注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

建前のお祝いは何が良い?近所の上棟祝いに贈る品物と金額の相場

ご近所の建前のお祝いには、一体どんなものを贈るのが良いのか頭を悩ませている人もいますよね。そもそもお祝いは贈らなくてはならないのでしょうか。

建前や上棟式のお祝いに贈る一般的な品物は?お祝いの相場はどのくらい?

そこで今回は、ご近所の建前や上棟式に贈る品物や金額の相場・マナーについての情報をお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

フラメンコのカスタネット上達のための練習方法と注意点について

フラメンコ教室でいよいよ始まったカスタネットの練習。しかし、なかなか良い音が鳴らなくて悩んでいる人も...

学習机を解体するやり方・手順・必要な道具を紹介

学習机を解体するやり方を知りたい! 子供が巣立って、不要になってしまった学習机。 高校生にな...

東京で行きたいところ。女子旅に外せないパワースポットや観光

東京には楽しいところが一杯。今回は女子だけで行く遊びのスポットを紹介します。 女子の行きたいと...

スエードのパンプスは夏でもOK!おすすめの色やコーデをご紹介

スエードのパンプスはなんとなく秋や冬に履くという印象が強いかもしれませんが、実は夏に履いておしゃれを...

布に付いたボンドの落とし方!身近なものを使って剥がす方法

布にボンドがついてしまうと、普通の洗濯では落とせなく、もうこれは落ちないものとして諦めてしまう方も多...

洗濯物は雨よけカバーをしておけば安心?特徴を紹介します

洗濯物を干すときに雨よけカバーをつけたいのだけれど、家に合うのはどんなもの?雨除けカバーはいくつか種...

韓国で絶対に食べたい話題のグルメ!日本人に人気の韓国グルメ

海外旅行の楽しみは観光だけでなく、美味しいものを食べるというのも重要ですよね。話題になっているグルメ...

オリーブの天敵【オリーブアナアキゾウムシ】の対策法を徹底解説

オリーブの木は病気や害虫にも強いとは言われていますが、天敵となる害虫もいます。それが【オリーブアナア...

バレエ(子供)の髪型のコツやポイントシニヨンヘアについて

子供がバレエに通うのだけれど、髪型をどのようにしたらいいのかわからない…というときにはまずシニヨンヘ...

主婦のランチは贅沢なのか?たまのプチ贅沢は明日への活力

主婦が優雅にランチなんて贅沢な!なんて声を聞いたことあります。 本当にそうでしょうか? 週に何回...

一人暮らしが不安な30歳女子は今がはじめるタイミング

一人暮らしが不安で30歳になっても今だに実家暮らしの女性もいるでしょう。 では、実家から出て一...

バラの消毒をするときの方法とは?ポイントや注意点を紹介します

バラの消毒をするときにはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか? バラの消毒をするタイミング...

冬が寒いのはどうして?理由とあったか術を紹介します

冬が寒いのはどんな理由からなのでしょうか?四季があるから…。と答えてしまいそうですが、なぜ冬は寒くな...

花束のラッピングの基本と華やかでかわいいリボンの結び方

花束を自分でラッピングしたいという時には、花束の華やかさに負けないようなラッピングをしたいものです。...

可愛いオリジナル紐の作り方!布紐をキレイに作るアドバイス

布で紐を作ることありますよね。市販されている紐を使っても良いのですが、巾着などの紐を布で作るとオリジ...

スポンサーリンク

ご近所の建前へのお祝い・上棟祝いは贈るのがマナーです

ご近所さんや友達が上棟する場合は、上棟祝いを送る事がマナーとされています。

基本的にはお酒を送る事が多いです。

例えば日本酒を2本送ったり、ビールのケースをひと箱送ったりすることが好ましいでしょう。

この時祝い事に合う正しいのしをつけるようにしましょう。

お酒を送る事が良いとはお伝えしましたが、必ずしも日本酒ではなくてはならないということはありません。

なぜならみんながみんな日本酒を送っていたら、家の中が日本酒であふれかえってしまうでしょう。

日本酒以外にもビールや缶酎ハイなどでもよいです。
もちろんお酒ではなく、ジュースやゼリーなどでもよいでしょう。

なぜなら家を建てる家庭にはお子さんのいる方も多くいると思いますので、ジュースを送ると喜ばれるでしょう。

火を連想させるような赤いものなどは、マナー違反なので送らないようにしてくださいね。

近所の建前のお祝いに招かれた時の【のし)の書き方と定番の品物

建前の祝いとは棟上げ式や上棟式ともいわれます。
柱、梁、桁、力板が完成して棟木を取り付けて補強する際に、行われる儀式とされています。

建築主とその家族、工事に関係している関係者が参加し、棟梁が中心となって祝い事を行うことを言います。
地域によっては棟上げの上から餅をまいたり、近所に赤飯を配ったりなど地域によってさまざまなやり方があるようですね。

本来は棟梁が、建物が完成するまで何事もないように願うための儀式として行われていたものでした。

もし近所の建前の祝いに招かれたときはお祝いを持って行った方が良いでしょう。
その時の祝い品には先ほどもお伝えしましたが、日本酒やビール、ワインなどのお酒をお渡しするとよいでしょう。

のしについては、紅白花結びの紙にのしに、「祝 上棟」や「祝 棟上げ」という表書きを書きましょう。

近所の建前のお祝いを欠席する時は

建前の祝いの式をあげる意味としては、棟梁が本来は建物が完成するまで何事もないよう願うための儀式とされていましたが、現在では、建主が棟梁や大工などの工事関係者を労うおもてなしの意味が強くなっています。

無事棟上げができたこと、これからも工事の安全を願い、工事を宜しくお願いしますという意味を込めたお祝い事です。

この建前に招かれたのものの、都合が悪くて参加できない場合もあるでしょう。

そういった場合は丁重に出席できない旨をお伝えし、新築祝いの際にお伺いさせていただくことを伝えた方が誠意が伝わるでしょう。

そして、招待されても自分の都合で参加できない場合は、お祝い金をできれば送った方が好ましいです。

もし建前に誘われていない場合であればお祝い金は渡さなくてもよいでしょう。

そして建前に参加してもしなくても、新居が出来上がってお伺いする場合は新築祝いのお祝い金をお渡しするべきでしょう。

建前のお祝いの相場はどのくらい?

建前のお祝いとしてはお酒を送る事が好ましいとお伝えしましたが、お祝い金をお渡しする場合はいったいどのくらいの金額を送ればよいのでしょうか。

建前の祝いの相場は地域の風習によって違いますので正確な金額というのはお伝えできません。

個人の住宅の場合は数千円~一万円程度の金額でよいとされています。

上棟祝いは上棟式にもっていくようにしましょう。

竣工祝いは建物が出来上がった後に行う、竣工式の際に持っていきましょう。
この時、お祝い金は受付にお渡しするか事前にお祝いの品を送るようにするとよいです。

相場としては、身内や取引先相手の場合は一万~3万円ほど包むとよいでしょう。
友人の場合は3万まで出さなくても1、万以上は出す場合が多いようです。

建物の建築を請け負った会社は5万~10万ほど包むのが相場となっているようです。

建前のお祝いに参加する場合はあまりラフな格好をしていくのは避けてください。
あくまで神事ですのでその場に合った格好をすることが大切です。

建前とは具体的にどんなことを言う?

ご近所さんや知り合いが新築を立てる場合、建前という言葉を行くことがあるのではないでしょうか。しかし、実際にはどういったことを指す言葉なのか曖昧な人もいます。
ここでは具体的には建前とは実際にはどういったことを表して言うのかをお伝えしていきます。
とは言っても地域などによって建前の指す意味は様々なようです。

建前とは、木造建物の骨格を作り、棟上げをするまでの工事の事を言います。

日本の木造住宅は、コンクリートの基礎工事を行った後に木材で建物の構造をつくっていきます。

土台、柱、梁、桁、力板といった建物の主要な部分を組み立てていくことを建前というのです。

最後に屋根の一番上の部分になる棟木を上げるまでの一連の作業を建前というので、そこまでの作業が終了した後に建前の祝いの式を行います。

棟上げが終わった後にお祝いすることを建前ともいいますが上棟式とも言います。
この上棟式を行うことを含めて新築工事の大きな節目を迎えるところまでを建前という場合もあるようで地域によって様々なのでしょう。