよ。

カラーもたくさんあるので、スノードームのメインになるオーナメントに合わせて使用してください。
数種類の色を混ぜて使ってもカラフルになりますよ!お子さんも喜びそうですね。

クリスマスに、世界に一つだけもオリジナルスノードームを作ってみませんか?
お子さんの冬休みの工作で作ってみてもいいですね!